<   2014年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧

2014年 05月 21日
仙崎の釣り 二日目
c0120913_20453651.jpg
仙崎湾
LUMIX DMC-TZ30




朝早く起きて仙崎へ行った
なぜ朝早くかというと
昼から雨が降ると天気予報が言うからだ
それなら
降り出す前に少しでもたくさん釣ってやろう大作戦・・・である

 上の写真は眠い目をこすりながら見た仙崎湾だ
 金子みすゞもこの海を見てこの詩を書いたにちがいない



   大漁

   朝焼小焼だ
   大漁だ
   大羽鰮の
   大漁だ。

   浜は祭りの
   ようだけど
   海のなかでは
   何萬の
   鰮のとむらい
   するだろう。

        金子みすゞ 1924年



昨日は雲ひとつない青空だったが
今日の空はうす雲にしっかりと覆われいる
低気圧が接近しているのだ
釣りとしてはこの方が断然釣れるはずなのだが・・

さて
本日の狙いはズバリ
仙崎の根魚(メバル属及びガシラ)だ

 ナニがナンでもルアーで釣らねばならぬ・・ムラタヒデオ大作戦

である
なにしろ昨日は
「釣りたい欲」に負けて釣具屋に走ったからな
今日はナニがナンでも・・

ところが
釣り始めて一時間あまり
アタリの「ア」の字もなければ
根魚の「根」の字もない
これはいったいどうしたことだ
昨夜の長門漁港といい
山口県の魚はルアーがきらいなのか・・

せっかく早起きしてきたのに
これでは意味が無いではないか
そこで
若干やり方を変えることにした
つまり
ヱサ釣りだ
背に腹は代えられない
昨日のブルーシーワームがたくさん残っている
これを使わない手はない

 優柔不断なやつだという声もある

柔軟な対応と言ってもらいたい

ブルーシーワームを付けると・・・
おぉ
一投目から来た
シロギスだ
その後も
投げるたびにナニかがアタリ
飽きない程度にナニかが竿を曲げてくれた
やっぱり
魚釣りは魚を釣らなきゃな・・・


c0120913_20213923.jpg
シロギス/アカオビスジハゼ/ホシササノハベラ
コモンフグ/イトヒキハゼ/チャイロマルハタ アオハタ
ホウボウ/ガシラ/カワハギ



釣ったのは上の9魚種だが
厳密に言うとササノハベラは「赤」と「星」の2魚種に分かれる
したがって全部で10魚種釣ったことになる

c0120913_163533.jpg
アカササノハベラ

眼の下の褐色線が
放物線を描いて胸びれ基部に達していればアカササノハベラ
真っすぐ伸びて胸びれの上を通っていればホシササノハベラ
釣っているときは特に区別していなかったが
後で冩眞で確認するとわかる

+++++++

釣りをしていると
ちっちゃいおばあさんが向こうからやってきた
まるでゼンマイ仕掛けの人形のように
トコトコトコトコ
トコトコトコトコ

他にも釣人は何人かいるのに
ボクのところへ一直線にやってきて
ニコニコしながらボクの釣りを見ている
じつに楽しげだ

「釣れますか」


訊ねる

「ちっちゃいのばっかりですけど」
「なにが釣れるの?」
「キス、ベラ、フグ、それにハゼの仲間です」
「どれどれ?」
「あ、釣ったら写真を撮って逃がすんです」
「あれ、もったいない」
「そうなんですけどね」
「底で釣ってるの?」
「そうです」
「引っかからない?」

なかなか鋭い質問だ
少しは釣りの心得があるのだろうか
巻き上げて仕掛けを見せる

「ほら、オモリが一番下にあるでしょ」
「ふんふん」
「ハリはここに結んでるので底に引っかからないんです」
「なるほど」
「お母さんは仙崎のひとですか?」
「わたし? そうよ。あなたは?」
「ボクは昨日から旅行で来てるんです」
「へえ、どこから?」
「宝塚です」
「え?」
「あ、神戸の近くです」
「タカラヅカって言った?」
「はい」
「宝塚よく知ってるわよ、むかし住んでたもの、逆瀬川ってとこ」
「え〜〜! ボクいま逆瀬川に住んでるんです」
「え〜〜! ほんとに」
「じゃあ、もともと宝塚の人ですか」
「いえ、生まれは鳥取なの」

鳥取で生まれて
若い頃に宝塚に住んで
いまは仙崎で暮らしている・・
ということらしい
宝塚のことや
仙崎のことや
仙崎の美味いもののことや
金子みすゞの詩のことなどなどを
まるで旧知の友に話すように気さくにしゃべって

「それじゃたくさん釣ってって」


またゼンマイ仕掛けの人形のように
トコトコトコトコ
トコトコトコトコ

帰っていった
見た目とはうらはらに
明るくて爽やかなおばあさんだった

+++++++

正午を知らせるチャイムが港に響くと同時に
鉛色の空から銀色の雨粒が落ちてきた
天気予報すごいな
竿をたたんだ
七時から正午まで
五時間びっしり釣りをした
こんなに一生懸命釣ったのは久し振りだ
歩き回って足と腰が痛い
ああ
ふかふかのベッドで大の字になって寝たい


【本日の釣果】
  シロギス・・・1
  アカオビスジハゼ・・・2
  ホシササノハベラ・・・17
  アカササノハベラ・・・9
  コモンフグ・・・2
  イトヒキハゼ・・・5
  チャイロマルハタ・・・2
  マハタ・・・1
  アオハタ・・・1
  ホウボウ・・・1
  ガシラ・・・1
  カワハギ・・・1
  10 11魚種41匹



この日も
ブルーシーワームのおかげで10種類釣れた
それに日頃あまりお目にかかれない魚も釣れたし
(不本意な釣り方ながらガシラも一匹だけ釣れたし・・)



c0120913_1272644.jpg
イトヒキハゼ


船釣りで一、二度釣ったことがある
鉤を外そうとして人さし指をパックリかぶられた
釣人の指を噛むので「テテカミ」という別名がある
小さな歯が生えているが噛まれてもぜんぜん痛くない
それにしても可愛らしくてきれいな魚だ
色といい
艶といい
海の宝石だ


c0120913_1304296.jpg
チャイロマルハタ マハタ


二、三年前に徳島の日和佐で釣ったことがる
おおはし氏にチャイロマルハタと教わった
今回は2匹釣れた
小さい方(9コマ写真)は朱点が鮮やかで美しいが
少し大きい方は朱点が消えていた
成長すると80cmぐらいになる魚らしい
色といい
艶といい
姿といい
美味そうな魚だ


c0120913_131226.jpg
ホウボウ


久し振りに釣った
鳴門でチヌのかかり釣りをしていて何度か釣ったことがある
ホウボウとカナガシラは酷似していて判別しにくいが
顔がやや馬面なのでホウボウだと思う
釣れると胸びれを広げて美しい
特に小さい個体は胸びれの青色が鮮やかで美しい
色といい
艶といい
これもまた海の宝石だ
でも
目つきが悪いし
手(胸びれ)が不気味だ
てのひらに乗せるとゴソゴソと歩き回る

+++++++

雨は止みそうにないし
宿に戻って少し昼寝して
昨日の串焼き屋へでもいくかな・・・

by ikasasikuy | 2014-05-21 06:50 | 釣魚小全 | Comments(14)
2014年 05月 20日
長門漁港
c0120913_1264658.jpg
長門漁港
LUMIX DMC-TZ30




夜メバルをやりに長門漁港へ行った
仙崎港が仙崎湾に面しているのに対して
長門漁港は深川湾に面している
つまり
距離は近いがぜんぜん別の海だ
長門市駅からぶらぶら歩いて港へ行くと
ちょうど矢ヶ浦山の向こうに真っ赤な夕日が落ちて
いますぐにでも夜メバルが釣れる絶好のタイミングになっていた
よしっ
釣るぞ
さっそくタックルを準備
(タックルといってもさっきまで仙崎で使っていたそのままだが)

 ロッドは韓国製の7本継ぎ
 リールは月下美人のダブルハンドル
 ラインはフロロの3LB
 ジグヘッドはロケットプラス1/20oz
 ワームはネジワーム蛍光イエロウ

ガイドが小口径なので飛距離に若干の難はあるが
いままでこの道具立てで全国津々浦々のメバルを釣ってきた
道具に不安はない
しかも大潮でこの時合い
これはもうだれがどうみても

 釣れたも同然

である
むしろ
面白いように釣れ過ぎて
面白くなくなるのではないかと心配だ
しかし

 心配無用だった

釣れなかった
かいもく釣れなかった
深・浅・遠・近
手を変え品を変え
(と言ってもジグヘッドのウエイトを変えたり、ワームの色を変えるぐらいだが)
ナニをやっても釣れなかった
けっこう大きな漁港だがほぼぜんぶやった
この港には魚がいないことが判明した

疲れた
時計を見るともう九時だ
腹が減った
駅と漁港の間に
なぜか飲み屋街があった
コンビニひとつない寂しい駅前のくせに
飲み屋だけは充実している
串焼き屋に入った
いきなり酔っ払いのお姐さんに家まで送ってくれとからまれたり
若い客が大声でどんちゃん騒ぎをしている喧しい店だが
味は悪くなかった
馬刺以外みなうまかった
少しく飲み過ぎた

明日は朝はやく起きて
もういちど仙崎でルアーを投げよう・・・




+++++++++++

 ここで@ngling netから

  フットボールに関する重要なお知らせ

by ikasasikuy | 2014-05-20 07:02 | 釣魚小全 | Comments(2)
2014年 05月 20日
ふとぼーる・りんじにうす
c0120913_13493271.jpg
ディエゴ・ゴディン




リーガエスパニョラー最終節
雌雄を決する戦いがここにある

 バルセロナ vs アトレチコマドリード

一位と二位の決戦だ
第37節までの勝ち点は

 アトレチコ・・・89
 バルセロナ・・・86

である
アトレチコは勝てばもちろん
引き分けでも優勝だ
バルサは勝てば勝ち点で並び
直接対決成績が一勝一分けとなってバルサの優勝となる
つまり引き分けを除いて

 勝ったもん勝ちだ

開始早々
ジエゴ・コスタが負傷交代
さらにその数分後10番アルダも負傷交代
アトレチコは前半の前半で攻撃の両翼を捥がれてしまった
すると33分
バルサがアレクシス・サンチェスのゴールで先制
うむむ
万事休す・・・か

だれもが思った後半開始早々の49分
アトレチコのディエゴ・ゴディンのアタマが炸裂する
鋭い弾道でゴール右隅に突き刺した

 1-1

同点だ
同点ならアトレチコだ
そして
残り40分
守りに守り抜いて引き分けに持ち込んだ
18年ぶりのリーグ優勝だ

この優勝に
カンプノゥのスタンドを埋め尽くしたバルササポーターからも
惜しみない賞賛の拍手が鳴り止まなかった
さて
次は5/24
チャンピオンズリーグファイナルだ
相手は国王杯覇者のレアルマドリード
つまり

 マドリードダービー

である
こんどはレアルを倒して欧州ナンバーワンだ・・・と
アトレチコの二冠に期待するハンガンビーカーの小物師であった

by ikasasikuy | 2014-05-20 07:01 | _f_o_o_t_ | Comments(0)
2014年 05月 19日
仙崎の釣り
c0120913_9455222.jpg
仙崎漁港
LUMIX DMC-TZ30




金子みすゞ記念館へ行ったあと
仙崎港で釣りをした
釣り方はジグヘッド&ワーム
昼メバル狙いだ
ナニがナンでもルアーで仙崎の魚を釣りたい
しかし
アタリの「ア」の字もなければ
メバルの「ガ」の字もない
海の透明度が高過ぎて
ルアーがバレバレなのだ

 メバルは「メ」だという指摘もある

しかし
仙崎まできてボーズで帰るわけにはいかない
ナニがナンでもナニか釣らねば・・
そこで
やり方を少し変えることにした
釣具屋へ行ってブルーシーワームを買った


c0120913_9522253.jpg


よしっ!
これで恐いものなしだ

 ナニがナンでもルアーじゃなかったのかという声もある

まあいいぢゃん
小物師は切り替えが早いのだ
それに小物師には節操もなければ自尊心もない
釣れたらナンでもいいのだ
ただし
釣った小物は写真を撮ったら優しくリリースだ
決して地べたに叩きつけて殺したりしない
そのへんが極悪非道のヘラ釣師とは決定的に違う点だ

さっそく(ヱサ)釣り開始
おぉ
釣れる
釣れる
なんぼでも釣れるじゃないか
ブルーシーワームはすごいなぁ・・・
しかも
面白いように釣れ過ぎて面白くなくなるというほど面白いようには釣れず
飽きない程度にポツリポツリとタイミング良くそこそこ釣れるという
まさに小物釣りの王道のような釣りであった


c0120913_9304119.jpg
コモンフグ/アミメハギ/アカオビシマハゼ
アイナメ/アナハゼ/キュウセン
クサフグ/ホシササノハベラ/シロギス




午後五時
もっと釣れそうだがここで切り上げる
実釣時間2時間
10魚種20匹
じゅうぶんじゃないか


【本日の釣果】
  コモンフグ・・・1
  アミメハギ・・・1
  アカオビシマハゼ・・・2
  アイナメ・・・1
  アナハゼ・・・2
  キュウセン・・・1
  クサフグ・・・1
  ホシササノハベラ・・・9
  アカササノハベラ・・・1
  シロギス・・・1


c0120913_04903.jpg
アカササノハベラ
実はササノハベラは2種類いて
9コマ画像のはホシササノハベラである
体形や色が良く似ているが遺伝子の異なる魚で交雑しない
眼の下の褐色線の伸びる方向で判別する


さて
これから長門漁港へ移動して夜メバルだ
釣るぞ!
おぉー!
ガンガン釣るぞ!
おぉー!おぉー!おぉー!

 歳なんぼやというギモンもある

by ikasasikuy | 2014-05-19 07:30 | 釣魚小全 | Comments(6)
2014年 05月 18日
金子みすゞ
c0120913_16363640.jpg
金子文英堂
LUMIX DMC-TZ30




仙崎へ行った
ずっと行きたかったが
交通の不便な場所だけに
なかなか行くタイミングがなかった
でも
そんなことを言っていたら
一生行く機会などやってこないのである
それではあまりにも心残りだ
そんなことになったら死んでも死に切れない
向こうから来ないなら
こっちから行くしかないのだ

行き方は大雑把に二通りある
ひとつは
神戸から新幹線で山口県の厚狭という所まで行き
そこから在来線で長門へ
もうひとつは
飛行機で福岡へ飛び
博多から新幹線で厚狭へ戻って
あとは同じだ
さて
どっちが早いか・・・
調べてみた
鉄路で行くとなんべんも乗り継ぎをして
最短でも5時間30分かかる
ところが
飛行機を使うと
福岡から逆戻りのように思うが
搭乗30分前に空港で待機しても4時間以内で着く
飛行機は速いなぁ・・・
さうさう
神戸港から船に乗って門司港経由で行く方法もある
26時間かかるらしい



----------------------------------------------------------------



星とたんぽぽ

 青いお空の底ふかく、
 海の小石のそのように、
 夜がくるまで沈んでる、
 昼のお星は眼にみえぬ。
  見えぬけれどもあるんだよ、
  見えぬものでもあるんだよ。

 散ってすがれたたんぽぽの、
 瓦のすきに、だァまって、
 春のくるまでかくれてる、
 つよいその根は眼にみえぬ。
  見えぬけれどもあるんだよ、
  見えぬものでもあるんだよ。

             1925年



c0120913_3221979.jpg


金子みすゞ=本名金子テル(1903.4.11 - 1930.3.10)
26年の人生を終える前日に写真館で撮った写真

 瓦のすきに、だァまって、

なぜかこの一行だけが
三四五のリズムが狂っている


仙崎から帰ってくると
ボクが仙崎へ行ったことを知っていたかのように
テレビで
「金子みすゞ物語」(みんなちがって、みんないい)
をやっていた
再放送なので観るのは二度目だが
何度観ても悲しい話だ

by ikasasikuy | 2014-05-18 07:20 | 文化人類学 | Comments(2)
2014年 05月 17日
松尾大社
c0120913_225415.jpg
松尾大社
LUMIX DMC-TZ30




阪急「嵐山」から一駅
去年まで「松尾」という駅名だったが
いまは「松尾大社」駅である
駅を出て西へ徒歩200m
断崖絶壁のような山に突き当たると
そこが松尾大社だ
じつは
松尾駅が松尾大社駅と駅名が変わるまで
ここにこんな有名な神社があることを知らなかった
世の中は知らないことだらけだ

ちなみに
阪急「中山」駅も同じく「中山観音」駅に変わり
阪急「服部」駅も「服部天神」駅に変わった
でも近所なので前から知っていた


松尾大社は旧官幣大社で
「おほやまくひのかみ」と
「なかつしまひめのみこと」を祀っているらしい
漢字で書くと
「大山咋神」と
「中津島姫命」だ
いったいどんな神様だろう
さっぱりわからない

とりあえず
お賽銭を五萬ヱンをあげて
二礼
二拍手

 ガシラがぎょうさん釣れますように

と祈願して
一礼

さて
おみくじだ
授与所へ行くと
とてもステキングな巫女さんだ
笑顔が天女のようだ
ただし
天女を見た事がないので
感想はあくまでもイメージだ
でも
これはもう
大吉を引き当てたも同然である

「おみくじひきます」
「200萬ヱンです」

おぉ! 鈴を振ったような美しい声

「その筒を振って棒を一本出してください」
「あら、出ませんよ」
「逆さまです、穴の開いてる方を下にしてください」
「あ、出ました」
「何番ですか」
「子ぇの千三百・・・」
「あはは、珍しいですね」
「え? 珍しいてどうゆうことです?」
「最近はそんなんゆうひとめったにいてません」
「そうなんですか」
「もう流行ってないと思います」
「そうですか」
「ほんまは何番ですか?」
「あ、じゅうそうです」
「それじゅうさんと読むんです」
「知ってます」
「知ってたらそうゆうてください」
「とぅんまてん」
「はい、十三番です、よぉお参りを」

「うわっ!」
「なんですか?」
「うっわ〜〜!」
「どうしたんです?」
「えらいことです」
「なにがです?」


c0120913_23165863.jpg
第十三番 末凶
LUMIX DMC-TZ30



「これ、末凶て書いてます」
「それは残念でした」
「えらいあっさり言いますね」
「それがあなたの運勢ですから」
「まあ、そうですけど・・これ、ふつうの凶とどっちが悪いんです?」
「さあ、私はよく分かりません」
「巫女さんでもわからないんですか」
「とぅんまてん」
「とぅんまてん・・て」
「もういっぺん引きますか?」
「もういいです」

そんなわけで
去年の夏の法善寺水掛不動以来の凶くじを引いてしまった
悦事有るべし・・・と言いつつ

 ・待ち人直ぐに来たらず
 ・失せ物出でず
 ・売り買い余り深入りすべからず
 ・争いごと先に利をとらるることあり
 ・病気養生第一に心掛くるべし
 ・縁談慎重に話を進むべし
 ・旅行よろしからず

かいもくダメぢゃん
ああ
今年はもう
ガシラは釣れないかもしれないなぁ・・・









愛媛冩眞


by ikasasikuy | 2014-05-17 07:15 | 宗教民俗学 | Comments(4)
2014年 05月 16日
嵐山にて
c0120913_21203551.jpg
嵐山
LUMIX DMC-TZ30




嵐山にて
渡月橋を撮るひとを撮る

嵐山は流石に京都を代表する観光地だ
平日にも関わらず人が多い
もちろんこここも
ほぼ全員が外国人だ
中でも
支那人観光客は
須く(スベカラク)
高級デジタル一眼レフカメラを首から提げている
ろうにゃくにゃんにょ
大きいひとも小さいひとも
太いひとも細いひとも
みながみな判を押したように
首から重いニコンかキヤノンを提げている
首や肩
こらないのかなぁ
それにしても声が大きいし
ゴミをポイポイ捨てるし
目にあまるマナーの悪さだ

しかし
思い起こせば
いまを去ること三十数年前の
ニッポンの農協の団体サンとおんなじじゃないか
大声
馬鹿笑い
チビ、デブ、ハゲ、メガネ
似合わない背広に長過ぎるネクタイ
トドメは首から提げた新品の日本製高級カメラ
(操作方法はほとんどわかっていない)
歩きながらどこでもたんを吐く
酒を飲むとすぐに手拍子を打つ、歌う、踊る、ゲロを吐く
マナーの悪さで
ヨーロッパ、ハワイ、オーストラリア、香港、澳門
世界中に「ザ・ノーキョー」の悪名をとどろかせた前歴がある

彼らの後輩であるボクは
あんまり外国人観光客のこと
悪く言えた義理ではないのかもしれない


c0120913_1305356.jpg
渡月橋越しに小倉山と愛宕山



右岸から
小倉山を望む
左岸から嵐山を見るのも佳いが
どっちかというとこっちがボクは好きだ

by ikasasikuy | 2014-05-16 07:16 | 光学機器・写真学 | Comments(4)
2014年 05月 15日
豆平糖
c0120913_19533659.jpg
豆平糖 on the Nabeta glass.
LUMIX DMC-TZ30




京都には
今も昔も変わらない伝統菓子がぎょうさんあるけれど
ボクが一番好きなのは

 祇園小石の豆平糖

である
棒状の鼈甲飴に
炒った大豆が入っているだけの素朴な飴だ
これを長さ3センチに切りそろえてある
その3センチのあいだに
豆が四つ入っているのがあれば
一つしか入ってないのもある
手作りだからバラツキがあるのはしょうががない
ところが
四つ入っているものも
一つしか入ってないものも
美味しさにはなんの変わりもない

鼈甲飴の仄かな懐かしい甘さと
大豆のふくよかな香ばしさが口の中に広がる

 あめとまめ

贅沢な材料を一切使わない京料理の心髄がここにもあるような気がする

by ikasasikuy | 2014-05-15 07:51 | 食文化論 | Comments(6)
2014年 05月 14日
嵯峨野竹林径
c0120913_22291123.jpg
嵯峨野竹林径
LUMIX DMC-TZ30




嵯峨野の竹林
大河内山荘へ至る径である
歩いているのは外国人だらけだ

 白人系西洋人・・・5%
 ラテン系西洋人・・・5%
 支那人・・・85%
 修学旅行・・・5%
 修学旅行を除くニッポン人・・・0.01%

修学旅行以外のニッポン人はボクだけだ
聞こえてくるのは外国語ばっかり
まるで外国の道みたいだが
ここはニッポンの道だ
威風堂々と歩こう
でも
なんだかなぁ・・・

by ikasasikuy | 2014-05-14 07:27 | 植物学 | Comments(6)
2014年 05月 13日
天龍寺
c0120913_22193463.jpg
大方丈と曹源池
LUMIX DMC-TZ30




天龍寺へ行った
天龍寺といえば庭だ(そうだ)
だれが何と言っても「禅の庭」である(らしい)
「日光を見るまでもう結構というな」というように
天龍寺の禅の庭を観るまで庭を観たと言ってはイケナイ(そうだ)

 曹源池
  夢窓疎石の作庭になる廻遊式庭園
  池の前庭には州浜形の汀や島を配し
  嵐山や亀山を借景として取り入れている
  白砂と緑が鮮やかである

でも
池の水はにごっているし
錦鯉も美しくない
白砂も白くはないし
あざやかでもない
いったいどこがどうだというのか
ボクには禅の庭の良さがわからない
たぶん
友人知人のなかで
この庭の良さがわかるのはヤスさんぐらいじゃないかな

夢窓疎石の遍歴と庭園
これを読めば
少しは禅の庭のことがわかるらしいのだが
いくら読んでも書かれた言葉が体に入ってこない
きっと書いているひとが読むひとのことをなにも考えていないからだ



c0120913_043797.jpg




拝観料500萬ヱン
これならまだハリボテのお城を観るほうがいい
秋の紅葉の頃ならもう少し美しいかもしれないという気がしないでもないけれど
じゃ
秋にもう一度来てみるか
うむむ・・・
どやろ

by ikasasikuy | 2014-05-13 07:41 | 宗教民俗学 | Comments(2)