<   2013年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2013年 01月 31日
八朔
c0120913_19123772.jpg
八朔
Panasonic DMC-TZ30




和歌山のむっちゃんとりえさんが
丹誠込めて作った八朔
風邪で弱っているところを
無理を言って送ってもらった

 むっちゃん&りえさん
 ごめんねごめんね〜(by U字工事)

八朔は
冬の数少ない楽しみである
これがないと冬が寂しい

by ikasasikuy | 2013-01-31 07:08 | 食文化論 | Comments(9)
2013年 01月 30日
伊勢湾物語
c0120913_916143.jpg
濃尾平野と伊勢湾
Sony Ericsson IS12S




濃尾平野と伊勢湾である
伊勢湾は
三重県の答志島と
愛知県の伊良湖岬を結んだ線の北側の海域から
三河湾を除いた海域・・・
らしい
ここに棲息するヱビはすべてイセヱビである

 ちがうという指摘もある

むかし
西◯ア◯シ◯さんが伊勢海老の密漁をしていたというウワサがある
まだニッポンの海が豊かだったころだ


左上の大きな川は木曽三川
左が揖斐川
右が木曽川
揖斐川は少し上流で長良川に分かれる
湾奥のやや右が名古屋市だ
ヤスさんの瀬戸市はもう少し右上で画面から切れている
ぽーる61番弟子がいる岡崎市は画面右下に完全に切れている
中鉢先生が住んでいるみよし市はどこだろう・・・
肉眼では眼下に中部国際空港も見えていたのだが
携帯電話のカメラには写っていなかった
狭角レンズなのか・・・

by ikasasikuy | 2013-01-30 07:16 | 地理学 | Comments(17)
2013年 01月 29日
湯餃
c0120913_954347.jpg
湯餃
OLYMPUS E-410 with Zuiko D25mm F2.8




餃子を100個作る
まず
皮を作る

 強力粉・・・6
 薄力粉・・・4
 水・・・適量

硬すぎず軟らかすぎないように
腕がだるくなるまでしっかり捏ねる
捏ねたらまるめてラップにくるんで冷蔵庫で6時間寝かせる

皮が寝ている間に具を作っておく
具材のおおまかな比率は

 豚挽肉・・・4
 韮・・・3
 玉葱・・・2
 青葱・・・1

青葱のワントップシステムだ
その他

 生姜・・・少々
 大蒜・・・少々
 塩・・・気持ち
 醤油・・・気持ち

粘り気が出るまで練ったら晒に包んで余分な水分を絞る
絞りすぎず絞らなさすぎずしっとりと仕上げる

冷蔵庫で寝ている皮を叩き起こして
千切って丸めて餃子の皮専用麺棒で円形に伸ばす
直径7cm
皮ができたら一気に具を包む
ゆっくりしていると皮の水分が抜けて硬くなる


タンチャオ(湯餃)にする
タンチャオという料理があるかどうかは知らないが
水餃子が中華スープに浸かっている状態だと思ってほしい
雲呑のようだが雲呑ではない
ラーメンの麺が餃子になったと思ってほしい

by ikasasikuy | 2013-01-29 07:41 | 食文化論 | Comments(11)
2013年 01月 28日
アボリジナルアート
c0120913_13453319.jpg
アボリジナルアート(無断転載)




ヤスさんが木を切ったら
断面がアボリジナルアートになっていた
虫食いの跡かと思ったが
そうではないらしい
自然が作り出した造形だ
この木
ヒカゲヘゴという
巨大なシダ植物の仲間だそうだ

 ヒカゲヘゴ・・・
 初めてきく名前の木だ
 もう二度と聞くことはないような気がする木だ

by ikasasikuy | 2013-01-28 07:46 | 植物学 | Comments(2)
2013年 01月 27日
安酒
c0120913_15115864.jpg
安いバーボン&安いスコッチ
OLYMPUS E-410 with Zuiko 35mm F3.5 Macro




安いバーボンと安いスコッチを買った
2本で2000ヱンちょい


"Ancient Ancient Age 10yr"
アメリカのトウモロコシウイスキー
1本16.75ユーロ(約1800円)だが
なぜか1260ヱンで売っていたので急いで買った

"MacQeens"
スコットランドのモルトグレーンウヰスキー
1本999ヱンで売っていたので慌てて買った
1000ヱンでおつりがくると思ったら1048ヱンだった
消費税がいるのだ


安酒の酒毒はアタマと足に同時にくる
雪崩のように一気に崩れる
酒飲みはみな
この瞬間のために安酒を飲むのだろうか

by ikasasikuy | 2013-01-27 07:11 | 醗酵飲料学 | Comments(6)
2013年 01月 26日
コーテル
c0120913_19104387.jpg
餃子専門店「O阪O将」D頓堀本店
Sony Ericsson IS12S




本場支那では

 「餃子といえば水餃子じゃ」

だと
神戸在住の華僑のお婆さんに聞いた
そればかりか
日本で食べられてる焼き餃子は

 「あれは蒸し餃子じゃ」

だと
お婆さんは言う
蒸饺子(チュンチャオズ)だと言うのだ
たしかに焼き目は付けるけど水を加えてふたをして蒸してる・・・
そうか
あれは焼き餃子ではなく蒸し餃子だったのか・・・

蒸さずに鉄板で焼く餃子は锅贴と言うそうだ
锅贴はコーテルと発音する
ということは
G子のO将で焼き餃子二人前のことを

 「リャンガーコーテル」

と言ってるが
あれはマチガイなのか・・・

by ikasasikuy | 2013-01-26 06:26 | 食文化論 | Comments(8)
2013年 01月 25日
巴里土産
c0120913_20311175.jpg
ボルドーの赤
Panasonic DMC-TZ30




パリの土産だという
フランスに行ってたのかときくと
フランスに行かなければパリには行けないという
なるほど
それはそうだ

BORDEAUXと書いてある
高そうだ

土産の値段をきくのは無粋だが
いくらだったときくと
4ユーロだという
ユーロというはあのユーロのことかときくと
ユーロにあのもこのもないという
なるほど
それもそうだ


c0120913_20305399.jpg



飲んでみた
甘味や酸味は控えめで
渋味が強く前に出ている
30ユーロだといわれたらそう思うし
80ユーロだといわれてもそれを疑う舌がない
これがたったの4ユーロだというのなら
20本ぐらい買ってきてほしかった

ボルドーの赤には
ボローニャのソーセージが合う
わざわざイタリアまで買いに行った

 逆瀬川の駅前だという指摘もある

危うく飲み切ってしまいそうになったが
半分残してワインセーバーでシュコシュコと真空にした
なんだか
真空にするためにワインを飲んでいるような今日この頃である

by ikasasikuy | 2013-01-25 07:30 | 醗酵飲料学 | Comments(6)
2013年 01月 24日
道頓堀
c0120913_1831195.jpg
道頓堀(相合橋から太左衛門橋を臨む)
Sony Ericsson IS12S




1612年
安井道頓、安藤藤次らが私財を投じて運河開削に着工

1615年
運河完成
「新堀」「南堀川」「新川」などと呼ばれていたが
松平忠明が安井道頓の功績を評価し「道頓堀」と命名

1660年代から中座、角座、浪花座、弁天座、朝日座などの劇場ができ
歌舞伎や人形浄瑠璃が演じられる




  道頓堀行進曲(昭和3年)
  日比繁次郎作詞 塩尻精八作曲

  赤い灯青い灯道頓堀の
  川面にあつまる恋の灯に
  なんでカフェーが忘らりょか

  酔うてくだまきゃあばずれ女
  澄ました顔すりゃカフェーの女王
  道頓堀が忘らりょか

  好きなあの人もう来る時分
  ナフキンたたもよ唄いましょうよ
  あゝなつかしの道頓堀よ



 歌詞中のカフェーはもちろん今の「カフェ」や"Cafe"ではなく
 女給をウリにした風俗営業店である
 法律用語として今なお残るこの「カフェー」の文言には
 昭和初期の淫靡なイメージがつきまとう



1985年
阪神タイガースのセリーグ優勝が決まった際
21年ぶりの優勝に興奮した阪神ファンが
ケンタッキーフライドチキン道頓堀店のカーネル像を
助っ人のランディバースに見立て胴上げし道頓堀川に投げ込む
その翌年から18年間優勝から遠ざかる
これを世に「カーネルサンダースの呪い」と言う


2004年〜2009年
排水溝(ドブ)だった道頓堀を
戎橋から日本橋までの両岸にボードウォークを敷き詰め
とんぼりリバーウォークとして市民に開放


2009年
道頓堀川に沈む太平洋戦争時の不発弾調査の際
24年ぶりにカーネル像が発見される
しかし呪いは解けず
阪神タイガースは現在も低迷が続いている



   【special appendix】

   今は品のない「くいだおれの町」と成り果てたが
   道頓堀が最も隆盛を極めた頃の様子をCGで再現した動画がある
     ↓ ↓ ↓
    大正時代の道頓堀の様子


   道頓堀の歴史や古い写真などがある
     ↓ ↓ ↓
    道頓堀商店会


by ikasasikuy | 2013-01-24 07:02 | 大衆社会学 | Comments(10)
2013年 01月 23日
欧羅火
c0120913_1484064.jpg
Orraqua on the Nabeta glass.
Panasonic DMC-TZ30



留め金式のびんに惹かれて買った
欧羅火
アルファベット表記は「ORRAQUA」となっている
「QUA」で「か」・・・て
それに
「おおらか」かと思ったら「オラーカ」だという

 _u_m_u_m_u_

どこの国だ


c0120913_23424493.jpg
留め金式栓
OLYMPUS E-420 with Zuiko 35mm F3.5 Macro



呑んでみた
上品な香りと爽やかな味
うまい
いくらでも飲める
ただし

 ズシン

とくるものがない
純米貯蔵酒(米焼酎)とはそういうものなのかもしれない
この酒
好きになれるだろうか
どうも自信がない
悪いけど・・・

 べつに無理に好きにならなくてもいいという指摘もある

かたじけない
でもうまいことはうまい
好きになれないけれど嫌いではない

 その優柔不断さが罪を作ってきたという指摘もあった

過去形か・・
太刀魚の昆布〆が合うような気がする
もちろん気がするだけだ

by ikasasikuy | 2013-01-23 07:23 | 醗酵飲料学 | Comments(0)
2013年 01月 22日
魚釣り
c0120913_614955.jpg
東二番丁通
OLYMPUS E-410



 _u_m_u_m_u_

最後に魚を釣ってからもう二ヶ月になる
若い頃は年中無休だった釣りも
このごろは冬期は閉店だ
寒空の下で竿を振るのが辛くなっている
そんなわけで
年々始動が遅くなっている
それでも
そろそろなにか釣らないと
気が変になりそうな気がする

 あのゾンさんでさえスズキ釣っているしなぁ・・・

天気図をにらんでいる

by ikasasikuy | 2013-01-22 07:02 | 文化人類学 | Comments(2)