<   2007年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2007年 04月 30日
oil which isn't oily
蒸篭はseiroと読む
読んで字の如く食材を「むすかご」だ
毎日、小籠包や焼売を食べているわけではないのだが
なぜか家には大中小と三種類の蒸篭がある

仕舞寸法もこのままなので
使わないときは極めて嵩高くて困る
ロシアのマトリョーシカ人形のような構造なっていたらよいのだが

c0120913_2074160.jpg


さて
今日はいよいよ(いよいよというほどのことでもないが)
鰆を清蒸魚にする
鰆はsawaraと読む
読んで字の如く春の魚だ(冬の方が脂が乗って美味いけど)
魚ヘンに春と書くのは
春に産卵で接岸するので漁がしやすいからだろう

さてさて
油だが
清蒸魚用には油っこくない油が合う
つまり
oil which isn't oily だ
そこで
豪州を旅行中の Kenneth.Kさんからは紅花油を
じねん親方にはグレープシードオイル(葡萄種油)を教えてもらった

c0120913_2081347.jpg

さっそく油問屋、備前屋で買い求める
どっちもふつうのサラダ油よりかなり高価だ
まあ高いと言ってもたかが食用油だ
おどろくことはない

グレープシードオイルはこのまま使わない
大蒜、生姜、唐辛子、葱、セイジ、マジョラム等の生香草を入れて
油に香りをつけてから使う
出来たものをフレーバーオイルというらしい
出来るのに数日かかるのだ

したがって
今日は紅花油を使って清蒸魚を作る
ふつう清蒸魚は白身魚を使うがサワラは赤身魚だ
なぜ赤身魚を使うのか
特に理由はない
サワラが好きだからだ

サワラは切り身だ
一匹まるごと蒸そうと思えば直径三尺の蒸篭が要る
もちろん家にそんなものはない
魚屋で切り身になったものを買い求める
紹興酒と醤油で軽く下味をつけておく

c0120913_2083834.jpg

清蒸魚の下準備をしつつ味噌汁を作る
藤枝梅安は複数の具の入った味噌汁を嫌うがボクは逆だ
牡蛎と茎若布に白髪葱(剛毛だが)を刻んだあとの芯を入れる

蒸すこと十分
蒸篭のふたを開けると真白な湯気とともに
針生姜(畳針ほどあるが)の良い香りが漂う
そこへさして
煙が立ち込めるまで熱した紅花油を回しかける
「じゅじゅじゅじゅじゅじゅっ」
香ばしい香りと煙が立ちのぼる

c0120913_2091319.jpg


酒はなんでも合うが
今日はザ・グレンリベット12年のハイボールである
タンサンはもちろんウィルキンソンだ

とりあえずひとくち
う・・・うまい!
た・・・たまらぬ!
予想通りサワラの清蒸魚はイケル
世界中の清蒸魚ファンに強力おススメだ


読み返してみると
まるで料理ブログになっておるではないか・・・
これはいかぬな
以後少し慎む

by ikasasikuy | 2007-04-30 20:06 | 食文化論
2007年 04月 29日
black kite
Yuuyake-zora ga makkakka
Tombi ga kururi to wa wo kaita
Hooi no hoi
Soko kara Tokyo ga mieru-kai
Mietara koko-made tonde kina
yakedo wo senu-you
hayaku kouyo
Hooi hoi


c0120913_20104557.jpg
大空を滑空する鳶
Olympus OM-1



本当に東京が見えるのじゃないかというほど
鳶は空高く舞い上がった
青空を背に
気持ち良さそうに舞い上がった

「おーい」と呼ぶと
また低いところまで降りてきた

夕焼け空にはまだ少し間があったけれど
鳶がクルリと輪を描いた
青空を背に
気持ち良さそうに輪を描いた




空の青について
ボクは少しわかったことがある
今更こんなこと
誰でも知っていることかもしれないが
それは
太陽を背に空を撮ると
鮮やかな青になるということだ

もうひとつわかったことがある
青空を撮るとき
画面の中に白いものや明るい色のものが写っていると
空の青はさらに青くなって
群青になるということだ
なぜそうなるかは知らない
不思議だ

by ikasasikuy | 2007-04-29 20:10 | 光学機器・写真学
2007年 04月 28日
okuma motion mt-30
ちょっと前に
瀬田川のオカセイネンが「買ぉた」ゆうて書いてた
okumaのスピニングリール
ボクも買ぉた

「おくま」て
江戸時代は「おとら」と並んで一般的な女の名前やった

c0120913_20131853.jpg


セイネンが買ぉたオクマはアルミナという機種で2800円もする
ボクのんはモーションという機種でアルミナより下位機種らしい
サイズも3000番クラスやのにたったの2010円やった
オマケに色違いのスペアスプールまで付いてる
送料の480円を足しても2500円でおつりがくるがな

むかしのアブみたいなかちっとした紙箱に入ってて
けっこう高級感もある
開けてみたら
ハンドルが右手巻きになっとったので
さっそく左手に付け替えたった
ほんで回してみる
うむむ
たしかにツインパワーやバイオマスターみたいな軽快さはないな
それでもペンやミッチェルより回るでこれ

オカセイネンのアルミナの箱には
Designed and engineered in Germanyて書いたあるらしいけど
ぼくのモーションの箱にはMade in CHINAや
なんでやろ
790円安いからやろか
中国製=粗悪品のイメージはぬぐおうとしてもなかなかぬぐえへんなぁ

c0120913_20134470.jpg


箱の中には立派なオーナーズマニュアルや分解図まで入ってた
なかなかやるなぁokuma・・・読まへんけど

マニュアルにもリールにもシロクマのヱが付いてる
これがokumaのトレードマークらしい
それにしても
「おくま」で白熊て
そのまんまやんこれ

これでボッケが釣れたら
ぼろいなぁ・・・

by ikasasikuy | 2007-04-28 20:12 | 漁具概論
2007年 04月 27日
where have all the flowers gone 2
野に咲く花の名前は知らない
だけども野に咲く花が好き

タナゴ釣りに行ったときに
土手に咲いていた花を撮ってきた

c0120913_20152041.jpg


左の黄色い花はカタバミでまちがいないだろう
鮮やかな黄色でよく目立つ
たぶん去年も同じところで咲いていたと思うが記憶にない

真ん中の青紫色で直系3~4mmの小さな花はゴマノハグサ科の花だ
前にじねん親方に教わったイヌノフグリの仲間だが
何種類かあるうちタチイヌノフグリかフラサバソウではないかと看る
イヌノフグリやカワヂシャもこれ似ているが
葉弁の色に赤みがさすので別種と思われる
オオイヌノフグリというのもあるが
花弁が1cmぐらいになるので別種であろう
果実が犬の陰嚢に似るらしい
ただし犬の陰嚢をじっくり見たことがない・・・

右の黄色いごちゃごちゃと咲いている花はキク科だ
ハハコグサ(ホオコグサ,オギョウ)ではないか看た
小さすぎてピントが合わなかった


春の野には紫色の花も多い
新緑のなかにあってとても鮮やかだ

c0120913_20154763.jpg


左の花はスミレ科だと思う
アカネスミレであろうか
アカネというわりには青いのが気になる
ノジスミレやコスミレにもこれ似るが花弁の形が少し違う気がする

真ん中の花はゴマノハグサ科のムラサキサギゴケにちがいない
トキワハゼもこれに似るが花弁が淡紅紫色なので区別できる
なにしろ小さな花なので形がわかりづらい

右はわりと大きな花だったが名前は知らない
1mぐらいの高さで咲いていた
近くに民家があったので野草ではないかもしれない
花弁の中心が正五角形の穴が開いたようになっていた


農道を歩いていると
畦のきわに変わった木があった
なんの花かは知らないが
ヤエザクラのような白とピンクの花を咲き分けている
サクラの仲間だろうか・・・

c0120913_20162715.jpg


むかしどこかで
「接ぎ木」というのを聞いたことがある
木の幹に穴をあけて
別の木の枝を差し込む方法だ
(ちごてるかも)
しかし
そんなことをしたからといって
こんなことになるとはとても思えないぐらいきれいだ

c0120913_20164719.jpg


左はそのおかしな木の白い方の花
真ん中は同じく赤い方の花
花弁の形や大きさはどちらも同じだ

右はタンポポの花が枯れたやつだ
風が吹くと種子が遠くへ飛んでいって
子孫を殖やしていく仕組みになっている
子供の頃
この綿ぼうしが耳の穴に入ると
耳が聞こえなくなると教えられた
ボクはこれを見るたびに
あわてて両手で耳を塞いだものだ
教えたのはうそつきの兄だ

子供の頃に大人からいっぱいうそを教えられた
おばあちゃんは「夜、笛を吹くと蛇が出る」といい
おかあちゃんは「ごはんを残したら目がつぶれる」といい
おねえちゃんは「西瓜の種を飲み込んだら盲腸になる」といった
ぜんぶやってみたがなにも起こらなかった
ぜんぶうそだった

春の野には白い花が多い

c0120913_2017971.jpg


左は夏によく見かけるまん丸い形の花だ
マメ科のシロツメグサだと思う
これから夏まで咲かせ続けるのだろうか

真ん中は小さくてたよんない花だ
あるいはこれはまだつぼみなのかもしれない
ナデシコ科のオランダミミナグサではないかとにらんでいる

右のごちゃごちゃっと気弱そうに咲いている花はアブラナ科だ
グンバイナズナではないだろうか
花弁が小さいのでマメグンバイナズナかもしれない


今まで釣りに夢中だったので
こうやって花を眺めることがなかった
じっくり見てみると初めて見る花のなんと多いことか

もう少し季節が前進したら
また写真を撮りにいこう

じつは今日
修行帰りに本屋へ寄ってポケット図鑑を買ってきた
写真を撮ってきた草花の名前を調べるためだ
図鑑のおかげで1時間の間に30種類ぐらい名前を憶えた

c0120913_20173369.jpg


ポケット図鑑だがこれがけっこう分厚くて重い
胸のポケット入れると息がしにくい
ジーパンのしりポケットに入れると歩きにくい

by ikasasikuy | 2007-04-27 20:14 | 植物学
2007年 04月 26日
いつもの川 其の十九(下流でアブラボテ半束)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます


by ikasasikuy | 2007-04-26 20:18 | 釣魚小全
2007年 04月 25日
清蒸魚
淡路島メバル釣り大会のとき
ヱンドレス森下釣ったメバルを清蒸にする
ヱンドレス森下はメバルを食べないのでもらって帰ったのだ

c0120913_2021410.jpg


なにしろ大会中に釣れた一番大きなメバルである
煮付けや唐揚げにするのは勿体ない

鱗を取り腸を出してきれいに洗ったメバルを冷蔵庫で一日半寝かせ
料理をする直前に冷蔵庫から出し軽く塩をして常温にもどしておく
メバルの腹に生姜の薄切りを二、三枚入れる
葱、玉葱、韮を皿に敷いてその上にメバルを乗せ
上から紹興酒、醤油をかけまわし蒸篭で蒸す
蒸し時間は約10分程度
蒸し上がったメバルの上に葱、玉葱、韮をたっぷり乗せる
鍋でサラダ油を煙が出始めるまで熱し上からかけまわして出来上がり

油はサラダ油よりピーナツ油の方が良いらしいが
家にそんなものはない
醤油も中国の醤油が甘味があって良いらしいが
家にそんなものはない
甘味のある醤油なら富山の城端醤油(亀甲城)が良いかもしれない
油は鍋に火が入るぐらい熱した方が良いらしい
低温の油をかけるとべとべとして生臭くなるらしい

食てみる
・・・う、うまい

by ikasasikuy | 2007-04-25 20:20 | 食文化論
2007年 04月 24日
fly bassing
久しぶりに
フライでバスを釣ろうと思い立つ

c0120913_20222511.jpg


家からクルマで40分
着いたところは坊主めくりでお馴染みの青野ダム

あららあらら新珠三千代!
家を出るときは快晴微風だったのに
青野に着くとどんよりと曇ってきた
しかも風が強い
昨日ほどではないがちょっと寒い
おまけにダムは満水で立ち込むところがない
うむむ
バッドコンディションだ
こまったこまったこまどり姉妹
しかし
まあ
フライだし
なんとかなるだろう・・・

あ!
しまったしまった島倉千代子
リールをまちがえた
ロッドは7番なのに
持ってきたリールには4番のラインが巻いてある
こまったこまったこまどり姉妹

c0120913_20225188.jpg
ちゃんと DT-4-F てシール貼ってあるやん



しかしまあそこはそれ
フライだし
なんとかなるだろう

ところが
これがどうにもイケナイ
とんでもなくアンバランスなタックルだ
ラインがカックンカックンしていっこも飛ばない
折からの強風にあおられてラインが流れる
思ったところに着水しない
バスバグやゾンカーは重過ぎるのか
しかし
ウーリーバッガーに変えてもたいして変わらない

こうなりゃバスは諦めてギル狙いだ
しかし
フライボックスにはドライフライは一本も入っていない
つ、つらい

なんとか小バスの一匹でもと
青野ダムを半周して
風裏を見つけては投げしたが
結局
なんにも釣れなかった


教訓その1
釣りに出かける前に道具をちゃんと点検しよう
(いつもゆうてることやん)


by ikasasikuy | 2007-04-24 20:21 | 漁具概論
2007年 04月 23日
wandering kobe

c0120913_20274828.jpg

JR三ノ宮駅前 (FujiFinePixF30)


小さな町の寂しい駅前だ
逢坂や京都にくらべると格段に人が少ない
目抜き通りと呼べる通りもない
生田筋周辺から外れると夜も早い
夜の9時ともなれば
元町などはゴーストタウンだ
広島や仙台のほうがはるかに「街」だ
富山や徳島のほうがずっと「街」らしい
しかし
そこがよいのかもしれない


by ikasasikuy | 2007-04-23 20:26 | 大衆社会学
2007年 04月 22日
8th mebaru game in awaji
第8回淡路島メバル釣り大会

c0120913_20375384.jpg


西区アオシマが悲願の優勝を遂げた
この3年間
優勝争いはヱンドレス、テープ屋、西区アオシマの3人に絞られている
一昨年、優勝テープ屋、2位アオシマ,3位ヱンドレス
昨年は、優勝ヱンドレス、2位アオシマ,3位テープ屋
そして今年は
遂に西区アオシマが悲願の初優勝
そして2位テープ屋、3位ヱンドレス
3強時代に突入したと言っても過言ではない
強風でラインがフケて
釣りにくい状況だったが
それでも釣るやつは釣るということが証明された
ボクは
メバル10匹とガシラ1匹だが
みなチビだ
予想どおりの8位だ
ヤリヱ夫妻にはさまれての堂々8位だ
文句があるか

そういえば
このメバル大会
ボクとヤリヱ夫妻とは毎回熾烈な争いを続けている
もちろん低次元の争いだが・・・
今年は辛うじてママに5ミリ勝ったけど
パパに1センチ5ミリ負けてしもた
くそー
来年は負けへんぞー


順位および得点
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
優勝 40.5 (22.0+18.5) 西区アオシマ 
2位 40.0 (21.5+18.5) テープ屋小椋
3位 39.0 (23.0+16.0) ヱンドレス森下
4位 37.0 (20.5+16.5) ゾンビ正人
5位 35.5 (18.0+17.5) タナカ
6位 32.0 (16.5+15.5) ミシュラン矢野
7位 31.0 (17.5+13.5) ヤリヱパパ
8位 29.5 (15.0+14.5) イカザスイクイ
9位 29.0 (15.0+14.0) ヤリヱママ
10位 19.5 スズキ
11位 16.0 ラドン奥村
12位 11.5 カヤマ編集長
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
(以下ボーズ)
 トラ
 はやま
 ごるご十三
 鳥越
 エノモト
 ボンビーヨコヤマ
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

c0120913_20381373.jpg
ラドン師匠、豊助饅頭のどつめんように! (写真撮影:横山会長)


ああ
おもしろかった

by ikasasikuy | 2007-04-22 20:41 | 釣魚小全
2007年 04月 21日
かも川
加茂大橋の上から
上流の出町橋方向を臨む


c0120913_20403384.jpg

今出川通りに架かる橋の上から(Olympus OM-1)


右から高野川
左から加茂川
二つの川がここで出合って鴨川になる
鴨川は下流で桂川に出合い
さらに宇治川、木津川と合わさりつつ
大河淀川となって大阪湾に注ぐ

晴れ間がのぞいた河原には
昼休みを楽しむサラリーマンの姿が見られたが
風は
卯月とは思えぬ寒さだった


by ikasasikuy | 2007-04-21 20:44 | 光学機器・写真学