<   2002年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2002年 09月 30日
Mackerel
30 september 2002
Mackerel

M-1へタチウオを釣りに行く予定が
エンドレス森下の怪情報に躍らされてK浜へ
日没前
すでに浜では
まんちゃん、はっちゃん、エンドレスらが竿を振っている
入れ食い状態かと思たら
アタリの「ア」の字もないらしい
なんやそれ!?
水門前‥‥‥不発
前之浜‥‥‥不発
エンドレスの言うには
『昨日とぜんぜん雰囲気ちゃう』
らしいけど
昨日がどんなんやったか知らんがな

けっきょく丸ボーズ
ああ‥‥‥M-1へ行っといたらよかった
あきらめきれず
ボンビー横山とN港へ転戦
N港の波止にはタチウオ釣りのエッサマンがチラホラ
釣り人の数は極めて少ない
すき間に潜り込んで釣り開始
トップウォータープラグしか持ってないので
ボンビーにラパラCD9を借りて投げていると
「ゴツン!」
「おお!来た来た」
えらい小刻みなファイトするタチウオ‥‥‥と思たら
上がってきたのは”S_A_B_A”

c0120913_12473311.jpg

これまたボンビーに借りた
ぜんぜん沈まへんサスペンドバイブレーションに
「ゴツン」
上がってきたのはもちろん”S_A_B_A”

c0120913_12474551.jpg

なんべんやっても”S_A_B_A”ばっかり
けっきょく7匹釣って手えヌルヌルになってやめた
20~25cm級の”S_A_B_A”やけど
なかなかおもしろいやんかこれ
もうちょっと柔らかい竿でやったらたまらんで
ヨシッ
こんど昼間に4~5番のフライタックル持ってきてやったろ

by ikasasikuy | 2002-09-30 18:59 | 釣魚小全
2002年 09月 28日
Floatai the meeting of 2002 autumn
28 september 2002
Floatai the meeting of 2002 autumn

浮浪隊・2002 秋期ミーティング
ああ‥‥‥
土砂降りの雨の中
未明から朝遅うまでようがんばった

3時過ぎに出撃
5時間半浮いて
苦労して釣れたバスはたったの一匹
上がってから
桟橋で遊んでたら一匹
苦楽の差は100対0やけど
一匹は一匹
バスはバス‥‥‥ですな
まあようわろた一日でありました

参加者の
隊長羽山さん
彦根支部長中川さん
愛知支部長ヤスさん
堺支部長かちひろくん
京都支部長猿さん
大津支部長おかさん
おお
肩書きばっかりや!
みなさん
ごくろはんでした

by ikasasikuy | 2002-09-28 18:58 | 釣魚小全
2002年 09月 19日
m-river namazu
19 september 2002
m-river

昨日S川で一発も出なんだので
どうしても鯰がプラグに出るとこを見たなって
今日はM川へ行ってきた
ほんまはS川でリベンジせんなんねんけど
独りでS川往復はちょっとしんどいしなあ‥‥‥
夕刻
M川は前回に引き続き活性が低かった
それでも
全部で6発ええ出方で出たので納得して帰ってきた
釣れる釣れへんは別にして
「やっぱり出んとあかんわ」
対ナマズ用に何本か買い込んだまま
いっこも使てなかったジッタースティック
こいつに5発ぐらい出た
けっこう使えることがわかった‥‥‥小さいけど

この日投げたプラグ
フーチーバズ賀正(?)
ブルライダー
ストレイビュレット
モブス
ジッタースティック
マグナムポッポ
デヴィルズスィッシュ
ガンディーニ
‥‥‥
ジッタースティック以外で出たのは
モブスだけやった

なんで普通のナマズはこんなに素直なんやろ?

by ikasasikuy | 2002-09-19 18:55 | 釣魚小全
2002年 09月 18日
s-river again
18 september 2002
s-river

S川のb-o-nなかなか釣れへん
あとからきたおかせいねんは
こんなん

簡単に釣るけど
私には釣れへん
修行が足らん

ほんまはエンドレス森下と
須磨へイカ釣りに行く予定やったけど
急きょb-o-nにした
約束ドタキャンしたバチか?

そのエンドレス森下は
おんなじ時間に
K浜でスズキ釣りしてたらしい
釣れたんかな?

by ikasasikuy | 2002-09-18 18:55 | 釣魚小全
2002年 09月 15日
福福釣り大会
15 september 2002
fuku-fuku-fishing tournament

九月と言えば恒例秋の福福釣り大会
釣れても釣れなくても福福大会だ
何と言ってもこの大会
年々参加者が高齢化していくのが面白い
気が付くと
ポツリポツリとメンバーが消え
あの顔がない
この顔がない
寂しいといえば寂しいが
そういう現実を卓越してこそ
人生を心底楽しめるのではないか‥‥‥と
平成4年の第三位を最後に
入賞から遠ざかっている私は思うのである

朝目が覚めたのは4時前だった
雨が降っているのでもう一度寝て
次に目が覚めたときは6時半だった
「まいだ」の二階には
トラと喪中のチルドレンだけになっていた
慌てて赤尾ダムの下へ入る

c0120913_12421022.jpg

水は腐ったメロンソーダ色

細い階段を下りていくと
ダム下で福野の会長、杉本順ちゃんに出会う

『どう?』
『この水見たら釣れる気がせんがや』
『アタリは?』
『なんもないっちゃ』
『むむむ‥‥‥』

しかし 数年前この赤尾で
もっとひどいゴト濁りの中から
ミノーで尺近い岩魚を抜いたことがある
やってみなければ答えは出ない

ダム下にはもう一人
前ニグアンドサックス会長マックが
真っ暗なうちから頑張っていた

『どう?』
『あかん』

順ちゃんが去り
マックが去った後のポイントを
丹念に攻めたが
アタリの「ア」の字もなかった

朝飯を食いに「まいだ」に戻ると
続々と釣果が持ち込まれていた
釣った人はみんなニコニコして
釣れなかった人はガックリと肩を落としている

今年は中部勢が好調で
46cm,42cmのニジマスでワンツーフィニッシュ
前回優勝のジモピーシーバタは3位だった

ニグアンドサックスのなかで
ちゃんとした魚を釣ったのは横山現会長の息子
横山昌平くんだけであった
健康そうで奇麗な26.5cm岩魚

c0120913_12422046.jpg
いや‥‥‥お見事!

浮浪隊から参加した中川さんは
34cmのニジマスを釣って総合4位に入賞
いやいや素晴らしい
隊長の羽山さんは規格外ウグイ2匹に終わった

大会が終わると
そそくさと荷物をまとめ
喪中で竿を出せなかったチルドレン中野と
朝寝で竿を出さなかったトラと
三人で逃げるようにして帰った
ああ‥‥‥今年もボーズ

by ikasasikuy | 2002-09-15 18:52 | 釣魚小全
2002年 09月 14日
福福前夜祭
14 september 2002
福福前夜祭

暑さ寒さも彼岸までと言うが
猛暑酷暑の盛夏を乗り越えたあとに
私が始めて秋を感じるのがこの集まりである
夜風、朝風が実に心地よい

c0120913_124157100.jpg
「まいだ」の隣にある世界一の合掌造り家屋「岩瀬家」

辻さんが座っていた場所に
奥村さんが座るようになって何年が過ぎたのだろう
ここで最初に見た人の多くはすでにここに居ない
民宿「まいだ」の太い柱の一本一本に
この大会の歴史が染み込んでいるような気がする

相変わらずかまどやのブルース演歌は絶好調で
ついつい私もはめられて早や十数年が過ぎた
いまだに丼で酒を飲む石崎ケンちゃんや
ドングリ眼をさらにおっぴろげて酒を飲む大西さんなど
年に一度しか見ることのない顔に安心感を覚える

ああ
今年も無理して参加してよかった

by ikasasikuy | 2002-09-14 18:52 | 釣魚小全
2002年 09月 11日
911
11 september 2002
911

去年の今日
アメリカで大きなテロ事件があった
あれからちょうど一年が経った

c0120913_1748242.jpg
ヤスさんにもらったプラスチック50のラージマウスで
944のラージマウスバスを釣る


二十代のころ
いっしょにトップウォータープラグを投げていた連中は
いまはもうだれもいない
みんな他の釣りに転向したか
釣りそのものを止めてしまったか‥‥‥
独り残ってトップウォータープラッギングを続けてきたわけだ
50歳になった年の夏の終わりに50cmのバス
まあ言ってみれば
「永年勤続賞」みたいなものだ


相変わらず大統領はテロ撲滅を叫んでいる

テロがあった直後
大統領はアフガニスタンを繰り返し空爆して
罪のない民間人が甚大な害を被った
喧嘩は先に手を出したほうが悪いという理屈は
果たしてほんとうに正しいのか

c0120913_17484596.jpg
オカナリトシ作のダーターで944初バス

トップウォーターバス釣りの面白さを
頭の中で理解するのは難しい
しかし
体で覚えてしまうと
これほど簡単な釣りはない


c0120913_1748569.jpg
ワタナベナオキ作「カブトムシ」でバスを釣るジャンキーナイトウ

世界平和とはなんだ
国際正義とはなんだ
矛盾が矛盾を上塗りして
ぐちゃぐちゃになっている
そんな地球を耐水ペーパーで研ぎ出したら
きっと面白い模様や色が出ると思う

300人以上のファイアマンが
一瞬にして命を奪われたという現実は
たしかに身につまされるものがある

c0120913_17492264.jpg
TWJ "Vanguard"に出たスズキ(81.0cm)

日没後
ヨシダコウキの投げたヴァンガードを襲ったのは
80cmを超えるスズキだった
破顔一笑‥‥‥
嬉しすぎて顔が破れている
釣り人は大きな魚を釣るとみんなこういう顔になる


世界に平和は来るのだろうか・・・
そんなことを思いながら
今日944をあとにした

by ikasasikuy | 2002-09-11 18:47 | 釣魚小全
2002年 09月 02日
ナマズ釣り
2 september 2002
ナマズ釣り‥‥‥たいよオレも

今年からニグアンドサックスの会長になった
ボンビー横山とナマズ釣りに行く
その前に
ちょっと時間が早かったので
ボンビーの近所の池でギル釣って遊ぶ
初めて見る池
フローターで浮いたら面白そう‥‥‥

c0120913_12383838.jpg

ヤスさんがくれたギル用ポッパーと
Banana-3を投げまくって10発ぐらい出す
5匹ヒットさせたけど
ことごとくバラして
釣れたんはこの一匹だけ
うーん小さい!

ええ時間になったのでM川のちゃんこ下へ
ところが
居るべき場所にナマズが居てへん
「ゼッタイ」というポイントに投げても
パシャリとも出えへん
なんでや?
横山会長の言うには
『土日にたたかれてスレ切っとんやで』
うむ‥‥‥
そうかもしれん
月曜日の釣りはこういうことがよくある

そこで場所を移動
なんべんかやったことがあるけど
あんまり実績の無いポイント
ここならだれもやってへんやろ‥‥‥
案の定
いきなり横山会長の竿が曲がる
おおおお‥‥‥けっこうでかい
まだ明るいうちから
65cmのグッドサイズ
真っ暗になるまでやって
会長は10発以上出して
2キャッチ1バラシ
しかし
私はヤスさんにもろたラージマウスオンリーで
4発出してノーフィッシュ
うむむむ
この差はなんや????
わ!
わかった!
ルアーや
ボンビー会長の投げてるペンシル
1982年製のバナナや!
伝家の宝刀や!
そら釣れるはずや
納得

粘ったら釣れたかもしれへん
しかし
Tシャツ越しに背中をいっぱい蚊に刺されて
あえなく戦意喪失
虫よけスプレーは背中にもせんとあかんわ
あ~~かゆい!

by ikasasikuy | 2002-09-02 18:42 | 釣魚小全