<   2001年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

2001年 01月 24日
初鱸
甲子園浜へ行ってきた
夕刻五時~七時まで
快晴微風、大潮の満潮前後‥‥‥

奇しくもこの朝
まさごさんが一発いわしたはる
スズキはおる
潮は絶好込み八分
これで釣れなんだら
やっぱりイカザスはスズキ釣りヘタコや‥‥‥
ということになる
それはいかん
いかんいかん
絶対いかん
元祖ゲテモノ釣師の面目がかかってる
陸っぱりスズキ師の名誉がかかってる
アングリングネット社の社運がかかってる‥‥‥?
『おーしっ!今日はでったい釣るどー!』(アルデンチン北中風)
で‥‥‥一時間半経過
潮はええ塩梅に動いてる
にもかかわらず
アタリの「ア」の字もない
もちろんスズキの「ス」の字もない
な~んでか?
『こんなはずはないはずだ』‥‥‥と
いつもの台詞も聞き飽きた
同行のポークリンド野田
マフィア八條
バーゲン宮永のザ・ドシローターズの面々にも当然アタリがない
う~ん
困った困ったこまどり姉妹
参った参ったマイケルジャクソン
こら今日はあかんかも‥‥‥と
ややアキラメが入りかけた六時半頃
突然ポークリンドのロッドが曲がる‥‥‥が
しかしすぐにまっすぐになる
『どないしたん?』
『いや、べつに‥‥‥』
『今、竿曲がっとったんちゃうん?』
『そ、そうかも‥‥‥グイッと来て‥‥‥』
ははあん、こいつバラしよったなあ。
と、すかさずその辺りへキャスト‥‥‥
グリグリ「ゴツン!」
『あっら~こっちに来てしもたがな~!』
『そ、そんなあ‥‥‥』

かくしてイカザス
ちょんまいスズキとはいえ
めでたく2001年初スズキ初ゲット
これでアングリングネットも今年一年は安泰でありましょう
その後
がんばったドシローターズであったが
残念ながら全員不発に終わる
a-men

手計り55cm
即リリース
写真なし
あそうそう
Hossonには内緒やけど
まあまあ腹凸んでたなあ
食べごろ‥‥‥

by ikasasikuy | 2001-01-24 16:56 | 釣魚小全
2001年 01月 09日
阿波路島のメバル
c0120913_17441890.jpg
うれしい初メバルのポークリンド野田

寒さが緩んだ隙を突いて阿波路へ
エンドレス森下
チルドレン中野
メバル初挑戦のポークリンド野田
‥‥‥
平均的日本のルアーアングラーから見れば
相当レベルの低い面々ではあるが
これが現段階でのニグ&サックスを代表する会員であり
愛すべき私の釣り仲間ではあるのだ
仮に、ここにマッケンヂ松下会長とボンビー横山副会長が加わったとしても
なんらレベルアップは期待できない‥‥‥
さりとて彼らを置き去りにできるほど
私は薄情ではない
シンパシー‥‥‥
これだ
釣りは個人の遊びだが
決して独りでやるものではない
歳のせいか
最近頓にそう思う

さてパラダイス阿波路島は
昨日の豪雪から一夜明け
気温はうなぎ登りに急上昇
いきおい春が来たかと思わせられる陽気である
とは言え、あいかわらずウエストコーストは季節風の影響をもろに受けている
白波寄する東名の甍のごとき海原だ
途中
本四連絡道から見た大阪湾側は
ベッタベタのべた凪であった
一方瀬戸内側の海は
まるで鯛の松かさ造りのようであった
それでも西海岸を選ぶのはなんでか?

それは釣れるからである。

ところが
思惑通りに行かないのが人生である
期待の西海岸だったが、育波、室津、尾崎と
転戦に次ぐ転戦の甲斐もなく哀れ丸ボーズを食らう有り様
なんということだ。昨日の急な冷え込みが影響してか
爆釣するはずのメバルの「メ」の字もない
こんなはずではないはずだ
初釣りから大僧正では
この先が思いやられるではないか

さてこうなったら仕方がない
贅沢など言ってる場合ではない
サイズダウンは覚悟の上
坊主逃れの桃源郷「郡家」へ転戦するしかないではないか
しかしてその郡家だが
これまた版で捺したようにピクリとも来ない
いったいぜんたいどうなっているのだ。若干焦りつつも平然を装い
投げ続けること小1時間
アタリの「ア」の字もない
梨の礫とはこのことだ

ついに痺れを切らしたか
俄にガシラ狙いに転向する
するとどうだ。底近くでヒットしたのは18cmのメバルではないか
それを見た一同は俄に活気づき
釣るわ釣るわの1時間
当初の予定の200匹には遠く及ばなかったものの
4人合わせて50匹余り
初チャレンジのポークリンド野田も10匹あまりを釣り上げて
まずは初釣り大成功

「よーしっ、今日はこれぐらいにしといたら」
と納竿したのは
明石海峡大橋のイルミネーションがまだ点灯されている日付変更線の手前であった

この日私はメバル用エビフライオンリーで16匹
まあ
初釣りだからこんなもんである
しかし
次はこんなわけにはいかない
型ぞろいを三桁釣るぞ

by ikasasikuy | 2001-01-09 16:52 | 釣魚小全
2001年 01月 06日
初釣り
夕べ
ごっつい雪が降って
そこらじゅう真っ白
気温2℃
夜中に雨になって
朝になったら止んでた
気温7℃
夕方からメバル釣りに行く
釣れるで
釣れるで
釣れるで

by ikasasikuy | 2001-01-06 16:52 | 釣魚小全
2001年 01月 04日
初釣り
初釣り
‥‥‥まだ行ってない
週明けに阿波路島あたりへ
メバル釣りに行こう
サルさんは高松で自己記録を更新したそうな

スポーツ&フィッシングニュースの今月号
原稿書くのを忘れてたら
とうとう督促状が来た
期日は明日
書けるか?ネタもないのに‥‥‥

NHKのおっさんがBSの集金に来た
見てませんからと言って帰ってもろた
感じの悪いおっさんやった
向こうは私を感じの悪いおさんやと思てるやろな
おたがいさまじゃ
寒いのにご苦労さんなことです

今日は6日で
正月気分はすっかりない
もともとそんな気分は元旦の朝からなかった
あと99年と360日たらずで今世紀が終わる
あほくさ

by ikasasikuy | 2001-01-04 16:50 | 釣魚小全
2001年 01月 01日
レシピオブカキメシ
この記事はブログのファンのみ閲覧できます


by ikasasikuy | 2001-01-01 19:47 | レシピ recipe
2001年 01月 01日
新世紀の朝に ‥‥‥
福袋を開けると中から変わったルア-が一個出てきた
「なんやこれ? これだけか」
不平を言うつもりはなかったが、つい口をついて出てしまった
なにしろ1万円の福袋にしてはお粗末すぎる気がしたのだ
「これは幸運を呼ぶルア-なんですよ」
福袋を渡してくれた事務服の女性が優しい声でそう言い返した
「へえ、そうなんですか」
「いい魚が釣れるのよ」
「いい魚って?」
「それは‥‥‥」
僕の質問は少し意地悪く聞こえたかもしれない
女性は困ったような顔になった
「ごめんなさい、私‥‥‥魚釣りしたことがないの」
すまなさそうにそう言った
釣りもしたことがないクセに
なんでそんこと言うんだ!
と、言おうとしたが
僕の口から出た言葉はそうではなかった
「じゃあ今度の日曜日に僕と魚釣りに行きませんか」
普段の僕にはとてもそんなことを言う勇気はない
しかし、なぜかその時はスラスラとそう言ってしまったのだ
「ほんとうに?」
「もちろん」
「じゃあ、お願いしまーす」
よく見ると笑顔のかわいい美人だった

学校の帰りに友人のFといつものコンビニへ寄った
「明後日の日曜日やけど、どないすんねん」
「日曜日ぃ?」
「YとKと3人でスノボやりに行くねん、オマエも行かへんか」
「あ、オレちょっと用事があんねん」
「用事てなんや?」
Fは疑うような目で僕を見た
それは何かを探るような目つきだった
僕は隠しておくつもりはまったくなかったので
先日のフィッシングショップでの出来事をFに話した
「やるなあ、オマエ」
「まあな、へへへ」
「年上の女か‥‥‥ええなあ」
Fはうらやましそうに僕の背中をたたいた

日曜日の朝
僕はふだんより早起きをして釣りに出かける用意をしていた
「ヒロシ、おまえなんやえらい嬉しそうやな」
洗面所にいた父親が、歯ブラシをくわえたままそう言った
僕の様子がいつもと違うのに気づいたのだろうか
「そんなことあらへんよ、友達と釣りに行くだけやんか」
父親もFと同じ探るような目つきで僕を見た
感づかれたかな‥‥‥?
しかし父親にはなにも明かさなかった
Fと違って根掘り葉掘り聞くに決まっている
そしてあらぬ想像を膨らませ、最後には説教をたれるのだ
僕は口が裂けても父親にだけは言うまいと思った

待ち合わせた場所に少し早目に着いた
彼女はまだ来ていなかった
そして約束の時間になったが、彼女は現れなかった
それからさらに1時間待ったが、結局来なかった
「くそっ、すっぽかされたか」
そういえばあまりにも調子が良すぎたな‥‥‥と思った
体中から力が抜けていくのがわかった
父親に話さなかったのがせめてもの救いだった
このまま家に帰るわけにもいかず
気がつくと、いつもの釣り場に来ていた
「ちぇっ、なにが幸運を呼ぶルア-じゃ」
「ふん、なにがいい魚が釣れるじゃ」
僕はふてくされながら
その幸運を呼ぶルア-を結ぶと力いっぱいキャストした
‥‥‥つもりだったが
「痛っ!」
振り返ると後ろに人が立っていた
そしてルア-のフックがその人の耳に刺さっていたのだ
「あ!す、すいません! ごめんなさい!」
僕は動転してしまったが、もっと驚くことがあった
後ろに立っていたのはなんと彼女だったのだ
「だ、大丈夫ですか。は、早く病院へ行かないと」
「ふふふ、だいじょうぶよ」
彼女は意外なほど落ち着いていた
「私、慣れてるもん」
耳にルア-ぶら下げたまま、にっこり微笑んだ
僕は口をパクパクさせたが、言葉は何も出てこなかった
そして、さらに驚いたことに
彼女の体がみるみる魚に変身していったのだ
僕は気絶しそうになりながら
必死でその場に立ち尽くしていた
「ねっ、言ったでしょ、いい魚が釣れるって」


ははは
こんな話やってる場合やないわ
今から仕事に行かんなん
それではみなさん
良いお年をお迎えくだされ

by ikasasikuy | 2001-01-01 16:47 | 哲学
2001年 01月 01日
レシピオブヤスコズハッサクピール
c0120913_20344731.jpg
ヤスコズハッサクピール




オレンジ・八朔・グレープフルーツピールの作り方

<材料>
八朔の皮  3ヶ(他の材料でも同じ。大きさはあまり気にしない)
砂糖    400g(上白糖)

<作り方>
1、皮一個分を八等分に切り細く切る。
  たっぷりの水に細く切った皮をときどき水を替えながら1~2晩つけて
  アク抜きをする。
  つけておいた皮をざるに上げ水を切る
2、たっぷりのお湯を沸かし沸騰したら火を止め1の皮をざぁーと入れ
  3分熱湯につけておく。
  3分したらざるに上げ今度は流水で3分ときどきかき混ぜて水につける。 
  熱湯3分、流水3分、これを3回繰り返し苦みを取る。
  (熱湯、流水はその都度別の湯、水にする)
3、2の皮をざるに上げさっと水を切ったら鍋に入れる。
  皮の上に砂糖の分量の1/3を(だいたいでよい)入れ火にかける。(弱火~中火)
  一回目の砂糖が溶けたらまた1/3の砂糖を入れ煮ていくと皮から水分が出てきて
  砂糖も溶け、皮の白い部分が透明な感じになる。もう少し煮て汁が少なくなってきたら
  残りの1/3の砂糖を入れ煮ていると砂糖がとろりと飴状になってくるので
  ときどきかき混ぜながら飴状になった砂糖が皮全体にからまる様に火加減に注意しながら
  煮る。鍋底に飴状のとろりの砂糖がなくなったら火を止める。
4、平らなざる又はバット、平皿に皮を一本一本並べて干します。
  べたべたしなくなるまで干します。

*干すのは外でも部屋のなかでも良いです。
 文章にすると面倒の様に感じますが、作ってみればカンタンです。
 皮を一晩水に漬ける、熱湯で3分、流水で3分を3回繰り返してアク抜きをする。
 鍋に皮を入れ、砂糖を3回に分けて、入れ水分がなくなるまで火加減に注意して煮て砂糖をからませて干す。
 3分、3分を手抜きすると苦くなるので、手は抜かないことです。

以上です



 これは鍋田泰子師に書いていただいたレシピをそのまま掲載したものである

by ikasasikuy | 2001-01-01 01:01 | レシピ recipe | Comments(0)
2001年 01月 01日
レシピオブタコメシ
c0120913_21535831.jpg
たこめし 2015
LUMIX DMC-TZ30




2015年版

 【材料】
  米1合に対して
  明石蛸・・・小だこ=350g前後1匹足のみ
  生姜・・・適量

 【調味料】
  刻み昆布・・・10g
  薄口醤油・・・15cc
  純米酒・・・15cc
  味醂・・・15cc

 【手順】
  (1) タコはよくぬめりを取って刻む
  (2) 米を研いで水気を切る
  (3) 枝豆を茹でてむく
  (4) 生姜を針生姜にする
  (5) (2)に調味料と(1)(4)を加えて2時間置いてから炊く


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


c0120913_20425591.jpg
たこめし 2013


2013年版

 【材料】
  米1合に対して
  明石蛸・・・小だこ=200g前後1匹足のみ
  枝豆・・・7〜8鞘
  生姜・・・適量

 【調味料】
  昆布出汁・・・240cc
  薄口醤油・・・10cc
  純米酒・・・10cc
  味醂・・・10cc

 【手順】
  (1) タコはよくぬめりを取って刻む
  (2) 米を研いで水気を切る
  (3) 枝豆を茹でてむく
  (4) 生姜を針生姜にする
  (5) (2)に調味料と(1)(4)を加えて30分置いてから炊く
  (6) 炊きあがったら(3)を加えてかき混ぜて出来上がり


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2011年版

 【材料】
  米・・・3カップ
  明石産タコ・・・2ひき(小ダコ)
  枝豆・・・20鞘
  生姜・・・適当

 【調味料】
  出汁・・・600cc
  醤油・・・40cc
  酒・・・20cc
  味醂・・・30cc

 【手順】
  (1) タコはよくぬめりを取って刻む
  (2) 米を磨いで水気を切る
  (3) 枝豆を茹でてむく
  (4) 生姜を千切りにする
  (5) (2)に調味料と(1)(4)を加えて炊く
  (6) 炊きあがったら(3)を加えてかき混ぜて出来上がり


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2010年版

 【材料】
  米・・・3カップ
  明石産タコ・・・2ひき(小ダコ)
  枝豆・・・20鞘
  生姜・・・適当

 【調味料】
  出汁・・・600cc
  醤油・・・40cc
  酒・・・20cc
  味醂・・・30cc

 【手順】
  (1) タコはよくぬめりを取って刻む
  (2) 米を磨いで水気を切る
  (3) 枝豆を茹でてむく
  (4) 生姜を千切りにする
  (5) (2)に調味料と(1)(4)を加えて炊く
  (6) 炊きあがったら(3)を加えてかき混ぜて出来上がり

by ikasasikuy | 2001-01-01 01:01 | レシピ recipe | Comments(0)
2001年 01月 01日
レシピオブホヤメシ
c0120913_21163791.jpg
ほやめし




じねん流ほやめしの作り方

【材料】

 米・・・1.5合(2割もち米)
 ほや・・・3〜4つ
 青紫蘇・・・少々

【調味料】

 薄口醤油・・・大さじ1
 味醂・・・大さじ1
 酒・・・大さじ1
 塩・・・少々
 昆布・・・10cm×5cmまたは25cm×2cm

【手順】

 ホヤの身を取り出しわたを除き適当な大きさに切る
 鍋に調味料と倍量の水を入れ切ったホヤをさっと茹でる(火を通し過ぎない)
 ホヤをざるにあげ煮汁を冷ます
 米と煮汁を入れ水量を調節し炊く
 炊き上がったら12分蒸らしたあと
 ホヤの身を入れてさらに3分蒸らす
 軽く混ぜてできあがり
 器に盛った上から青紫蘇の千切りをのせる

  あづいうぢにあがらいん

by ikasasikuy | 2001-01-01 01:01 | レシピ recipe
2001年 01月 01日
Kagishima Tram
c0120913_1363174.jpg

鹿児島市交通局

2010年11月初乗車

「涙橋」以南は専用軌道
その他は全線路面電車だが
一般車両と路面電車の走行区分(芝生張り)がある


c0120913_9433170.jpg

オススメポイント:
 かごしま水族館・・・「市役所前」「水族館口」歩10分

Tramで行くオススメ小物釣り場:
 ドルフィンポート付近の漁港(アラカブ)・・・「いづろ通り」歩10分


TQ=191

by ikasasikuy | 2001-01-01 00:16 | トラム総論 | Comments(0)