2017年 12月 04日 ( 1 )

2017年 12月 04日
ワンダリングオーサカ
c0120913_16472056.jpg
ドウさんきたる




ドズさんと
ひさしぶりに西成で再会
朝からかどやで再会を祝してホルモン&ビール
どずさん毛ぇ減った代わりに肥えてた
もうかってる証拠や



c0120913_2021914.jpg
レバー




レバー
一皿140ヱン
この値段で食べられるのは大阪でもこの辺りだけ



c0120913_17101374.jpg
動物園前一番街(飛田本通商店街)




動物園前一番街
大阪で最も衰退している商店街
シャッターを下ろしたままの店が連なる
正式名称は
 飛田本通商店街
一番街をまっすぐ進めば
動物園前二番街
新開商店街
飛田新地へ続く暗くて長いアーケード街だ
すぐ東には
日本一高いあべのハルカス
すぐ西には日雇い労働者のドヤ街
表と裏が同居するエリアだ
最近は安宿を求める外国人バックパッカーが多い



c0120913_16514581.jpg
千成屋珈琲



改装した千成屋
近代的すぎてすぎて落ち着かない
コーヒーも激苦ではなく普通のコーヒー
と思って店を出たら
なんと
昔の千成屋は隣に昔のままあった
なんじゃそれは



c0120913_1761886.jpg
きてやこうて屋




日本一の安値に挑戦!
新世界衣料雑貨店
 きてやこうて屋
いい品物があるかどうかは別にして
ものすごく安い
これ以上値を下げたら
店がつぶれてしまうのではないかというぐらい
安い
この安い店で
じぶとく値切る男がいる
 ヱンドレス森下
「帽子あたま寒いねん」
と言いながら
600ヱンのニット帽を500ヱンに値切っていた



c0120913_16543940.jpg
ぜにや




ジャンジャン街の八重かつの大行列を横目に
ぜにやへ行く
流石は日曜日
客はそこそこの入り
串カツ&土手焼きでまたビール



c0120913_1765240.jpg
たこやき屋




新世界
来るたびに
新しいたこ焼き屋と
新しい串カツ屋ができている
コテコテの派手な看板に彩られている
観光客の方たちは
これが正しい大阪のテイストだと思っておられる
でも、まあ、いいか・・・それで



c0120913_1775157.jpg
国際劇場




日曜日の新世界はものすごい人だ
久しぶりに来て驚いた
この人ごみに地元の人はたぶん一人もいない
オール観光客だ
中国語や韓国語もあちこちから聞こえる
それでも
国際劇場の辺りはひっそりしている
大きな映画館だが
かつての栄華は微塵もない
いまはポルノ映画専門官に成り下がっている
美しい建物だが老朽化が激しく
外壁はクリーム色のペンキで塗りたくられている
このまま朽ち果てさせるのは勿体ないなぁ



c0120913_1782037.jpg
通天閣




通天閣(二代目)
昭和三十一年(1963年)建築
地上100m

 ダイヤモンド買ぉて
 ダイヤモンド高い
 高いは通天閣
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
 光るはおやじのはげあたま



c0120913_1784420.jpg
阪堺電気軌道 恵美須町駅




阪堺電気軌道「恵美須町」
ここからしばらく専用線を走り
天神ノ森をすぎて南海電車の下を潜ったら
 路面電車
になる
住吉神社まで併用軌道を走り
ふたたび専用軌道となる
全線が路面電車というわけではないが
かなりの距離を一般道と並走する
 大阪が誇るトラムである
 



c0120913_1656121.jpg
かどや




昼からヱンさんが来てかどやへ
日曜のかどやは超満員
入口横の特設(ビールケース利用)四人掛け席に
ヱンさんなません五皿喰う



c0120913_1658399.jpg
かどやの豚足




かどやといえば豚足だが
ボクは神戸桃源の豚足のほうが好きだ
でも
かどやといえば豚足だ



c0120913_1705492.jpg
はつせ



個室お好み焼き「はつせ」
この雰囲気が好きで
もうなんべんここでお好み焼きを食べただろう
ヱンさんはお好み焼きより焼きそばが好きらしい

 一芳亭閉まってた

日曜日やすみなのだろうか・・・



c0120913_1745274.jpg
カフェジャンプ




酒・酒・珈琲・酒・珈琲
梯の合間に珈琲を挟むと
また飲み直せるという
琥珀色した魔法の飲み物だ



c0120913_175321.jpg
BAR 6




早い時間から開いてると思ったら
お姐さま時差出勤
それまで若い男性バーテンダーがが任されていた

ここを出ると
もう飛行機の時間が迫っていた
ドズさんまたきてや〜




  

by ikasasikuy | 2017-12-04 20:35 | 大衆社会学 | Comments(0)