<   2006年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2006年 12月 31日
the last day of the year

今年もお世話になりました

c0120913_19151846.jpg


来る年もよろしくお願いいたします


by ikasasikuy | 2006-12-31 19:14 | 天文学
2006年 12月 30日
@choka best 10
@ngling net がブログになって半年
@CHOKA が復活してわずか2ヶ月にもかかわらず
たくさんの釣果画像をアップしてくれて感謝に絶えない
おおきにべりまっち!
今年の〆に
たくさんアップしてくれた画像の中から
独断と偏見で2006年@CHOKA 最優秀フォト賞を選ばさせてもらった
勿論、賞品はない

2006@CHOKA
最優秀フォト賞

c0120913_19181355.jpg
投稿者:とし@長野市
投稿日:11月23日(木)13時49分57秒
ちょっとタイへ行ってきました。ブクやらカポーンやらチャドーやらやってきましたが、今回はちょっと変わった魚釣れたので投稿。プラープロワンちゅうて、インドとかではルアーターゲットとして有名なマシール、マハールとか呼ばれている魚の亜種。80センチ、6キロ。この地域では貴重、かつマジウマとかで、船頭がまだ釣り上げたばかりやいうのに、ヒモを差し出してリリースするなと必死でした。

以下
2006年@CHOKA 最優秀フォト賞エントリー作品(BEST 10)

第2位
c0120913_19191274.jpg
投稿者:ヤス
投稿日:10月22日(日)22時38分39秒
10月21日AM6:35頃
場所:某リザーバー
タックル:CODEグロリアボロン60L+5500C+20ポンド+こざかなさんH
サイズ:54cm

第3位
c0120913_19193946.jpg
投稿者:Jellyfish
投稿日:11月 9日(木)01時05分37秒
2年ぶりにグアム島でリーフ釣りしてきました。
念願だったデカメッキを釣ることが出来ました。
満足でございます。

第4位
c0120913_19201159.jpg
投稿者:daisuke
投稿日:12月10日(日)17時32分45秒
30cm位あったっす
今日はこれ1匹でした

第5位
c0120913_19204731.jpg
投稿者:中川
投稿日:11月27日(月)00時42分25秒
友人Mくんが釣りました。
ボクはボーズ・・・つ、つらい!

第6位
c0120913_19211868.jpg
投稿者:ホソタニ
投稿日:11月 1日(水)16時31分4秒
部下を連れて651でエッサータチウヲの講習をしてきました。
先生は久しぶりにメーター超を釣りましたです。

第7位
c0120913_19222765.jpg
投稿者:tri-phop
投稿日:10月29日(日)18時37分10秒
お久しぶりです。タイのtri-phopです。アユタヤに洪水見物に行ってさっき帰ってきました。そして…待望の人生初鉄砲です。しょぼいけどかなり嬉しいので貼り付けさせてください。

第8位
c0120913_19225811.jpg
投稿者:miyazaki
投稿日:11月28日(火)10時30分54秒
先日は釣り部の大会でした。
写真のチョウチョウウオ釣って喜んでる(実はあまりよろこんでない)のは後輩です。
これぞ!という大物はいませんでしたが、のんびりと楽しい大会でした。

第9位
c0120913_1924342.jpg
投稿者:四弦弾きさん
投稿日:11月 9日(木)08時59分33秒
3バラシで凹みに凹んだ後の、貴重な1匹です。
今年はなかなか・・・「8」が頭に付くサイズをあげれてません。

第10位
c0120913_1924357.jpg
投稿者:ささき
投稿日:11月27日(月)19時44分31秒
アンツが釣ったカジカ

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
以下
残念ながらもうちょっとのとこで BEST10 からはずれた作品

c0120913_19252161.jpg
投稿者:中川
投稿日:12月18日(月)23時16分15秒
久しぶりにエエ引きでした。
24cm。
刺身は美味かったです。
次は尺を狙いたいですが、むずかしやろなー。

c0120913_19264945.jpg
投稿者:ささき
投稿日:11月12日(日)10時24分27秒
aburabote:2.7cm
rod:original bamboo 94cm(3pc)
esa:kimineri

c0120913_1926066.jpg
投稿者:ささき
投稿日:10月21日(土)12時21分6秒
日時:2006年10月6日
場所:944
魚種:944バス
エサ:ヴァンガード
サイズ:45.0cm

c0120913_19272232.jpg
ホソミ所長
投稿日:12月 5日(火)01時36分41秒
アブラコ(アイナメ)釣りに行ったら
アブラコはさっぱりでカジカが釣れたので報告いたします
場所は長万部漁港で(函館から片道100kmくらい)
種類はアイカジカというカジカです
もう北海道は雪景色ですっかり冬です

c0120913_19275339.jpg
投稿者:ささき
投稿日:10月21日(土)12時49分6秒
日時:2006年10月20日
場所:東播
エサ:パラノイア NAD2
サイズ:45.5cm

c0120913_19282482.jpg
投稿者:OSP32弟子
投稿日:11月 1日(水)01時29分6秒
嫁さんの実家に帰省してました
10月30・31日 1時間半程の釣りで
両日ともカマス28cm1匹ずつの貧果でした。
意外と美味でした・・・

c0120913_19285362.jpg
投稿者:たこえもん
投稿日:10月22日(日)10時43分10秒
釣り人:ゾンマサ
10/21
多奈川

2006@CHOKA
審査員特別賞

c0120913_19292579.jpg
投稿者:まさご
投稿日:11月 4日(土)23時27分14秒
場所:前釣った所と同じところ
時間:19時頃
釣果:↓これ1パイのみ(バラシ1回あった)
大きさ:300ないくらい
ヒットルアー:餌木3.5号

勿論、賞品はない

by ikasasikuy | 2006-12-30 19:16 | 釣り文化総論
2006年 12月 29日
da bora 2006
c0120913_10251189.jpg

年末だ
ボラの早掛け大会だ
師も走る年の瀬はだれもみな忙しい
しかし
ここに集いし馬鹿者どもはみなヒマだ
その証拠に
みなアホ面をしている
ボラの方がよっぽどしっかりした顔をしている

この年末最大のイベントが行われるようになって
今年で4年目である
過去3年間
尼崎のザ・キング・まさご氏がタイトルを独占してきた
これ以上のさばらせておくわけにはいかない
目標はみな同じだ
「V4阻止!」

今年からレギュレーションが大幅に変わった
まずオンリーザラスプークだ
しかもバーブレスのベリーフックオンリーだ
そして
昨年までの
全員一斉スタートフィッシングではなく
かわりべんたんかわりべんたん方式になった
つまり
一人2分づつ2回の試技を行うのだ
したがって
それぞれの試技中は他の者はギャラリーになる
9名の選手が順次試技行う

なかなか掛けられない
結局1巡目は全員ノーボラに終わった

そして勝敗を決する2巡目
デへンデングチャンピョンのザ・キング・まさご氏が不発に終わった直後
ついに
ボクのABUホーネットプラス5ft8inミディアムヘビー布袋竹グリップが曲がる
「やたー!」
「でかいー!」
ラインはPE5号だ
絶対に切れない
絶対ということは絶対にないが
絶対に切れない
「バラセ」コールがわき起こる中
余裕をみせつつ
ボラを一気に引き抜いてガッツポーズ!
すでに王者まさご氏の試技は残っていない
この瞬間ボクは勝利の確信を得た
なぜなら
あとは
「ポテチーノ・がちゃこん」を筆頭に
「レオタード・スキナード・チンタオ」
「シンコーン・ハヤーマ」など
雑魚しか残ってないからだ
わはは
わはは
そしてついに
最終試技者「ゴルゴン・ゾーラ・タッキー」がボーズに終わった瞬間
新時代の幕が開いたのであった


ダボーラ2006参加者名簿

 ザ・キング・まさご(RGB色に輝く改造ザラで尼崎より参戦)
 コーキー・ダショールノ(キセル乗車を繰り返し札幌より参戦)
 ポテチーノ・がちゃこん(塩昆布しゃぶりつつ天下茶屋より参戦)
 イカザス・イクーイ(ニッコリ笑って宝塚より参戦)
 エンドレス・モリシタン(自転車に乗って地元より参戦)
 シンコーン・ハヤーマ(貯木場の丸太に跨り住之江区より参戦)
 レオタード・スキナード・チンタオ(同じズボンで豊中より参戦)
 テープショップ・オグーラカタブーラ(阿部野神社門前より参戦)
 ジャミー・モンジャーロ(寒さで気絶覚悟のイーハで奈良より参戦)
 ゴルゴン・ゾーラ・タッキー(都合をつけて寝屋川より参戦)

(美談)
賞金総額1億6千万円は一旦は新王者イカザス・イクーイの手に渡ったが
昨日車上狙いにあい全財産を盗まれた北海道から参戦のコーキー・ダショールノに贈られた
この世知辛い年の瀬になんとも心温まる話ではないか

みなさん佳い年を

by ikasasikuy | 2006-12-29 10:24 | 釣魚小全
2006年 12月 28日
ongarie
今年も恩賀農園のはっさくだ
むっちゃんが作ったはっさくだ
これがなければ年末も年始もない

c0120913_10264364.jpg


ドライジン
はっさく
シュガーシロップ
炭酸

むっちゃんのはっさくはジウシィだ
しかし
それでも
レモンやグレープフルーツなどに比べると
果汁の少ない果物である
ちょっと勿体ないけれど
ここは思い切ってまるごと一個しぼりきろう
おっと
ジンはボンベイサファイヤでなければイケナイ
それに
炭酸は絶対にウィルキンソンに限る
絶対ということは絶対にないが
絶対にウィルキンソンだ

名付けて「オンガリーエ」
むっちゃんの奥様の名前からとった
というか
そのまんまだが・・・

シャディグローブとはまたちがう
仄かな苦味がステキな冬のカクテルだ

by ikasasikuy | 2006-12-28 10:25 | 醗酵飲料学
2006年 12月 27日
菜記餃子
c0120913_1028665.jpg
菜記餃子専門店

阪急三宮駅北側にその店はある
ここは神戸で最も人が集まる一角だ
なんどもこの前を通るが
開いているのをいちども見たことがない

経営者は香港生まれのボビーで
店を取り仕切っているのはマタローという番頭らしい
カウンターだけの鰻の寝床のような狭い店らしい
詳しいことは知らないが
そういう店らしい

神戸には中華料理屋がいっぱいあって
うまい餃子を出している店も何軒か知っている
中華料理で餃子と言えば水餃子だ
焼き餃子など中国にはない
焼き餃子はニッポンで生まれた中華料理である

もちろん神戸には
焼き餃子専門店もたくさんある
しかし
ボクはまだ
うまい焼き餃子を出す餃子専門店というのに出会ったことがない
菜記餃子専門店
密かにこの店の餃子に期待をしているのだが
どうやら夜しか開いてないらしい

by ikasasikuy | 2006-12-27 10:27 | 大衆社会学
2006年 12月 26日
L.L.Bean
大丸の前でオードリーに会った
モノトーンのオードリーは膝の上に両手を乗せ
毅然とした目でボクを見つめていた

オードリーを見ると
写真なのになぜボクはドキドキするのだろう

c0120913_10294196.jpg
大丸神戸店にて(Casio G'z One)

修行明け
眠い目をこすりこすり神戸を徘徊する

神戸市立博物館 → L.L.Bean → 大上鞄店 → エビアン → 皆様食堂

先月買ったキャンバスシャツのボタンが取れた
胸前の上から5つめ、下から数えると4つめのボタンだ
鳩目釦なので素人が簡単に修理することはできない

   
c0120913_10302719.jpg

アウトドアで活躍する、当社で最も丈夫な裏地付きシャツ。
タフな仕事も難なくこなす、頼もしい一枚です。

というのがL.L.Bean社の謳い文句である
つまり
このシャツは
たとえ生地がすり切れるまで着用したとしても
釦が取れたり壊れたりしないはずなのだ
それがたった一ヶ月でポロリと取れた
これがUNIQLOなら
「わははー、とーれちゃったー」
で済むのだが
そこはL.L.Beanである
釦一個で全信用が失墜することになる

釦の取れたシャツを小脇に抱え店を訪れると
二十代後半と思しき女店員が現われ

「申しわけございません」
「お客様には大変ご迷惑をおかけいたしました」
「新しい品物とお取り替えさせていただいてよろしいでしょうか(現在形)」
「二度とこのようなことのないよう努力いたします」
「たいへん申しわけございませんでした」


何度もなんども詫びつつ
ストックルームから新しい品物を出してきて
釦をはめたり外したりを何度もなんども繰り返し

「こちらの商品は大丈夫でございます」
「もしなにか不具合やお気づきの点がございましたらいつでもお申しつけくださいませ」
「このたびは大変ご迷惑をおかけいたしました」
「ありがとうございました」


深々と頭を下げられたのでは
文句のつけようもないのである


元町の大上でいい鞄を見つけた

c0120913_1031108.jpg
Silver Lake Club Boston Bag (Casio G'z One)

衝動買いしそうになって思いとどまる
たしかにいい鞄だが
今使っているパックロッドが収まらない


c0120913_10314986.jpg

エビアンで珈琲を飲みながら
昼飯をどこで食うかおおいに悩む

つまり
金時食堂で天ぷらを食うか
皆様食堂で焼きそばを食うか
軽く目を閉じ
珈琲の香りの向こうに見える
天ぷらと焼きそばの香りを交互に思い浮かべてみる・・・
結局
焼きそばにする
決してひと様にお奨めできる焼きそばではない
むしろ不味い部類に入る
しかし
これが好きなのだから仕方がない

by ikasasikuy | 2006-12-26 10:28 | 大衆社会学
2006年 12月 25日
optimus svea 123
c0120913_10355432.jpg


一人で釣りに行ったときに
ちょっとお湯を沸かしてコーヒーをドリップするのに

「ヱヱんちゃうかなー」


買ったのがオプティマスのスベア123だ
とてもコンパクトで可愛いデザインなのだが
残念なことに
これが非常に使いにくい
まずプレヒート(予熱)という作業をしなければイケナイ
実際やってみたがとんでもなく面倒だ
それに着火材の燃えカスが受け皿にこびりつく
手入れが大変だ

「これはボクには向いてへんなー」


一度ためしに点火しただけで
また箱に仕舞って十年近くが過ぎた

買ったことさえ忘れていた
部屋の掃除をしていたら棚の奥から出てきた

「おお、なつかしなー」
「使えるんやろか?」

着火剤のエスビットでプレヒートしてみたら
燃料管の詰まりもなくちゃんと着火する

「まだ使えるなー」
「けど、使わへんなー」

捨てるのも勿体ないし

「そや、オークションで売ってみたろ」

しかし

「こんな骨董品、買うひとおるやろか?」


とりあえず写真を撮って出品した
あとでクレームをつけられたら困るので

「中古品で傷があるしかなり汚れてますよー」

と説明のところに書いておいたのに
驚いたことに25入札もあった
結局
買ったときよりも高い値段で落札された
ふーん
こんなものにもコレクターがいるのだなぁ・・・

by ikasasikuy | 2006-12-25 10:34 | アナログ道具学
2006年 12月 24日
象乃会
c0120913_10373363.jpg


どういう経緯(いきさつ)であったか
今となっては定かではない
だいいち
忘れようとしても思い出せない
思い出せないのだが
毎年
クリスマスイブの午後に
天王子動物園のゾウの春子を見る会があるのである

さて
このアジアゾウは1950年タイ生まれらしい
56歳だ
つまりボクより少しオネエサンだ
もう一頭のゾウもメスで
名前をラニー博子という
ダンサーのような名前だが
1970年インド生まれの36歳だ
ボクらのあこがれはもちろんオネエサンの春子の方だ
今年も
更年期障害に苦しみつつも元気な姿を見せてくれる
春子ネエサン
今年もありがとう

例年なら
ゾウを見たあと
ゾウもつを食い
罵詈ゾウ言を浴びせ合うことになっているのだが
今年のクリスマスイブはあいにく日曜日だ
天王寺の焼き肉「平和」が休みだ

困った
べつに困らなくてもいいのだが
ゾウもつを食いに鶴橋まで行くのは遠い

今年に限り
クジラでごまかすことにした
まあ
しかたがない

本日の徘徊コース
天王寺動物園→スマートボール→平井楽器→通天閣→徳家→BAR"6"

c0120913_10381121.jpg


大阪名物「大たこ」のたこ焼きを食いながら
道頓堀・戎橋のグリコネオン前で記念撮影をするリンさんケンさん
プライバシー保護のためストロボ撮影は控えさせていただいている

本日参加いただいた方々
リンさん、ケンさん、バビロンさん、オリやんさん、みーちゃん
西区チンタオ家一向総勢約4名、徘徊案内人がちゃこさん
以上ろうにゃくにゃんにょ合わせて11名
いや
とても楽しいイブだった
来年も
ボクと春子がくたばらない限り行われるであろう

参加者=ささき、がちゃ、バビ、リン、ケン、オリ、みのきち、あおしま一家4人以上11名

by ikasasikuy | 2006-12-24 10:36 | 文化人類学
2006年 12月 23日
提灯
c0120913_10395889.jpg
宗右衛門町「小多福」

提灯(ちょうちん)
提灯というものがニッポンに登場してほぼ1000年になるらしい
もちろん
当時は主要な「灯り」として機能していたわけだが
明治以降
電気やガスの台頭にともない
灯りとしての役割はすっかり衰退してしまった
しかし今も
神事、仏事、祭礼のときや
飲食店の看板として
堂々と生き続けているのである
多くの発明品が
時代の進歩ととも消え去った中で
提灯は
今も大都会のど真ん中でその存在を誇っている
いやじつにすばらしい


夕暮れ時のミナミを歩いていると
なにやら耳に憶えのある名前・・・

c0120913_10412476.jpg
東心斎橋「じねん」

思わずのぞきかけたが
これはあきらかなニセモノである
だいいち「じねん」の文字が荒っぽすぎる
ホンモノはもっと優しくてお洒落だ

by ikasasikuy | 2006-12-23 10:42 | 文化人類学
2006年 12月 22日
father christmas comes to kobe
神戸のクリスマスといえば
猫も杓子もルミナリエである
このイベントが始まって今年で12年目になる
あの神戸の大震災以来続いているわけだ

c0120913_10443445.jpg
昼間のルミナリエはただの「枠組」だ

ボクは近くに住んでいながら
まだいちどもルミナリエを見たことがない
人が大勢集まるところが苦手なせいもあるが
なんとなく軽薄な気がして受け入れ難いのである
というよりも
美しいものを素直に美しいと言えない
「ヘンコ」なのかもしれない

それに
まるであの一角だけにしか
クリスマスはやってこないかのような隆盛ぶりには
ある種反感を覚える
クリスマスなど
「探せばどこにでも転がっているじゃないか」
という
アンチジャイアンツ的広島カープファン心理なのだ
もっとも
ボクは基督の信者ではないし
クリスマスのイベントなどどうでもよいことなのだが
すこし
ルミナリエ以外のクリスマスを探して歩こう


ルミナリエのせいで
ますます人通りの減った元町商店街を歩く
西へ行けば行くほど
「うちはクリスマス関係おまへん」
という雰囲気の店が続く
呉服屋
瀬戸物屋
乾物屋
骨董品屋に仏具屋・・・
かと言って年末商戦たけなわという様子もない
極々普段通りだ

c0120913_104512.jpg
元町商店街入り口の巨大クリスマスリース

それでも
一応クリスマスの装飾はある
ただし
高いところにあるので
これで首を吊るには相当高いはしごがいる

c0120913_10451158.jpg
デンマーク国旗が鮮やかなムーミングッズ屋

デンマーク国旗をデザインした日覆いが美しい
同じ赤と白のツートーンでも
デンマーク国旗は絵になる
日の丸ではこうはいかない


c0120913_10452256.jpg


クリスマスケーキの予約販売をする洋菓子屋の店先か
ツリーの青と紫が目を引く
しかし
見れば見るほど悲しげな色である
当然だ
もともとクリスマスというのは
どんちゃん騒ぎをする日ではないのだから


早く家に帰ってどぜう鍋で焼酎でも飲ろう

by ikasasikuy | 2006-12-22 10:43 | 大衆社会学