カテゴリ:食文化論( 532 )

2017年 01月 15日
臨時営業
c0120913_13561413.jpg
小ダコの天ぷら
LUMIX DMC-TZ70




本日は悪天候につき(空は晴れているが)休業だ
その代わり
裏家業「天ぷらささ木」開店
臨時営業だ
ネタは三種だけ
蓮根、薩摩芋、小鮹
鮹は200g前後を5〜6パイ

昼間からちょっと呑んでいる
昼間から家呑み
まるで九・凹一のようだ
ゾンさんが見たらうだやましがるのでこそっとアップしておこう

うだやましがるで思い出したが
このまえ知り合いの中国人が
「好きがる」
「嫌いがる」
を連発するので
それはマチガイだ
正しくは
「好む」
「好まない」
というのだと指摘すると
「チュコク人ニポン語嫌いがるのことよ」
と怒って帰っていった
ニッポン語を勉強し過ぎてわけがわからなくなっているんだろうなぁ
きっとボクらも外国へ行って同じことをやっているんだろうなぁ
そう思うと
好きがるでもいいかと思う今日此頃だ




 

by ikasasikuy | 2017-01-15 14:11 | 食文化論 | Comments(2)
2017年 01月 13日
ひじきごはん
c0120913_93847.jpg
ひじきごはん
LUMIX DMC-TZ70




そもそも
ひじきが何か知らない人もいる
ひじきは海藻だというと

 海の藻?

という
若い頃のボクがそうだった
よくこんなものを食うなぁと思っていた
食感はごわごわしているし味は最悪だと思っていた
ところがいまは
その頃好きだった食べ物ははどうでもよくなって
その頃キライだった食べ物が愛おしいほど好きになっている
同じニンゲンとは思えないぐらい激しい変化だ

 これだからニンゲンは信用できない

ひじきごはんは
ひじきを別に焚いておいて
炊き上がったごはんに混ぜるやり方と
米からいっしょに炊く方法がある
ボクは断然後者だ
理由は米一粒一粒にひじきの旨味がしみ込むからだ
磯臭いという人もあれば
海の香りがすると目を細める人もいる

 好みは千差万別人夫々だ

青森産にしては大粒の蜆が手に入った
十三湖の蜆だろうか
酒蒸しで食べてもいい大きさだ
味噌汁にするのが勿体ない
でも味噌汁が最高だ

 どうなんだという突っ込みもある

人類は麺類だが
ときどきこんな朝ごはんが食べたくなる
高床式の台ではなく
畳の上に布団を敷いて寝た翌朝は特に



c0120913_1072241.jpg
朝膳




そんなに高級じゃないけれど
ちゃんと行き届いた旅館に泊まると
だいたいこんな朝ごはんが出る
これを楽しみにそういう宿に泊まることもある
ナマグサモノといえば蜆と小さな鯖が一切れだけ
豪華なものは一切ないのに過不足がない



c0120913_934338.jpg
完食




うまかった
ひじきごはん
三膳おかわりした





 

by ikasasikuy | 2017-01-13 09:14 | 食文化論 | Comments(0)
2017年 01月 10日
手羽先クン
c0120913_1695920.jpg
手羽先クン&赤わいん
on the Nabeta glass.
LUMIX DMC-TZ70




手羽先クン
いままではホワイトオークでいぶしてきたが
こないだから「新素材」でいぶしている
試しいぶしの三回目でほぼ完成
さて、その新薫煙材とは・・・

 茶葉
 白米
 シナモン
 スターアニス
 ブラウンシュガー

以上の五つをブレンドして薫煙材にする
茶葉は焙じ茶を使ったが
緑茶、紅茶、烏龍茶、普洱茶なども試す予定

手順はいつも通り
手羽先をソミュール液に丸二日漬込み
ピチットで包んで冷蔵庫で水分を抜いておく
材料を網に並べて
いぶし銀に火を着ける

 加熱8分+余熱15分=合計23分

食べてみた

 まいう〜!!!

今までの薫製とはぜんぜんちがう味と香り
目からウロコがポロポロボロボロ何枚も落ちる音が聞こえた
シナモンが効いてる
八角もかすかに
(おやがたスダーアニスだみだったな。おらクミンがだみだ)
お茶と米は特に感じない(鼻が悪いのか・・・)
砂糖の甘みが全体を円やかにしている
これ
甘口のワインに合う
赤ワインオンザロック!
木材片に頼り切っていたけれど
こんな手もあったのだなぁ・・・・

 燻製・・・奥が深い


c0120913_1616399.jpg



いぶし銀(小)では鶏の手羽先を一回に8本しかいぶせない
つまり左右1本づつ、合計4羽ぶんしかいぶせない
薫製屋をやるには一回に20羽はいぶさないと儲けにならない
大きい薫製窯を買うか・・・

 かわへん、かわへん



 

by ikasasikuy | 2017-01-10 06:14 | 食文化論 | Comments(0)
2017年 01月 08日
おべんとうの時間
c0120913_23265470.jpg
サッカー弁当
LUMIX DMC-TZ70




イングランドプレミアリーグ
クリスマスも年末も年始もなくやっている
サッカーファンにうれしいことだが
選手はたいへんだ
ドイツ・ブンデスリーガは一ヶ月間リーグ戦を中断する
スペインのリーガエスパニョーラでさえクリスマスと年末は休みだ
それなのに
イングランド・プレミアリーグは
週に三試合の過密日程で休むことなく行われている
世界一のブラック企業だ

生で見るには夜通し起きているしかない
サッカーを見てるだけでも起きていると腹が減る
そこで

 サッカー弁当

である
夜中なのでそんなに食べない
小さな弁当箱に大きめのおにぎりが一コだけ
それに玉子焼きとソーセージ

 サッカーするんちゃうねんしこれでじゅうぶんや



 

by ikasasikuy | 2017-01-08 09:09 | 食文化論 | Comments(0)
2017年 01月 07日
Last 柿
c0120913_17221250.jpg
ラストカキ
LUMIX DMC-TZ70




去年買った柿を
ひとつだけ食べずに置いといた
表面はまだ固いけれど
中はじゅくじゅく

 "HINATAGUSO"


とりあえず八つに櫛切りしたけれど
皮を剥くと身がつぶれてしまいそうだ
そこで
皮を付けたまま
スイカのようにかぶりつく
果汁が溢れて顎を伝う
顎を拭いもせずむしゃぶりつく

 まいう〜

完熟甘甘(あまうま)柿だ
こんなにうまいのなら
去年食べるんじゃなかったな・・・・



 

by ikasasikuy | 2017-01-07 20:35 | 食文化論 | Comments(2)
2017年 01月 07日
ポンカン
c0120913_201091.jpg
ポンカン
LUMIX DMC-TZ70




年末に
徳島の姉が野菜を送ってくれた
八百屋ができるぐらいたくさん届いた
里芋、ジャガ芋、大根、蕪、蓮根、青梗菜、ほうれん草、ブロッコリー、レタス、橙、エトセトラ、エトセトラ・・・
義母とわいわい言いながら山分けした
その中にポンカンも入っていた
ボクが知らないと思って「ポンカン」と書いてくれてあった
とても親切でやさしい姉だ
ありがたい・・・
でもね
ポンカンは知ってるよ姉さん



 

by ikasasikuy | 2017-01-07 20:18 | 食文化論 | Comments(2)
2017年 01月 07日
七草粥
c0120913_17193674.jpg
七草粥
LUMIX DMC-TZ70




七草粥は人日の節句の行事食だ
人日はじんじつと読む
五節句のひとつだ
五節句とは

 一月七日=じんじつ(人日)
 三月三日=じょうし(上巳=桃)
 五月五日=たんご(端午)
 七月七日=しちせき(七夕)
 九月九日=ちょうよう(重陽)

この並びを見て不思議に思うのは
なぜゆえ人日の節句だけが一月一日ではなく一月七日なのか?
(なのかなのか=韻を踏んでいる)
奇数のゾロ目で揃えたほうが憶えやすいのに
それに
十一月十一日はトッピントッピンで奇数のゾロ目なのに
なぜ節句ではないのか?
六節句にすべきだ!

ところてん
人日の節句に草の粥を食べるのはななぜか?
調べてみた
すると
節句の日は殺生をせずベジタリアンになろうという習わしだそうだ
そういえば

 三月三日の桃の節句には菱餅
 五月五日の端午の節句は粽(ちまき)
 七月七日の七夕の節句には素麺
 九月九日の重陽の節句には栗飯

がそれぞれ行事食になっている
昔の人はいろいろ取り決めるのが好きだったんだなぁ
他にすることなかったのかなぁ
なるほど、なるほど・・・・
と思いかけたがちょっと待てよ
桃の節句に蛤の吸い物を食べるのはいかがなものか
貝だって立派な動物だぞ

相変わらず重箱の隅を突っつく人日の節句の朝であった

七草粥
酒毒に侵された我が身を労るには最適かと・・・・・




 

by ikasasikuy | 2017-01-07 10:19 | 食文化論 | Comments(0)
2017年 01月 01日
雑煮その参
c0120913_17414946.jpg
雑煮
LUMIX DMC-TZ70




元旦の晩も雑煮
焼き鯊で出汁を引く
これ以上美味い出汁はないというぐらい美味い出汁だ
醤油を使わず真塩仕立て
むかしは必ず鶏と鰤の切り身が入っていたが
最近は蒲鉾と水菜と人参といんげんだけだ
餅を味わうのだから余計なものは入れないことにした
餅は切り餅の焼き餅ではなく
ムコンの伝統を踏襲して丸餅の茹で餅

 やっぱり餅は焼いた方がええなぁ・・・

餅を茹でると萎んだスライムみたいになって見栄え悪い
それに人参を梅に切ったけど餅にひっついてわからへんやん

さあ
プレミアの録画見よ





 

by ikasasikuy | 2017-01-01 20:18 | 食文化論 | Comments(5)
2017年 01月 01日
雑煮その弐
c0120913_559887.jpg
雑煮
LUMIX DMC-TZ70





元旦の昼も雑煮
焼き鯊で出汁を引く
これ以上美味い出汁はないというぐらい美味い出汁だ
薄口醤油+真塩仕立て
むかしは必ず鶏と鰤の切り身が入っていたが
最近は蒲鉾と水菜だけだ
餅を味わうのだから余計なものは入れないことにした

 おんなじことなんべんゆうてんねんという突っ込みもある

さあ
天皇杯見よ




 

by ikasasikuy | 2017-01-01 13:48 | 食文化論 | Comments(4)
2017年 01月 01日
雑煮その壱
c0120913_4414572.jpg
雑煮
LUMIX DMC-TZ70




元旦の朝は雑煮
焼き鯊で出汁を引く
これ以上美味い出汁はないというぐらい美味い出汁だ
薄口醤油仕立て
むかしは必ず鳥肉と鰤の切り身が入っていたが
最近は蒲鉾と水菜だけ
餅を味わうのだから余計なものは入れないことにした

 面倒臭いからだろという指摘もある

いや
そうではない
鶏や鰤をいれると焼き鯊出汁がぼやけるのだ
それで蒲鉾と水菜だけにした

 ほんまかという疑惑もある

さあ
風呂入ろ

by ikasasikuy | 2017-01-01 08:48 | 食文化論 | Comments(0)