カテゴリ:自然科学( 31 )

2017年 02月 22日
夜明け前の生駒山
c0120913_6555034.jpg
生駒山
2017.2.22 am 6:23
LUMIX DMC-TZ70




地表と雲の隙間から見える生駒山
太陽が山の端から顔を出す少し間は
空が茜色に染まって美しい

 茜色・・・

茜色は夕暮れ時の空の色を表すときに良く使われるけれど
別段夕暮れ時と決まっているわけではなく
アカネという植物の根で染めた沈んだ赤色のことなので
朝焼け空を言うときに使っても一向に差し支えない

 差し支えない・・・

そうそう
差し支えないは
会津弁では「さすけねぇ」という



 
c0120913_734168.jpg
2017.2.22 am 6:12



上の冩眞の十分ほど前の冩眞




 

by ikasasikuy | 2017-02-22 06:57 | 自然科学 | Comments(2)
2016年 10月 04日
南国土佐は雨
c0120913_18151368.jpg
とさでんトラム
LUMIX DMC-TZ70




ムシヱサを探して
釣具屋を三軒回った
一軒目は店舗移転中につき閉店中だった
二軒目は開いていたがヱサは扱ってないと言う
三軒目は開いているか、ヱサは売っているか、で確認してから行った
なんとか
スナムシを手に入れた

 魔法のワームを手に入れた
 レベルが12に上った

これでクチノビウオは釣れたも同然だ
それに
三軒回ったおかげで
とさでんトラムに三回も乗ることができた

 高知駅前→上町四丁目
 上町四丁目→デンテツターミナルビル前
 菜園場町→大橋通

一回200ヱン
三回で600ヱン
これ、ぜんぶタクシーで回ったら3000ヱン以上かかると思う


パックロッドの先で台風の目を突きに来たけど
進路がちょっとずれはじめた
あんまりずれたらショートロッドなので届かない・・・
こっちに来るのにまだ二日ほどかかるみたいなので
とりあえずカツオの目を突きにいった



c0120913_1951870.jpg
明神丸 ひろめ市場店




 国の父さん 室戸の沖で
 鯨釣ったと いう便り

いまどきこんな歌知ってる人
ラドン師匠とじゅんたさんぐらいやろなぁ・・・





 c0120913_7334388.jpg

 後免行き






 

by ikasasikuy | 2016-10-04 02:08 | 自然科学 | Comments(10)
2016年 08月 02日
外来種
c0120913_1428338.jpg
外来種は本当に悪者か?
LUMIX DMC-TZ70




久しぶりに紙に文字が印刷された本を読んだ気がする
この手の本はもう飽きるほど読んだ
そして読んだ後いつも
虚しさと腹立たしさを覚える
特に釣りが好きな人ならそう思うと思う
(ギルを地べたに叩きつけるヘラ師と海でフグを日干しにする釣り人を除く)


外来魚はなぜ外来魚にされてしまったのだろう・・・
魚は何も語らないけれどニンゲンの身勝手に呆れているにちがいない
たとえば・・・

 大正時代に民間人がアメリカから移入したブラックバスは害魚だと攻撃するくせに
 昭和時代にやんごとなきお方がアメリカから持ち帰ったブルーギルには口を閉ざす科学者

 北米原産のバスは外来魚だから釣ったら殺せと言いながら
 北米原産のニジマスを平気で放流する暗愚な漁協

 在来種のヤマトイワナが棲息する川に
 在来種だからといってニッコウイワナを放流する荒唐無稽な内水面漁業関係者

ニンゲンは自分らの都合だけで
魚を悪者にしたり邪魔者にしたりしてきた
自分らがまいたタネだということを棚に上げて
殺処分だ、回収箱だと恐ろしいことを平気で口にする
釣りをする人の中にも
ルールだからと釣った魚を殺すひとがいる
たとえば
琵琶湖では釣ったバスやギルは
食べる食べないに関わらず殺す以外の選択肢がないルールが作られて久しい
ニンゲンがいかに傍若無人で傲慢無礼かがよくわかるルールだ
こんなルールを子どもに教えてまで釣りをさせたがる親がいるだろうか

 魚には何の罪もない

釣人は魚の命を無駄に奪ってはならない
こんなことは当たり前のことだ
当たり前すぎて呆れるぐらい当たり前のことを教えずに
無知蒙昧なニンゲンが決めた恐ろしいルールに何の疑問も抱かず従う
極めて愚かで悲しいことだ





 

by ikasasikuy | 2016-08-02 07:00 | 自然科学 | Comments(11)
2016年 03月 06日
琉球石灰岩
c0120913_1250514.jpg
琉球石灰岩
LUMIX DMC-TZ70




沖縄県島尻郡
与那原町板良敷当添の海岸
潮が引いたので
リーフのエッジまで歩いて行ってルアーを投げた
ナニも釣れなかった
魚はいるはずだが
海藻が邪魔をして釣れなかった
早々に諦めて
波打ち際で石ころを一つ拾って帰る

 琉球石灰岩

多孔質の火山砕屑物(軽石)に似た石だ
指先が入るぐらいの小さな穴がいっぱい空いている
軟らかい石灰岩の上で石粒が波に転がって空けた穴だ


うちなーは
琉球石灰岩の地層が隆起してできた島だ
つまり
珊瑚でできているのだ

 ほんまか?

さあ・・






 
 

by ikasasikuy | 2016-03-06 03:03 | 自然科学 | Comments(2)
2015年 12月 31日
_f_o_o_t_
c0120913_053865.jpg
夕暮れ時 PM 5:23
LUMIX DMC-GM1



太陽が沈んで
むこの山の端があらぞめ(退紅)に染まる


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

イングランドプレミアリーグ
第19節

 レスターシティ vs マンチェスターシティ

暫定2位のレスター
3位のマンチェスターシティ
この試合に勝ったほうが
前日ボーンマスに勝って暫定首位に立ったアーセナルを抜いて
首位で新年を迎えることになる
ただし
引き分けた場合はアーセナルが首位だ

両者一歩も引かず(ややマンCが押し込み気味だったが)
結局スコアレスドローに終わった

 レスターシティ0-0 マンチェスターシティ

その前にマンUとチェルシーのだるいスコアレスドローを観たあとだったので
同じスコアレスドローでとても刺激的で面白いゲームに感じた
どうやらレスターの強さはホンモノだ
オカザキがベンチに埋もれたままだったので
全力でシティを応援することができたのは良かった
後半途中アグエロに変わって出たボニーはまったく使えない
それならヘススナバスを入れて
シルバ+スターリング+デブルイネ+ナバスのゼロトップのほうが断然面白い
ウィルフリード・ボニー
スウォンジーの時は言い選手だったけどなぁ・・・

スターリング
この試合では二回しかシュミレーションをしなかった
進歩の跡がうかがえる
アグヱロ・・・調子が上がらない
ボニー・・・使えない
デブルイネ・・・うまい
サバレタ・・・まだか

次節は年明け早々
シティはアウェーで好調ワトフォードと
レスターはホームでこれまた好調ボーンマス戦だ
オカザキ先発でハットトリックの初夢を見た(見たい)


 プレミア順位

 1位 39 アーセナル
 2位 39 レスター
 3位 36 マンC
 4位 35 トッテナム
 5位 31 クリスタルパレス


ドイツブンデスリーガは一ヶ月のクリスマス正月休暇があるのに
プレミアリーグは年末年始の一週間に3試合行う
世界一過酷な過密スケジュールだ
チーム力の差が如実に表れる一週間になる

by ikasasikuy | 2015-12-31 20:10 | 自然科学 | Comments(0)
2015年 12月 06日
断面
c0120913_1228785.jpg
無花果
LUMIX DMC-TZ70




有次のペティナイフ
去年の四十七士の討ち入りの日に買ぉて
もうじき一年になる
でもまだ一年だ
十年ぐらい使っているような気がする
それぐらい手に馴染んでいる
ほぼ毎日使って
毎月一、二度研ぐので
だいぶ「使用感あり」になってきた
もちろん今も
めちゃくちゃ良く切れるので
なんでんかんでん切っている今日此頃だが
その断面の美しさに魅了されている今日此頃でもある



c0120913_131979.jpg
有次「和ペティナイフ」
LUMIX DMC-TZ70




ペティナイフで切ったり剥いたりするもの

 里芋
 玉葱
 人参
 ジャガイモ
 大蒜
 生姜
 柿
 林檎
 トマト
 胡瓜
 
葱、キャベツ、大根、牛蒡、西瓜は菜切り包丁
獣肉や鶏肉はステンレスの中華包丁
鯊、鱚、鯵、細魚、ガシラなどは四寸の鯵切り
コモノ釣師になってからは出刃の出番がない
(ちょっとだけ韻を踏んでいる)
ここ何年も
鯛や鱸を釣って帰らなくなったなぁ



c0120913_2125778.jpg
ライム/酢橘
柚子/温州蜜柑
LUMIX DMC-TZ70




しっかり研いだら切れ味を試す
なんでんかんでん手当たり次第に輪切りにしてみる
ひとはこれを「辻斬り」という

by ikasasikuy | 2015-12-06 07:40 | 自然科学 | Comments(10)
2015年 10月 07日
大山
c0120913_1165732.jpg
大山
LUMIX DMC-TZ30



出雲国の帰り道
伯耆国の大山を撮った
標高1729m
見る角度によって
台形に見えたり
三角形に見えたりする
三角形に見えるところから見たひとが

 伯耆富士

と命名したらしい
伯耆国は「ほうきのくに」と読む
鳥取県西部の旧国名だ
鳥取県は東西に長く
西の伯耆国
東の因幡国に分かれていた
白兎が鰐をだまして背中の上を跳んで
隠岐島から本州へ渡ったのは因幡国の話だ
それにしても
ワニをだますとは
いなばのしろう詐欺はとんでもない悪いやつだなぁ

それから
誤解があるといけないの言っておくと
ワニといってもアリゲータやクロコダイルではない
シャークだ
フカヒレスープの原料だ

伯耆富士
残念ながら山頂に雲がかかっていた
岩木山のときよりはマシだが
山岳写真家としては残念だ

 だれが山岳写真家やねんという突っ込みもある

ところで
知っている人は知っているので今まで黙っていたが
大山は「おおやま」ではなく「だいせん」と読む

  ちなみに
  大山のぶ代はニッポンの声優だ
  初代「ぼくドラえもんです」の声だ
  大山のぶ代は「だいせんのぶよ」ではなく「おおやまのぶよ」と読む
  これはまちがえるひとはたぶんいないと思うが念のため・・
 
    ほかにも
    第十五世名人の将棋棋士大山康晴と
    極真空手十段の格闘家大山倍達は
    どっちも大正12年生まれで同級生だが
    「だいせんやすはる」ではないし
    「だいせんますたつ」でもない

       もういいという意見もある

          近々デル中水泳部の同級生T氏が大山登頂計画中らしい
    

by ikasasikuy | 2015-10-07 07:38 | 自然科学 | Comments(10)
2015年 10月 02日
モリオカ・ランドスケープ2
c0120913_1431725.jpg
栃の実
LUMIX DMC-GM1




パレスチナ自治政府ヨルダン川西岸地区にあるラジオ局「PBCパレスチナ」は
9月30日の深夜放送で

 30日昼頃
 盛岡城跡公園を徘徊していたイカザスは
 落下した栃の実に頭頂部を直撃され即死した

と報じた


なお
市当局は頭髪にモンダイのある市民の公園内の立ち入りを制限するとともに
一般市民に対しても外出時は細心の注意が必要だと呼びかけている





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





盛岡をぶらぶらと徘徊して
肴町の深心という蕎麦屋で酒を飲み
さて
ぼちぼち宿に戻るか・・と
歩いていると
急に雨が降りだした
やっと
七百十一屋で買った税込み500ヱンの透明ビニール傘が役に立つ
傘を差して歩いていると
だんだんだんだん町並みが寂しくなってくる
ん?
これ
駅に向かっているのだろうか
もしかして

 道をまちがえた?

スマホのマップで見てみたが
そもそも自分がいる現在地がどこなのかわからない
後戻りするにも
なんべんか角を曲がったので
どこをどう歩いてここにいるのかがわからない
小猫ちゃんではないが

 迷子だ

雨はだんだんだんだん強くなってくるし
タクシーはぜんぜん通らないし
困った・・

とある交差点で
駐車場に停めたクルマに乗ろうとしている女性がいたので

 「すんません、盛岡駅はこっちですか、それともこっちですか」
 「どっちもちがうけど、乗って」
 「え?」
 「駅まで乗せてくから、乗って」
 「いやいや、そんな・・・」
 「濡れるから、はやく乗って」
 「いいんですか」
 「いいよ、通り道だし」


半ば強引に
車で駅まで乗せてくれた

 めちゃくちゃラッキー

初対面なのに友だちみたいなしゃべり方だが
盛岡の女のひとは親切だなぁ・・

思った途端に

 「私、盛岡市民じゃないけどね」

と言う
となり町の滝沢市から授業を受けに盛岡へ通ってると言う
授業・・
学生?
小柄で闊達そうな女性は
妙齢と呼ぶにはまだ少し間があるがどうみても三十路だ・・
ボクがそう思ったと同時に

 「見えないでしょ、学生に」
 「あ、いや、そ、そんなことありません」

びっくりして
そんなこと有馬温泉と言うところを
ふつうに「ありません」と言ってしまった
この女性
ひとの心が読める超能力者かもしれない
もしかして

 イタコ・・・

見たところ
白装束でもないし
数珠をぶらさげてるわけでもないけれど・・

 「この歳になってまた一から勉強し直すなんて、自分でも思わなかったわ」
 「どんな勉強してはるんですか」
 「心理学というか・・なんていうか・・駅に着くまでに説明しきれない」

やっぱりイタコだ・・
そんなわけで
とりとめのない話をしつつ
10分弱の楽しいドライブだった
滝沢市の女性はフレンドリーで親切だということがわかった
それにけっこう美人だったし

 けっこう・・って

by ikasasikuy | 2015-10-02 06:30 | 自然科学 | Comments(10)
2015年 08月 03日
崖の上の
c0120913_12284331.jpg
小さな絶景ポイント
LUMIX DMC-GM1





近所の崖の上からみた景色
どこにでもあるような小さな絶景だ
背後にムコの山並が迫っていて
すぐ目の前が断崖絶壁
いわゆる

 カガンダンキュー

である
下へ下りる階段がある
このあたりはこういう階段が多い
どれも百段以上あって
山寺や神社の石段に負けていない
足腰を鍛えるにはもってこいだ

by ikasasikuy | 2015-08-03 07:27 | 自然科学 | Comments(6)
2013年 12月 30日
としこし
c0120913_12262624.jpg
睡蓮鉢の紅葉(芳春院)
LUMIX DMC-TZ30





京の山々を錦に染めた紅葉は
師走半ばにはすっかり枯れ落ちて
乾いて風に転がされ
観光客に踏みつけられ
やがて形を失って土に帰る
しかし
運良く睡蓮鉢に落ちた紅葉は
色褪せてはいるものの
美しい姿をとどめたまま薄氷の下で年を越す

 来年はガシラがぎょうさん釣れますように・・・

by ikasasikuy | 2013-12-30 20:05 | 自然科学 | Comments(10)