<   2012年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2012年 09月 30日
大江戸鯊爆釣記
c0120913_2127168.jpg
江戸川放水路
OLYMPUS E-410 with Zuiko D25mm F2.8



東京に着くと
どずさんから電話
悲しいお知らせだと言う
東京湾に青潮が発生して全く釣りにならないらしい
釣宿の伊藤遊船も釣れないのでここのところ休業しているそうだ

 青潮・・・?

なんだそれは
赤潮なら知っているが
青潮とはなんだ
青春とはなんだ

 ネタが古すぎるという指摘もある

たしかに・・・

【青潮】
 海水に含まれる硫黄がコロイド化し、海水が白濁する現象である。
 夏~秋に東京湾で多く発生することが知られている。
 赤潮と同様に魚介類の大量死を引き起こす事がある。


だいたい大阪湾にはない潮だ

思って調べてみたら
青潮は「苦潮(にがしお)」のことだった
それなら大阪湾でもちょいちょい発生している
北風が吹いて海表面の海水が沖に流され
海底の無酸素状態の海水が海表に現れる
いわゆるターンオーバーだ
そうか・・・
にがしおか・・・


干潮9時13分
朝から昼過ぎにかけての上げ潮が狙い目である
午前8時
妙典駅からとぼとぼ歩いて江戸川へと向かう
土手を這い上がって川をのぞくと

 うわっ

なんじゃこりゃ
真っ青だ
澄んだ青ではなく濁った青だ
つまり青白い青である
iMacのボンダイブルーというより
G3Macの青白だ

 ネタが古くさいという指摘もある

たしかに・・・

大阪湾の苦潮よりずっと青い・・・
こういうのは初めて見た
硫化水素の毒々しい臭いが河原にまで立ちこめている


伊藤遊船へ行くと
「やっても無駄だからやめた方がいい」
と言う
ほかの客は
「じゃあ、また来る」
と引き上げていく
近所の釣人なら兎も角
こっちは飛行機に乗って鯊を釣りに来ているのだ
そう易々とは引き下がれない
駄目元でボートを借りて川に出る

ポイントに着くと
他所のボート屋から出ている釣り人が一人だけだ
3年前の同じ時期に来たときは
辺り一面すき間なく釣りボートが浮かんでいたのだが・・・
伊藤遊船の船頭が先客に様子を聞くと
釣れたようなことを言っている

 ほんまか・・・

少し期待しつつやってみる

釣れない
まったく釣れない
臭いが臭い
前の臭いは「におい」で後の臭いは「くさい」と読んでほしい
したがって
「においがにおい」でも
「くさいがくさい」でもない
この臭いは硫黄臭だ
腐った茹で玉子にかぶりついたときの臭いだ
深呼吸すると吐き気がする
水面には死にかけの魚や蟹が浮きあがってくる
手づかみで捕まえる
川底でアサリだろうか餌の青イソメを食う
イキモノは居るがみな死にかけだ
ボラやセイゴやエイの子供が流れていく
そして
鯊のアタリがない


c0120913_21435174.jpg
マテガイ/メゴチ
ワタリガニ/アサリ?



釣り始めて1時間
アタリの「ア」の字も
ハゼの「ハ」の字もない
よし
あきらめることにしよう
あっさりあきらめることにした
撤退だ
勇気ある撤退だ


鯊釣りは
釣れるときはアホみたいに簡単に釣れるが
釣れないときは何をやってもまったく釣れない
そういうときは
いくら頑張ってもダメだ
さっさとあきらめるに限る

しかし
先客のおじさんは
ボクらが引き上げた後も黙々と竿を振っていた
釣れようと
釣れまいと
心静かに糸を足れる
それもまた釣りなのであろう・・・

帰るとき
伊藤遊船の女将さんが
ボクらを気の毒がって手土産を持たせてくれた
年齢は不詳だがものすごい美人だ
おそらく江戸で一番の美人だとボクは思う

by ikasasikuy | 2012-09-30 08:40 | 釣魚小全 | Comments(4)
2012年 09月 29日
江戸四
c0120913_126298.jpg
深川不動堂



_t_a_l_k_t_o_m_y_s_e_l_f_















江戸前とは東京湾のことを言う
去年、一昨年と夏に多摩川の右岸でデキ鯊を釣っている
右岸は川崎市になる
「江戸前」という言い方で言えば千葉でも神奈川でもいいわけで・・・

by ikasasikuy | 2012-09-29 07:46 | 大衆社会学 | Comments(10)
2012年 09月 28日
江戸三
c0120913_1235379.jpg
仙台堀



_t_a_l_k_t_o_m_y_s_e_l_f_















たとえば
深川の仙台堀で釣れば
「江戸で鯊を釣った」と言えるのだが
江戸川放水路で釣っても江戸でとは言えない

by ikasasikuy | 2012-09-28 07:52 | 大衆社会学 | Comments(0)
2012年 09月 27日
江戸二
c0120913_1195188.jpg
江戸川の鯊



_t_a_l_k_t_o_m_y_s_e_l_f_















颱風18号が東京湾を目指して接近中らしい
今日は朝から江戸川で鯊釣りだ
このヱは3年前に初めて釣った江戸の鯊である
と言っても江戸川放水路は千葉県で・・・

by ikasasikuy | 2012-09-27 07:51 | 大衆社会学 | Comments(4)
2012年 09月 26日
江戸一
c0120913_7562747.jpg
小名木川 萬年橋



_t_a_l_k_t_o_m_y_s_e_l_f_













ちょっと江戸へ鯊を釣りに行く
画像は今年の春に撮った小名木川の萬年橋のヱだ
この橋の下にも鯊はいるはずで・・・

by ikasasikuy | 2012-09-26 07:55 | 大衆社会学 | Comments(6)
2012年 09月 25日
Mizuki Kei in Juso
c0120913_1322933.jpg
演歌歌手
Sony Ericsson Experia



十三夜会の前に
いつものランズへ珈琲を飲みにいくと
商店街の恵比須堂の前に黒山の人だかり
なんだろう?
と、のぞいてみると
若手演歌歌手がキャンペーン中だった
こういうのは大阪ではよく見る光景である
しかし

  水木ケイ・・・?

きいたことがない
若くて歌が抜群に上手い

美人ではない
美人ではないが
アイドル歌手じゃないんだから
演歌歌手はヘタに美人よりこういう顔がいい
笑うととても愛嬌があって可愛いし
でも
売れるだろうか・・・
今日初めて見て知った歌手だが
がんばって美空ひばりを越えてほしいと思った

カメラを持ってなかったので
ソニーのガリクソンで撮った
撮った写真はひどいピンボケだ
いまどき
どんなにヘタに撮ってもこんな写真は撮れないというぐらいひどい写真だ
これで最新式の携帯電話だという
信じがたい・・・

実物はこんな感じだ





さて
十三夜会はいつものレギュラーメンバー
西区アオシマ、ゾンビ正人、ごるご13
もちろん釣りの話で盛り上がりっぱなしだ

ガリクソンで
鳥元の皮の串焼きを撮ってみた


c0120913_16393.jpg
鳥元の皮の串焼き
Sony Ericsson Experia



ひどいピンボケだ
どうやったらこんなひどい写真が撮れるのだろうというぐらいひどい写真だ
じっと見ていると気分が悪くなってくる
どれぐらい気分が悪いかということを説明するのは難しいが
老眼鏡をかけて遠くを見たことのある人ならわかると思う
もう
二度とガリクソンンで写真を撮ろうなどと悪心を起こさないとに決めた

なお
琵琶湖で大立ち回りを演じたゾンさんは
今夜は最後までちゃんとしていた
残念だ・・・

by ikasasikuy | 2012-09-25 13:55 | 民族音楽 | Comments(12)
2012年 09月 24日
inui
c0120913_1322417.jpg
_i_n_u_i_
OLYMPUS E-410



ドイツブンデスリーガ

 フランクフルト vs ハンブルガーSV

を見た
ほんとうは見るつもりはなかったのだが
スターティングイレブンに「イヌイ」の名前があった

 イヌイタカシ

もう忘れてしまったかもしれないが
カガワ、キヨタケと同じくセレッソからドイツへ渡った選手だ
ほかの二人と違って
去年一年間ドイツの2部ボーフムで
いわゆる冷飯を食わされいたイヌイである
このまま消えてしまうのかと思ったらとんでもなかった
古い言い方で言うと

 「どっこい生きていた」

何年ぶりかでイヌイを見た
いきなり先制ゴールでフランクフルトの開幕3連勝に貢献した
プレイぶりもカガワやキヨタケとなんの遜色もなかった
ボールの持ち方から看てトップ下が似合う選手だ
なにしろヤスコーコーだ
天才サッカー少年だ

-------------------------------

そして次の週

 フランクフルト vs ニュルンベルク

を見た
イヌイとキヨタケのニッポン人対決だ
この前のカガワとミヤイチのときのような肩透かしではなく
二人ともちゃんと先発出場していた
イヌイはオトコマヱで
キヨタケはちょっとアホみたいな顔だが
どっちもイイオトコである

結果から言うと
イヌイ・・・1ゴール(二試合連続)
キヨタケ・・・1アシスト
どっちも文句無しにいい動きだったが
あえて甲乙つけるならイヌイだ
輝き方が違っていた
結局イヌイの活躍で2-1でチームは開幕4連勝だ
イヌイはまだまだやるような気がする
なにしろヤスコーコーだ
天才サッカー少年だ

-------------------------------

こんなふうに
ニッポン人選手がヨーロッパで活躍するのを見るのは楽しい
しかし
気の毒だが
いくら高い評価を受けても
ヨシダマヤを見てボクは少しも楽しいとは思わないのである
ボクは素人観戦者だから
やっぱり
中盤より前のニッポン人選手が点に絡むゲームが面白い

-------------------------------

ところで
ニッポン代表のトップ下にはホンダが居て
カガワでさえサイドに回わされている
キヨタケはベンチだ
さて
ザッケローニ君はイヌイをどうするのだろう
これだけのパフォーマンスを見せつけられたら
今までみたいに見殺しというわけにはいかんのじゃないかな


c0120913_656432.jpg



  まだザッケローニ君には言ってないが
  世界初の4セントラルミッドフィルダーシステムを採用してはどうか
  つまり
  4バック
  2ボランチ
  4トップ下でトップ無し
  いわゆるゼロトップシステムだが
  前線のど真ん中に選手が4人ダンゴになっているのだ
  相手チームは面食らうに違いない
  よし
  ワールドカップはこれで逝こう

  それと
  ドイツのヤスモノのスポーツ紙は
  ブンデスリーガのとあるチームが
  セレッソのオオギハラに興味を持っていると報じている
  移籍の可能性は大だという
  もしかすると
  セレッソの中盤はブンデスリーガ向きなのかもしれない
  Jリーグでは二度も2部落ちしているセレッソだが
  このところブンデスリーガ最大のミッドフィルダー供給源になっている
  この際Jを脱退してチームごとドイツに移籍したらいいんじゃないか・・・




c0120913_23225597.jpg
4トップ下ゼロトップシステム


by ikasasikuy | 2012-09-24 23:43 | _f_o_o_t_ | Comments(6)
2012年 09月 24日
白石温麺
c0120913_11491720.jpg
うーめん
OLYMPUS E-420 with Zuiko D25mm F2.8




宮城県の白石に「うーめん」という麺がある
知らない人は素麺と思うにちがいない
うーめんとそーめん
どこがどう違うかというと
製造工程に違いがある
素麺は油を使うがうーめんは使わないのだ

この麺を発案したひとは
自分の親が内蔵がたいへん弱く
油を摂ると胃腸を痛めることからこの麺を考えついたらしい
と、随分前にどこかでだれかに聞いたような気がする
(記憶が定かでない)
ただし、食べてみても素麺との違いはわからない

うーめんは「ううめん」とも表記するが
ううめんはいかにも息が詰まりそうで言いにくい
漢字で書くと「温麺」である
なぜ「温」が「うー」なのかはわからない
たぶん白石に住んでいる人も知らないと思う

漢字で書くと温麺だが
まだまだ暑いので冷たい麺にする
冷やし温麺・・・
可笑しなニッポン語だ


 【冷やし温麺】
  うーめんを一束茹でて冷水で〆て丼に盛る
  焼き茄子、ゆで玉子、ほうれん草、胡瓜、コーンを散らした上から麺汁をかけ回す
  いわゆる「ぶっかけうーめん」である
  薬味は葱、韓国唐辛子、白胡麻、黒胡麻、紅生薑
  食べる前にぐるぐるかき混ぜるのできれいに盛る必要はない


乾麺で売られているが
長さが10cmぐらいしかない
素麺の半分の長さだ
なぜだろう・・・
もしかしたら
油を使わずに作ることと関係があるのだろうか


   書いている途中で気が付いたのだが
   前にも同じようなことを書いた覚えがある
   調べてみたら・・・あった
   三年前だ
   ほぼおんなじ内容だった
   昨日の晩ごはんは思い出せないくせに
   昔のことはよく思い出すのである

by ikasasikuy | 2012-09-24 07:47 | めん類学 | Comments(17)
2012年 09月 23日
公衆電話
c0120913_17563869.jpg
公衆電話
OLYMPUS E-410



公衆電話だ
オブジェに見えるけれど
ちゃんと電話機が設置されている
そういえば
もう何年も公衆電話から電話してないなぁ






スペインサッカー
リーガエスパニョーラ・プリメーラディビシオンを見た

  アトレチコマドリード vs ラージョ 

もちろんスペインの一部リーグだが
レアルもバルサも出ていない
知らない選手ばかりだ
まるでニッポンのJリーグを見ているようだ
そもそも
今のスペインのサッカーは
人気も実力もレアルマドリーとバルセロナの2チームが群を抜いていて
それ以外のチームはみなオマケみたいな存在になっている
「枯れ木も山の賑わい」
なのだ

ところが
その枯れ木の一本のアトレチコマドリードが
ボクの知らない間に
UEFAヨーロッパリーグで優勝していた
ウワサでは
ヨーロッパリーグは格下のカップ戦らしい・・・
それに
ボクの知らない間に
UEFAチャンピオンズリーグで優勝したイングランドのチェルシーと
UEFAヨーロッパスーパーカップをかけて戦い
これも4-1で勝ってしまった
チャンピオンリーグの方が格上じゃなかったのか・・・
つまり
スペイン国内では
Rマドリー、バルセロナ、バレンシア、マラガの次でリーグ5位のチームが
ヨーロッパ最強サッカークラブになってしまった・・・ということになる
極めて不可解な話だ・・・


ところでそのAマドリー
ラージョ相手に4-0の楽勝に見えた後半38分過ぎから3点連続で取られて4-3
アディショナルタイムにもきわどいシーンがあって冷や汗モノの勝利だった
追いすがられて狼狽する欧州王者の様子が面白かった
こういうゲームを見ると
名も知らぬ枯れ木同士でもやっぱりサッカーは面白いなぁ


え?
話が長い?
うむむ・・・たしかに・・・

by ikasasikuy | 2012-09-23 07:52 | 大衆社会学 | Comments(4)
2012年 09月 22日
cherry bon bon


cherry bon bon



新開地の商店街を歩いていると
「つけまつける」をBGMで流していた
商店街を歩いている人は歩きにくそうだった
テンポがはやすぎるのだ
なにしろ
みな
村田英雄の「王将」とか
春日八郎の「別れの一本杉」とか
三橋美智也の「達者でナ」ぐらいのはやさで歩いているのだ



ウメダやナンバ歩いとぉ人はみな歩くん速いなぁ
ボクはどんどんどんどん追い抜かされていく
それが新開地では逆や
どんどんどんどん追い抜いてしまう
前歩いとぉ人はみな足悪いんか
どっちかの足を痛そうに引きずって歩いとぉ
新開地の人はヒヤルロン酸&コラーゲンが足りひんねやろな




c0120913_193414.jpg
歩くんめっちゃ遅いくせによぉしゃべる新開地の三人娘


by ikasasikuy | 2012-09-22 07:09 | 民族音楽 | Comments(12)