カテゴリ:食文化論( 601 )

2018年 01月 07日
たこめし
c0120913_14201189.jpg



たこめしたいた

 Gossa Mai Uoo !!




 

by ikasasikuy | 2018-01-07 14:19 | 食文化論 | Comments(0)
2018年 01月 07日
七草粥
c0120913_14153862.jpg



七草粥
一月七日の朝に食べることになっている

 芹、薺、御形、田平子、仏座、菘、清白

七種類の野草を粥にして食べる行事食だ
毎年食べているおかげかあんまり風邪をひかない

七草を自分で採集するは困難なので
「七草粥セット」として売られているものを買っている
今年は白米の代わりに買いすぎて往生している発芽玄米を使い
いつもは塩味だけのところを焼き干し鯊の出汁で炊いた
するとこれが
味も香りも食感も
 
 Gossa Mai Uoo !!
 

朝から三杯おかわり
これはもう「料亭」の味やん!
 
 
なお
アフリカおよび諸外国出身者のために

 芹、薺、御形、田平子、仏座、菘、清白

の読みを付しておく

 セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ
 



 

by ikasasikuy | 2018-01-07 10:14 | 食文化論 | Comments(0)
2018年 01月 03日
正月三日の雑煮
c0120913_0284389.jpg



正月三日の雑煮

だんだん天盛りが賑やかになる
そろそろ餅に飽きてくるが
焼き干し鯊が豊潤に有るので
そう易々とやめるわけにはいかない
まだまだ雑煮の日々は続く
 



 

by ikasasikuy | 2018-01-03 08:28 | 食文化論 | Comments(0)
2018年 01月 02日
ぜんざいかしるこか
c0120913_0225156.jpg



甘いものが貴重品だった時代の名残りである
せめてお正月ぐらいは甘いものを・・・
んで
白玉だんごのぜんざい・・・・
 
甘いものにまったく造詣がないので
長い間知らなかった関西と関東の
 
 「しるこ」と「ぜんざい」のちがい
 
大阪では
こしあんを使ったのが「しるこ=汁粉」で
つぶあんを使ったのが「ぜんざい=善哉」で
それは大昔からそうで
日本国中どこへ行ってもそうだと思っていた
そんなの当たり前田のクラッカーだと思っていた
ところが
東京ではちがうらしい
つまり
汁気のあるのが「汁粉」で
汁気のないのが「善哉」なのだそうだ
へええ〜〜〜
しゃねがった!
なんだか
担々麺の「汁なし=中式」と「汁あり=日式」みたいだ
あゝ
急に担々麺食べたくなってきた
 



 

by ikasasikuy | 2018-01-02 17:22 | 食文化論 | Comments(0)
2018年 01月 02日
正月二日の雑煮
c0120913_092515.jpg



正月二日の雑煮

   茹でた〇餅2個
   薄切り蒲鉾2枚
   鰊と水菜
   鯊出汁

    元日より少しだけ豪華になっている




 

by ikasasikuy | 2018-01-02 12:06 | 食文化論 | Comments(0)
2017年 12月 02日
タコとバジルのチーズリゾット
c0120913_10555328.jpg




朝ごあん

 タコとバジルのチーズリゾット

バジルは幸せの香り
朝から幸せな気分を味わう

熱いうちに食べやんと
冷めたらチーズが固まって食べにくい
 



 

by ikasasikuy | 2017-12-02 10:56 | 食文化論 | Comments(0)
2017年 12月 01日
鮭のおやこ寿司
c0120913_10425316.jpg
鮭のおやこ寿司




小さい手毬なので
五十貫は余裕でイケルと思ったが
二十貫ちょいでギブアップ
なにしろ
鮭の親と鮭の子の二種類だけだから
すぐに飽きる

 ニシンの親子とか
 タラの親子とか
 ズワイガニの親子とか
 マダコの親子とか
 チョウザメの親子とか

いろんなバリヱーションあれば
百貫ぐらいイケルかもしれないなぁ




 

by ikasasikuy | 2017-12-01 19:42 | 食文化論 | Comments(0)
2017年 11月 26日
タコのリゾット
c0120913_215948.jpg




晩ごはん
 タコのリゾット
小ダコ・・・1/2パイ
白米・・・100g
古代米・・・少々
押し麦・・・少々
キヌア・・・少々
ホタテ出汁

ほうれん草
松の実
 見た目が茶粥と変わらへんやんという指摘もある
ちゃう
ちゃう
ちゃうよ〜
粥はナマゴメを大量の水で煮たもんやけど
リゾットはナマゴメをバターやオリーブオイルで炒めてから大量の水で煮た料理やねんで
そのまんま煮るか炒めてから煮るかのちがいやねんで〜
わかった〜?
き、きいてるか〜?



 

by ikasasikuy | 2017-11-26 21:57 | 食文化論 | Comments(0)
2017年 11月 22日
てばさきくん
c0120913_2317095.jpg




いぶしぎんで
てばなかいぶした

 手羽中薫=Tebanaka-kun

醤油と酒と味醂とブラウンシュガー
丸二日漬け込んでからいぶした

 Gossa Mai Uoo !!

なんでこんないうまいんやろ・・・
あんまりうまいので
まだお昼やけど
雨ふってるし
今日は運転せえへんし

 ジントニック

ジンにはライムが一番あう
そうそう
まだ学生やった21歳のとき
ジンライムに嵌まって夜な夜な酒場通い
その頃は大阪や神戸まで行く力がなかったので
地元ニシノミヤで飲んでたなぁ
あれからもう半世紀近くが過ぎたのに
いまだにドライジンを好んで飲んでいる
もしかしたら
ボクのカダラは
麺類とボンベイサファイヤでできているのかもしれない
 



 

by ikasasikuy | 2017-11-22 23:11 | 食文化論 | Comments(0)
2017年 11月 10日
ハマのナンバーワンとナンバーツー
c0120913_13134065.jpg



昼ごあん

 パタンと大根餅
パタンもうまいけど

大根餅うまいなぁ
ケニー(Kenneth.K)が
「表面カリッとなるまで焼くとうまい」
というので
表面カリッとなるまで焼いた
大蒜醤油を付けて・・・
紹興酒がなかったので
地理的に一番近い島の酒で・・・




 

by ikasasikuy | 2017-11-10 13:13 | 食文化論 | Comments(0)