<   2011年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

2011年 01月 31日
岡北
c0120913_2149268.jpg
岡北
OLYMPUS E-420



朝寝を決め込んだ平蔵が
寝床を抜け出したのはもうとおに昼を過ぎた頃であった
長官の職を退いてからというもの
時間の観念が乱れ切っている平蔵であった

 「岡崎へ行く」

と言い残し
ぶらりと京の町へ出た
三条通から岡崎道を北へ上り
動物園をすぎたあたりにその店はあった

店内は広く落ち着いた雰囲気で
うどん屋というより
ちょっとした料理屋の雰囲気だ
昼を大きく過ぎていたが店内はそこそこの客入りだった

先の味味香では「甘きつね」と言ったが
岡北は「甘ぎつね」と濁る
どちらかというと濁る方がそれらしくて

 「旨そうな響きだ」


平蔵は思った
これは大いに期待が持てる

待つこと十数分
平蔵の前に甘ぎつねカレーうどんが運ばれてきた
これはうまそうな・・・


c0120913_21511112.jpg
甘ぎつねカレーうどん
(店内照明の影響で実際の色と異なる)
fuji finepix z33wp



まず出汁を一口・・・

 _u_m_u_m_u_

平蔵の表情が曇った
これは

 「いかぬ」

見た目よりサラッとして
ちょうどいい塩梅のとろみだが
何度も言うように
カレーうどんとは印度と邪馬台国の融合である
これは

 「印」が勝っておる

というより

 「邪」が負けている

つまり
早いハナシが
削り節やイリコの香りがない・・・
のであった


たしかに名店だけあって
麺は絶妙のコシと円やかさを合わせ持ち
揚げの甘味の含ませ具合も申し分ない
しかし
出汁の力が弱い
惜しい


店の接客は申し分ない
居心地の良さに驚く
うどん屋でここまで丁寧な店は初めてである
大阪にはまずない応対だ

このつぎは是非にも

 「ここのきつねうどんを食べてみたい」


思う平蔵であった



++++++++++++++++++++++++++++++++++



【オマケ】 平安神宮



c0120913_2231494.jpg
平安神宮
OLYMPUS E-420



平安神宮は修学旅行が必ず来る場所だ
案の定
一校だけだったが居た
先生らしきが生徒に

 「神宮と付く神社は天皇を祀ってるんだよ」

という説明をしていた
生徒は余所見してだれも聞いていなかったが
これは間違っている
生徒がだれも聞いていないとはいえ
間違ったことを教えてはイケナイ

平蔵は思った


 「おみくじ引きます」
 「どうぞ、筒から一本棒を引いてください」
 「引けませんねんけど」
 「それ反対向きです、わかっててやったはるんでしょ」
 「わかりますか?」
 「だいたいわかります、ほんで子ぇのとかゆお思たはるでしょ」
 「わかりますか?」
 「わたしらそんなん慣れてますから」
 「あ、そうですか、六番です」
 「はい、六番ですね、どうぞ」
 「あららららー」
 「どうしたんです」
 「ちゅ、ちゅ、中吉です」


c0120913_2265560.jpg
中途半端な中吉



 「ゆうときますけど、それスカちゃいますからね」
 「まだなんにもゆうてませんけど」
 「どうせゆわはるんでしょ」
 「まあそうですけど」
 「ここね、修学旅行やら来たら何千本おみくじ引いていくんです」
 「へぇ」
 「そんなもんね、いちいちまともに相手してられませんよ」
 「そらそうですわな」
 「中吉、けっこうやおまへんか」
 「はぁ・・・」
 「凶が出たら文句いいなはれ」
 「そうですか」
 「そうですよ」

おこられてるがなもぉ

by ikasasikuy | 2011-01-31 04:26 | カレーうどん改メ | Comments(8)
2011年 01月 30日
一澤帆布
c0120913_16412053.jpg
一澤信三郎帆布店
OLYMPUS E-420



イチザワハンプ
京都で百年以上の伝統を持つ帆布製袋物の会社である

1983年秋
 一澤信男(三代目)から三男信三郎(四代目)が事業を引き継ぐ
1996年冬
 四男喜久夫が信三郎と揉めたかして一澤帆布を退社
2001年春
 三代目の父信夫死去
 (ここから話がややこしくなる)
2001年夏
 別の仕事をしていた長男信太郎が遺言状を持って現われ訴訟を起こす
2004年暮れ
 最高裁で兄信太郎が勝訴、五代目社長に就任
 三男信三郎は解雇
 四男喜久夫は役員に復帰
 敗訴した信三郎は職人を引き連れ新会社「一澤信三郎帆布」を設立
 そのことで今度は信太郎が信三郎を商標権侵害で賠償金十三億ヱンの提訴
2009年の夏
 信三郎の妻・恵美が遺言無効確認と取締役解任の株主総会決議取消の訴訟を起こす
 最高裁まで争い兄の提出した遺言状が贋作と判明し勝訴
 再び弟の信三郎が社長に返り咲く
 しかし
 一回目の裁判のあと信三郎はすでに新会社を順調に経営しており
 兄から奪い返した「一澤帆布」の方は無期限休業とした
2009年暮れ
 兄信太郎に雇われていた一澤帆布の職人が組合を作り
 休業期間中の未払い賃金の支払いや地位確認を求め京都地裁に提訴
2010年夏
 信三郎と元従業員が和解

 長兄信太郎に加勢して役員になっていた四男喜久夫は失職したが
 新たに自分のブランド「喜一澤」を立ち上げた

血肉を分けた兄弟がなぜこれほど醜い骨肉の争いをするのだろう
まるで花田兄弟と同じじゃないか

よし
ボクが彼等にいいことを教えてやろう

 「ゼニとゴミはたまるほど汚い」

ところで
最近ゼニがたまらないと思ったら
小銭入れが破れていた
長年愛用し続けたルイヴィトンの小銭入れだ
わざわざパリの本店まで行って買ったのに

 ソウルじゃないかという指摘もある

そうだ
李泰院のミドリガメだ
マギレモナイホンモノだ
経年劣化で縫い目が破れた
いくらお金を入れてもすぐになくなってしまうはずだ


壊れたハングック製ルイヴィトン

c0120913_16433973.jpg
10年以上使ったLOUIS VUITTON
OLYMPUS E-410



八坂さんに参詣したついでに
信三郎帆布へ行った
小銭入れを買うためだ

東大路を北へ
知恩院の前に元の一澤帆布店があるが
去年の夏から閉まっている
信三郎帆布店はそこからさらに80m北だ
店内はそこそこの客入り

「小銭入れありますか」
「あります」
「この色だけですか」
「色々あります」
「ムラサキください」
「はい、2100ヱンです」


c0120913_16443020.jpg
信三郎帆布製「小銭入れ」紫色



財布から千円札を二枚出し
バッグからヴィトンの小銭入れを出すと

 な、な、なんと

破れた穴から100ヱン玉が一枚飛び出して
うまい具合に
レジのおねえさんのてのひらに
「ポン」
と乗った

 ウソをつくなという指摘もある

ウソだ


c0120913_16444127.jpg
たぶん一生使えると思う



この小銭入れ
橋爪酒店のにいちゃんに分けてもらった
二十数年前、三代目信男が作ったという集金袋とペアで使おうと思う

それから
こんどはいっぺん四男の「喜一澤」へも寄ってみよう
信三郎帆布よりより一澤帆布らしい臭いがする

  一澤喜久夫「喜一澤」開店の挨拶

by ikasasikuy | 2011-01-30 07:20 | 美術工芸 | Comments(4)
2011年 01月 29日
味味香
c0120913_234541.jpg
味味香
OLYMPUS E-420



八坂神社の並び
つまり
東大路に面してその店はあった
一年前に探索に来た折りには

 なかったはずだが・・・

と小首を傾げる平蔵であった
昨年末にカレーうどん改め方長官を退いたばかりの平蔵は
今は気軽な隠居の身である

 「甘きつねカレーうどんを頼む」
 「かしこまりましてございます」

平蔵が注文した甘きつねカレーうどんはほどなくして運ばれてきた
早くも鼻のまわりに削り節の良い香りが漂う・・・
とろみの付け具合といい
出汁の透明感とといい
これは期待が持てる


c0120913_029445.jpg

味味香の甘きつねカレーうどん(細麺)
fuji finepix z33wp



まず出汁を一口

 _u_m_u_m_u_

平蔵は瞠目した
この味はまさにカレーうどんの王道(印度と邪馬台国の融合)である
そして
麺をひとすすり
平蔵は細麺を注文していた
細麺の方がカレーうどん出汁に絡み易いからだ

 _u_m_u_m_u_

なんという円やかさであろうか
絶妙のコシと柔らかさを併せ持っている

 京にまだこんな店があったのか・・・

南禅寺門前「日の出うどん」以来の衝撃であった

聞けば創業40年だと言う
去年の夏までは木屋町で営業していたらしい
どおりで看板と暖簾に年季が入っている

カレーうどん改方時代には
なんども探索をした木屋町界隈であったが
いや

 気付かなんだ
 気付かなんだ

なんども首を捻りながらも
八坂神社の境内へ入っていく平蔵の後ろ姿は
如何にも愉し気であった




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【オマケ】 八坂神社



c0120913_0331753.jpg
八坂神社西門
OLYMPUS E-420



四条通を東に突き当たると
八坂神社である

舌と鼻腔のあたりに
まだ味味香のカレーうどんの余韻を残しつつ
八坂さんの西門をくぐる平蔵であった

八坂さんと言えば
京の夏の風物詩「祇園祭」だ
しかし
平蔵は夏の京が大嫌いである
尋常の暑さではないからだ
どんな暑さかというと

 うだる

暑さである
うだるは「茹だる」と書く
大釜で茹でられる明石ダコの気分だ
したがって
久しく夏の京を訪れていない


c0120913_034286.jpg
八坂神社本殿



スサノヲノミコトをはじめ
いろんな神さんが祀られている
詳しいことは知らないが
冬の平日にこれだけの参拝客を集められるなら
そうとう儲かっているに違いない


 「おみくじ引きます」
 「そこの筒を振って棒を一本出してください」
 「出ましたけど・・・抜けません」
 「抜けんようになってるんです」
 「なんでですか」
 「修学旅行の子が番号棒をお土産に持って帰るんです」
 「むちゃしますね」
 「ほんまにね、何番です」
 「えーと、子ぇの・・・」
 「あの、私ら忙しいんです」
 「そうですか、ほな端折っていきます」
 「そうしてください」
 「九番です」
 「はい、九番」

 「げげげー」
 「どうしました」
 「むむむー」
 「だいじょうぶですか」
 「きょ、きょ、凶です」

c0120913_0343089.jpg
スサノヲノミコトはん、凶でんがな!


 「それは残念でした、もういっぺん引きますか」
 「いや、やめときます」
 「大吉が出るまで引くひとありますよ」
 「うまいことゆうて儲けよ思てますね」
 「わかりますか」
 「わかりますよ」
 「あははー」


去年の「清荒神」以来
ほぼ一年ぶりの凶であった

by ikasasikuy | 2011-01-29 09:52 | カレーうどん改メ | Comments(12)
2011年 01月 28日
京都
c0120913_19104914.jpg
四条高倉 "LOUIS VUITTON"
OLYMPUS E-420



少しの間
京都に籠っていた
冬の京都は恐ろしく寒い
カメラを持つ手がかじかんで
シャッターがうまく切れなかったぐらいだ

同じ近畿地方なのにここは別世界である
おまけに夏があほほど暑い
よくもまあ
こんなところに大勢のひとがひしめき合って暮らしているなぁ

いつも不思議に思う

だいたい
桓武天皇が奈良から京都に都を遷したのが失敗の始まりだ

 奈良も大差ないという指摘もある

冬の京都のいいところは
観光客が少ないことだ
とくに修学旅行が少ないのがいい
修学旅行は大嫌いだ
五月蝿いのだ

 きゃーきゃーきゃーきゃー
 ぎゃーぎゃーぎゃーぎゃー

かたときも口を閉じていない
かたときもじっとしていない
うんざりするほど
鬱陶しいのだ

 きゃーきゃーきゃーきゃー
 ぎゃーぎゃーぎゃーぎゃー

文部科学省は修学旅行を禁止すべきだ


c0120913_10582839.jpg
南座



冬の京都は観光客が少ないとはいえ
まったくいないわけではない
むしろ
他府県の観光地のピーク時を上回る観光客が来ている
しかも
外国人観光客が多い
昔は欧米人が多かったが今はちがう
聞こえてくるのは中国語とハングルだけなのだ
ニッポン語はまず聞こえてこない
ニッポン人も居るはずなのだが
声が小さいか無口だ
それに比べて中国人の声は大きい

大きいなどという生易しいものではない

 バカデカイ

すぐ横に居るひととしゃべるのに
30メートル四方に聞こえる大声なのだ
それが五六人も居れば100人ぐらい居るのかと思うぐらい響き渡る
こんな国を相手にするのだから
対中国外交はしんどいにちがいない

法務省入国管理局は
中国人観光客の口にボリューム(音量調節装置)を取り付けるべきだ


c0120913_10553672.jpg
寒鮠釣り(四条大橋下)



このクソ寒い中
釣りをしているひともいる
ご苦労様なことだ

寒バエ釣りだ
その釣れない釣りを
じっと見ているひともいる
よくせきヒマなのだろう

 オマヱもじゃないかという指摘もある

見ている間に
ハエは一匹も釣れなかった

それでも寒鮠師たちは
鼻水を啜りながら小さなアタリに神経を集中し
ほんの僅かな変化をも見逃さない気構えで目印を凝視する
なぜなら
水中に輝く鮠の銀鱗をひと目見たいがためである
いや
ご苦労様なことである


c0120913_10401281.jpg
夕闇迫る鴨川の二条の橋の上から下流を見る




鴨川の 川面に鴨が 背を丸め  どろ



by ikasasikuy | 2011-01-28 14:32 | 大衆社会学 | Comments(4)
2011年 01月 26日
狐火
c0120913_21474935.jpg
Foxfire "Wind Stopper Denim"
OLYMPUS E-410



フォックスファイヤーのシーンズ

 "Wind Stopper Denim"

風を通さないらしい
タイカブに乗って
寒鮒釣りに行くのにちょうどよい

 寒鮒釣りなんかしないクセにという指摘もある

このシーンズ
革パッチが無地だ
ふつうはメーカーのロゴとかヱが描いてあるのだか
何も描かれていない
ということは
好きなように描けということか・・・

 描いてみた

DOZさん
どうこれ?





  狐火の勇五郎
   鬼平犯科帳に登場する盗賊
   お勤めの三箇条を頑に守る本格の盗人
   密偵おまさは二代目狐火の勇五郎を平蔵を裏切ってまで恋慕う





ちょっといまから

by ikasasikuy | 2011-01-26 02:43 | 服飾総論 | Comments(10)
2011年 01月 25日
wandering kobe
c0120913_197127.jpg
神戸
OLYMPUS E-420



久しぶりに神戸を徘徊する

元町で降りて
服の袖を直してもらいに「AOKI」へ行く

もうお昼やのにシャッターが閉まってる
どゆこと?

 げ・げ・げ・月曜定休やんか

ちゃんと定休日調べてから来なあかんわ


とりあえず
珈琲一杯飲んで
お昼過ぎ
「丸玉食堂東店」へ行く

なぜかシャッターが閉まってる

 げ・げ・げ・月曜営業のはずやねんけどなぁ

おかしいなぁ・・・
すでに口は餃子とビールになってるのになぁ・・・
しかたがないので
駅まで戻って「台湾淡水軒」へ行く
ここの餃子はほんまに・・・
 まちごぉても「Hたん」や「Aまん」や「Gえん」へは行かへん


神戸の町を

 ぶらぶらぶらぶら
 ぶらぶらぶらぶら

あっちへ寄ったり
こっちへ寄ったり

 ぶらぶらぶらぶら
 ぶらぶらぶらぶら


さて
本日のメインエベント
幕末絵師貞秀展を観に
「神戸市立博物館」へ行く

入り口が閉まってる

 げ・げ・げ・月曜休館やんか




【本日の徘徊コース】

仕立て直しのAOKI(月曜定休日)
 ↓
DOUTOR COFFEE(ブレンド小)
 ↓
丸玉食堂東店(木金が定休日のはずやのに・・・)
 ↓
淡水軒(餃子&ビール)
 ↓
元町商店街
 ↓
ゑん(妻にショルダーバッグを買う)
 ↓
南京町(普洱茶を買いに行ったが結局何も買わず)
 ↓
神戸市立博物館(月曜休館日)
 ↓
UNIQLO(スエットパンツを買いに行ったが結局何も買わず)
 ↓
皆様食堂(関東煮&芋焼酎ロック)
 ↓
MIEL(UFOマンゴー&コーヒー)



by ikasasikuy | 2011-01-25 07:53 | 大衆社会学
2011年 01月 24日
青い空と白い雲、緑の山と稲穂の金
c0120913_195842.jpg



West Coast Blues
Blind Blake (1926)



道は山に向かってまっすぐに

 どんどんどんどん
 どんどんどんどん

続いていた

 どんどんどんどん
 どんどんどんどん

どこまでも続いていた

ボクらは
山に向かって

 どんどんどんどん
 どんどんどんどん

歩いていくと
きれいな池に出た
ボクらはそこで魚釣りをした





  奥にそびえる尖った山は「戸神山」である


by ikasasikuy | 2011-01-24 08:26 | 農学 | Comments(6)
2011年 01月 23日
塀の中
c0120913_130932.jpg
熊本城竹の丸長塀
OLYMPUS E-420



熊本城竹の丸の長い練塀
内側から見ると随分低い塀に見える
しかし
外側は深い堀になっていて
断崖絶壁のように聳えたっている
忍者以外は内部に侵入できない仕組みになっているのだ

 お殿様は塀の中で外敵から身を守り
 何をしようとしていたのだろう

戦で功をなし一国一城の主人となった加藤清正だが
もし戦のない世に生まれていたなら
もっともっと凄い人物になっていたと思う

建築家
科学者
芸術家
動物学者
哲学者
格闘家

少なくとも
サルの家来などではなかったと思う

by ikasasikuy | 2011-01-23 08:24 | 建築学
2011年 01月 22日
初カレーうどん
c0120913_18154174.jpg
元旦の大和
OLYMPUS E-420



初詣の帰りに
冷えた体を温めようと寄ったら
このとおり
閉まっていたのだ

「謹賀新年」の横に
4日から営業と書いてある

そんなわけで
だらだらとのびにのび
正月二十日
やっと今年の初カレーうどん
である


c0120913_18175017.jpg
カツカレーうどん
fuji finepix z33wp



この出汁
こってりにみえるが
案外さらっとしていて
イリコとカツオがよく効いている
じつにヱヱ塩梅なのである

カウンターだけの
10席あまりの小さな店だが
朝の9時から夜中の12時半まで開いている
駅前ビルの1階にあって
タクシー乗り場の真ん前だ
終電で帰ってきて
タクシーに並ぶ前にちょっと一杯(うどん)
こんな便利な店はなかなかないのである


c0120913_1351698.jpg



大和のお品書きを極秘裏に入手した
それによると
カレーうどん660ヱンに対して
カツカレーうどんは820ヱンである
つまり
差額は160ヱンだ
一口カツが4つ乗っている
割り算ができるひとならもうお分かりかと思うが
一口40ヱンの一口カツである
これがなかなかうまい

そんなことより
この一口カツ
注文を聞いてから揚げるのである
天ぷらうどんのエビ天は揚げ置を乗せるだけだ

 それがどうしたと言われても・・・

ところで
カツカレーうどんより100ヱンも高いカチン天うどんて・・・

by ikasasikuy | 2011-01-22 08:02 | カレーうどん改メ | Comments(6)
2011年 01月 21日
明倫小学校
c0120913_22334685.jpg
京都市立明倫小学校
室町通蛸薬師下ル山伏山町
OLYMPUS E-410



子供の頃
毎日通った小学校である

 ウソをつくなという指摘もある

わはは
ウソだ
前を通っただけだ

京都市立明倫小学校

 「明倫」というのは孟子の教えに関係があるらしい

詳しいことは知らない

明治2年開校
平成5年閉校
現在は京都芸術センターになっている
建物は昭和6年に改築され
今もそのままの状態で使われている
つまり戦前の建物だ

c0120913_1194337.jpg

こんど
暖かい日を見計らいつつ
京都のうまいうどんでも食べがてら
ゆっくりのぞいてみることにしよう

 うどんのついでかよという批判もある

by ikasasikuy | 2011-01-21 09:00 | 大衆社会学 | Comments(2)