カテゴリ:食文化論( 588 )

2017年 05月 25日
地味な肴
c0120913_0184398.jpg
地味な肴
LUMIX DMC-TZ70




地味な肴で飲っている
右下から時計回りに・・・

 ケネスケが去年の今ごろ漬けた「らっきょう」
 道の駅で買って昆布だしで焚いた「ぶなしめじ」
 道の駅で買った「しなちく」
 道の駅で買って甘酢に漬けた「しんしょうが」
 義母が作った「ポテトサラダ」

ケネスケのらっきょうはなかなかの味と食感
初めて漬けた新生姜もびっくりするぐらいうまい
しなちくは唯一食べてもだいじょうぶな竹だ
ぶなしめじはどんなにしてもうまい
母のポテサラは言うことなし

こういうものをうまいと思うようになったのは
歳をとったせいにちがいない
若い頃は見向きもしなかった
だがしかし
うまいもんはうまい

by ikasasikuy | 2017-05-25 00:19 | 食文化論 | Comments(4)
2017年 05月 24日
サバメンチカツ丼
c0120913_15364225.jpg
サバメンチカツ丼
LUMIX DMC-TZ70




こどものころ
わが家の主菜はサバだった
イワシやアジより目方あたりの値段が安かった
当時八人家族だったわが家の家計を守るのはサバしかなかった
すぐ近所に肉屋が一軒あったが
おかんがそこで買いんをするのを見たことがなかった
市場の中にも肉屋があったが
その肉屋も素通りしてその先の魚屋へまっしぐら
店のおばちゃんと少なくとも三十分は立ち話していた
小田鮮魚店
ここの息子は同級生だった
さんざん魚屋のおばはんとしゃべったあげく
一番安いサバを買って帰る
たいがいは塩焼きか煮鯖だったが
冬は鯖と水菜のハリハリ鍋、水炊き、スキヤキにもなった
飽きてくると鯖ハンバーグ、鯖カレー
親父の晩酌用のしめ鯖
毎日々々出刃包丁一本でサバを何匹かさばくので
サバをさばかしたら天下一品のおかんだった
「手間掛かる」
と言ってめったに作ってくれなかったが
小骨ごと叩いてつみれにしたのを
パン粉を付けて揚げたサバカツが好きだった
味は砂糖と塩だけだったと思う
おかんの鯖料理の中では断トツに美味かった

そんな鯖メンチカツでカツ丼を作ってみた
あゝ
懐かしさも

 Mai Uoo !!

by ikasasikuy | 2017-05-24 23:16 | 食文化論 | Comments(0)
2017年 05月 22日
ソースカツ丼
c0120913_23384837.jpg
ソースカツ丼
LUMIX DMC-TZ70




昨日
親子丼を食べているとき
急にソースカツ丼が食べたくなった




 

by ikasasikuy | 2017-05-22 17:36 | 食文化論 | Comments(0)
2017年 05月 21日
親子丼
c0120913_17551615.jpg
親子丼その2
LUMIX DMC-TZ70




麺類学の研究に勤しんで
ついつい炊飯を怠りがちな今日此頃
今日は真剣に「ごはん焚いた」
しかも
ヒチコックの悪影響を受けつつも
食べずに捨ててしまうのは勿体ない鶏ももをぶつ切りに親子丼にした

ところで
親子丼の主役は鶏だと思ってはいないだろうか
じつは卵が主役なのだ
世の中には一見脇役に見えるものがじつは主役である場合が存外多い
たとえば
時代劇「素浪人花山大吉」の主役は
だれもがみな近衛十四郎が演じた花山大吉だと思っている
ところが、本当の主役は品川隆二が演じた焼津の半次なのだ

 いつの時代の話だという指摘もある

たしかに古い話だが
焼津の判事のあのすっとぼけた間抜け面
あの無知で無教養で粗忽な喋り方
見るものをハーとをグッと惹きつけてこそ主役と呼べるのだ
 
  向こう意気なら焼津の半次
  引けはとらねえ風来坊
  それがどうした男に惚れた
  腕も気風も
  腕も気風も
  俺の上手をいく旦那
 
この歌が唄える人は相当な時代劇ファンかただの年寄りだ


そういう言い方で言うならば
他人丼の主役も卵だし
カツ丼の主役も卵だ
(ソースカツ丼はキャベツが主役やで)
あ!
ソースカツ丼食べたくなってきたー




 

by ikasasikuy | 2017-05-21 20:27 | 食文化論 | Comments(2)
2017年 05月 15日
アジフライ
c0120913_922457.jpg
アジフライ
LUMIX DMC-TZ70




アジフライを揚げた
豊西さんのマネシである
本当はアジを釣りにいこうと思ったけれど
じゃまくさいのでアジを買った
安いし新鮮だし
魚っぺを使って「ぺっ」「ぺっ」「ぺっ」とやれば
あっというまにアジフライだ
 アジぐらい買わずに自分で釣れという意見もある
じつは
アジ釣りは好きではない
むかしぎょうさん釣って飽きてしまったせいもある
メバルもまた同じ
昔は気が狂ったように淡路や鳴門に通ったけどなぁ
今ではメバルもすっかり飽きてしまった
それなのに
タケノコメバルやソイなら釣りに行きたい
ガシラなど何万匹も釣ったはずなのにまだ釣りたい
イカ釣りはやめたのにタコ釣りはやめられない
子供の頃からいやというほど釣っているハゼもぜんぜんやめられない
 _u_m_u_m_u_
これはただの飽き性というだけではないな
ガシラ、バス、ハゼ、タコ、タナゴ、、、、
なにかがあるはずだ
それでも
アジが釣りたくなることもある
10cm未満の豆アジだ
釣り方は伝統釣法の
 _s_a_b_i_k_i_
豆アジがいちばんよく釣れる釣法だ
でもぜんぜん面白くない

そうか
豆アジを釣りたいのではなく
豆アジのマリネが釣りたいのだな


 

by ikasasikuy | 2017-05-15 08:01 | 食文化論 | Comments(0)
2017年 05月 08日
サカ弁
c0120913_854491.jpg
サカ弁
LUMIX DMC-TZ70




ヨーロッパの各リーグが大詰めを迎えている
土日は昼間は修行
夜は観戦
寝るヒマがない

 A・マドリード 1−0 ヱイバル
 マンC 5−0 クリスタルパレス

モンクなしだ
こんな火はサッカー弁当が美味い

本日は特別にコゴミとアブラコゴミのゴマ油炒めが強引に詰められている
これがもうめちゃくちゃMai Uoo !!




 

by ikasasikuy | 2017-05-08 08:58 | 食文化論 | Comments(0)
2017年 05月 07日
カレー
c0120913_1732674.jpg
カレー
LUMIX DMC-TZ70




カレーを作った
たぶん5年ぶりぐらい
なぜ今まで作らなかったかというと
面倒くさいから
でも
かんたんに作ろうと思えば
いくらでもかんたんに作れる
そのほうがかえって美味い場合もある
そんなわけで
かんたんに作った

〇カンタンその1
 野菜と肉を刻む
 食べ易いように小さな賽子切り

〇カレー粉を使う
 S&Bの赤い缶
 それにYUUKIの鶏ガラスープでカレースープを作る
 隠し味はいままで使い道のまったくなかった八幡屋礒五郎のガラムマサラ

〇スープを煮立ててジャガイモ以外の材料を一気に投入する
 玉葱が透明になったらジャガイモを入れて煮込む
 火力は超弱火
 キッチンタイマーできっちんと三十分煮込む
 スープが半分ぐらいになって
 ジャガイモとニンジンが同じ軟らかさになったらできあがり




 

by ikasasikuy | 2017-05-07 21:57 | 食文化論 | Comments(0)
2017年 05月 06日
カキフライ丼
c0120913_7442213.jpg
カキフライ丼
LUMIX DMC-TZ70




中途半端に早い昼ごはん
カキフライ丼

カツ丼といえば豚ロースカツが定番だが
カキフライでやってみるとこれがなかなか美味い
牡蛎は天ぷらささ木で揚げてもらう

ほかにも
タコフライ丼
イカフライ丼
エビフライ丼
フィッシュフライ丼
キャッチャーフライ丼


 

by ikasasikuy | 2017-05-06 11:52 | 食文化論 | Comments(0)
2017年 05月 05日
山菜三昧
c0120913_193136.jpg
山菜三昧
LUMIX DMC-TZ70




秋保から届いた山の幸「第二弾」
さっそく料理にとりかかる

コゴミはゴマ油でさっと炒めて塩で
アブラコゴミはしっかり煮て蕎麦汁でお浸しに
タラの芽は天ぷらだ
すべて

 Mai Uoo !!

非の打ち所がまったくない
こんなにうまくていいのだろうか

 いいのだ





 

by ikasasikuy | 2017-05-05 21:28 | 食文化論 | Comments(0)
2017年 05月 05日
山の幸第二弾来たる
c0120913_17515491.jpg
山菜三種
LUMIX DMC-TZ70




左から
コゴミ、タラノメ、アブラコゴミ
ぜんぶうまい
とりあえずアブラコゴミをお飛騨市にして・・・麦水

料理を作る前に
盛る器並べとこー
もちろんオールナベタガラス

 しろくろきーろ

どの色に何を乗せようかなー



c0120913_192684.jpg
鍋田ガラス








 

by ikasasikuy | 2017-05-05 17:49 | 食文化論 | Comments(0)