カテゴリ:日本語学( 10 )

2017年 07月 28日
summer greeting
c0120913_22535895.jpg


by ikasasikuy | 2017-07-28 22:54 | 日本語学 | Comments(0)
2015年 12月 24日
清く正しく美しいニッポン語
c0120913_1253853.jpg
さくら
LUMIX DMC-GM1




皇后杯サッカーを見ていると
元なでしこ(元女子サッカー日本代表)の解説者が

 「いまのパスは有効的ですね」

と言っていた
圧倒的な違和感を感じた
準々決勝を二試合見た
それぞれ別のひとが解説をしたけれど
二人とも異口同音に「有効的」を使っていた
O竹さんとY野さんだが・・・
どうやらサッカーは得手だがニッポン語は苦手のようだ

「友好的」という言葉はあるが
「有効的」はない
なぜなら
「的」は名詞の後に付けて形容動詞にするためのものだからだ
「友好」は名詞
「有効」は効果が有るという意味の形容動詞
したがって
形容動詞に的を付ける必要はない
どうしても「的」を付けて言いたいなら「有効的」ではなく「効果的」だ
特にO竹さんは
もう四十を過ぎてるのに
女子高生みたいに
「なので〜」と「ので〜」ばっかりの
イライラする語尾伸ばしシャベリがとても聞き苦しいし
水商売のおねえさんみたいな派手な狸化粧もとても見苦しい


 キキグルシイ & ミグルシイ

この大会を最後に現役を引退するサワホマレさん
アナタだけは引退後こんなことにならぬよう切に願う

~~~~~~~~~~~~~~

かたくり粉やコーンスターチなどのデンプン類を
「デンプン粉」
「デンプン粉」

なんども言う料理家がいる
「DEN-PUN-KO」・・・
これまた圧倒的違和感だ
多分このひとはデンプンを漢字で書いたことがないと思う

 でんぷん=澱粉

すでに粉になっているものに
さらに粉を付けて

 澱粉粉

コナが思いっ切り重複している
チゲ鍋と同じだ
きっとこのひとは
馬から落ちて落馬するか
腹を切って切腹するにちがいない

~~~~~~~~~~~~~~

いまだに
「桜満開の小春日和」と言うひとがいる

~~~~~~~~~~~~~~

年がら年中
「時雨」を使う人がいる

~~~~~~~~~~~~~~

ぼちぼち
「舌鼓」の読みを「したつづみ」に統一してほしい

~~~~~~~~~~~~~~


まあ
こんなことを言うのは歳をとった証拠だ
自覚はしているが
それでも
どうしても許せないものがある

 グランブルーファンタジー

あのテレビCMだけは勘弁してくれ
吐き気がする

by ikasasikuy | 2015-12-24 07:52 | 日本語学 | Comments(10)
2013年 12月 04日
だれれ
c0120913_1324594.jpg
元祖長崎カステラ總本舗元町本店
LUMIX DMC-TZ30



創業元治元年卯月
元祖長崎カステラ總本舗元町本店である
間口一間
鰻の寝床のような店舗で
かなりご高齢のおじいさんとおばあさんのご夫婦がやっておられる
それがし
カステーラは少しく苦手で
まだいちどもここの「元祖」を食したことがない

元治元年は1864年である
年号の順番で言うと
平成←昭和←大正←明治←慶応←元治
であるから
江戸時代からカステラを作っていることになる
来年で百五十年だ
うむむ
「元祖」というのも頷ける
看板に

 誰れもが知ってる・・・

誰もが・・・ではなく
誰れもが・・・である
誰れ・・・
今のひとは「だれれ」と読んでしまうかもしれない
じつは
昭和三十四年(1959年)以前は
誰に「れ」を送るのが普通だった
「誰れ」と書いて「たれ」と読んでいた
つまり
「誰」は「た」だったわけだ

 誰がために鐘は鳴る
 (たがためにかねはなる)
 誰そ彼
 (たそがれ)

というふうに・・・

そんなわけで
誰を「だれ」と読むには「れ」がないと収まりが悪かったのだ
ところが
昭和三十四年に御上が

 活用語を除き送り仮名を付すこと罷りならぬ

という御触れを出した
以来
活用語でない「誰」に送り仮名を付けることができなくなった
そんなわけで
「誰れ」の「れ」は姿を消していったのである

ただし
西条八十、古賀政男の名曲
「誰(たれ)か故郷を想わざる」は昭和十五年の歌にもかかわらず
「誰」に「れ」は付されていない
レコードジャケットにも「れ」の送り仮名はない
つまり
昭和三十四年までは
「れ」を付けようが付けまいが自由だったのだ

ところが
2011年に発売された
小田和正の「どーも」というアルバムの中の曲に
「誰れも どんなことも」
というのが入っている
こっちは当然昭和三十四年以降の歌のクセに
「誰」に「れ」を付している
つまり、ご政道に逆らっているということだ
小田和正
成敗してくれねばならぬ

そんなことはどうでもいいけれど
元祖長崎カステラ總本舗元町本店
今年になってからシャッターが降りたままだ
どうしたのだろう

 もう、ナニしたのだろうか・・・

ナニて?
いや、だから、ナニ・・・

by ikasasikuy | 2013-12-04 07:24 | 日本語学 | Comments(8)
2013年 11月 12日
Others
c0120913_11533371.jpg
寳鏡寺門跡
OLYMPUS E-410




それはそうと
この前串カツ屋のレジで
ボクの前の客の若い女が連れの中年男に

 アザース!

と言っていた
ん?
イングリッシュ・・・
オーベーか?

顔を見たら

 紛れもないニッポン人だ

アザース・・て
others・・・?
他人?
その他の・・・か?
アポストロフィいるぞ


「アザース」の語感は
体育会系の挨拶の「押忍!」に似ている
支払いが終わって店を出るとき
また
女が男に

 アザース!

やっぱり他人か
たしかに親子には見えないが

その話を娘にすると
「若い子ぉでそういう言いかた流行ってるねん」と言う
アリガトウゴザイマスの省略形らしい

 リガトウゴイマ

なんという荒唐無稽な省略だ
だいたい礼を述べるのに省略して言うとは何ごとだ
失礼にもホドがあるぞ
ニッポン人なら
ちゃんと
「アリガトゴダマス」と言え

 ちゃんと言えてないという指摘もある



c0120913_11582374.jpg
紅葉



急に秋だなぁ・・・

by ikasasikuy | 2013-11-12 07:42 | 日本語学 | Comments(14)
2012年 11月 13日
クリオロフォサウルス
c0120913_18553530.jpg
Cryolophosaurus ellioti


分類:竜盤類/獣脚類
時代:ジュラ紀前期
(約1億9000年万前 ~1億7500万年前)
推定全長:約7メートル
産出地:南極





近頃
〜してもらってもいいですか?
という言い方が横行している
けっこう年配の人も使っている
十年前にはなかった言い方なんだがなぁ

 〜してください

ということを
丁寧に言っているつもりらしい
たしかに丁寧な響きには聞こえるが
まわりくどい
〜してくださいでじゅうぶん丁寧なのになぁ


駅の売店に若い女がきて
店のおばさんに
あのぉ、すいません、ここってぇ、両替してもらうことってぇ、できますか?
ときた
ボクは買ったばかりの伊右衛門を落としそうになった
おばさんは目を丸くしつつ
できませんと言った
若い女は急に不機嫌な顔になって
鼻で大きく息をひとつ吐くと
何も言わず踵を返して早足に立ち去った

 両替してください

でじゅうぶんなはずだが
丁寧な言葉を憶える前に
礼儀作法を覚えなければイケナイ

by ikasasikuy | 2012-11-13 08:16 | 日本語学 | Comments(10)
2012年 08月 10日
ちゃり
c0120913_1382298.jpg
ちゃり屋
OLYMPUS E-410 with Zuiko D25mm F2.8



黒門市場の東側に
こんな自転車屋がある

 ちゃり屋

むかし
とある大学の自転車部のOBが
自転車をチャリなどというのはけしからんと言っていたのを思い出した
自転車をこよなく愛するものにすればまったくけしからんことと思う
チャリンコは韓国語の「자전거=チャドゥンゴ、チャジュンゴ」からきているという説もあるが
たしかに「チャリンコ」とか「チャリ」という言い方は薄っぺらで情けない感じがする
若い人はあまり言わないが「チャリキ」などと呼ぶ年寄りもいる
それでも関西では「チャリンコ」はすっかりメジャーな言い方になってしまっている
いつからこんなことになってしまったのだろう
そうそう
名古屋では「ケッタ」というらしい
ますます薄っぺらで情けない感じがする
50cc未満のバイクの正式な言い方は原動機付自転車だが
「原チャリ」と略す人が多い
もっと略して「原チャ」というひともいる
玄米茶かと思うじゃないか

 思わないという指摘もある

ボクの実家は父と長兄の二代にわたって
長いあいだ自転車屋をやっていたが
自転車をチャリンコとは言わなかったし
だれかが言っているのを聞いたこともなかった
じつは
「チャリンコ」という言葉は
大人になってから初めて聞いた言葉なのだ
中学生のときも
高校生のときも
自転車はじてんしゃだった
いつからチャリンコと言い始めたのだろう・・・
そもそも
わざわざ自転車をチャリンコなどとヘンな言い方をしなくても
自転車は「じてんしゃ」でいいんじゃないかな
どう?

 どうでもいい?

あそ





  臨時ニウス
  2012ロンドン五輪サッカー女子
  なでしこ 1-2 アメリカ
  勝てそうなゲームだったが
  負けてしもた
  ざんねん


by ikasasikuy | 2012-08-10 07:07 | 日本語学 | Comments(15)
2011年 05月 28日
なので
c0120913_196670.jpg
スイスホテル南海大阪
fuji finepix z33wp



センテンスのアタマが
「なので」から始まる言い方が増殖している

 雨なので傘をさします。

というのが
本来の「なので」言い方だが

 雨です。なので傘をさします。

と言うのである
テレビでもよく耳にする

「なので」は「だから」と同じ意味の接続詞で
「◎◎なので」「◎◎だから」と使うのが普通だ
それが言葉の先頭にくる・・・
「なので◎◎です」

使っているのは女性が多い
若くはないが美人で頭の良さそうな女性がよく使う
三、四年前はだれも言ってなかったと思う
たしかに
「だから」と言うより
「なので」のほうが
言葉の響きが柔らかくて優しい感じがするけれど
・・・どうにも収まりが悪い

そう思ってテレビを見てみると
さっそく
料理研究家
服飾デザイナー
元オリンピック選手の女性タレントなどが使っていた
「なので」
「なので」
「なので」
やっぱり耳に引っ掛かる
響きは優しいけれど
耳障りだ

論外だが
NHKの若い男性アナウンサーまで使っていた
言語道断
受信料返せー

 払ってから言えという指摘もある

それもそうだ



    「だから」から始まるタイトルの歌もないではない

      ↑ おそらく「ラ師匠」や「ノ大兄」ならご存知であろう

by ikasasikuy | 2011-05-28 07:12 | 日本語学 | Comments(6)
2011年 05月 01日
ゲンキトカユウキトカ
c0120913_8493458.jpg
なんばパークス
fuji finepix z33wp



近ごろは
元気とか勇気は
「もらう」ものになっている
「元気をもらった」とか
「勇気をもらった」などという言い方をする
むかしは
元気や勇気は自ら「出す」ものだったんだけどな・・・と

 むかしの人間のボクは思う

ところが
みていると
ボクより年長と思しき人たちまでもが
「元気をもらいました」
とか
「勇気をいただきました」
などと言っている
こんな言い方
むかしからしてたのかなぁ
たぶん
してなかったと思うなぁ
でもみんな上手に使ってるなぁ

そうか
ボクが知らないうちに
元気や勇気は
自分で出すものではなく
人からもらうものになっていたのだ
そうか
そうだったのか

by ikasasikuy | 2011-05-01 07:24 | 日本語学 | Comments(14)
2011年 02月 27日
丘を越えて
c0120913_1013543.jpg
丘を越えて
OLYMPUS E-420



Oka wo koete
Columbia Orchestra

真空管が温まるまでの所要時間=約10秒




丘okaを越koえて行yuこうよ
真澄masumiの空soraは朗hogaらかに晴haれて
楽tanoしい心kokoro
鳴naるは胸muneの血潮chishioよ
讃tataえよわが青春haruを
いざ行yuけ遥haruか希望kibouの丘okaを越koえて

丘okaを越koえて行yuこうよ
小春koharuの空soraは麗uraらかに澄suみて
嬉ureしい心kokoro
湧waくは胸muneの泉izumiよ
讃tataえよわが青春haruを
いざ聞kiけ遠tooく希望kibouの鐘kaneは鳴naるよ


島田shimada芳文yoshifumi
古賀koga政男masao
藤山fujiyama一郎ichirou
1931年nenのリリースである
したがって
この歌utaを知shiruるひとは相当soutouの年配nenpaiであるはずだが
そうでもない年代nendaiのひとも知shiっているという
実jitsuは
1976年nenに矢野yano某nantokaという女onnaの歌手kasyuがカバーして
そこそこヒットしたらしいのである
そういえば
ふにゃふにゃと歌utaうのを
松坂matsuzaka慶子keikoの映画eigaの中nakaで聴kiいた気kiがする
全mattaく聴kiくに耐taえない厭iyaな歌utaい方kataだった
ところで
この歌手kasyuのファンが世間sekenにはけっこう居oられるようで
反感hankanを買kaうことを承知syouchiの上ueで記shiruした

by ikasasikuy | 2011-02-27 00:14 | 日本語学 | Comments(4)
2008年 06月 05日
イカはなぜ「烏賊」と書くのか?
面白そうな本を買った
動植物の漢字名について詳しく記されている本だ
bugscopeさんのご子息が愛読されているという

c0120913_1114994.jpg
動植物の漢字がわかる本
OLYMPUS E-410 with Zuiko 35mm F3.5 Macro


もっと単純な本だと思っていた
さにあらず
まず
「音」「訓」「漢名」「和名」「呉音」「漢音」「唐音」「唐宋音」
「甲骨文字」「象形文字」「会意文字」「形声文字」「音訳」「意訳」
「国訓」「国字」「半国字」「里帰り漢字」「簡体字」「当て字」「同系語」
「二音節語」「重箱読み」「百姓読み」「朝鮮読み」「女房詞」「民間語源」
などなどの
基礎用語を理解するところから始まる
うむむ
まるで国語の授業だ

それに
それぞれの意味やその漢字が当てられた訳を知る前に
どう読むのかさえわからないものばかりだ

漢字は美しい文字だ
しかし
むずかしい文字だ
世界一むずかしい文字だろう
漢字を使う国は
日本と中国と台湾だけだ
いまさらニッポンに生まれたことを嘆いてもしかたがないけれど


翻車魚
拶双魚
玉筋魚
石首魚
斉魚‥‥‥ぜひ食べてみたい

by ikasasikuy | 2008-06-05 15:31 | 日本語学 | Comments(6)