<   2011年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2011年 10月 31日
ギンガメアジ属
c0120913_2251455.jpg
スズキ目 アジ科 ギンガメアジ属 ロウニンアジ
fuji finepix z33wp




 去年は淡路の古茂江で1匹
 一昨年は沖縄の馬天で1匹
 その前は愛媛の北灘で1匹

という具合に
三年間で3匹釣った
つまり年に1匹だけ釣る死滅回遊魚である

ところが
こないだ四国で32匹も釣ってしまった
たった二日間で一生分を釣ってしまったことになる


ところで
だれがそう呼びはじめたのか
ギンガメアジ属の幼魚、若魚を総じて

 「メッキ」


呼ぶ
鍍金をしたような魚体だからだろう
しかし
それぞれちゃんと名前があるし
それぞれ異なった特徴を持っているのに
なぜ釣り人はこんなジッパヒトカラゲな呼び方をするのだろう
釣り人としても
生物分類学上からも
きわめてお粗末な呼び方だと思う


ギンガメアジ属には
概ね以下のような魚がいる

 ギンガメアジ(銀河目鯵)
 ミナミギンガメアジ(南銀河目鯵)
 ロウニンアジ(浪人鯵)
 カスミアジ(霞鯵)
 オニヒラアジ(鬼平鯵)
 クロヒラアジ(黒平鯵)
 カッポレ

などだ
そこでボクは密かに
ギンガメアジ属のことを

 "Children of the galaxy eye mackerel species"

と呼んでいる

 呼びにくいという指摘もある

まあ
面倒臭いというひとは
メッキと呼んでいただいて一向に差し支えない


 死滅回遊魚
  海流に乗って本来の分布域以外の場所に移動し
  その場所に適合せず(冬期の低水温等)死滅する魚のこと
  ただし
  死滅回遊は単なる無駄死にではなく
  新たな生息地を拡大させるための模索行為と言える


by ikasasikuy | 2011-10-31 06:59 | 釣り文化総論 | Comments(21)
2011年 10月 30日
湾岸バトル2011・熱湯甲子園
c0120913_23572247.jpg
K子園浜
fuji finepix z33wp



湾岸バトル2011
である
今回は参加者14名と
大会史上最少催行人員となった
つまり

 少数精鋭

ということだ(と思いたい)
往時は
大会参加者で浜を埋め尽くすほどの賑わいだったが
栄枯盛衰は世の常
今となっては
パリーグの消化試合のような寂しい大会になっている

満潮19時53分
大潮後の中潮でまずまずの潮回りだったが
日が暮れると同時に風が熄んで
シャローレンジのスズキ釣りには
きわめて悪コンディションとなった

 風が吹いたらスズキ釣師が儲かるK子園浜

だが
これではさっぱりなのである

そんな状況の中
見んごと優勝を決めたのは
老練老獪
わがラドン奥村師匠であった
やや小振りの53cmながら
断トツの優勝であった

本人は3回目の優勝と言っておられたが
じつは
1994、1998、2002に続く
4回目の優勝であった(大会記録部調べ)
これで優勝回数でも3回のヱンドレス森下を抜き去り
単独首位となった

というわけで
ほんとうはここで
優勝魚をぶら下げて微笑んでいるラドン師匠の冩眞を掲載するはずだったが
冩眞を撮ろうと思ったときはすでにリリースしたあとで
記念撮影の機会を逸したのであった
(もしかしたら現場に居合わせた中川氏が撮影に成功しているかもしれない)

しかたがないので
スズキをぶら下げているラドン師匠のかわりに
師匠が試食にとわざわざ河内長野から持参された
「みそカツソース」と「串カツ」の冩眞を載せておくことにする

c0120913_110117.jpg

お味の方は
まったりまろやかで
とってもナゴヤンな風味だった
ゾンさんが推奨するパロマソースとは大違いであった




------------------------------------------------------------------
ソルトウォーターコンペート(湾岸戦争)歴代優勝者
-------------------------------------------------------------------
 年   Winner   所属        年.月.日
1988 松下健二 神戸ニグ&サックス 1988.11.12
1989 寺崎 斉 大阪JLA オールスターズ 1989.11.12
1990 御堂健也 神戸ニグ&サックス 1990.11.18
1991 木下 修 神戸ニグ&サックス 1991.11.19
1992 山本恒孝 神戸ニグ&サックス 1992.11.8
1993 川上 誠 神戸ニグ&サックス 1993.11.14
1994 奥村明信 大阪JLA オールスターズ 1994.11.13
1995 松下健二 神戸ニグ&サックス 1995.11.14
1996 森下康仁 神戸ニグ&サックス 1996.11.10
1997 森下康仁 神戸ニグ&サックス 1997.11.22
1998 奥村明信 大阪JLA オールスターズ 1998.11.1
1999 福井克快 神戸ニグ&サックス 1999.10.24
2000 吉岡吉男 大阪JLA オールスターズ 2000.11.19
2001 木下 修 神戸ニグ&サックス 2001.10.21
2002 奥村明信 大阪JLA オールスターズ 2002.10.9
2003 森田勝己 神戸ニグ&サックス 2003.10.25
2004 真砂隆伸 神戸ニグ&サックス 2004.10.16
2005 高階 学 大阪JLA オールスターズ 2005.10.30
2006 矢野貴雄 大阪JLA オールスターズ 2006.10.21
2007 森下康仁 神戸ニグ&サックス 2007.10.20
2008 田中 勝 大阪JLA オールスターズ 2008.10.25
2009 なし   引き分け 2009.10.24
2010 井上 隆 神戸ニグ&サックス 2010.10.23
2011 奥村明信 大阪JLAオールスターズ 2011.10.29
-------------------------------------------------------------------
近畿6府県の内
大阪、奈良、和歌山は大阪JLA オールスターズ
兵庫、京都、滋賀は神戸ニグ&サックスの所属とする
さらに近畿以東を大阪、以西を神戸とする
-------------------------------------------------------------------

 この結果
 大阪の9勝14敗1引き分けとなった
 ボク一回も優勝してへんやん

-------------------------------------------------------------------
 優勝回数順位
-------------------------------------------------------------------
 1位 奥村明信・・・4回
 2位 森下康仁・・・3回
 3位 松下建二、木下修・・・2回
-------------------------------------------------------------------

ボクはというと
スズキを釣る前にチヌ(キビレ)もいわしてやろうと
大会が始まる2時間前から浜に来て
ポッパーを投げまくったのだが

 アタリの「ア」の字も
 キビレの「キ」の字も

なかった
もちろん大会でも

 アタリの「ア」の字も
 スズキの「ス」の字も

なかったことは言うを待たない
ああ・・・

c0120913_7463479.jpg

泥水本舗疑似餌製作所製
桐製茅渟専用ポッパー「ピクチーヌ」

これ
なかなかヱヱ音出るのだがなぁ・・・

by ikasasikuy | 2011-10-30 07:50 | 釣魚小全 | Comments(11)
2011年 10月 29日
日乃出
c0120913_1234754.jpg
Sunrise 6:13am 27 oct.
OLYMPUS E-410



寝る前に水分を摂りすぎると
朝はやく目が覚める
窓を開けると
今まさに
日が昇ろうとするところだった
慌ててカメラを手にして
トイレをがまんしつつ
ボケた網膜でファインダーを覗いていると
すぐに

 出た!

日の出だ
雲がないので
生駒の山の端から
直に真っ赤なお日様が顔を出している
まるで生まれたての赤子のようだ
すばらしい夜明けである

 早起きは三文の徳

木、金、土と
これで三日続けて
雲もなく風もなく穏やかな天気が続いている
これは木曜の早朝に撮った冩眞だが
昨日の朝も
そして今朝も
まったくこれと同じ日の出を見た
ということは
三日続けて早起きをしているのである
つまり
つごう「九文の徳」があったことになる
江戸時代は屋台のうどんが一杯十六文だったらしい
あと七文か・・・


c0120913_19532229.jpg
 お日様が顔を出す30秒ぐらい前


c0120913_1501032.jpg
 お日様が顔を出してから1分後


太陽の位置が一直径分移動するのに2分かかる
夕方
山の端に西日がかかると
2分後には日が沈む

  うそじゃありゃせんほんまじゃで

by ikasasikuy | 2011-10-29 07:52 | 天文学 | Comments(2)
2011年 10月 28日
気が向いたらプラグ作り(おまけ篇)
c0120913_9241821.jpg
Muddy Waters "BANANA" Inlay
Balsa, 90mm, 8.0g, Hooks#6



チンドンスティックを作ったついでに
バルサでバナナを一本だけ作った
モナカ式に左右対称のボデーを作ってから
ステンレス線でアイを作ってウエイトといっしょに挟む
ボデーの接着は瞬間接着剤だ
昔流行ったハンドメイドミノー「HMKL」の手法だ

 「餌より釣りたい」
 「餌でいいぢゃん」

塗装は
黒のうるしを4回塗ったあと
メキシコアワビを貼ってからウレタンに4回漬けただけが
とても上品な仕上がりだ

 自分で言うなという指摘もある

貝を貼る細工を「インレイ」という
古い日本語では「螺鈿」だ
「螺鈿」は「らでん」と読む
「らどん」はボクが尊敬している釣りの師匠だ

さてこのバナナ
何釣りに使うかは決めていない
ひとに訊かれたら

 「魚釣り」

と答えることにしよう

 好きにしろという声もある

まあ
小バスとか
小スズキとかにいいかもしれない
ブリやシイラはむずかしいような気がする
ホンマグロやシロナガスクジラは無理だと思う
ほかにもたとえば・・・

 もういいという声もある

8グラムなのであまり飛ばないところが奥ゆかしくていい
なにしろ
小物釣師は「奥ゆかしさ」が命だ
慌てず、騒がず、欲張らず
いつも平然と、淡々と、粛々と
かつ
やや遠慮がちに釣りをする
これだ


c0120913_9244011.jpg



結局チンドンスティックはすべて失敗し
これだけが残った
これだけ残ってもなぁ・・・

ああ
夕べも飲み過ぎた
今朝はお粥にしよう

by ikasasikuy | 2011-10-28 06:23 | 漁具概論 | Comments(6)
2011年 10月 27日
悲しいお知らせ
c0120913_3165760.jpg
在りし日のぜにや本店
fuji finepix z33wp




 おっ!
 「ぜにや」の店先にかっこヱヱ自転車
 これ"DAHON"やん
 オレンジ色がしぶいなぁ・・・
 だれのんやろ
 ひょっとして店の客のんかなぁ


悲しいお知らせである
ジャンジャン街の「ぜにや」が店を閉めた
あのボブサップが串カツを食べたあの「ぜにや」がである
理由は推して知るべし
同じ並びの「八重勝」や「てんぐ」は連日長蛇の列だが
そんなときでも「ぜにや」は空いていた
おかげで好きなときに好きな席に座ってゆっくりできたのに
残念である
きわめて残念である

支店へ行ってみた
やっていた
店の兄ちゃんに聞いたら
これからは支店だけでやっていくそうだ
よかった
支店まで閉められたら
もうボクの新世界は死んだも同然だ
それに
本店より支店の方がはるかに広いし
客も三倍ぐらい入れるし
路地の奥にあって目立たないし
けど
本店がなくなっても
支店と言うのだろうか・・・

とりあえず
よかった

by ikasasikuy | 2011-10-27 06:13 | 食文化論 | Comments(17)
2011年 10月 26日
千日前
c0120913_12244328.jpg
天龍山法善寺
fuji finepix z33wp




「おみくじ引きます」
「その筒を振って棒を一本出してください」
「出ませんけど」
「逆さまです、あなたこの前もおなじことゆうてましたね」
「おぼえててくれたんですか」
「おぼえたくなかったんですけど」
「そうですか」
「穴のあいた方を下にしてください」
「出ました」
「何番ですか」
「えーと、四角です」
「なんです?」
「四角です・・・ほら」
「それ、漢数字の四です」
「よんですか」
「そうです」
「ほな▲やったら三番ですか」
「そんなんありません」
「そうですか」
「はいどうぞ、百円です」
「安いですね」
「そうですか」
「最近二百円のとこ多いです」
「うちは当分値上げしません」
「そうですか」
「そうですよ」
「ひいきにします」
「ありがとうございます」
「うっわー」
「どうしたんですか」
「スカです」
「おみくじにアタリとかスカとかありません」
「そうですか」
「そうですよ」
「でもヨシナカバンヨンダイですよ」
「それ逆です、左から読んでください」
「ダイヨンバンナカヨシ」
「だいたいおおてますけど、ナカヨシやのぉてチュウキチです」
「チュウキチですか」
「大吉の次に良いくじとされてます」
「そうですか」
「そうですよ」




千日前の由来
江戸時代このあたりに刑場があって
処刑された罪人の霊を慰める千日念仏を法善寺と竹林寺で行ったことから
この二寺を千日寺と呼ぶようになり
寺の前を「千日前=せんにちまえ」と呼ぶようになった
明治以降は刑場はなくなり繁華街となったが
江戸時代から現在に至るまで幾度となく大火に見舞われている土地である

むかしABCラジオで聞いたことがあった
真面目なラジオ番組だったので間違いないと思うが
いまネットで検索したら他にも諸説があるようだ
最近はなんでもネット検索で知識が得られる
便利といえば便利だが
ちょいちょい「?」な解説もなくはない
特に「誤字、脱字、逸字」があると一気に信憑性が薄れる


法善寺横丁に「醍醐」というモツ鍋屋がある
この店の味がボクは好きだ
ホルモン焼きは昔から大阪にあった食べ物だが
モツ鍋は近年九州博多から伝わった新しい味である
これもあと何年かすれば大阪の味の一つになるような気がする
ミナミのこのあたりは大阪でもモツ鍋屋が多いエリアである

肉食文化後進国のニッポンでは
長い間内蔵肉は捨てるもの(=ほるもん)だった
しかしニッポン人もようやく内蔵肉のうまさに気付きはじめた
そうなると需要が増大し内蔵肉の価格が高騰する
事情は異なるが鯨肉も同じだ

昔は貧乏人しか食べなかったクジラが
いまは金持ちしか食べられない
需要が供給を上回っているからだ
ぽーるくんによると
"Patagonia"はシーシェパードを支援し献金しているらしい
鯨を食べたかったらパタゴニアは買わないことだ
ぽーるくんは
パタゴニアのダウンベストを着て鯨のベーコンを食べていた
干支を聞いたら「コウモリです」と言っていた

法善寺の近くに「徳家」という鯨料理の老舗がある
女将の大西睦子氏は鯨食文化を守るため単身反捕鯨国と戦っている
徳家のハリハリ鍋は有名だ
ボクも二度だけ食べたことがある
天然トラフグのてっちりほどではないけれど
それでもけっこう高価な料理である
この店へハリハリ鍋を食べに行くときは
パタゴニアを着ていくのはやめておいた方がいい

 結局なにが言いたいねんという指摘もある







c0120913_1931288.jpg

ラグビーワールドカップが終わった
やっと終わったという感じだ
会期はひと月半
長過ぎるワールドカップな気がした
それというのも
わがニッポン代表が
予選プール最下位で早々と敗退帰国したからだ

決勝戦は
ニッポンと同じ予選プールのプール1位と2位
つまりのNZとフランスが世界一を掛けて決勝戦を戦うことになった
予選ではNZが37−17でフランスに圧勝した
決勝もそれぐらいのスコアなるだろうと思っていた
特に地元NZ人はみな「楽勝」と思っていたにちがいない

ところが
決勝戦はベツモンだった
下馬評などなんの意味も効き目もなかった
フランスは想像以上に強かった
粘りに粘って最後まで1点を争う熾烈なゲーム展開となった
まさに手に汗握る展開だった
勝敗を決したの
フランスン反則によるペナルティゴールだった
結果は8−7
NZは薄氷を踏む思いで辛うじて世界一になった

レフェリーの笛がどうのこうのという声もあるが
こんな弱いNZをみたのは久しぶりだ
トンガに負けたフランスにたじたじという感じだった
2019年のワールカップはニッポンで開催される
もしかしたら
ニッポンもNZに勝てるようにな気がしてきた

 もちろん気がしただけだ


by ikasasikuy | 2011-10-26 08:06 | 宗教民俗学 | Comments(22)
2011年 10月 25日
いつもの川 其の六十(ぽーるくんタナゴ釣る)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます


by ikasasikuy | 2011-10-25 07:32 | 釣魚小全
2011年 10月 24日
気が向いたらプラグ作り5(挫折編)
c0120913_9181252.jpg
#1/0フックを取り付けたら完成(1.5oz, 42g)



螺鈿のチンドンスティックを仕上げる

貝の欠片を貼付けてから
ウレタンに4回どぶ漬けした
手で触ると貝を張った部分が盛り上がって凸凹だが
これをフラットにするにはあと10回ぐらいどぶ漬けしなくてはならない
そうすると重くなって浮き姿勢のバランスが狂うので凸凹のまま出来上がりとする
あとはリグ組をしたら出来上がりだ

 ビーズ
 真鍮釘
 木ネジ
 鳩目
 ヒートン
 ワッシャー
 口椀(マウスカップ)
 鈎


c0120913_912111.jpg
目玉を付けたところ(調子に乗って貝を貼りすぎた)


木螺子は口椀がカチカチ当る部分にねじ込む
ヒートンは長短2本づつを使う
口椀は1mm厚のアルミ板を切って作る
ワッシャーは口椀の前後に1〜2枚づつ使う
可動部分の動きを見ながら枚数を調整する







#1/0フックをセットして
水に浮かべてみた
駄目だった
浮子姿勢が駄目だった
ウレタンのどぶ漬け回数のモンダイではない
もちろん
リグやウエイトは設計図通りだ
モンダイは素材そのものの浮力だった
カツラ材をタモ材に変えたのがイケナカッタ

 カツラの比重・・・0.49
 タモの比重・・・0.55

わずか 0.06のちがいなのだが・・・
もっと真剣にカツラ材を探すべきだったと反省している今日この頃である

そして
一日遅れで完成した "P61 Special Production"

c0120913_2031933.jpg
Muddy Waters "Ching Dong Stick" P61 Special Production
OLYMPUS E-410



"P61" はどぶ漬け回数は1回だけだだったが
同じく浮き姿勢が
駄目だった

ああ
やり直しだ
やり直しだ

そんなわけで
年内完成は絶望的になったことは言うを待たない






 タモ材を燃えるゴミで処分した
 カツラ材を注文した
 ついでにヒノキ材も買った
 ヒノキの比重は 0.43 だ
 思ったより軽い
 たしか "Top Water Junky" もヒノキを使っているはずだ
 それにヒノキは削るといい匂いがする
 そういえばこないだヒノキのまな板を買った
 新しいヒノキはいい匂いがする
 台所においているだけでいい匂いがする
 そうそう
 檜風呂のあの匂いだ
 わが家では台所で風呂に入れるのである

   入れないという指摘があることは承知している

 よし
 こんどは
 ヒノキ・チンドンスティックだ!

   仕事は遅いクセに立ち直りは早いという声もある

 さて
 これからタナゴとナマズを釣りに行くかな

by ikasasikuy | 2011-10-24 07:03 | 漁具概論 | Comments(6)
2011年 10月 23日
Osaka Rhapsody

c0120913_161154.jpg
OSAKA HANABI
fuji finepix z33wp



  大阪ラプソディー

          山上路夫


  あの人もこの人も漫ろ歩く宵の街
  どこへ行く二人連れ御堂筋は恋の道
  映画を見ましょかそれともこのまま
  道頓堀まで歩きましょうか
  七色のネオンさえ甘い夢を唄ってる
  宵闇の大阪は二人連れ恋の街




約二日半

 よく飲み
 よく食べ
 よく笑った


【徘徊コース】
 「大阪城」→「北サンボア」→「Vin樹亭」→「ザ・テンプルバー」→「大阪はなび」→「だるま堂」→「伊吹珈琲」→「一芳亭」→「千日前道具屋筋」→「かどや」→「法善寺夫婦善哉」→「アラビヤ珈琲」→「依屋文左衛門」→「ぜにや」→「北サンボア」→「ザ・テンプルバー」→「マグロ屋・鉄」



c0120913_16163287.jpg
KITA SAMBOA
fuji finepix z33wp



なべちゃんたちは
こんなふうな笑顔で
元気に仙台へ帰っていった

がんばろう東北
がんばろうニッポン

by ikasasikuy | 2011-10-23 07:55 | 大衆社会学 | Comments(6)
2011年 10月 22日
星トンボソース
c0120913_1952533.jpg
星トンボソース
OLYMPUS E-410



「お好み焼きソースのことは知らないが
  たこ焼きソースなら星トンボに止めを刺す」

と豪語し吹聴して回っている男が居るらしい
わが家はずっとたこ焼きソースは(も)ヒシウメである
それなのに
そんなことを聞くと気になるじゃないか
というわけで
買ってきた

大阪では
どこの家にも一枚や二枚
タコ焼き専用の鍋があるらしい

 「ほんまやろか」

と調べてみると
ほんまだった
子供のいる家庭には必ずたこ焼き鍋がある
わが家には子供は居ないがたこ焼き鍋が二枚ある
一枚は電気でもう一枚は都市ガス用だ
すこし前までは鍋単体のも一枚あった


さて
星トンボである
東大阪で作られている
東大阪といえば
モノ作りの原点の町
東大阪の優れた技術が
大阪の産業を支えているのだ
らいへん期待ができる

例によってテイスティングだ
ティースプーンに取って舐めてみる

 _u_m_u_m_u_

なんだこれは
舌先がヒリヒリするぞ
香辛料か・・・
続けてヒシウメを舐めてみる

 _u_m_u_m_u_

やっぱりこの味だ
このまったり感は何ものにも代え難い


さっそくたこ焼きを焼いてみる
わが家は明石ダコが安定して供給される環境なので材料には事欠かない
粉は最近はたこ焼き専用の粉を使っている
いろいろ調合せずにほぼ期待通りのたこ焼きが焼けるからだ

c0120913_2358429.jpg

焼き上がったたこ焼きに星トンボを塗って食べてみる
案の定
ヒリヒリ感が舌先から口の中全体に広がってくる
ダメだこりゃ
続けて
ヒシウメタマリソースを塗ったたこ焼きを食べてみる
うまい




【結論】
 星トンボとんかつソースはやっぱしとんかつに合うソースやと思う
 ちゃんと「とんかつソース」て書いてあるやんか・・・ヨコヤマ


by ikasasikuy | 2011-10-22 07:59 | 日本地ソース学会 | Comments(21)