<   2013年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

2013年 02月 28日
酒ビール
c0120913_2024151.jpg
地ビール「貴醸GOLD」
Panasonic DMC-TZ30




だいぶまえ
ごるご十三とユミナガくんにもらった高槻の地ビールだ
スタミナドリンクみたいなラベルだ
しかしなじょして蛙のヱなのだろう
可愛いヱだがよく見るとどことなく不気味だ

詳しいことは知らないが
ビールに清酒が入っているらしい
要するに清酒味のビールだ

 ビール風味の清酒だという意見もある

スタイニーボトルを2本もらった
ホテルで夜中に目が覚めたついでに
テレビを見ながら飲んでみた
2本とも飲んだ
ヘンな味だ
はっきり言って
特別美味しいとは思わなかった
甲類の焼酎をホッピーで割る方が美味い
もらっといてそれはないだろうという意見もあるが
こういうことは正直に言うのが正しい酒飲みのあり方だと思うのである

 ごるご十三&ユミナガくんおおきに
 あんまり美味しなかったわ

by ikasasikuy | 2013-02-28 07:24 | 醗酵飲料学 | Comments(16)
2013年 02月 27日
wandering kobe
c0120913_2239571.jpg
三宮駅前 フラワーロード
Panasonic DMC-TZ30




寒さが和らいで
どことなく春の匂いがする
そんな久しぶりの神戸であった


博物館は
支那王朝の至宝展をやっていた
じつに面白くなかった
こんなものを並べただけで
1500ヱンもとっていいのだろうか
どう看てもこれは
_b_o_t_t_a_k_u_r_i_

それでもけっこう客来てたなぁ・・・


昼は
43年通い続けている寿司屋
午後二時半
客はボク一人だけだった

  ぶり
  たい
  くるまえび
  あわび
  とろ
  うに
  あかがい

だまって座るだけで
頭の中で食べたいと思ったものを
絶妙の間合いでにぎってくれる寿司屋は
ボクにはここしかない



【本日の徘徊コース】
 サンシティ
 kinko's
 神戸市立博物館
 エトワール
 L.L.Bean
 MALAIKA
 栄寿司



 

by ikasasikuy | 2013-02-27 07:27 | 大衆社会学 | Comments(14)
2013年 02月 26日
支那そば
c0120913_10322225.jpg
支那そばの春木屋(準備中)
OLYMPUS E-410



支那そば
「支那」と名が付くがニッポンの食べ物である
いわゆる東京ラーメンのことだ

支那という呼称は
1949年に中国共産党によって建国された社会主義国家
「中华人民共和国」の蔑称だとする意見がある
蒋介石や一部のニッポン人が何と言おうと
支那は歴史上消し去ることのできない永遠に存在し続ける漢人の国家
あるいは地域(モンゴルやチベット等を除く)の呼称である
・・・
というような
政治的な意図は一切なく
ただ単に「中華そば」と言うよりも
「支那そば」と言う方がうまそうに聞こえるだけのことである

支那そばを定義づけるとすれば

 ・和風出汁
 ・濃い醤油味
 ・中細のちぢれ麺
 ・無造作に放り込まれた支那竹

である
特にあの鼻にツンとくる支那竹こそが支那そばの支那そばたる由縁である
(支那竹はチーズやキムチと同じ発酵食品である)

そうそう
支那竹をメンマ(麺媽)などと言うのはヨロシクナイ
メンマは支那語のようでじつは日本語だ
あえて現地読みをするならカンスン(乾筍)と言うべきだ


c0120913_1830937.jpg


支那竹以外のトッピングは

 叉焼
 青葱
 鳴戸巻き
 焼き海苔
 ほうれん草

である
であるが
焼き海苔とほうれん草はべつになくてもいい
なぜなら
支那そばに入っていても特別美味しくないのだ
特に焼き海苔は汁を吸ってぐにゃぐにゃになる
春木屋の支那そばには焼き海苔とほうれん草は入っていない
そういう言い方で言うと
鳴戸巻きもいらないのじゃないかということになるが
鳴戸巻きはいいのだ
見た目が可愛いし
入っているとなんとなく嬉しいじゃないか

by ikasasikuy | 2013-02-26 07:24 | めん類学 | Comments(14)
2013年 02月 25日
時代小説端末
c0120913_1355115.jpg
Kindle on Android
Panasonic DMC-TZ30




アマゾンが
キンドルで
電子書籍なのだ
どういうことかというと
もう紙は要らないと言うのである
お尻だって
ウォシュレットで洗って温風で乾かす時代だと言うのである
ああ
カミモホトケモナイモノカ・・・

アンドロイドにキンドルを埋め込んだら
いつでもどこでも本が読める
でも
画面が小さいので
読み易い字の大きさに設定するとたったの7行だ
しょっちゅうページをめくらなければイケナイ


c0120913_1435271.jpg
紙製文庫本
OLYMPUS E-410 with Zuiko D25mm F2.8



竹笹堂の
鹿ヶ谷南瓜(ししがたにかぼちゃ)をモチーフにした
かわかっこいいブックカバーもずいぶんすり切れてきたし
ぼちぼちナニにするか・・・

アマゾンでポチッとしてみたら
翌朝にはもう佐川急便がやってきた
はやいなぁ
福屋工務店よりはやい・・・
でも
相変わらずアイソワルイなぁサガワキュービン
黒い猫は重たい八朔でもイヤな顔一つしないけどなぁ


c0120913_1516505.jpg
Amazon Kindle Paperwhite Wi-Fi
Panasonic DMC-TZ30



パッケージを開けると
文庫本と同じ大きさの時代小説端末が出てきた
既にボクのアマゾンIDで登録済みになっている
すぐに使えるじゃないか
手回しがいいなぁ
さっそく電子書籍を買お・・・

あら?
Wi-Fiが繋がらない・・

そうか
うちは無線LANじゃなかった
それにこの端末
+3Gじゃないしな・・・
でもでも
まだまだ
方法はある
一旦パソコンにダウンロードしてから転送する手でいこう
やってみた
イケた
カンタンだ

とりあえず
タダで買える本を19冊買った
代金はタダだ
只・・・
つまりロハだ
アマゾンからメールが19通来た
「お買い上げありがとごだます」
ん?
19冊分の請求書じゃないか
でも
どの請求書を見ても請求金額は0ヱン
いちいちめんどくさいなぁ・・・

文字サイズ、行間、余白などをいろいろ変えながら
著作権の切れたタダの本を読んでみた
一番読み易いセッティングにすると10行になった
なんだ3行増えただけじゃないか
文庫本と同じ文字サイズにしたら13行になった
13行でも読めるけれど
だんだんしんどくなる
やっぱり10行だ
でも
タダの本は面白くないなぁ・・・

よし
今度は有料の本を買おう・・・
読みかけの佐伯泰英の居眠り磐音江戸双紙第12巻のつづき・・・
第13巻だ
「居眠り磐音」で検索した
あら?
・・・ない
「佐伯泰英」で検索した
あら?
・・・ない
池波正太郎や藤沢周平なら全部あるのに
佐伯泰英は一冊もない
なんということだ
ああ
困った
自炊なんかできないしなぁ・・・
もうぜんぜんダメぢゃんキンドル・・・

by ikasasikuy | 2013-02-25 07:14 | 文学 | Comments(17)
2013年 02月 24日
今年一番寒かった日
c0120913_7295835.jpg
寒い朝(二月十九日)
Panasonic DMC-TZ30




今年一番寒かった日の朝
バルコニーから写真を撮った
夜中に少し雪が降ったのか
クルマの屋根が白かった
一旦熄んだ雪がまた降り始めていた
寒い
冷たい風が肌を刺すようで痛い
本当に地球は温暖化しているのだろうか・・・
昼近くになって雪は雨に変わった
白くなりかけた道路は
また黒に戻った
おかげで
スタッドレスタイヤなしでも
帰らぬ人にならなかった
よかった


 はるよこい
 はやくこい

by ikasasikuy | 2013-02-24 07:37 | 気象学 | Comments(10)
2013年 02月 23日
FOOTBALL
c0120913_8364411.jpg
蔦のからまるカフェ
OLYMPUS E-410





マリオバロテッリが
マンチェスターCを放り出され
セリヱAの名門クラブACミランに移籍した
ACミランがシティに支払う移籍金は日本円で31億円らしい

 31円置くのではないという注意書きもある

シティサポーターでバロテッリファンのDさんはさぞガッカリしていることだろう
でも
バロテッリはイタリア人だし
イングランドよりイッタリーの方が合っていると思う
イタリアなら規律はないし
スタジアムで発煙筒焚き放題だ
そうそう
移籍直後のウディネーゼ戦で2ゴールをあげて"2-1"の勝利に貢献した
その後のカリアリ戦、パルマ戦でも連続ゴールをあげる大活躍だ
チャンピオンズリーグは出られないが
このところのミランの快進撃の立役者はバロテッリであることはまちがいない
2月25日のミラノダービーでインテルのナガトーモとの対決が楽しみである


c0120913_144783.jpg


さて
そんなことより
ボクが気になっているのは
レアルマドリードのカジェホンだ
ホセ・マリア・カジェホン・ブエーノ26歳
柳沢慎吾の弟だという意見もあるにはあるが
忌野清志郎の隠し子じゃないかと疑っているのはボクだけだろうか


c0120913_1443256.jpg



ところで
もうひとつ気になることがある
バルサの平均身長が低いことだ

GK
バルデス 183
DF
ダニエウ・アウヴェス 171
プジョル 178
ピケ 188
ジョルディ・アルバ 171
MF
ブスケツ 188
シャビ 170
チアゴ・アルカンタラ 165
FW
イニエスタ 170
ペドロ 169
メッシ 169


GK
ホセ・マヌエル・ピント 186
DF
アドリアーノ 172
モントーヤ 175
MF
セスク 180
マスチェラーノ 174
FW 
アレクシス・サンチェス 171
ビジャ 175


だいたい公表の数字は2〜3cmサバを読んでいると思うが
リーガの他チームに比べるとダントツに小さい
一番大きいのピケやブスケツでもヨシダマヤよりチビなのだ
特にバルサの前線は小さい
シャビ、メッシ、イニエスタ、ペドロ・・・
ニッポンの中学校のサッカー部並みだ
途中交替で入ってくる選手もたいがい小さい
それでもこれだけ強い
・・・ということは
空中戦さえ目をつぶれば
サッカーは身長165〜170cmぐらいが最強ということになる
・・・ということは

オカザキ 174(169)
ナガトーモ 170(165)
カガワ 172(168)
キヨタケ 172(167)
イヌイ 169 (164)
(  )の数字は口閉じ実寸

この五人を前に置いておけば
次のワールドカップでのニッポンの活躍はほぼまちがいない

by ikasasikuy | 2013-02-23 07:07 | _f_o_o_t_ | Comments(6)
2013年 02月 22日
うなぎ
c0120913_14235688.jpg
櫃まぶし 「川はら」
Panasonic DMC-TZ30




ときどき
無性に食べたくなるもののひとつに
うなぎがある
脂のくどい魚は好きではないので
ふだんは食べようとも思わないのに
ときどきスイッチが入る
タレの焦げる香ばしい匂いでスイッチが入ることもあるし
「うなぎ」と平仮名で書かれたのぼりを見てスイッチが入ることもある
桂枝雀の「軒付け」という上方落語を聞いただけで食べたくなることもある
ああ
ひとはいつになったら食の誘惑から逃れられるのだろう・・・
ほかにも

 辛子明太子
 小鮎の天ぷら
 牡蠣フライ
 蒸しワタリガニ
 くじらの竜田揚げ
 馬刺
 ホヤめし
 豚足の旨煮
 肩ロースのとんかつ
 もりそば
 ジェノベーゼ
 軟骨ソーキすば

などなど
まったく一貫性はないが
無性に食べたくなることがある
これがとき時分なしに食べたくなるので
旬のあるものや時期が決まっているものは困るのである


ひつまぶし
(ひまつぶしではない)
そのまま食べてもいいし
出汁をかけてもいいけれど
薄手の小さな茶碗によそって
山葵と青葱と炒りごまを乗せて
上から熱いほうじ茶をかけまわして食べるのが好きである

by ikasasikuy | 2013-02-22 07:23 | 食文化論 | Comments(10)
2013年 02月 21日
夕月
c0120913_1815297.jpg
夕月
Panasonic DMC-TZ30




夕刻
六甲山の上に痩せた月が浮かんでいた
マチアルキカメラで撮ってみた
ブレないように脇を締め息を止めて撮った
ちゃんとは写っていないけれど
まあまあ写っている
最近のカメラはヱライなぁ・・・



c0120913_1883874.jpg
地球の影




拡大してみると
おぉ
地球の影がうっすら写っている
最近のカメラはスゴイなぁ・・・

by ikasasikuy | 2013-02-21 07:57 | 天文学 | Comments(19)
2013年 02月 20日
鼻笛
c0120913_1626680.jpg
鼻笛
Panasonic DMC-TZ30




新年会のとき
"Wogey"にもらった鼻笛である
鼻息で音を出す笛だ
なかなか思い通りに音が出てくれない
ハーモニカとちがうところは
息を吸うときに音が出ないことだ
つまり
トランペットやフルートと同じだ
したがって息継ぎがしんどい
いま
猛練習中である
チューリップを練習している
チューリップといっても
チューリップの曲ではなく
チューリップという曲である
どんな曲かというと

 ドレミ・ドレミ・ソミレドレミレ
 ドレミ・ドレミ・ソミレドレミド
 ソソミソララソ・ミミレレド

というメロディラインだ
非常にむずかしい曲である

そうそう
歌詞もある

 さいた さいた チューリップのはなが
 ならんだ ならんだ あかしろきいろ
 どのはなみても きれいだな

これは練習を始めた日から二日目の夕方の演奏だ
         ↓↓↓





低い音がうまく出せない

 高い音もだという指摘もある

よし
これがもすこし吹けるようになったら
次はトルコ行進曲だ

この笛をくれた"Wogey"がどんなひとか知らない人のために
ちょっとだけ紹介しておこう・・・



      "Wogey"

by ikasasikuy | 2013-02-20 07:25 | 楽器 | Comments(16)
2013年 02月 19日
人はなぜ酒を飲むのでしょう
c0120913_21523578.jpg
ニグ&サックス新年会 at ミナミ



先週
ハイエーキューなメンバーが集まることで有名な
ニグ&サックスの新年会がミナミであった
釣りクラブの新年会だが
長いあいだ釣りをしてない人ばっかりだ
ちょっとも釣りには行かないけれど
飲み会には出席する人ばっかりだ
釣りクラブの集まりだが
よくみると
象乃会や十三夜会のメンバーが相当かぶっている

それにしても・・・


     人はなぜ酒を飲むのでしょう

     一杯だけやゆうて
     一杯で終わったやつは見たことない
     明日がしんどいことは
     まあとりあえずおいといて飲んでまう
     ほかにたくさん楽しいことが
     なんぼでもあることはわかるけど
     ああなんでなんでなんで
     人は酒を飲むのでしょう
     ああなんでなんでなんで
     今日も酒を飲むのでしょう

                三井ぱんと大村はん



大村はんのギターがとてもステキング!
↓↓




by ikasasikuy | 2013-02-19 07:36 | 大衆社会学 | Comments(14)