<   2009年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

2009年 04月 30日
Thai Cub
c0120913_8182940.jpg
Thai HONDA Wave125i
OLYMPUS μ760


ウェーヴ125i
排気量124cc
空冷4サイクルエンジン搭載

ちょうど一年乗った
特に問題なく順調である

走行距離:約3600km
故障:なし
転倒:なし
パンク:1回(後輪)
タイヤ交換:1回(前後輪)

エンジンの具合からあと4年はじゅうぶん乗れると思う
ただし乗り手が先にくたばった場合はその限りでない

by ikasasikuy | 2009-04-30 14:39 | のりもの学
2009年 04月 29日
タイのソテー
c0120913_1382118.jpg
タイのソテー・バルサミコソース
OLYMPUS E-410 with Zuiko 35mm F3.5 Macro



塩焼きもいいけれど
バター風味のソテーにするとこれまたうまいのである
バルサミコソースのさっぱりとした酸味がよく合う
なんだ
イタリアンじゃないかという指摘もある
モンクアルカという反論もある



【レシピ】

 1 フライパンにオリーブオイルをひき
   つぶしたニンニクを炒めて香りを付ける
   バルサミコ酢とバジルペーストを加え
   煮詰めながら伸ばしていく
  
 2 マダイを三枚におろす
   上身を食べ易い大きさに切り分ける
   (小骨はきれいに抜かなあかんよ)
   切り身の裏表に塩、胡椒を振って下味をつけ
   小麦粉をまんべんなくまぶしておく

 3 フライパンにたっぷりのバターを溶かす
   マダイを皮目から焼く
   皮がパリッとなったら裏返す
   身の方は火を通しすぎないように注意する

 4 焼き上がったら器に盛って
   1のソースをかけてできあがり
   好みでパルミジャーノレッジャーノの粉末を振りかけてもよい
   いや、振りかけなくてもよい


酒は白ワインに限る
いや
赤でもいい
ウヰスキーも合いそうだ
できればハイボールでやりたい
ビールもいいかもしれない
黒ビールならさらにいい
ウオツカやジンベースのカクテルにもぴったりだ
辛口の純米酒もいけるかもしれない
もちろん冷やだ
泡盛もいいなぁ
芋焼酎はどうだろう
やってみなければわからない
結局なんでもいいんじゃないかという指摘もある

by ikasasikuy | 2009-04-29 01:36 | 食文化論 | Comments(6)
2009年 04月 28日
たい
c0120913_26233.jpg
マダイさん
(船縁友乃会推奨画像)
OLYMPUS μ760



魚の王様「タイ」だ
標準和名を「マダイ」という
魚の名前のあたまに「マ」がつくと
本種、あるいは代表種ということになる
つまり「マ」は「真」という意味だ
たとえば・・・

 マゴイ
 マブナ
 マアジ
 マイワシ
 マサバ
 マゴチ
 マハタ
 マハゼ
 マダラ
 マガレイ
 マダコ

などなど
数え上げると切りがない
ただし
マグロはマがつくけれど別である
それならマンボウも別ぢゃないのかという声もある


マダイの自慢はマリンブルーのアイシャドゥだ
なんとも艶やかな魚だが
毒々しいという意見もある

マダイはピンクの背中にコバルトブルーの星をちりばめている
なんとも艶やかな魚だが
毳々しいという意見もある


ところで
祝いの膳には欠かせないマダイだが
チヌ釣りの世界ではやっぱり「外道」だ
高級魚と言えど「外道」扱いなのだ
その証拠に
チヌ釣師はみな
上がってきた魚が赤いと「チェッ」と舌打ちをする

ボクはニセモノのチヌ釣師なので
赤いととてもウレシイのだが・・・

by ikasasikuy | 2009-04-28 02:03 | 魚類学 | Comments(2)
2009年 04月 27日
鬼平犯科帳
c0120913_12503370.jpg
前から三人目が鬼の平蔵
OLYMPUS E-410 with Zuiko 35mm F3.5 Macro



数あるテレビ時代劇のなかで
この鬼平犯科帳が「最高峰」であると思う
ストーリーといい
キャスティングといい
非の打ち所がない
いや
あくまでも私見だが

by ikasasikuy | 2009-04-27 19:46 | 江戸文化 | Comments(2)
2009年 04月 26日
ふぐ
c0120913_1492179.jpg
ショウサイフグさん
(船縁友乃会推奨画像)
OLYMPUS μ760



チヌのかかり釣りでは
ボラやカワハギと並んで代表的な「外道」である
チヌ釣師は「エサトリ」と呼ぶ
ヱサをかすめ取るのが上手いからだ
おまけに
強靭な前歯でみごとに釣り鈎を噛み切ったりする
クニペックスのペンチ並みの歯をしているのだ


毒魚なので
釣っては逃がし
写真を撮っては逃がししている
ところが
関東(江戸前)では専門の乗り合い船まである人気魚だ
市場では庶民的な値段で取引されるらしい
トラフグの代用になるというが
関西ではあまり馴染みがない
食べ方は

 刺身
 鍋物
 味噌汁
 焼き物
 唐揚げ
 一夜干し

ひと通りのフグ料理になるようだ
もちろん船宿でさばいてもらうわけだが

 卵巣と肝は猛毒
 皮と腸は強毒
 筋肉は弱毒

いったいどこを食うと言うのだろう

調べてみると
弱毒の上身を食べるらしい
しかし
いかに弱毒と言えど
食べ過ぎたら強毒と同じになるのではないのか・・・

唯一
精巣だけは無毒らしい
フグの白子は大好物だ
しかしなぁ
♂だけ狙って釣るわけにもいかないしなぁ・・・

by ikasasikuy | 2009-04-26 19:41 | 魚類学 | Comments(2)
2009年 04月 25日
第10回 淡路島メバル釣り大会
c0120913_1173083.jpg



雨上がり
強い西風
言い訳は山ほどある
しかし
それにしても
世界一レベルの低い大会であったことは間違いない
1匹のサイズならわかるが
2匹の合計サイズだ
10年目の節目の大会だが
なんともなさけない
しかしまあ楽しければ何でもいいのだ


優勝は自転車屋たつみさんだ
本当は2年連続優勝のはずだったが
去年はビニール袋が破れて無念の1フィッシュ検量
そして
今年は見事にリベンジを果たした
いや
実に見事である

2位は
なんとヤリヱパパだ
ウソじゃありゃせんホンマじゃ
ママも堂々5位入賞だ
メバルを釣らせたら西日本一の夫婦だ

3位は
これまたなんとマルちゃんだ

そして
8位狙いのボクだったが
なんと
なんと
痛恨の9位だ
本当は8位だったのだが
終了直前にゾンマサが泣き泣きの11cmを釣って7位に食い込んだせいで
順位をひとつ下げてしまったのだ
ああ
悔しい・・・



第10回 淡路島メバル釣り大会 公式結果
----------------------------------------------------
優勝 自転車屋たつみ 34.0(17.3+16.7)
2位 ヤリヱパパ 30.3(16.3+14.0)
3位 マルちゃん 28.9(14.6+14.3)
4位 ごるご十三 28.8(15.2+13.6)
5位 ヤリヱママ 28.6(15.0+13.6)
6位 ラドン奥村 28.5(14.5+14.0)
7位 ゾンビ正人 28.5(17.3+11.2)
8位 アンギラス岡本 27.8(14.3+13.5)
9位 イカザスイクイ 26.4(13.4+13.0)
10位 ヤノちゃん 23.0(11.8+11.2)
11位 ヱンドレス森下 16.6(16.6+0)
12位 西区アオシマ 15.6(15.6+0)
----------------------------------------------------
13位 ふじわら ボーズ
14位 ふじわらズガールフレンド ボーズ
15位 まつもと ボーズ
16位 たなか ボーズ
17位 テープ屋 ボーズ
18位 よこちん ボーズ
19位 ナオキ ボーズ
20位 べーやん ボーズ
----------------------------------------------------
参加者20名


年々釣れなくなっている淡路島のメバルだが
大会委員長のヱンドレス森下によると
来年もやるらしい

by ikasasikuy | 2009-04-25 23:59 | 釣魚小全 | Comments(11)
2009年 04月 24日
クロダイの炙り刺し
c0120913_1927647.jpg
クロダイの炙り刺し
OLYMPUS E-410 with Zuiko 35mm F3.5 Macro



皮に熱湯をかける松皮造りと同じく
皮のうまい魚に向く刺身だ
炙り加減がむずかしい
炙りすぎても
炙り足りなくてもイケナイ

今回のは魚が大き過ぎた
つまり皮が分厚いのだ
この次は尺イサギでやってみよう
そうしよう
そうしよう

しかし
そうなると
イサギを釣りに行かねばならぬ
困った
わが家には
日高川以南の海で船に乗ると必ず酔うという言い伝えがあるのだ

by ikasasikuy | 2009-04-24 11:02 | 食文化論
2009年 04月 23日
ぼら
c0120913_1343656.jpg
ボラさん
OLYMPUS μ760



ボラだ
チヌのいるところには必ずと言っていいほどいる魚だ
残念なことに
チヌ釣師からはあまり好かれていない
むしろ嫌われている
しかし
引きの強さはチヌを凌ぐし
食味も悪くない
ボクなど
チヌよりボラの方が美味いと思っているぐらいだ

ボラが釣れても持ち帰るひとは少ない
宇和の海では皆無に等しい
理由は
アタマがペッタンコで見目麗しくないからだ
たしかにヘンな顔をしているけれど
よく見れば
流線型でカッコイイ魚だと思うけどなぁ・・・


c0120913_1373527.jpg
嫌われ者のボラさん
OLYMPUS μ760



ボラの体表はヌルヌルだ
玉網ですくうとヌルがついて網が臭くなる
ひと様の網を拝借しているので
気をつかいながらすくわねばならない
すくい終わったらすぐ海水で洗う
またすくう
また洗う

by ikasasikuy | 2009-04-23 10:34 | 魚類学 | Comments(14)
2009年 04月 22日
うわのうみ2
c0120913_12584.jpg
48cm
OLYMPUS μ760


もうちょっと大きいのも釣れたが
これが一番カッコよかった
性別は♂だ
体が分厚くパワフルで男らしかった
右腕が筋肉痛になった



c0120913_1251999.jpg
43cmぐらい
OLYMPUS μ760


あんまり大きくないが
美しい姿だった
性別は不明だが
たぶん女の子だろう
健康状態がいいのだと思う



チヌ釣師はみな
大きいチヌに憧れる
特に50cmを超えると「年無し」と呼び珍重する
万が一
60cmオーバーのチヌが釣れたりすると
まるで神でもあるかのように扱われる
写真を撮り
魚拓を採り
釣具屋の壁にデカデカと貼られ
釣り宿の天井にデカデカと貼られ
釣り雑誌や釣り新聞にデカデカと掲載される
それぐらい
めったに釣れないのである
長年この釣り一筋にやってきたベテラン釣師も
二尺超えは至難の業だという

しかし
ボクは大きなチヌにはこだわらない
小さくてもキレイな魚が好きなのだ
たとえば上の写真のチヌように
バランスのよい体型で
精悍な顔をしたチヌが好きなのだ
負け惜しみに聞こえるかもしれないけれど



【4/20〜21の釣果】
 チヌ・・・7匹(40cm〜49cm)
 ボラ・・・6匹(50cm〜65cm)
 タイ・・・6匹(30cm前後)
 フグ・・・3匹(25cmぐらい)


by ikasasikuy | 2009-04-22 01:26 | 釣魚小全 | Comments(8)
2009年 04月 21日
うわのうみ
c0120913_112652.jpg
チヌ(クロダイともいう)
OLYMPUS μ760



宇和海へ釣りにいった
たくさん釣れた
面白かった


それだけかという不満の声もある
小学生の日記かという指摘もあった

by ikasasikuy | 2009-04-21 23:59 | 釣魚小全 | Comments(2)