2006年 06月 29日
the 6th thailand visit (1/8)
   遊びをせんとや生れけむ
    戯れせんとや生れけん
      遊ぶ子供の声きけば
        我が身さえこそ動(ゆる)がるれ
                      梁塵秘抄

c0120913_1629356.jpg


すべてが遊びのためのボクの人生の中で
猥雑と混沌のこの国はオアシスであってそれ以外の何ものでもない
それにつけても
またあの粘り着く湿った空気と目と鼻腔に滲みる香辛料の真っ直中に
衰えた我が身を置くのかと思うとクラリと軽い目眩が起こる
釣りの糸を垂れるだけなら近所の小川でもいいはずで
平穏を求めるならわざわざそんな所に身を置く必要もないのだが
平穏を嫌うボクの性分がこの国へ誘うのか
あるいは平穏を求めるあまりその逆の行動を起こすのか
いったい何がそうさせるのか判らないままボクはまた機上のひととなる
6回目のタイである

ドンムアン空港に降り立ったボクは
旅装を解く間もなくブンサムランへ向かった
パンの耳で大きなナマズ(メコンオオナマズ)を釣るためだ
ブン(Bueng)とはタイ語で沼のことをいう
メコンオオナマズ(プラーブク)は漁師にのみ捕ることを許された魚だが
ブンサムランのプラーブクは一般市民やボクのような外国人にも開放されている
大きなナマズは4度ボクの竿を曲げた
しかし
ナマズは釣れなかった

c0120913_16294688.jpg


深夜2時
チャイナタウンの屋台で中華そばを食う
法の定めで深夜は売れないはずのビールを頼むと
店員がどこからか買ってきてテーブルに置いた
ここでは秩序も法律も猥雑と混沌の闇に消滅してしまうかのようだ
首都バンコク
タイでクルンテープと呼ばれるこの街は眠らない

by ikasasikuy | 2006-06-29 16:28 | 食文化論


<< the 6th thailan...      new year's ... >>