<   2008年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2008年 07月 10日
明石のアマゴ&イワナ
ついに林崎の船頭が
「明石の鮹は絶滅したと思われる」
と発表した

c0120913_1811254.jpg
船縁友乃会推奨画像‥‥アジの巻
Fuji FinePix F30


毛鉤(本当はサビキだが)を落とすと
「クククン」とくる
小気味良い引きだ
あがってきた
あがってきた
ギラリと光った
幅広だ
おぉ!
アマゴだ!
いや
よく見たらアジだった
しかもマアジだ
脂がのっていて美味そうだ

明石海峡大橋が
梅雨空に霞んでいる
ああ
タコはどこへ行ったのだろう

c0120913_18445970.jpg
船縁友乃会推奨画像‥‥ゴマサバの巻
Fuji FinePix F30


毛鉤(本当はサビキだが)を落とすと
「ガツガツガツ」とくる
小気味良い引きだ
あがってきた
あがってきた
ギラリと光った
細長い
おぉ!
イワナだ!
いや
よく見たらサバだった
しかもゴマサバだ
脂がのっていて美味そうだ

明石海峡大橋が
梅雨空に霞んでいる
ああ
タコはどこへ行ったのだろう

by ikasasikuy | 2008-07-10 19:27 | 釣魚小全 | Comments(19)
2008年 07月 09日
おこげに胸を焦がす
米食人種の棲む国には
ごはんの「おこげ」をありがたがる風潮がある

c0120913_2151142.jpg
焦げ具合絶妙の塩むすび
OLYMPUS E-410 with Zuiko 35mm F3.5 Macro


ボクが子供の頃
ごはんはおくどはんに火をくべて
一升炊きの大釜で炊いていた
どこの家でもそうだった
まだ電気や瓦斯の炊飯器がなかったのだ
したがって
火加減一つで炊きあがりが変わり
風味もちがってくるのである
当然釜に触れている部分におこげができた
ボクらは兄弟(姉も居た)で奪い合うようにしておこげを食べた
火が強すぎておこげの多い日はうれしかった

料理を焦がしてはイケナイが
ごはんの「おこげ」は決して失敗ではない
むしろ
いかに焦がすかが料理人の腕とも言える
ボクの尊敬する料理人のJ師
自らの青春を「お焦げ作りにかけた」と言い放つ強者である
筋金入りのオコゲイストだ

ニッポンはもちろんのこと
近隣の国々にも「おこげ文化」はある
中国の「蝦仁鍋巴(シャーレンコーバ)」
韓国の「トルソッピビンバプ」
タイの「カオタンナータン」
ベトナムの「コムダップ」
数え上げればキリがないぐらいある
どれも食感と風味を大事にしている料理だ

ボクは今年
トースターを一台買った
焼き塩おにぎりのためにである

by ikasasikuy | 2008-07-09 20:48 | 食文化論 | Comments(13)
2008年 07月 08日
だいまるらけっと
おっ!
ライトニン&マディ!
ちゃうちゃう
中田ダイマル・ラケットだ

c0120913_20474814.jpg
中田ダイマル・ラケット
OLYMPUS E-410


なんばグランド花月(NGK)正面玄関に燦然と輝く
上方兄弟漫才の最高峰
「ダイラケ」だ
誰がなんと言おうと
上方兄弟漫才といえば
「中田ダイマル・ラケット」
「夢路いとし・喜味こいし」
である
こすでに
4人のうち3人が故人だが
この二組を超えるコンビは存在しない

ん?
中川家?
そんなもの
まだまだ足元にも及ばない

ただし
両コンビとも
じつは上方の出身ではない
「ダイラケ」は長崎
「いとこい」は横浜だ

その点
中川家は大阪出身だ
しかし
そんなもの
まだまだ足元にも及ばない

昭和55年の映像がある
中田ダイマル67歳
中田ラケット61歳
全盛期の勢いはないが
素晴らしい息と間ではないか

この映像の二年後
中田ダイマルは没した
弟のラケットも
ライバルだった夢路いとしも後を追った
いまも生き残っているのは喜味こいしだけである
今年81歳になる
ハシモト大阪府知事に物申すと
なかなか意気軒昂である
ただし
こいしは典型的な「突っ込み」なので
独りになると面白くもなんともない
ただのクソジジィだ
ただのクソジジィだが
それでも
中川家など足元にも及ばないのである

by ikasasikuy | 2008-07-08 20:47 | 大衆芸能総論 | Comments(6)
2008年 07月 07日
ホルモン&コナモン Part2
今日も朝から水銀柱は鰻上りだ
あっというまに30℃を越えた
さあ、ホルモン&コナモンツアー第二弾
行くぞ!

c0120913_194434.jpg
天神橋筋商店街・南森町
Fuji FinePix F30


本日のメインストリートは
日本一長い商店街でおなじみの
天神橋筋商店街だ
南森町の入り口にある「四天王」を撮ってみる
あらら
なんかイメージが違うなぁ
本家が撮るとこんなカンジになる

c0120913_196985.jpg
(ちっち堂本家撮影=無断転載)


なるほど
なるほど
ちょっと斜交いに見上げて撮るのか
それに真っ昼間より夕闇が迫るころに撮るとええのか
うむむ
しかしさすがはちっち堂だ

とにかく
体力の続く限り
天神橋筋商店街を
1丁目から6丁目まで走破し
(走ってへんけど)
さらに
梅田から十三へと転戦する


【本日の徘徊コース】

手作りケーキがうまい「豆香」天一

ガラス発祥の地見学「大阪天満宮」天二

絶品カルビの韓国焼肉「珍三カルビ」天三

キャベせんの「キャベツ焼きドットコム」天四

絶品カレーうどん「讃吉」(今回は食べてへん)天五

千日前たこ焼き「ワナカ」天六

阪神百貨店「イカ焼きコーナー」梅田

自己責任で焼くたこ焼き「蛸のつぼ」十三


c0120913_19253391.jpg
JR天満駅前「キャベツ焼き」
堂々と道ばたでキャベせんを頬張る


c0120913_19383050.jpg
天六「ワナカ」
たこ焼きをたいらげくつろぐ元憂歌団のヴォーカル

c0120913_19414353.jpg
自己責任で焼くたこ焼き「蛸のつぼ」
真剣にたこ焼き転がす世界のナベクミ



ああ
もう胃袋が破れそうだ
とうぶんホルモンとコナモンは堪忍だ


オマケ


by ikasasikuy | 2008-07-07 19:01 | 大衆社会学 | Comments(10)
2008年 07月 06日
ホルモン&コナモン
仙台から
なべちゃん夫妻がきた
夫妻ということは
もちろん「世界のナベクミ」もいっしょだ
ナベヒサ&ナベクミだ
来阪の主たる目的は
ホルモン&コナモンを食べることだ
サイモン&ガーファンクルもビックリだ

c0120913_238329.jpg
千日前の交番の前でたこ焼きを食うなべちゃん
Fuji FinePix F30


本当はたこ焼きを食べに来たわけではない
仕事だ
つらい仕事だ
人生楽有りゃ苦も有るわけだ
そして夜
仕事から解放された二人をひきずりまわす

まずはじゃりん子チエでお馴染みの「ホルモン焼き」だ
なんばの「かどや」
ここはホルモンより豚足が名物だ
ネギとキャベツは食べ放題
味噌ダレはかけ放題
割り箸は割り放題
お手拭で手は拭き放題
ただしビールは別料金だ

つづいて千日前ぎんなべの「もつ鍋」だ
蒸し暑いこの時期にこそ鍋を囲むのだ
しかも
ここの鍋は出汁がうまい
ああ
暑かった・・

返す返すも残念なのは
わてらが法善寺の水掛不動さんに着いたとき
ちょうど夫婦善哉が店じまいした直後だったことだ
十時閉店なのだ
こんどはローテーションを変えて再挑戦しよう



仕事はこんな風だ

c0120913_1575022.jpg


といっても
これではなんのことかわからないだろう
まあ
わからなくてもいいのだ
そのうちきっとわかるときがくる

明日は
天神橋筋商店街編だ
ばんがれナベヒサ&ナベクミ!


【オマケ】
じゃりん子チエ名場面集
アントニオが小鉄にきんたまいっことられたの巻き
↑↑↑
必見!
じゃりん子チエのスト-リー構成上極めて重要なシーン


by ikasasikuy | 2008-07-06 01:52 | 大衆社会学 | Comments(6)
2008年 07月 05日
誕生日
昨日
誕生日だった
だれも祝ってくれなかった
いまさらうれしくもなんともないが誕生日だが‥‥‥

c0120913_2050963.jpg
かに道楽・道頓堀中店
OLYMPUS E-410


7月4日生まれなのでカニ座だ
サソリ座でなくてよかった
カニは大好きだ
それにしてもよい星の元に生まれたものだ
ズワイガニが好きだ
ベニズワイガニなら申し分なしだ
身はゆるいが甘味が強い
でも
タラバガニの方がもっと好きかもしれない
したがってハナサキガニも好きだ
しかし
ワタリガニも捨て難い
ガザミのことだ
味噌汁にすると驚異的に美味い出汁が出る
もちろんケガニも好きだ
モクズガニの滋味深さも悪くない
そうだ
こんど鹿児島へ行ったら
是非にもアサヒガニを食おう
ああ
忙しいぞ
それだけではない
カニトリーナでカニを捕るのが今夏の目標だった
イワガニ
イシガニ
イソガニ
名前は似ているが
別の種類だ
カニはナスやタケノコと違ってアレルギーが出ない
いくら食べても大丈夫なのだ
ああ
ついでに干支も「蟹年」にしてくれたら覚えやすいのだが
残念ながら「辰年」だ

辰ということは龍だ
つまりドラゴンだ
我が家は先祖代々中日ドラゴンズファンなのだ
十二支の中で唯一想像上の生き物だ
「ソーゾージョー」
ステキな響きじゃないか
麒麟、鳳凰、天狗、ケンタウルスと同じだ
こないだの甲子園では
虎の猛威に龍は見る影もなかったが
まあこういうことある
二位でいいのだ
今年も二位で日本一だ

by ikasasikuy | 2008-07-05 20:49 | 大衆社会学 | Comments(22)
2008年 07月 04日
Penne Octagon
こないだのハッカクを使って
四川風豚の角煮を作ろうと思ったが
まだまだ修行が足りないのでイタリアンにする

c0120913_19164513.jpg
ペンネオクタゴン
OLYMPUS E-410 with Zuiko 35mm F3.5 Macro


Oct(オクト)は8だ
タコは足が8本なのでオクトパスだ
8度音程のことをオクターブという
八角はオクタゴンだ
しかし
オクトーバーは8月ではなく10月だ
なぜだろう
なぜかしら


Penne Octagon

【材料、香辛料その他】
  パスタ(ペンネ)、鶏もも肉、ジャガイモ、玉葱、人参、トマト
  八角、大蒜、オレガノ、ハジル、パセリ、黒胡椒
  砂糖、岩塩、オリーブオイル、パルミジャーノレッジャーノ

【作り方】
  極秘(テキトーというウワサもある)

【注意点】
  八角は一角か二角にし、10分ぐらいで取り出すこと
  ペンネは固茹でにすること
  パセリはできればイタリアンパセリにすること
  食中酒は必ず赤ワインにすること


これ
鶏肉がめっちゃうまい
ハッカクのパワーが生きてる

by ikasasikuy | 2008-07-04 22:35 | めん類学 | Comments(13)
2008年 07月 03日
あらかぶ汁
船頭は
「タコが絶滅してしもたさかいサバ釣りに行こか」
と言う
そうか‥‥‥明石のタコは絶滅したのか

c0120913_22224093.jpg
船縁友乃会推奨画像‥‥ガシラの巻(ハリ飲まれてる)
Fuji FinePix F30


船は大きく反転し
大阪湾へと向かった
出たところは佐野の観音さんの前だ
しかし
なんということだ
サバも絶滅していたのだ

船頭は
「あかんなぁ‥‥‥サバも絶滅してもとるなぁ」
と言う
「しゃあないなぁガシラでも釣ってお茶にごそか」
岩屋へ戻る

ガシラはかろうじて生き残っていた
ボクの竿にも小さなアタリがきた
上がってきたのはもちろん小さなガシラだ
小さなガシラを何匹か家に連行して
汁にする

c0120913_22225881.jpg
世界一美味いあらかぶ汁
OLYMPUS E-410 with Zuiko 35mm F3.5 Macro


水とガシラと味噌と葱だけだ
ほかにはなにも加えない
小さなガシラから
恐ろしいほど旨い出汁が出る

うぅぅぅ
うまい!

by ikasasikuy | 2008-07-03 23:23 | 釣魚小全 | Comments(6)
2008年 07月 02日
絶不調‥‥明石蛸

悲しいお知らせだ

c0120913_20402754.jpg
鹿の瀬から見た明石海峡大橋(左明石、右岩屋)
Fuji FinePix F30


明石のタコが
絶滅した
残念だ


by ikasasikuy | 2008-07-02 20:43 | 釣魚小全 | Comments(10)
2008年 07月 01日
神戸タワー
かつて
神戸の中心だった新開地には
神戸タワーという高い塔があった

c0120913_113319.gif
神戸大空襲の後、神戸大学の屋上から西の方角を撮影した画像
左上に見える塔が神戸タワー(とあるHPからPKR)


1924年(大正13年)
新開地タワーの名称で開業
高さ100メートル
当時
東洋一であった初代通天閣(1912年建築、91m)をしのぐ高さだった

1945年
3月17日〜6月5日
数百機のB29が神戸を襲来した神戸大空襲においても
神戸タワーは奇跡的に焼失を免れた

1968年
老朽化のため解体された
44年の短い歴史に幕を閉じた
跡地にはカリヨン時計塔の記念碑が建っている
1963年に建設された神戸ポートタワーが
このタワーに替わって神戸のランドマークとなっている

ところで
神戸港中突堤にあるポートタワーのことを
神戸タワーと呼ぶひとが多い
まちがいだ
ポートタワーの近くにあるホテルが
「神戸タワーサイドホテル」
などと名乗るから
勘違いするのかもしれない
本物の神戸タワーは
あくまでも今は亡き新開地タワーなのだ

by ikasasikuy | 2008-07-01 23:24 | 建築学 | Comments(4)