カテゴリ:服飾総論( 11 )

2016年 02月 22日
ウンドーグツ
c0120913_1414920.jpg
New Blance M630 BO4
LUMIX DMC-TZ70




ウンドーグツを二足買った
青いウンドーグツと赤いウンドーグツ

青いウンドーグツは
今までに買ったニューバランスの中で
いちばん安かった
ゾンさんがいつも履いているニューバランスと同じぐらいと思う
でも
履き心地は
今までに買ったニューバランスの中で
いちばんいい
なんだ
クツはネダンじゃないのか
なにしろ軽い
まるで地下足袋を履いてるみたいだ
世界中のランニンガー諸氏にオススメする
もちろんエギンガーにも



c0120913_14253820.jpg
Addidas ZX 700




赤いウンドーグツは
作りが頑丈で
青いウンドーグツの倍近い重さがある
それなのに履いていることを忘れてしまうぐらい軽く感じる
履き心地抜群
ボクの足にジャストフィットする
アディダスのシューズが足にピッタリ合うということは
もしかしたらボクはドイツ人かもしれない
そう言えばソーセージでビール飲むの好きだし・・
でもそういう言い方で言うと
ヱンさんもゾンさんもドイツ人になってしまう・・
彼らはどうみてもアフリカ人だ
ところで
このアディダスのウンドーグツ
ひとつだけ気に入らないところがある
アディダス公式通販で買ったのだが
買った次の週に3000ヱンも値下げした
値下げするなら値下げするとひとこと言ってくれれば一週間ぐらい待つのに・・
まるでユニクロで買ったダウンジャケットが次の日に半額になったみたいな気分だ




 毎年
 この時期になると
 釣りの蟄が啓きたがる
 行ってもほぼ100%の確率で
 「時にあらず」と
 谷のウグイスは声も立てぬのに
 やっぱり腰がフワフワと落ち着かなくなるのである

 




 

by ikasasikuy | 2016-02-22 07:47 | 服飾総論 | Comments(8)
2016年 02月 02日
島草履
c0120913_13384984.jpg
島草履
LUMIX DMC-TZ70




子供からおばぁまで
安室奈美恵も仲間由紀恵も
沖縄県知事も宜野湾市長も履いている

 島草履

沖縄県民の「足」
である
ビーチサンダルでもゴムジョンでもない

 シマゾーリ

である
履き心地抜群
軽くて丈夫
牧志周辺の商店街で一足460ヱンで売られているが
新天地中通りの平良衣料で買えば350ヱンだ
(三年前は一足299ヱンだった)
沖縄へ行くたびに何足か買って帰る
これをAmazonプライムで買うと一足1000ヱンだ
税込みで1080ヱンもする
平良衣料なら三足買って1050ヱンなのに・・・
Amazon・・暴利貪りすぎ
さらに
足を乗せる部分にイラストが描かれたものは2500〜5000ヱンもする
CROCSより高い
シンジラレナイノデアル



だれでも行ける平良衣料への道(黄緑色)
c0120913_14571758.jpg

c0120913_1449226.jpg


台湾茶屋と閉店した田舎農連市場店を結ぶ通路
幅2m未満の狭いこの通路(新天地市場中通り)沿いに平良衣料はある
だれがどうみてもこんなところに店があるとは思えないようなところに店がある
なお市場本通りにある平良衣料ではなく平良衣料(正人)のほうなので注意が必要だ

by ikasasikuy | 2016-02-02 07:36 | 服飾総論 | Comments(7)
2013年 03月 12日
シマゾーリ
c0120913_22244895.jpg
台湾茶屋
LUMIX DMC-TZ30




シマゾーリだ
平和通りをくまなくさがしたが
みつからなかった
まだ時期尚早なのか・・・
道を行く地元民もだれも履いていない
草臥れ果てていつものカフェへ

 台湾茶屋

徘徊の途中で必ず立ち寄る一軒
台湾茶屋というぐらいなのでもちろん支那茶もあるが
ここの珈琲がうまい
客の注文を聞いてから豆を挽いて
ちょっと大きめのカップにたっぷり入れてくれる
しかもいまどき一杯250ヱン
安い!
先客の女性は

 「あら? おつり多すぎない?」

と言っている
店のおぢさんは自慢気に

 「ウチノコーヒーウマイケドヤスイヨ」

安くて美味い
客はみな必ずここに戻ってくる
女性はまた来ますと言ってうれしそうに帰っていった

客はボクだけになった
団子頭の店のおばさんに

 「シマゾーリさがしてんねんけどないねん」

と言うと

 「シマゾーリナラネ」


おばさんが説明を始めた
どうやらシマゾーリを売ってる店を知ってるようだ
すると
そこへ店のおぢさんが割って入ってきて

 「ソレナライチバホンドーリノ・・・」


横から説明を始めた
するとこんどは店のおばさんが
それを軽く制止してから目でおぢさんを殺した
(アンタワダアーッテイ、イマワタシガセツメイシテルヤロ)・・・という感じ
おぢさんは縮み上がって小さくなった

 「シンテンチドーリノタイライリョーナラネンジューアルヨ」

店のおばさんに教えられた通りに
狭い路地をどんどんどんどんどんどんどんどん突き進んで
あら?
道まちがえたかな?
と思ってからも我慢して
どんどんどんどんどんどんどんどん突き進んだところに
「平良衣料」はあった
そして
シマゾーリ
おぉ!
あるある
あるある
山積みだ
赤、青、黄色
それに緑、黒、紫、桃色のスペシャルカラーもある
とりあえず「基本島三色」を押さえた

c0120913_23413732.jpg

基本島三色のひとつ「黄色」・・・一番欲しかった色
ハキゴコチサイコー

三足買って897ヱン
一足299ヱンだ
ついでに
「税込みで100ヱン」ショップで
シッパー付きのビニールバッグを買ってシマゾーリを三足入れて歩いた
バッグ込みで997ヱン
1000ヱンでおつりのくる買い物だ
よし
今日はこれはいて釣りをしよう

by ikasasikuy | 2013-03-12 07:04 | 服飾総論 | Comments(9)
2012年 07月 06日
REDOD!!
c0120913_3163227.jpg
BOOTLESSBOYS BOOTLESSBOYS BOOTLESSBOYS




Tシャツをもらった
還暦を迎えたトップウォータープラッガーが戦場で着る軍服だから
色はもちろんレッドッドだ

ほなけんど
"BOOTLESS BOYS"
・・・て
変わったブランド名だなぁ
"bootless"は
"useless"と同義でいいのかなぁ
それともぜんぜん別の意味があるのだろうか
謎のブランドだなぁ
それに
まだオープンしてないし・・・


KENZiさん
ありがとう
いつも
すびばせんね

by ikasasikuy | 2012-07-06 08:29 | 服飾総論 | Comments(0)
2011年 01月 26日
狐火
c0120913_21474935.jpg
Foxfire "Wind Stopper Denim"
OLYMPUS E-410



フォックスファイヤーのシーンズ

 "Wind Stopper Denim"

風を通さないらしい
タイカブに乗って
寒鮒釣りに行くのにちょうどよい

 寒鮒釣りなんかしないクセにという指摘もある

このシーンズ
革パッチが無地だ
ふつうはメーカーのロゴとかヱが描いてあるのだか
何も描かれていない
ということは
好きなように描けということか・・・

 描いてみた

DOZさん
どうこれ?





  狐火の勇五郎
   鬼平犯科帳に登場する盗賊
   お勤めの三箇条を頑に守る本格の盗人
   密偵おまさは二代目狐火の勇五郎を平蔵を裏切ってまで恋慕う





ちょっといまから

by ikasasikuy | 2011-01-26 02:43 | 服飾総論 | Comments(10)
2009年 02月 08日
Levi's 501
c0120913_16584590.jpg
25年前に買った"501"
OLYMPUS E-410 with Zuiko 35mm F3.5 Macro


生まれて初めて買ったリーバイスだ
Levi's 501
ボタンフライのシブさに魅了されて買った
今から25年も前のことだ

どこで買ったのか思い出せない
5インチぐらい縮むと聞いてW=36を買った
しかし
ちょっとも縮んでくれなかった
なんべんも洗濯したのに縮まなかった
ぶかぶかのまましばらくはいていたのだが
あまりにだらしないので
505のW=34を買いなおした
当時のボクは
34インチがゆったりはけた
足も今よりずっとずっと長かったのだ
気のせいだという指摘もある

そんなわけで
W=36のファースト501は
長いあいだ箪笥の肥やしになっていた
ワンシーズン袖を通さなかった服は礼服以外は捨てる主義だが
501だけは捨てられなかった
なぜだろう

最近はすっかりメタボリックな体型になってしまい
とうとうW=36が楽にはけるようになった
ぴったりだ
それにしても
この歳になってまで
人間は成長し続けるのであろうか・・・
ああ
困ったことだ
少し絞らねばと思う今日この頃

by ikasasikuy | 2009-02-08 12:51 | 服飾総論 | Comments(6)
2009年 02月 07日
Levi's
c0120913_16264290.jpg
神戸旧居留地 "Levi's"
OLYMPUS E-410


昔々そのむかし
ドイツからアメリカに渡ってきたリーバイストラウスという男が
世界で初めて「ジーパン」というものを発明した
そして
リーバイスというジーパン屋を開業した
1853年の創業だという
いまからざっと150年以上も前の話だ

1853年といえば
ニッポンでは嘉永六年であった
倹約令で庶民を苦しめた十二代将軍徳川家慶がこの年に死んでいる
ペルリがクロフネに乗って浦賀にやってきたのもこの年だ
ニッポン中が大騒ぎをしていた頃だ

話をリーバイスに戻そう
その後、紆余曲折はあったにせよ
リーバイスは成功を収め
いまでは世界中に工場と販売店を持つ大企業となった
しかし
昨年来の不況により
本家のアメリカではすべての生産工場を閉鎖しているらしい
自動車産業のみならず
あらゆる産業が氷河期を迎えようとしている

どんな企業にも言えることだが
特にアパレル産業の工場の多くは東南アジアや中南米にある
発展途上国の安い労働力を使うのが常套手段なのだ
リーバイスの工場で
就労年齢に達しない児童労働の実態が発覚した
企業責任が問われた
そこでリーバイスは
現地に学校を作り子供達を通わせて
就労年齢に達してから再雇用したという
たしかに美談ではあるが

「企業は利益を追求すると同時に社会に貢献せねばならない」

という
資本主義社会が最も理想とする姿勢を実践したに過ぎない
とボクは思うのである

by ikasasikuy | 2009-02-07 18:25 | 服飾総論 | Comments(6)
2009年 01月 29日
AOKI
朝から"wandering kobe"
高架下には何軒かこういう店がある
服の寸法直し屋だ

c0120913_1573410.jpg
AOKI
Casio G'sOne


数ある寸法直し屋のなかで
ボク御用達の店は元町の「AOKI」である
間口一間半
奥行き三間ほどの狭い店で
ひょっとこみたいなおっちゃんと
おたふくみたいなおばちゃんの二人でやっている
歳は還暦をだいぶん過ぎたと看てとれる
おっちゃんは男前で若い頃はずいぶんモテたと思う
おばちゃんはいまでもじゅうぶん可愛らしいベビーフェイスだ

店の屋号は「AOKI」
本当は「青木」だと思うのだが
無理にもローマ字で「AOKI」である
「寸法直し」の看板もあるが
堂々と「SIZE ADJUSTMENT」とある
さすがは国際都市神戸らしい
というよりも
おっちゃんとおばちゃんがハイカラなのだ

今日はネット通販で安く買った501を持っていく
なにしろ「L=32」だ
L=30でも長いのに32は長過ぎる
そのまま履いたらナガバカマである
アサノタクミノカミだ
オハナシクダサレカジカワドノだ

おばちゃんが応対に出てきた

「これぐらい短ぉしてほしねんけど」
「ごっつ切んねんな、んーと、アバウト3インチやね」
「糸はこれとおんなじ色でしてくれる」
「えーと、ジスカラーやね」
「なんぼ」
「んーと、600イェ〜ンやね」
「どれぐらいでできるん」
「えーと、ワンナワぐらいみといて」

皆様食堂で
おでんを突つきながら朝酒を飲んでいる間に
ボクの501はできあがっていた
寸法ピッタリ
縫い目バッチリ
いやもう文句無しだ

by ikasasikuy | 2009-01-29 15:08 | 服飾総論 | Comments(6)
2008年 08月 04日
trippen
trippen
斬新さと同時に
中世くささを持ち合わせたドイツの靴屋

c0120913_21545712.jpg
ドイツの靴屋のあるビル(神戸旧居留地)
Fuji FinePix F30


尖ったハイヒールを履き続けると
爪先に負担がかかって足が変形するらしい
外反母趾
女性に多い足の病気だ
症状が進行すると
痛みで歩くことができなくなるそうだ
女の人はなぜ
そこまでしてハイヒールを履くのだろう
脚を美しく見せるためだけだろうか

トリッペンは
最上の皮を使って
靴マイスターがひとつひとつ手作りするらしい
とても履き心地の良い靴だそうだ
足にやさしい靴か
しかし
履いてみたいと思う靴はなかった
履き心地の中には
履く人の好みは含まれていないのだ


  
  明日は今月最初のタコ釣りだ
  明石の鮹は大きくなっているだろうか
  


by ikasasikuy | 2008-08-04 21:51 | 服飾総論 | Comments(8)
2008年 07月 27日
てぬぐひたほる
「てぬぐひたほる」を買った
あのじねんぼう親方も推奨する
薄くて軽くて長い日本手ぬぐいサイズのタオルだ

c0120913_1328311.jpg
左から紙風船、ビール、スイカ
OLYMPUS E-410 with Zuiko 35mm F3.5 Macro


絵柄はぜんぶで60種類以上ある
一番気に入ったのは「カエル」
なんとも夏らしいいいヱだ
カエルがちょっと"Hickley Joe"に似ている
カエル以外にも
お玉杓子、睡蓮、波紋、泥鰌、燕がプリントされている

c0120913_13281632.jpg
カエル


さっそく首に巻いてタコ釣りをした
長いのでずり落ちない
炎天下
滴る汗をしっかり吸い取ってくれる
ガーゼのように薄くて軽いが
生地はしっかりしている
「てぬぐひたほる」
真夏のタコ釣りの必須アイテムだ

今日はそれだけだ

by ikasasikuy | 2008-07-27 01:33 | 服飾総論 | Comments(12)