カテゴリ:動物心理学( 61 )

2010年 03月 09日
象乃会からのお知らせ
c0120913_13525556.jpg



いましがた
大阪徘徊からもどってきた

予てから懸案事項であった
「妹を連れて BAR BARA MARKET PLACE」

ボクには妹がいないので
ちっちさんの妹をお借りしようかと思ったが
どうやら彼女は人妻らしく
あらぬ誤解を招いてもナニなので断念した

しかたがないので娘に歳のはなれた妹役を演じてもらう
ついでに
妻に姉役を演じてもらったが
結論から言うと
失敗だった
つまり
妹はボクよりよく飲み
姉はボクよりよく食うのだ
しかもどっちもものすごく早い

前を通るたびに気になっていた生ハム
「ハモンセラーノ」を初めて食べた
鮮やかな赤がとても美しい生ハムだが
期待が大きすぎた
熊本の牛も但馬の牛に比べたら
脂がさっぱりナニだった
まあ
料理に関しては
ピッツァを除いて特筆すべきものはなかった
それでも
若い女性スタッフの接客がじつにいい感じで
これは値段以上の価値があると思った
ここは
料理の味を求める店ではなく
居心地や雰囲気の良さを求める店であろう
よし
新しい妹が出来たらまた行こう


中津に安くてステキな居酒屋がある
茶屋町からトボトボ歩いて15分
JR貨物の線路端にある
「大阪はなび」

知らないひとは知らないが
知ってるひとは知っている

9時過ぎに行ったがほぼ満席状態だった
立ち飲みではなく
一応椅子はあるがビールの箱だ
客席の半分は道路上にはみ出している
冬の間は半透明のビニールシートに包まれていて
まるで怪しい宗教団体のサティアンのようだ

名物の厚切りベーコン
モンゴイカの刺身
コテッチャンキャベツ
関東煮盛り合わせ
生ビールで
一人千円ちょいだ
こんどは妹や姉とではなく
おっさん同士で行こう

by ikasasikuy | 2010-03-09 01:42 | 動物心理学 | Comments(10)
2010年 03月 03日
Lammtarra
c0120913_0392440.jpg
Lammtarra
PENTAX Optio W80



ささきらむたら
2000年3月3日生まれ(♂)

ラムタラが十歳になった
人間でいうと七十歳らしい
もうすっかりおじいさんだが
まだまだ元気だ

彪の血が約10%入っているので体が大きい
普通の家ネコの2〜3倍はある

相変わらず
「にゃあにゃあ」

うるさいぐらいいい声で鳴く
ときどき
ジャガーの血が騒ぐかして
「ガオーッ」
と吠える

若い頃に比べると
ひとに甘えるようになった

好物は魚類全般
特に鰹のたたきには目がない

昼間は殆ど寝ている
まあ
ネコ科はみなそうだが

by ikasasikuy | 2010-03-03 03:48 | 動物心理学 | Comments(6)
2009年 12月 25日
象乃会
c0120913_21223424.jpg
春子
OLYMPUS μ760



春子の背に
春のような日差しが注ぐ
ボクは温かさで眠くなるのをかみ殺しながら春子を見ていた
春子はずっと横を向いていた


天王寺動物園

ジャンジャン街「ホルモン道場」

通天閣

日本橋「あさひ」

なんば「かどや」

 残念ながらスマートボール「ニュースター」は定休日であった


メキシコでは食べ物はなんでも「タコ」で
複数になったときに初めて「タコス」になること

東京湾で釣った鱚を平塚で干したものを
平塚産と称するのは産地偽装にはあたらないこと

夕食の時間に仕事をしていると
晩ごはんを食べなくてすむこと

京都水月亭の豚足の味を覚えたら
なんばかどやの豚足は食えなくなること

神戸新開地の有名な餃子屋へ婿入りしたが
どういうわけか離縁になって帰ってきた叔父さんのこと

などなど
などなど
話題は尽きず夜は更ける
クリスマスの夜は更ける


参加者のご芳名をここに記させていただく

バビロン様
ドクた、様
ちっち様
テープ屋様
ken-G様
ごるご様
wogey様
けねすけ様
西区アオシマ様(終了後に参加)

とてもよい象乃会だった
生きていたらまた来年
生きていたらまた来年


その後
本隊から離脱したボクは
引率者をバビロンせんせに押し付けて地下鉄に乗って
梅田お初天神裏にある「北サンボア」へ行った
この空間の
この時間も
これで最後だ
客の居ない静かな店で
最後のハイボールを三杯飲んだ
旨かった


c0120913_151120.jpg



さて来年
春子とボクが
また逢えますように

by ikasasikuy | 2009-12-25 23:23 | 動物心理学 | Comments(19)
2009年 09月 23日
猫蜷缩在被炉
c0120913_1542485.jpg
うちのねこ
OLYMPUS E-410



  ゆきやこんこ
  あられやこんこ
  ふってもふってもまだふりやまぬ
  いぬはよろこびにわかけまわり
  ねこはこたつでまるくなる

残念ながら
わが家には炬燵がない
したがって
うちのねこは炬燵で丸くなれないのである
そのせいか
夏が過ぎて涼しい風が吹き始めると
バルコニーから差し込む日差しを求めるようになった

  ねことあひるが
  ちからをあわせて
  みんなのしあわせを
  まねきねこだっく

ネコもかわいいが
アヒルもかわいい
そこで
アヒルを飼いたいと思う今日この頃なのだ
妻に相談すると言下に却下された

だいいちその前に
池のある庭付きの家を買わねばならぬような気がする
ああ
困った・・・

by ikasasikuy | 2009-09-23 10:31 | 動物心理学 | Comments(4)
2009年 05月 05日
Vegga
c0120913_11473074.jpg
佐々木ヴェガ 七歳
OLYMPUS E-410 with Zuiko 35mm F3.5 Macro


今日
ヴェガが七歳になった
とても元気だ
口ヒゲが短くてまばらなのは
格闘のときラムタラが噛むからである

普段はおとなしいイエネコでも
ふとした拍子に野生の本能が目覚めるのか
ときどき全力で追いかけ合って飛びかかったり
唸り声をあげながら取っ組み合いのケンカをする
ネコは元々肉食動物なのだ
「狩猟」の血が騒いでいるのだと思う

ヴェガの得意技は
島木譲二も顔負けのキックアンドキックだ
「蹴り、そして蹴り」
短い後ろ脚がみごとに相手の顔面に炸裂する
ラムタラの右目がすこし小さいのは
ヴェガのキックによるものである

by ikasasikuy | 2009-05-05 09:46 | 動物心理学
2009年 04月 05日
cat's eyes
c0120913_11294927.jpg



暖房を切ると
あわててテントに潜り込む
緊急ビバークだ
なぜかというとテントの下だけ24時間床暖房になっているからだ
(ネコ用のホットカーペットが敷いてある)
寒さに弱い動物だ
(オマヱと同じだという指摘もある)

よし
夏になったら
寒さに弱い三匹で海水浴に行こう
炎天下の浜辺でスイカわりをして
かき氷をグワシグワシと食べて
日が暮れたら花火をしよう
喜ぶだろうなぁ・・・
(喜ぶのはオマヱだけだという指摘もある)


ネコといえば
東京に谷中(やなか)という
いまなお昭和をとどめる下町があって
町中のいたるところで猫がゴロゴロしているらしい
ネコがいる町
それだけで住み心地のいい町だとわかる
谷中ー根津ー千駄木
この一帯を
通称「やねせん」というそうな
カメラ片手に
肉屋のコロッケでもかじりながら
ぶらぶらと散歩してみるのも面白いなと
ふと思った

by ikasasikuy | 2009-04-05 12:59 | 動物心理学
2009年 03月 11日
よそのねこ
c0120913_15121333.jpg
よそのねこ
OLYMPUS E-410



まだ大人になりきっていないちょっと寄り目のネコ
カメラを向けて近づいても逃げようとはせず
むしろ

by ikasasikuy | 2009-03-11 15:11 | 動物心理学 | Comments(6)
2009年 03月 03日
うちのねこ
ラムタラが9歳になった
まだ9歳だが
もう9歳だ

c0120913_137840.jpg
Lammtarra Sasaki
OLYMPUS E-410


本名:佐々木ラムタラ
生年月日:2000年3月3日
特技:なし
性格:温厚、自立心が強い
趣味:昼寝
好物:鰹のたたき、鮭とば、煮干
嫌いなモノ:電気掃除機、リゾネーターギター
将来の夢:なし
来世の希望:人間になって猫を飼うこと

by ikasasikuy | 2009-03-03 01:41 | 動物心理学 | Comments(4)
2009年 01月 26日
Lammtarra
c0120913_2129252.jpg
Lammtarra
OLYMPUS E-410 with Zuiko 35mm F3.5 Macro


ササキ・ラムタラだ
春に9歳になる
いつも目に憂いを湛えている
男前だ
自立心の強いネコだが
このごろは大きな声で鳴くことがあるし
以前より甘えん坊になった
もうお爺さんなのだ

by ikasasikuy | 2009-01-26 21:30 | 動物心理学 | Comments(6)
2009年 01月 20日
Vegga
ヴェガのアップだ
怒った顔に見えるがごくふつうの表情だ

c0120913_2131239.jpg
Vegga
OLYMPUS E-410 with Zuiko 35mm F3.5 Macro


子供のころはそうではなかったが
最近
ボクは犬が苦手だ
タイで足をかぶられてから
ますますその傾向が強くなっている
したがって
お付き合いのある犬は極めて少ない
横山チビと穂高みかんぐらいのものだ


ヴェガ
気が強そうな顔をしているが
じつは臆病なネコだ
このまえ電気屋さんがレンジフードの交換にきたとき
ほぼ一時間
息を潜めて物陰に隠れていた
物音ひとつ立てずじっとしていた
ネコは大概そうなのだが
特にヴェガはヒトに慣れない

電気屋さんが帰ると
「にゃーこわかったぁー」
と言いながら
ボクの膝に鼻面をこすりつけた

by ikasasikuy | 2009-01-20 21:30 | 動物心理学 | Comments(12)