<   2008年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

2008年 11月 30日
김치
むかしは朝鮮漬けといった
いまは原語でキムチ(김치)と呼ばれている
さっき仙台からキムチが届いた

c0120913_10491611.jpg
Kimchi of "J" carried on Nabeta glass.
OLYMPUS E-410 with Zuiko 35mm F3.5 Macro


キムチをはじめて食べたのはいつだろう
まだ子供の頃だ
口の中が火事になった
朝鮮のひとは毎日こんな辛いモノを食べるのかと驚いたが
食べてみると
辛さの中に独特の甘味があることがわかった
この甘味こそが旨味にちがいない
あとを引く味だ
ついつい箸が伸びる

韓国へは何度も行った
ソウルでも
釜山でも
大きなレストランでも
小さなめし屋でも
驚いたことにキムチは食べ放題なのだ
高級店では十種類近いキムチが小皿で供される
たまらなく旨い
これだけでお酒もご飯もススムくんだ
しかもすべてタダである
ボクはメインの肉や魚よりこっちを愛してしまう

一皿食べ終えるとすかさず新しい皿が運ばれてくる
韓国では残さず食べ切るとそれは「おかわり」の合図なのだ
「ごちそうさま」の場合はひとくち残さねばならない
なんだか勿体ない気がする
食べ残すのはお行儀が悪いとされるニッポンでは考えられないことなのだ

今日仙台から届いたキムチ
驚異的に旨い
辛味より旨味が勝っている
昆布が効いている
烏賊が効いている
まさにこれはボク好みのキムチだ
昼間からキムチを肴に飲んでしまう

それにしても
和食の料理人なのに
こんなことまでできるとは・・・
しかも
本場のキムチを食べたことがないのに
こんなことができるとは・・・
鬼の平蔵も畏れ入るしかないのである

by ikasasikuy | 2008-11-30 13:53 | 食文化論 | Comments(2)
2008年 11月 29日
c0120913_19313817.jpg
A Fuyu persimmon on the Nabeta glass.
OLYMPUS E-410 with Zuiko 35mm F3.5 Macro


子供の頃は柿を食わなかった
まったりした甘みが苦手だったのかもしれない
かぶりつくと種を噛んでしまうからかもしれない
蜜柑や林檎や葡萄に比べたら
柿は食わなかった
それが年々柿好きになっている
人間は歳をとると柿が好きになるのだろうか

柿は平べったいのと細長いのの二種類だと思っていた
とんでもなかった
富有
次郎
刀根早生
平核無
西村早生
太秋
花御所
堂上蜂屋
市田柿
西条
甲州百目
愛宕
筆柿
http://www.kudamononavi.com/zukan/persimmon.htm#hinshu
びっくりするほど種類がある
細かく分類するともっとある
ボクには
平べったいか細長いかしか区別がつかない
まあ
食べて美味しけりゃなんでもいいのだが

by ikasasikuy | 2008-11-29 19:31 | 食文化論 | Comments(2)
2008年 11月 28日
いつもの川の
いつもの土手の柿の木

c0120913_19185586.jpg
渋柿
OLYMPUS E-410


この柿は渋柿で
だれにも取られず朽ち果てていく
カラスさえ見向きもしない
腐って地に落ちるだけだ
昔はもいで干し柿にしたと思う
いまは田舎でも干し柿は作らなくなったらしい
そういえば
秋口に釣った沙魚を天日に干して
正月の雑煮の出汁を取る家も今はない
長い時間をかけて培った伝統の食文化が消えてゆく

いつもの川の
いつものお婆さんは
今日も姿を見せなかった
こんなにいい陽気なのに
どうしているのだろう

いつものお婆さんの家の軒先に
二十個ばかり柿が吊るしてあった
自分の家で食べる分だけ干すのだろう
やや乾燥が進んで黒くなっていた
渋が抜けて甘くなると
カラスが狙うのかもしれない

吊るし柿の下には
いつもの犬が眠っていた
カラスを追っ払う役目を仰せつかっているくせに
くたびれた綿のように眠っていた
ボクの足音で目を覚ました
大儀げに首をもたげてボクを見たが
また泥のように眠ってしまった

by ikasasikuy | 2008-11-28 19:11 | 植物学
2008年 11月 27日
COROT
コローのモナリザを一目観るために
神戸市立博物館へ行った

c0120913_1944767.jpg


モナリザといえばレオナルド・ダ・ヴィンチだが
本家レオナルド・ダ・ヴィンチのモナリザに比べると
コローのモナリザは顔立ちが整いすぎている
しかも寂し気な表情で
心が宙を彷徨っているような冷えきった美しさだ

一方
本家のモナリザには
卑猥なムードが漂っている
口元に微笑みがある
艶かしさと不気味さに満ちている
なにかしら良からぬ謀のにおいがする

さて
どちらのモナリザが好きか
それはひとそれぞれだが
ボクはコローのモナリザだ
断然コローのモナリザだ
ただし
コローはモナリザとして描いたのではない
このヱのモデルがモナリザに似ていることから
後世のひとが「コローのモナリザ」と勝手に称しただけのことだ
本当のタイトルは「真珠の女」である

東京と神戸で
半年間に渡って公開されたコロー展
あと十日ほどで終了する
特別コローが好きだというわけではないが
わざわざルーブル美術館をはじめ
世界中の美術館から集めてくれたのだから
見逃すのは惜しい気がしたのだ



  神戸の帰り
  逆瀬川のBAR T.S.R.Mへよると店は閉まっていて
  小さな貼り紙があった

  「11月25日をもってBAR T.S.R.Mは閉店いたします」

  なんということだ
  一昨日のことじゃないか
  十日前の晩
  仙台からの帰り道に飲んだのが最後だった
  あのときはそんな話はぜんぜんなかったのだが・・・
  またひとつ居心地のいい場所がなくなってしまった
  宵闇の空から冷たい雨が落ちはじめた


by ikasasikuy | 2008-11-27 19:40 | 芸術総論 | Comments(4)
2008年 11月 26日
いつもの川 其の三十
この記事はブログのファンのみ閲覧できます


by ikasasikuy | 2008-11-26 23:13 | 釣魚小全
2008年 11月 25日
うまい店
仙台に一軒
うまい店を知っている
残念ながら店の名前は教えられない
ボクの「いい店」なのだ

c0120913_1763089.jpg
仙台のうまい店
OLYMPUS μ760


いい店というのは
いつも客と真剣勝負している
勝負といってもケンカをするわけではない
客が満足して帰っていったら店の勝ち
首をひねりつつ帰れば店の負けだ

近頃は
ちゃんと客の顔を見て商売をしている店が少なくなった気がする
大きな店では仕方ないことかもしれないが
魚のことを聞いてもろくすっぽ答えられない店員ばかりだ
魚の名前さえ知らないアルバイトくんもいる
困ったものだ

とある駅前に
土手焼き(牛筋の味噌煮込み)のうまい居酒屋がある
手ごろな値段で安サラリーマンにはありがたい
おかみさんは八十手前の栗の渋皮のような面の婆さまだが
見ていると
同年配の客にはよく煮込んで柔らかくなったところを
若い客には歯応えのある硬いめのところを選んで出している
さりげなくそうしているところがにくい

ボクには
ちゃんとそれなりのところを出してくれる
それなりて・・・
硬いものが少し苦手になってきたことを知っているのだろうか
ありがたいことだ


八代亜紀の舟歌に

  「板前はタンクトップが似合うのがいい」

という歌詞を付け加えてほしいと思う秋の夕暮れ

by ikasasikuy | 2008-11-25 16:48 | 食文化論 | Comments(8)
2008年 11月 24日
Muddy Waters
c0120913_18552087.jpg

Got My Mojo Working
Muddy Waters & Sonny Boy Williamson II



1963年

Sonny Boy II・・・64歳
Muddy・・・48歳
Willie Dixon・・・48歳

Sa. Sa. King・・・11歳
Robert Jhonson, If he lived・・・52歳



この三年後の1966年
Muddy は同じ "Got My Mojo Working" を
James Cotton のハープで演っている
ames Cotton・・・31歳
Sonny Boy II は一年前の1965年、65歳で死んでいる

Muddy Waters・・・51歳
わずか三年後だが
50代になったマディは太ってひどく老けている

そのころ
Sa. Sa. King・・・14歳
尼崎の出屋敷にある質屋で
質流れのギターを3000円で買ってきて
来る日も来る日も夢中になって弾きまくっていた
ニッポンでは
梓みちよの「こんにちは赤ちゃん」という曲がヒットしていた

by ikasasikuy | 2008-11-24 19:01 | 民族音楽 | Comments(8)
2008年 11月 23日
あかつめくさ
c0120913_17105973.jpg
アカツメクサ(ムラサキツメクサ)
OLYMPUS μ760


マメ科の多年草
シロツメクサに似ているが別種である
葉の形がちがう
花期は5月〜8月らしい
しかし
11月後半でもまだ咲いている

薬用植物として利用されている
詳しいことは知らないが
便秘
百日咳
マラリア
乳がん
皮膚病などに効くとという
なんでもかんでも効きすぎじゃないかという指摘もある

by ikasasikuy | 2008-11-23 17:10 | 植物学
2008年 11月 22日
What is the name of this insect?
カメムシを食べる虫らしい
生まれてはじめて見た
もちろん名前は知らない

c0120913_21533737.jpg
カメムシを食う虫(captor=nabeta nanae)
OLYMPUS μ760


名前がわからないので
仮に「カメムシクイムシ」という名前にしておこう

カメムシクイムシは足が長い
めちゃくちゃ長い
カマドウマより長い
長けりゃカッコいいかというと
そうでもない

足の数を数えると8本ある
ふつう昆虫は6本足だ
8本ということはクモの仲間だろうか
タコの仲間かもしれない
タコとクモは同じ仲間だという説をきいたことがある

カメムシはくさいが普段はにおわない
敵に襲われるとくさいにおいを発する仕組みになっている
つまり
「ボクはくさくて食べられないよ」
という警告なのだ
その警告を無視して
カメムシを食うカメムシクイムシは大胆なやつだ
カメムシクイムシの口臭はきっとくさいと思う


「くさいにおい」を漢字で書くと
「臭い臭い」になる
これだと
「くさいにおい」なのか
「くさいくさい」なのか
「においにおい」なのか
はたまた
「においくさい」なのかわからない
ややこしいのであえて平仮名を用いたことを申し添える


by ikasasikuy | 2008-11-22 21:51 | 昆虫学 | Comments(6)
2008年 11月 21日
はるよこい
秋が終わって冬が来た
そんな季節の変わりめの今日この頃だ

c0120913_22313077.jpg
冬が来る少し前の秋保の里
OLYMPUS μ760


ニッポン人のなかには
冬が好きなひともいるらしい
ボクとはちがう人種かもしれない
ボクは寒いのがだいきらいだ
体も心も凍えてしまう
冷え性なのかもしれない

はやく春になって
のんびりと魚釣りがしたいものだ
どじょっこだの
ふなっこだの
のんびり釣りたいものだ
桜が咲いて
サクラマスがのぼり
さつきが咲いて
サツキマスがのぼり
田植えのあとの水田にナマズがのぼり
甍の上にはコイがのぼる
そんなふうに
どんどんどんどん
暖かくなってほしいものだ

c0120913_22315828.jpg
冬が来るというのに元気な少女たち
OLYMPUS μ760


シマリスやヤマネやコウモリは冬眠する
ツキノワグマやヒグマも眠ってはいないが穴の中で動かなくなる
ボクも冬のあいだはそうやっていたいものだ
まったくそうやっていたいものだ

by ikasasikuy | 2008-11-21 22:30 | 気象学 | Comments(6)