<   2013年 05月 ( 34 )   > この月の画像一覧

2013年 05月 31日
続々・小物釣師の戯言
c0120913_746570.jpg
手乗り文鳥級
LUMIX DMC-TZ30




固定したイカダやカセに乗って釣るチヌ釣りがある
チヌのかかり釣りと呼ばれている
関西独特の釣り方で
紀伊半島、若狭湾、四国の瀬戸内海側にその釣り場が多い

初めてチヌのかかり釣りをしたのは大学生の時だった
長兄が鳴門の名人と言われたかかり釣師で
無理を言って連れていってもらった
結果は30−2だった
2匹しか釣れなかった
その2匹も手取り足取り教えられて
釣ったと言うより
なんとか釣らせてもらったものだった
以後
チヌのかかり釣りにのめり込む


鳴門へ毎週通っていた頃
水曜日だったか木曜日だったか
必ず同じ渡船屋に来る釣り人がいた
聞けば歯科医らしい
他にすることがないのか
休診日の全てをチヌ釣りに費やしていた
よくせきこの釣りが好きなのだろう

 好きこそ物の上手なれ

と言うが
船頭に聞くと
「あのひと釣んりょんみたことないでぇ」
と言う
相当ヘタクソらしい
チヌ釣りなのにボラばっかり釣っているそうだ

 下手の横好き

とも言う
船から上がると
いつもニコニコと

 「どうでしたか」

と声をかけてくる

 「小さいのが7枚です」
 「えっ!7枚も釣ったんですか」
 「小さいですよ」
 「いいですねぇ・・・私は10本でした」
 「10ポンというと長いやつですか」
 「そうです長いやつです」

歯医者のスカリにはボラがぎっしり入っていた

 「取り換えましょか」
 「えっ!チヌとボラをですか」
 「そうです」
 「私、チヌほしいです」
 「じゃ、チヌ7枚とボラ10本交換しましょう」
 「いいんですか・・・うれしいです」
 「そのかわり、虫歯になったときタダで診てくださいよ」
 「わかりました、お安い御用です」

20cmチョイのチンチン(小チヌ)と
50cm級の大ボラを交換した

船着き場で
船頭の錆びた出刃を借りて
生きているボラの鰓と尾の付け根に包丁を入れ血抜きをする(ここが大事)
ボラの頭を落とし鱗と腸も取り除く
皮がぬるぬるしなくなるまでしっかり海水で洗う(ここも大事)
海水で濡らした新聞紙に包み
直接氷が当たらないようにクーラーボックスに入れる(ここも大事)
ボラは臭くて食えないというひとは
ちゃんと処理せず持ち帰るひとだ
軽かったクーラーボックスがボラでずっしり重くなった
これを持って帰って三枚に下ろし
薄造りにして氷水に放つ
新鮮なので身が反り返える
手塩を四つ
それぞれに辛子酢味噌、山葵醤油、生姜醤油、胡麻油塩などを用意しておいて
サッと水切りしたボラの薄造りを
かわりべんたん
かわりべんたんに付けて食べる
臭みはぜんぜんない
仄かな甘味が口腔を漂う
これを一度味わうと
もう磯臭いチヌなど食えなくなる
梅肉醤油や大蒜醤油もイケる

歯医者のやつ
いまごろ不味いチヌの塩焼きかなんかを
うまいうまいと言いながら食ってるのだろうなぁ
あはは
あはは

船着き場でボラを捌いていると
笹部船頭がきて
「ソロバンおくれ」
「ええよ」
内蔵からソロバンだけを抜き取って行く
串焼きにするらしい
味はと聞くと
「こんなウマイもんはほかにないけんな」
と言う
ほんとかなぁ・・・
ボクはボラは洗いが一番好きである


  つづくかな

by ikasasikuy | 2013-05-31 07:44 | 釣り文化総論 | Comments(8)
2013年 05月 30日
ウクレレスタンド
c0120913_11393893.jpg
KALA ASACT TENOR on HERCULES GS303B.
OLYMPUS E-410 with Zuiko D25mm F2.8



猫があばれて
ウクレレを倒した
本体は傷つかなかったが
ヘッドに着けていたチューナーが壊れた
猫に問いただすと
悪気はなかったと言うので
まあ
しかたがない
なにしろこのウクレレ
ギター用のスタンドに立てていたので不安定だったのだ
そこで
ウクレレ用のスタンドを買った
HERCULES GS303B
ハーキュレスというメーカーだ


c0120913_14453982.jpg

なんだか
ヤスモノの健康器具のような頼りなげなスタンドだが
楽器を載せてみるとこれが意外と安定感がある
しかも折り畳めてバッグに入れられる
家で使うので折り畳む必要はないけれど
バイオリンなどの小さな弦楽器にも使えるようだ

c0120913_132283.jpg
もちろんソプラノウクレレにもフィットする

ほかにも

c0120913_1332484.jpg
フラットマンドリンとか

ほかにも

c0120913_11443380.jpg
三線にぴったしだ
三味線にも使えると思う
琵琶もいけるんじゃないか
これでお値段1238ヱン
やすい!
でも
二胡は無理かも・・・


ついでに
ギタースタンドも買った


c0120913_18112751.jpg
HERCULES GS414B



ウクレレスタンドと同じメーカーだが
タイプがちょっとちがう
首吊り式のスタンドだ
HERCULES GS414B


c0120913_14424168.jpg
GIBSON L-1 on HERCULES GS414B



これがまた
今まで使っていたスタンドよりはるかに安定感がある
猫だけではなく
虎や豹があばれて体当たりしても大丈夫だ
たぶんken-Gさんは使っていると思う
西区アオシマさんはどうだろう


c0120913_14432062.jpg
自動開閉式ストッパー


ギターをスタンドにかけると
ギターの自重でストッパーが閉じる
ギターを持ち上げると開く
こんなメカニカルな装置までついていて
お値段たったの2019ヱン
これまた超やすい


c0120913_14425833.jpg
MARTIN D-35 on HERCULES GS414B



大きなギターも
ネックの長さを変えるだけで使い回せる
長さの調整もレバーでワンタッチ
これはライブの時に便利だ

 ライブせえへんやん


お約束の三線・・・
_u_m_u_m_u_


c0120913_14434723.jpg

使えなくはないけれど
なんだか
三線が息苦しそう・・・

by ikasasikuy | 2013-05-30 07:34 | 楽器 | Comments(8)
2013年 05月 29日
あぁ栄冠は絶対ということは絶対にないけど絶対にキミには輝かない
c0120913_8592541.jpg
江崎沖からみる明石海峡大橋・第十西海丸船上にて
fuji finepix z33wp




先週に引き続きクラシコ第2戦である
曇天微風
絶好のタコ釣り日和
さて
初戦はふがいない結果に終わったヱンドレス森下
反撃はあるのだろうか・・・

先制したのはヱンドレスだった
しかし
すぐにイカザスが逆転
さらにヱンドレスが再逆転
経過は以下の通り

  0−1
  1−1
  2−1
  3−1
  3−2
  3−3
  3−4
  4−4

(ゑ=ヱンドレス森下 ゐ=イカザス)

前半戦は
抜きつ抜かれつのデッドヒート


c0120913_901627.jpg
先制して喜ぶヱンドレス森下
fuji finepix z33wp



中盤戦もデッドヒートは続く

  5−4
  6−4
  7−4
  8−4
  8−5
  8−6
  8−7
  8−8

ここでイカザスが再々逆転
いちどは4ポイント差まで引き離したものの
ヱンドレスの驚異的な追い上げで再びスコアは8−8のタイに
勝負はいよいよ後半戦にもつれ込む
(かなり次元の低い争い)


c0120913_911261.jpg
二連勝なるかイカザスイクイ



8−8のタイスコアから
どちらが先に次の1ぱいを釣るかが勝負の分かれ目だ
勢いから看れば4連タコで一気に追い上げたヱンドレスだが・・・

  9−8
  10−8
  11−8
  11−9
  12−9

逆にイカザスが3連タコでリードを広げ
最終スコアは12−9
追いすがるヱンドレスを足の裏で明石海峡に蹴落として勝利
初戦より4ポイント少ないスコアだったが
なんとか2連勝を果たした
負けたヱンドレスは
善戦したとはいえ2戦連続のシングルスコア
タコ釣り名人と呼ばれた頃の勇姿は見る影もない
ぶざまに醜態をさらしながら死んでいくのであろうか・・・


c0120913_913623.jpg
ニンジンとニンジン色のタコ竿



用意していたニンジンだが
今回は余裕がなかったのでゆっくり試すことができなかった
ヱンドレス森下は
ニンジンにウスアゲを巻いて釣っていたが
さほどの効果はなかったようだ
この日同行のマスターは
牛脂ベースにアジを乗せて18はい釣っていた

なお
次回クラシコ第3戦は来月中ごろに行われる予定

by ikasasikuy | 2013-05-29 07:15 | 釣魚小全 | Comments(11)
2013年 05月 28日
TOTTI
c0120913_16413073.jpg
トッティとアンドレアッツォーリ監督
OLYMPUS E-410 with Zuiko D25mm F2.8



コッパイタリアの決勝を観た
ASローマ vs SS ラツィオ
つまり
ローマダービーだ
その少し前
UEFAチャンピオンズリーグの決勝を観た
バイエルン・ミュンヘン VS ボルシア・ドルトムント
ものすごいスピードとテクニックだった
これぞヨーロッパサッカーの最高峰と思わされたゲームだった

その後にこれを観た
うむむ
レベルの違いは明白だった
なにしろセリヱAの6位と7位である
パスの精度が低い

 ローマが蹴る
 ラツィオが奪う
 ラツィオが蹴る
 ローマが奪う
 ローマが蹴る
 ラツィオが奪う
 ラツィオが蹴る
 ローマが奪う

R→L→R→L→R→L→R→L
ボールが中盤で行ったり来たりするだけで
ちょっとも緊迫したシーンにならない
なんだろう
この重くてだるい雰囲気は
それに
歩いている選手がいる・・・
ローマの10番だ
それでも
いくときはいくし
ちゃんとディフェンスもするし
バルセロナの10番よりよく走ってる


c0120913_1711276.jpg



フランチェスコ・トッティ
1993年にわずか16歳でセリヱAデビュー
以来20年ずっとローマの王子様だ
レアルマドリーやACミランがカネで釣ろうとしても
頑として撥ね付けローマに留まった
2006年にはワールドカップも取ったし
セリヱAでスクデッドも取ったし
コッパイタリアを二度取った
三度目はラティオに負けたけど
やっぱりトッティは見応えがあった
ときどき歩いてたけど・・・


c0120913_171110100.jpg



チームメイトで同級生のナカタヒデトシは
とっくにサッカーから足を洗ったけれど
トッティはまだまだ現役続行中だ
インテルのサネッティみたいに
40を過ぎてもやってほしい

by ikasasikuy | 2013-05-28 07:40 | _f_o_o_t_ | Comments(2)
2013年 05月 27日
たことりのおきな
c0120913_1438471.jpg
蛸取翁
LUMIX DMC-TZ30



タコとりの翁が
仕掛けておいた蛸壺を回収している
30個ぐらい引き上げたが
タコが入っていた様子はない
どう看ても七十をはるかに過ぎた爺様だが
巧みに小舟を操りつつ
次々と重い仕掛けを引き上げている
動きに無駄が一切ない
熟練の技だ
入っていなければそのまま沈める
痛んだタコ壺は新しいのと取り替える
港の内と外
全部で100個ぐらいの蛸壺を上げては下ろししている
楽しそうではないが
楽しくなさそうでもない
干物のような爺様の細い體には
まだ必要最小限の筋肉が残っている
ああ
この筋肉で爺様は飯を食っているのだなぁ・・・

by ikasasikuy | 2013-05-27 07:37 | 漁具概論 | Comments(10)
2013年 05月 26日
蒐集癖
c0120913_12401659.jpg
"The Glenlivet 15ys"
OLYMPUS E-410 with Zuiko 35mm F3.5




認知症の症状のひとつに「蒐集癖」があるらしい

 シュウシュウヘキ

不要なものを集めてしまい込んで
忘れてしまうことだそうだ
そういわれてみると
それに近いかも知れない
ボクも一時的に物を集めたがるクセがあるし
しまい込んで忘れてしまうこともしょっちゅうある

 認知症なのか・・・

ところがこのクセ
まったくの一過性で
長続きした試しがない
こどものころからの記憶をたどると

 牛乳瓶の紙フタ
 瓶の王冠
 使用済みの郵便切手
 全国の新聞の題字
 戦車が踏んでできたアスファルト片
 リモコンレーシングカー
 鉄道模型
 トイガン
 ギター弦の袋
 ギターピック
 外国のコイン
 外国の古い擬似餌
 洋酒のミニチュアボトル

エトセトラエトセトラ
しかし
どれひとつとっても
長くてせいぜい1〜2年である
すぐに興味を失ってしまう
極度の

 飽き性なのだ

サイドボードの下の奥を整理したら
数年前に蒐集していた洋酒のミニボトルがゴロゴロ出てきた


c0120913_12412112.jpg



そういえばたしかに集めていたことは憶えている
しかしなぜこんなものを集めようと思ったかは思い出せない
たぶん衝動的に集めたのだと思う
よくあることだ
もう要らないので捨てようと思ったが
腐るものでもないし
捨てる前に中身を飲んでみる
プラスチックボトルは変質の可能性があるので
ガラスボトルのだけを飲んでみた
スコッチ、バーボン、ラム、ウォッカ、ジン
どれもホンモノと同じ味だ
なんだイケるじゃないか
ちゃんと酔えるし

西瓜のリキュールがあったので
飲んでみた

c0120913_12414487.jpg

うむむ
これは不味い
腐った果実の臭いがする
しばらくして本当にお腹が痛くなってきた

 ダメぢゃん

by ikasasikuy | 2013-05-26 07:40 | 醗酵飲料学 | Comments(12)
2013年 05月 25日
ベレッタM8000
c0120913_16111128.jpg



ベレッタM8000

種類 半自動拳銃
製造国 イタリア
設計製造 ベレッタ社

口径 9mm
銃身長 92mm
使用弾薬 9mmパラベラム弾
装弾数 15発
作動方式 ロテイティングバレル式ショートリコイル
全長 180mm
重量 925g


イタリアのテッポーである
こんなものを作るより
イタリアはもっとサッカーに力を入れるべきじゃないのか
最近はイングランドやドイツやスペインの強豪チームに勝てない
もっとACミランやインテルが強くならなければイケナイ
インテルはナガトーモが主力選手でイイノカ

ベレッタ
M92はゴツくて好きではない
M1934が一番いい
これはその次ぐらいだ


c0120913_16114723.jpg



ところで
ベレッターのトレードマーク
よく見ると剣が三本並んでいるヱなんだなぁ
よく見るまでは五七の桐の紋かと思っていた

by ikasasikuy | 2013-05-25 07:09 | 病理学 | Comments(2)
2013年 05月 24日
元祖参佰
c0120913_6363377.jpg
かき氷を食べて脳に刺激を与えている元祖参佰
garicsson experia




この男
かき氷屋へ行くと
必ず
「宇治ミルク金時の氷少なめ蜜多め」
と注文する
かき氷屋のおねえさんも
またいつものへんなおっさんや・・・と思いつつも
つくり笑顔で
「は〜い、いつものアレですね〜、かしこまりました〜」
と心得たものだ

出てきたかき氷をひと口食べて
「なんや、いっこも蜜多めなことないやん」
と言う
必ず言う
これはもういつもの決まり文句で
どんなに蜜が多めでも必ずそう言うことになっている
甘くて濃いエキスを摂取して
スケルトン状になった脳の隙間に充填しようとしているのか
とにかく濃厚なものが好きな男である
そして
かき氷を勢いよく頬張って
冒頭の画像の表情である
冷たい氷で死にかけの脳に刺激を与えているのだろうか
恍惚のブルースを歌う青江三奈のような顔になる
とにかく刺激の強いものが好きな男である

刺激といっても
香辛料や香草はダメらしい
タイ、ベトナム、インドネシア料理はまったく食えない
朝鮮・韓国料理もぜんぜんダメだった
支那料理屋へ行っても
食えるものといえば焼き餃子と支那そばと炒飯だけだ
それより昔ながらの大衆食堂の方がいいらしい
丼物が好みらしくカツ丼か天丼をよく食べる
味の付いていない白飯はダメだと言う
カツ丼は食べる前にたっぷり醤油をかけるし
カレーは味も見ずにウースターソースだし
オムライスはトマトケチャップてんこ盛りである
とにかく濃厚なものが好きなのだ
それに
甘いものも好きだ
饅頭、羊羹、プリン、チョコレート、かりん糖、ちちぼうろ
甘いものは脳味噌を活性化させると信じて疑わない
甘党だが酒も飲む
飲むときは熱燗で串カツがあれば他はなにも要らない
ソースは必ず御法度の二度づけ
味が濃くて脂っこいものが大好物だ
焼き肉屋では焼き肉はほとんど食べず
生レバーを5〜6人前食べる
焼き肉屋で生レバーを出さなくなったので
最近は焼き肉屋へ行くことはなくなった
ほかに
カレーうどんとカレーライスをいっしょに食べるのが好きらしい
カレーライスがなければライスカレーでもいいそうだ


 本名:ヱンドレス森下
 年齢:不詳(還暦は楽に超えている)
 住所:不定(一応持ち家が一軒あるらしい)
 AQ:300


この日着ていたポロシャツとズボンは
せっかく嫁さんがタンスを整理して
捨てるものを選り分けてまとめていたものを
「どうせタコ釣ったら汚れるねんし」

またゴミ袋から出してきて着ているらしい
「汚してから捨てたろ思てな」
と得意げに言う
まあ
むかしから服装はかまわない男だった
ホームレスでも捨ててしまうようなボロ靴をいつまでも履いている
しかし
残念ながらこの日は
シャツやズボンが汚れるほどタコは釣れなかった
絶対ということは絶対にないけれど
絶対に次回もこのポロシャツとズボンでタコ釣りに行くはずだ

 乞う!ご期待

by ikasasikuy | 2013-05-24 07:50 | 食文化論 | Comments(4)
2013年 05月 23日
あぁ栄冠はキミには輝かない
c0120913_18145671.jpg
明石海峡靄景色
fuji finepix z33wp



今年もまた
世界一熱い戦いの火ぶたが切って落とされた
そうだ
UEFAチャンピオンズリーグより注目度が高い
あの
「明石海峡タコ勝負」
が始まった
オッサンテレビから
試合を生中継したいとの申し入れがあったが
男と男の命をかけた戦いであることを理由に
丁重にお断りした

さて
タコ勝負だが
毎年5月はあまり良くない
まだ時期尚早なのだ
ロースコアに終わることが多い
へたをするとスコアレスドローということもある

谷のウグイスも

 「時に非」

と声も立てない

梅雨の終盤が本番になるこの釣り
だいたいまだ梅雨入りもしていないのだ

 _u_m_u_m_u_

釣れるだろうか・・・

宿敵ヱンドレス森下は
いきなり拍子抜けのする秘密兵器を出してきた
人参(にんじん)だ
英語で言うとCarrot(キャロット)だ
そんなもので釣れるわけがない・・・
と思っていたら
いきなり釣りよった


c0120913_18151460.jpg
ニンジンでタコを釣るヱンドレス森下



そうか
タコはナマのニンジンを食うのか
知らなかった
しかし
偶然にちがいない
たまたま慌てもんのタコが
マグロの刺身かなんかと間違えたのだ
すぐにボクが
サラミソーセージで2はい釣って逆転する

なんと
ヱンドレス森下が
ニンジンで立て続けに2はい釣って再逆転
タコはほんとにニンジンが好きなのか?
しかし
豚の背脂に換えたボクが2はい釣って再々逆転
スコアは4−3
しかし
抜きつ抜かれつのデッドヒートはここまでだった
ヱンドレス森下のニンジンが急に威力を失い
その隙に豚の背脂で一気に差を付けた
終わってみればスコアは

 16−6

大差でシリーズ初戦を制した
勝因は特にないが
ヱンドレス側の敗因がニンジンであることはまちがいない

冷蔵庫を探したらしいが
豚の背脂が見つからなかったので
かわりにニンジンを持ってきたという
背脂がなかったのでニンジンという発想が理解しにくい

たしかに
野菜がタコに効くケースはある
たとえばイイダコに辣韮(らっきょう)だ
それで
過去にいろんな野菜をためした

 茄子(なす)
 大根(だいこん)
 胡瓜(きゅうり)
 玉蜀黍(とうもろこし)

ことごとくダメだった
効果があったのは

 蒟蒻(こんにゃく)

特に糸ニョンニャクはよく釣れた
しかしナマの蒟蒻芋ではなく
加工品の板にょんにゃくや糸にょんにゃくだ


今年も初戦を看る限り
楽勝に思える
しかし
油断はできない
去年のことがある
死んだフリをして突然噛みつく男だ
(リヴァプールのスアレスか)
そんなわけで
この男凶暴につき
決して油断してはイケナイのである
なお
第2戦の予定は未定である


     つーびーこんちにゅう

by ikasasikuy | 2013-05-23 07:14 | 釣魚小全 | Comments(23)
2013年 05月 22日
FC バルセロナ
c0120913_314722.jpg



リーガ・エスパニョラ 2012/13シーズン
バルサが優勝した


だいたい
今季はこんなメンバーが多かった


c0120913_17175573.jpg



    バルサ応援歌・・・*クリックするといきなり歌が始まる

YouTubeはこちら



FIFAバロンドールはバルサのメッシで
ベストイレブンはバルサとRマドリーとAマドリーだけだ
世界はスペインのためにあるのか・・・

 カシージャス(Rマドリー)
 ダニエウ・アウヴェス(バルセロナ)
 ピケ(バルセロナ)
 セルヒオ・ラモス(Rマドリー)
 マルセロ(Rマドリー)
 シャビ・アロンソ(Rマドリー)
 シャビ・エルナンデス(バルセロナ)
 イニエスタ(バルセロナ)
 メッシ(バルセロナ)
 クリスティアーノ・ロナウド(Rマドリー)
 ファルカオ(Aマドリー)

上位3チームから5人、5人、1人
つまり
リーガエスパニョラから11人だ
イングランド・プレミアリーグからも
ドイツ・ブンデスリーガからも
イタリア・セリヱAからも一人も選ばれなかった
こんな偏ったベストイレブンでいいのだろうか
だいたいボクは
ピケとマルセロとシャビアロンソとクリスティアーノロナウドはキライなので
ヴァラン(Rマドリー)と
ジョルジアルバ(バルサ)と
ヘススナバス(セビージャ)と
ディアゴコスタ(Aマドリー)に変えてほしい
それにしても

 そんなにスペインリーグは強いのか・・・

いや
そんなはずはないはずだ
UEFAチャンピオンズリーグの準決勝は
バルサ vs バイエルン・ミュンヘン
Rマドリー vs ボルシア・ドルトムント
の組み合わせだったが
どっちもドイツ勢が勝ち上がった
特にバルサ vs バイエルン・ミュンヘンは
H&A二試合で0−7の大差で決着した
大人と子供のサッカーだ
決勝は5月25日
イングランドのウェンブリーだ
ボクはドルトムントに勝ってほしい



そうそう
バルサのリーグ優勝もいいけれど
国王杯(コパ・デル・レイ)の決勝で
アトレチコがレアルに勝ったの今年一番が面白かった
毛利仁王のレッドカードも面白かったし


c0120913_382898.jpg


by ikasasikuy | 2013-05-22 07:12 | _f_o_o_t_ | Comments(10)