<   2006年 03月 ( 34 )   > この月の画像一覧

2006年 03月 31日
あそこ
31 mar. 2006 (fri) curry udon

もう春だと思っていたら
ここ数日の冷え込みはどうだ
まるで真冬並ではないか
こうも寒いと恋しくなるのがカレーうどんである
今日も美味いカレーうどんを求めて彷徨い歩く

本日の徘徊コースを簡単に説明すると
ウメダ→心斎橋→法善寺横丁→黒門市場→じゃんじゃん街→阿倍野

千日前のキャバレー「ユニバース」の横を抜け
堺筋に出るとそこは黒門市場だ
そうだ!
黒門市場といえば
あそこへ逝かねばならない
c0120913_10414129.jpg
鰻の寝床のような細長いカウンターだけのうどん屋だが
ここのカレーうどんは絶品と聞く
昼過ぎ
店に入ると客は三人(意外と空いている)
全員が細麺のカレーうどんをすすっている
ボクと同時に入った老サラリーマン風も
当然といった声で「ほそカレー」を注文
勿論ボクも「ほそカレー」を注文する

待つこと十分
ほそカレーはやや量が少ない目な感じである
しかも
出汁はとろみがつきすぎてドロドロしている
これはイケナイかも‥‥‥
まず出汁をひとすすり
お!
うまい!
カツオ出汁がたっぷり効いている
辛さも文句なし
麺は「福一屋」の細うどんよりさらに細い
しかも「手打ち」というだけあって
しっかりコシもある
この細麺とどろっとした出汁が絶妙のバランスである
うむむ‥‥‥なかなかやるなあ

空いていると思っていた店内だが
しばらくすると続々と客が入ってくる
しかも驚いたことに
だれもが「ほそカレー」を注文する
客層は高齢者が多いが
それでも「ほそカレー」である
店の雰囲気に馴染まない茶髪で礼儀正しいにいちゃんと
ローライズジーンズでお腹丸出しの可愛いねえちゃんも
座るなり「ほそカレー」である
メニューはいろいろあるのだがみな「ほそカレー」だ
いや
ボクが出る前に入ってきたおばあさんだけは
「なめこそば」だったが

地下鉄堺筋線「日本橋」から「えびすちょう」へ向かう
えびすちょうの改札を出て地上にはいあがると
目の前に通天閣がそびえ立つ
c0120913_10415822.jpg
世界一美しいタワー「通天閣」が逢坂の街を見下ろす

通天閣の下を抜け
新世界のづぼらやの看板を左に曲がり
スマートボール屋を過ぎて右に曲がると
そこは「じゃんじゃん街」だ
観光ガイドブックにも紹介されて
すっかりきれいな街になってしまった「じゃんじゃん街」だ
三十年前
ここを歩くのはボクにとって命がけだった
暗くて陰惨で凸凹した細い通りだった
しかし 今は見る影もない
すっかり銀座化してしまっている
c0120913_1042942.jpg
じゃんじゃん街「ぜにや」

ぜにやで串カツとどて焼きをあてに
独り昼酒を呑む
少しく酔う

それでも
千日前が巨大ゲームセンター化しているのとは対照的に
ここは相変わらず「将棋」「囲碁」の世界である
耳を裂く電子音もなければ
目が眩む電飾もない
あるのは
木と木
あるいは石と木が弾けるパチパチという音だけだ
そして
ガラス越しに勝負の行方を解説するおっさんの低い声
すべてが昭和そのものであり
昭和の静けさなのである
c0120913_10451851.jpgc0120913_10452739.jpg

じゃんじゃん街を抜けてさらに南へ
そこには
象とキリンとゴリラの看板の
恐らく日本一お洒落でシックな商店街が(今も)ある
どこを切っても金太郎飴のように
蜘蛛の巣のように広がっているのである
そこはまるで別世界と言えよう
いま眠りから覚めたかのような

いま眠りに堕ちたばかりのような
時代の歯車を何回も逆回転させたような
明らかに取り残された空間なのである
c0120913_10453870.jpg
ゴーストの棲む商店街‥‥‥

立派なアーケードと照明があって
店はそれぞれ看板を掲げているが
ほとんどが閉まっているのだ
阿倍野へ近づけば近づくほど人気がなくなる
それが何を意味するのかは説明するまでもない
それが時代の波というものなのである
それにしても
ここはまるで地元民の自転車専用道路だ

阿倍野の近代的なマンション群の間隙を縫って
あべの筋へ出る
ああ
また明治屋だ
土佐鶴と真澄山花で
昼間っからすっかり千鳥足だ
ああ
今日はよく歩いたなあ
さあ地下鉄に揺られて帰ろう
そうしよう
そうしよう

本日の徘徊料
ほそカレーうどん(黒門市場・あそこ)‥‥‥950ヱン
串カツ、どて焼き、ビール、芋焼酎(ぜにや)‥‥‥2200ヱン
きずし、ホタルイカ沖漬け、純米酒(明治屋)‥‥‥1950ヱン
合計‥‥‥5100ヱン(かな?)
やすい!

by ikasasikuy | 2006-03-31 10:38 | カレーうどん改メ
2006年 03月 30日
893
30 mar. 2006 (thu) 893

とある街角を歩いていると
急に携帯電話らしきベルが鳴ったので
鳴った方向を振り向いたら
ヤクザの携帯電話だった
「ハイ、○○デス」
という
ヤクザにしては丁寧な言葉遣いの裏に
「Ondore nani mitonja, Oo!!」
という
不穏なニュアンスがその表情から伺い知れた
つまり
ヤクザと目と目が合ったのだ
後で気づいたのだが
金色の文字で「○○組本部」と書かれた建物の真ん前だった
c0120913_1041159.jpg
とある街角の「○○組本部」のそばにある小さな〒局

建物の1階は広い駐車場になっていて
メルセデスの父親が作ったドイツの名車が何台か並んでいた
ボクはすぐに目をそらし
たまたま音がしたので見てしまっただけです他意はありません
という意味を込めて一目散に歩みを早めた
「申し訳ございません、すぐに○○させていただきます」
という
ヤクザにしては恐ろしく丁寧な言葉遣いの中に
「Kora, mattarankai ware!!, chaasso!! 」
という
不穏かつ苛立たしげなニュアンスを感じた
それは
紛れもなく
ボクに降り注がれたニュアンスである
ボクは振り向きもせず
ひたすら早足でその場を去ることにした
お願いだからまだ電話を切らないでね
ボクはオリンピックの競歩の選手のように腰をくねらせ
次のコーナーを目指した

次のコーナーを曲がったとき
ボクにふりかかりつつある一難が去ったこと横目で確認した
ああ
助かった
しかし
恐い町だなあ‥‥‥

by ikasasikuy | 2006-03-30 10:37 | 大衆社会学
2006年 03月 29日
29 mar. 2006 (wed) no fishing day

昼過ぎ
釣りの用意をして玄関を出たら真っ白だった
なんと雪が降っているではないか
宝塚で見る雪はこの前のが最後だと思ったが
甘かった
こんな日に釣りに行っても結果は見えている
しばし呆然と雪を眺めていたが
あきらめて部屋に戻った
と同時に宅配便が来た
c0120913_10405664.jpg

ヤリエさんのニューアイテムだ
早速封を開けてみる
おお!
これは使えそうなタコ用疑似餌ではないか
すぐにメールを送ったら
4月中頃に発売予定とのこと

急に暇になったので
ギターを弾いたり三線を弾いたり
ついでにルアーの塗色をしたり竿を作ったり
昨日といい今日といい
天気に翻弄された休日だった
ああ
つまらぬ
じつにつまらぬ

by ikasasikuy | 2006-03-29 10:36 | 気象学
2006年 03月 28日
マウスパッド
28 mar. 2006 (tue) mouse pad

OSP32番弟子から
またも誕生日プレゼントをもらった
光学式マウス用のマウスパッドである
なんと
@ngling netのナマズのマーク入りだ
c0120913_10403917.jpg
世界唯一滑らせ心地抜群のナマズパッド

いや
まったくすまないねえ‥‥‥
だいたいこういうのは
師匠から弟子に贈るのが筋なのだが

そうか
ボクが彼の弟子になればいいのか
なるほど
なるほど

昼過ぎ
ヱンドレス森下と釣りに行ったが
釣り場に着くと同時に突然の暴風雨
ずぶ濡れになっただけで退散
ああ
つまらぬ

by ikasasikuy | 2006-03-28 10:35 | 意匠
2006年 03月 27日
いつもの川 其の一(シロヒレタビラ大爆釣)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます


by ikasasikuy | 2006-03-27 10:35 | 釣魚小全
2006年 03月 26日
大和
26 mar. 2006 (sun) curry udon

久しぶりにカレーうどんである
と言っても超地元だ
阪急逆瀬川駅前にあるアピア1の「めん処大和」
カウンター席だけのしょぼくれた店だが
ボクがこの町に引っ越しした次の年に開店して
以来24年間変わらず営業してる老舗店だ
もう何じゅっぺんもここのうどんを食べているが
カレーウドンは実は今日が初めてだった
c0120913_10315410.jpg
デジカメも携帯電話も忘れてきたので画像なし(後日掲載)

以前は製麺所の機械打ちぐにゃぐにゃ麺だったが
最近はコシのある麺になっている
朝食抜きサラリーマン御用達の
かけうどん220ヱン(いわゆる駅そば並)という安い店だが
決してあなどってはイケナイ
さて
カレーうどんである
カウンター越しに作るのを見ていると
カツオ出汁を鍋にとって
ゆっくり加熱しながらカレールウを丁寧に溶いている
なかなか堂に入った仕事ぶりだ
待つこと十分弱
やや黄色っぽいカレー出汁の味は
豊中の「一久」ほどではないが
かなり濃いカツオ風味が漂う
これは僕の好みだ
上位ランキングだ
肉もたっぷり入ってお値段620ヱンは悪くない
いや良すぎるのではないか
そうか
名店「三佳」なきあと
もうこの辺りには美味いうどんは途絶えたかと思っていたが
こんな店がひっそり地元に存在したのだ
灯台もと暗しとはまさにこのことである‥‥‥と
姿勢を正すボクであった

by ikasasikuy | 2006-03-26 10:34 | カレーうどん改メ
2006年 03月 25日
週間アクアリウムニウス 6.3.2
25 mar. 2006 (sat) water tank for taking a picture 2

この前釣ったタナゴだが
平均3~4cmしかなかったので
16cmの撮影用水槽では
暴れ回ってなかなかうまく撮影できなかったのである
そこで
小型魚専用の撮影用水槽を作った
c0120913_341790.jpg
左が新型7.5cm水槽、右が従来型16cm水槽

製作時間1時間10分
水槽の横幅は内径で7.5cmである
幅も2.4cmから1.9cmにした
これでチビタナゴも暴れ回ることができないだろう
写真を撮るまでの約十秒間
ほんの少しのあいだ我慢をしていただいたら
すぐに釈放してさしあげるのである

by ikasasikuy | 2006-03-25 10:33 | アクアリウム
2006年 03月 24日
大門素麺
24 mar. 2006 (fri) ookado soumen

大門素麺が底をついて数ヶ月が過ぎた
他のメーカーの素麺で食いつないできたがもう限界だ
もうこれ以上大門素麺を食わずに生きていくことなどできない
地元の「揖保の糸」や「三輪素麺」ではとてもダメなのである
いつもは友人井口之夫に送ってもらうわけだが
彼とて慈善家というわけではないので
そうそうこちらのリクエストに応えてばかりもいられまい
そこでネット販売をしている店を教えて貰い注文した
c0120913_335585.jpg
流石は商売人である
注文したらすぐに商品が届いた
飛び上がって喜んだボクは
宅配便屋から素麺を受け取ると同時に
大鍋にたっぷりの湯を沸かしたのである

今日はめっきり春らしい陽気なので
当然とばかりに冷やし素麺である
ああ
なんという素晴らしい食感だ
大門素麺のおかげで素敵な昼を過ごせたというわけだ
これでボクもしばらくの間は
この世に生きながらえることができよう

ところでこの大門素麺
となみ野農業協同組合というところが発売しているのだが
ひと包みづつ生産者の名前が記載されているらしいだ
そこで包み紙をよく見てみると
なるほど
生産者氏名「黒田権一」と書かれている
クロダケンイチなのかクロダゴンイチなのかは定かでないが
出所が実にしっかりしているのである
友人井口之夫に言わせると
生産者によって麺の太さや味が異なるらしいのだ
彼の掲示板に
生産者ごとに食い比べてみるのも面白そうですなぁ
6月くらいに食い比べのイベント企画しよーっと
などと書いてあったが
ウソに決まっている

by ikasasikuy | 2006-03-24 10:32 | めん類学
2006年 03月 23日
タナゴを釣らんとや生まれけむ
この記事はブログのファンのみ閲覧できます


by ikasasikuy | 2006-03-23 10:31 | 釣魚小全
2006年 03月 22日
ナマステ
22 mar. 2006 (wed) namasute

@ngling netのステッカーだ
いわゆる「ナマステ」だ
当ホームページの一ファンだという
篤志家の方に作っていただいた
カラーはホワイト、ゴールド、シルバー
以前
友人ハヤマテツオに作ってもらった
初版(イエロー)の在庫がすっかり底をついていたので
実に嬉しいタイミングであるc0120913_312336.jpg
売るほどあるので欲しい人に配ることにしよう
そうしよう
そうしよう

by ikasasikuy | 2006-03-22 10:30 | 意匠