<   2005年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2005年 10月 30日
いつもウラで甲子園
30 oct. 2005 osaka bay shore battle

「どっちがホンマモンのアホか」というタイトルをかけて
もう十八年間も戦い続けてきたのである
大阪JLAオールスターズとわが神戸ニグアンドサックス
遠来の助っ人を交えて
今年もまた「いつもウラで甲子園」の浜において
熱い熱い戦いが繰り広げられたのである

c0120913_12143957.jpg

ここ3年
ボクはこの戦いで1匹もスズキを釣っていない
2001年の戦い以来釣っていないのである
今年こそは
ヱンドレス森下のケツに付いて回って
おこぼれを頂戴せねばならない
なにしろヱンドレス森下は
前日のプラクティスでスズキの居場所をみつけているのだ

そして
なんとか‥‥‥1匹釣れたのである

c0120913_12145027.jpg

50cmチョイの
スズキと呼べるスズキではないけれど
それに
トップウォータープラッギングでもないし
zungイノウエみたいにレイチューンでもないけれど
なんとか‥‥‥
おこぼれで1匹釣れたのである
ああ
釣れてよかったなぁ

今年はボクの弟子
大阪府在住のごるご高階が71cmで初優勝した
大阪在住ということは敵兵になるが
ボクの弟子だから身内みたいなモノだ
悔しいやら嬉しいやら
こういうのを「悲喜交々」というのだろう

by ikasasikuy | 2005-10-30 16:04 | 釣魚小全
2005年 10月 21日
ラストバス
21 oct. 2005 last bass

ラストバス
と言っても実はこれ
昨日のハナシの続きなのである
ここ一ヶ月
ボクは釣りネタに困窮している状態なのだ
なにしろ魚を釣っていない
そこで
1回の釣りを2回に分けて書くという
おおよそ日記らしくない手段に出たのである
いわゆる「ズル」だ
しかし
これは「日記」ではなく「独り言」なのである
いかなる手段も正当化しうるのだ

さて
ラストバスは
昨日も述べたとおり
鯰を釣っていて釣れてしまったのである
いつものナマズ川の両岸コンクリ貼りのドブで釣れたのだ
この川は通い初めて2年目だがバスを釣ったのはコレが初めてだ
見ての通り30cm弱‥‥‥せいぜい27cmだ
今年18匹目のバス
とうとうやってしまった
40cmアップの連続記録はあえなくストップしてしまった

c0120913_11505779.jpg

筋肉の付き方などはさずがに「川バス」である
小さいくせに体高のある見事なボディだ
しかし
これを今季ラストバスにしてしまってよいものか
ボクは小さなバスを眺めつつ大いに悩んだものである

時計を見るとまだ5時過ぎ
よし
今からバスを釣りに行こう
リアルラストバスを釣りに行こう
春から夏にかけて
釣り堀状態だったあの池に行こう
減水していて雰囲気はないが
今季ラストバスは50cmアップで締めくくろう‥‥‥

そうだ
こういうこともあろうかと
あのヴァンガードを弁当箱に入れてきたのだ
912-944のリベンジだ

c0120913_1151588.jpg

釣り始めて2時間弱‥‥‥
強烈な吸い込み音が二度あったのみだ
バイトサウンドからして45~50cm級だ
しかし
バスは釣れない

東の空が明るくなった
左側が少し欠けた丸い月が出た
遠くのグランドのナイター照明と相まって
水面は意外なほど明るい
ヴァンガードが細かく首を振るのがよく見える

さらに1時間‥‥‥
少し「アキラメ」が入りかけた頃
岸際で「チュボッ」という音がした
と、同時に竿先に「クン」という感触が伝わった
「ん?」
ハンティングシャフト(ボロン)を立て見たが
竿はまったく曲がらない
それでも
ヴァンガードがある辺りの水面で
「バシャバシャ」と魚のはねる音がする‥‥‥
おお
釣れていたのだ
バスが釣れていたのだ
今季19匹目のラストバスだ

c0120913_1151161.jpg

見事だ
すばらしい
思い切り小さい
しかも痩せている

一気に引き寄せた足元には
25cmにも満たない小さなバスが
ヴァンガードのテールフックをくわえてキョトンとしていた
まさしくこれがラストバスだ

トップウォーターバス釣りを始めて30年近くになるが
一年の内に20匹釣らなかった年は初めてだ
年々バス釣りが難しくなっている上に
年々ボクの体力が低下しているのだ
それでも
濃密なシーズンだった
エキサイティングなシーズンだった
ああ、面白かった
ああ、楽しかった
‥‥‥と
半ば自分に言い聞かせるように
中途半端な納得をしてボクは竿を納めたものである

by ikasasikuy | 2005-10-21 15:58 | 釣魚小全
2005年 10月 20日
ラストナマズ
20 oct. 2005 last namazu

秋が深まりつつある
さて、今年もラスト菜茉頭だ

c0120913_11503476.jpg

夕刻
独り菜茉頭川へ行く
日差しは明るいが
川面を走る風は冷たい‥‥‥

4時過ぎ
まだまだ明るい時間だったが
チンドンバグジュニアに
「グァボッ!」
豪快に飛沫を上げて出てくれた
「おおワンダフル!」
今の出方、超最高だ
今日の主役はチンドンバグジュニアだ

c0120913_1150463.jpg

この一発でじゅうぶん納得なのだが
その少し後
さらにでかいやつが釣れた
ラストナマズにふさわしい60cm級だった
しかし
足場が高く
抜き上げようとしてバラしてしまった
痛恨のフィッシュオフ‥‥‥

ルアーを見ると
なんと、フックを繋いでいたスナップが伸びて開いていた
ナマズはフックをくわえたまま逃走した
バーブレスなので自力で外してくれることを祈る

フックがなくなったのでチンドンバグ(親)にチェンジ
2発いい出方で出たが乗らず
3発目はなんとバスだった(Last Bassに続く)

本日7バイト、3ヒット、1バラシ、1ナマズ、1バス

by ikasasikuy | 2005-10-20 15:57 | 釣魚小全
2005年 10月 12日
2005 autumn 944
12 oct. 2005 2005 autumn 944

人間は
呼吸をしなければ生きていけない
釣り人もまた
釣りをしなければ生きていけないのである

c0120913_11414758.jpg

三週間ぶりの魚釣りである

朝早くから夕暮れまで
糸を垂れて一日過ごしたのである
ただそれだけである

それ以上は何も必要としない珠玉の一日であった

by ikasasikuy | 2005-10-12 15:52 | 釣魚小全