カテゴリ:アクアリウム( 90 )

2017年 09月 18日
週刊アクアリウムニウス九月号


いとちゃん&むぎちゃん




 

by ikasasikuy | 2017-09-18 09:19 | アクアリウム | Comments(0)
2017年 09月 13日
週刊アクアリウムニウス9月号
c0120913_11103880.jpg
いとちゃん&むぎちゃん
LUMIX DMC-TZ70




夏の間
3号水槽は流行り病で
多くの魚が命を落とした
高水温時に病気が蔓延すると
狭い水槽の中はあっというまに地獄と化す
投薬で看病を続けたが
体は痩せ衰えタナゴはすべて★
イトモロコやドジョウも★に・・・
寿命2年の魚なのでしかたがないとは言え・・・

先日水槽を洗浄し
レイアウトに入れていた石も消毒して
新たに立ち上げた3号水槽
いまのところ
こないだいつもの川で釣ってきたイトモロコ2匹とムギツク3匹が泳いでいる
これからどんな魚を入れるか検討中だ




  

by ikasasikuy | 2017-09-13 11:24 | アクアリウム | Comments(2)
2017年 08月 22日
週刊アクアリウムニウス8月号
c0120913_16354318.jpg
丹頂
LUMIX DMC-TZ70




近所のホームセンターへ行ったら
観賞魚コーナーでオランダシシガシラの丹頂が
一匹2500ヱンで売られてた

 たっかー!

オランダシシガシラは高いなぁ・・・
ところが
そのとなりの水槽には
一匹480ヱンの丹頂が・・・

 やっすー!

えええ???
どゆこと???
よく見ると480ヱンのはオランダシシガシラではなかった
ふつうの琉金の頭だけが赤いやつだった
大きさもおなじだし
色もおなじなのに
頭がブツブツかツルツルかで値段がぜんぜんちがう
なんということだ・・・
ボクはツルツル頭の安いのが親近感がわく
親近感はだいじだ
それに
ブツブツ頭のはだいぶっつぁんみたいでキモチワルイ
それにそれに
水の中で泳いでいたら
老眼のヱンさんやヤマギシさんには
絶対ということは絶対にないけど絶対見分けられない
店のお姉さんに

「このツルツル頭の安いほうを二匹ください」
「三匹買うと1280ヱンになりますよ」
「それて割安になってるんですか」
「・・・たぶん」

店のお姉さんも
即座に割り算ができないタイプのようだ
そりゃそうだ
990ヱンなら3で割りやすいけど
1280ヱンはだれだってものすごく割りにくい

「一匹あたりが安くなってるはずです」
「そうなんですか」
「・・・たぶん」
「じゃあ三匹ください」

そんなわけで
ツルツル頭の丹頂を三匹買った

家に帰って
水合わせをして
睡蓮鉢に入れると
気持ち良さそうに泳いでいる・・・
入れてすぐだからヱサは食べないだろう

少しだけヱサを入れてみると
バクバク食べた
食い意地のはったやつだ
まるでゾンマサみたいないやしんぼなやつだ



 

by ikasasikuy | 2017-08-22 12:51 | アクアリウム | Comments(2)
2017年 06月 04日
週刊アクアリウムニウス6月増刊具
https://www.youtube.com/watch?v=vSNGowrcejQ

by ikasasikuy | 2017-06-04 00:08 | アクアリウム | Comments(0)
2017年 05月 10日
週刊アクアリウムニウス5月増刊号
c0120913_10212069.jpg
マドジョウ&カマツカ
LUMIX DMC-TZ70




20℃以下のときは
砂に潜っていたマドジョウとカマツカ
水温が上ってきたからか姿を見せるようになった
大きさはだいたい同じだが
スガタカタチはまったくちがう
それでも「寒がり」同士
仲良く並んでヱサを食べている
 




 

by ikasasikuy | 2017-05-10 10:22 | アクアリウム | Comments(0)
2017年 05月 07日
週刊アクアリウムニウス5月号
c0120913_12482373.jpg
イトちゃん
LUMIX DMC-TZ70




週刊アクアリウムニウス5月号
 
 週刊なのに5月号はおかしいという指摘はない

黄金週間前に
いつもの川から拉致してきたイトモロコ
3号水槽にもすっかり慣れて
元気にヱサを食べている
主食はキョーリンの「川魚のヱサ」
沈下型のヱサだが
イトちゃんの遊泳層の底付近に達する前に
おおかたタナゴに食べられてしまう
それでもおこぼれを必死で啄ばんでいる
かわいい!



 

by ikasasikuy | 2017-05-07 12:48 | アクアリウム | Comments(0)
2017年 04月 23日
週刊アクアリウムニウス4月号
c0120913_2191053.jpg
長葉沢瀉
LUMIX DMC-TZ70



冬のあいだ枯れ果てたかに見えたナガバオモダカ
今年も新芽をのばして花を咲かせた
北米原産の水生植物
生命力が強い



c0120913_2192336.jpg
目高
LUMIX DMC-TZ70




楊貴妃の生き残りが数匹入っている目高の睡蓮鉢
今日、一回り小さいメダカを発見(睡蓮鉢中央)
去年の夏に生まれて冬を越したようだ
ぜんぜん気付かなかった
たいがい親が捕食してしまうのだが
藻の中を逃げ延びて成長したようだ
生命力が強い



 

by ikasasikuy | 2017-04-23 13:48 | アクアリウム | Comments(0)
2017年 01月 17日
週刊アクアリウムニウス1月号


Tanago aquarium #3



強い方アブラボテ♂を四号水槽に移したあと
しばらく平穏だった三号水槽だが
弱い方のアブラボテ♂が威張り出した
最初はアブラボテ♀にだけ攻撃していたが
だんだん増長して
ニッポンバラタナゴやシロヒレタビラを攻撃し始めた
体が倍ぐらいあるヤリタナゴにも向かっていく始末
こうなっては仕方がない
年が明けてすぐに五号水槽に移した
ところが移したその夜中に水槽から飛び出して
翌朝発見したときには既に★
アブラボテ♂は持って帰らないことにしていたのに
♂♀の判別を誤って二匹持ち帰ってしまった
いま四号水槽にいる強かった方のアブラボテ♂も
一人暮らしが長くなった
春まで生き延びたら元のいつもの川へ帰してやろう
とはいえ
タナゴの寿命は二年
その半分近くをヱサに不自由なく水槽で暮したタナゴが
元の野生に戻れるのだろうか


 現在、三号水槽は

  ヤリタナゴ♂2
  ヤリタナゴ♀2
  アブラボテ♀4
  ニッポンバラタナゴ♀1
  シロヒレタビラ♀1
  カマツカ性別不明2
  マドジョウ性別不明1
 ----------------------------
 合計6魚種13匹

 カマツカは一日中砂の中に潜っているし
 マドジョウは岩陰にかけれたままだ
 それでもときどき出てきて餌を探している




 

by ikasasikuy | 2017-01-17 14:46 | アクアリウム | Comments(0)
2016年 12月 16日
週刊アクアリウムニウス12月号



タナゴ 四種混合

3号水槽にはいま
 ヤリタナゴ♂2+♀2
 アブラボテ♂1+♀3
 ニッポンバラタナゴ♀1
 シロヒレタビラたぶん♀1
--------------------------------
 合計 4匹

縄張り争いに負けたアブラボテの大きい方の♂
小さくて強い♂が独居房に移されて居なくなると急に威張り出した
と言っても自分より小さなアブラボテの♀やニッポンバラタナゴを威嚇するだけだが・・・





 

by ikasasikuy | 2016-12-16 18:39 | アクアリウム | Comments(0)
2016年 12月 06日
週刊アクアリウムニウス12月号







この10月
いつもの川で釣ったアブラボテ♂
だいたい
アブラボテの♂は気性が荒いので飼わないとに決めていたのに
♀と間違えて♂を2匹持って帰ってきてしまった
いつかそのうち元の場所に戻そうと思うが
それまで3号水槽(=60cm)に入れておくことにした
するとあんのじょう
♂同士の勢力争いが勃発し
あっさり小さい方の♂が勝って天下を統一した
負けた大きい方の♂は♀といっしょに水槽の隅で縮こまっている
小さな暴れん坊将軍はさらに
自分の2倍もあるヤリタナゴの♀まで追いかけ回して突く
口の周りに追い星の出た♂に突かれるとウロコがめくれて雑菌が入り
やがて死んでしまう
そこで
急きょ暴れん坊将軍を独居房(4号水槽=25cm)に移した
独りになると急に元気がなくなって餌も食べず底でじっとしている
でも3号水槽に戻したらまた元の木阿弥だ
そこでそこで
3号水槽のカマツカを1匹同居させてみた
すると
仲が良いわけではないが
ケンカすることもなく
アブラボテも元気に泳ぎ回り餌も食べるようになった
カマツカもアブラボテが近づいても動じる様子はまったくなく
餌も3号すいそうにいたときよりよく食べ自由に水底生活を楽しんでいる
おそらく2匹のあいだには不可侵条約が締結されているのだろう
まずは一安心
ところが近ごろちょっと
3号水槽に残っている大きいくせに気の弱い♂の態度がでかくなってきた気がする・・・

大昔
ブルーギルの稚魚を10匹ほど同じ水槽で飼ったことがある
一週間もするとその中からボスが誕生し餌を独り占めにし出した
見る見る体格差ができて
小さいのは餌が食べられないので小さいままだった
そこで大きくなったボスを釣った池に戻したら
小さいブルーギルの中からまた新しいボスが現れて餌を独り占めしだした
ボスはみるみる大きくなってまた釣った池に戻した
すると案の定また新しいボスが現れ・・・・
とうとう最後に2匹だけになったけれど
やっぱり片方がボスになって・・・
以来ブルーギルを飼っていない






 

by ikasasikuy | 2016-12-06 19:17 | アクアリウム | Comments(0)