<   2014年 06月 ( 45 )   > この月の画像一覧

2014年 06月 30日
アーリオ・オリオ・ヱ・ペペロンチーノ
c0120913_1965856.jpg
pasta aglio olio e peperoncino
LUMIX DMC-TZ30




ニッポンではペペロンチーノと言うけれど
イタリアではぜんぜん通じない
本名

 パスタ・アーリオ・オリオ・ペペロンチーノ

である
ペペロンチーノは赤唐辛子のことなので
伊太利の食堂で「ペペロンチーノくれ」と言うと
赤唐辛子が出てくることになる
ちなみに
アーリオは大蒜
オリオはオリーブ油

パスタ・アーリオ・オリオ・ペペロンチーノ
ニッポンではイタリアレストランには必ずあるけれど
伊太利では家庭料理だ
普通のリストランテやトラットリアのメニューにはない
タベルナ(大衆食堂)ならあるかもしれない
材料代がかからない質素な料理なので儲からないのだ
ニッポンでいうと
さしずめ駅の立ち食いのすうどん(かけうどん)みたいなものだ
パスタだからスパスタ(カケパスタ)・・・か

【作り方】
フェデリーニを塩たっぷりで5分茹でる
ニンニクと唐辛子をたっぷりのオリーブオイルで炒めてパスタに和える
以上
イタリアンパセリと粉チーズがあれば
一気に高級スパスタ(高級カケパスタ)になる


c0120913_1623095.jpg


ヱビスのプレミアム・ブラック
前のヱビス・ザ・ブラックよりマイルドになっている
口の中のヒーヒーを抑えるのに最適だ
なお
スパスタを食べた後
公衆の前では口臭に要注意

by ikasasikuy | 2014-06-30 07:21 | めん類学 | Comments(10)
2014年 06月 29日
World Foot Vol.15
c0120913_15125135.jpg
勝利に沸くコロンビアサポーター
LUMIX DMC-TZ30




コロンビア vs ウルグアイ
を見た
どっちも絶対的エースを欠いていている
コロンビアはファルカオがケガで離脱
ウルグアイはスアレスが噛みつき病で保健所に連れていかれてしまった
ところが
コロンビアに救世主が現れた

 "james rodriguez"

ハメスロドリゲス
22歳のシンデレラボーイだ
ジェームスと書いてハメスと読む
この日も見事な2ゴールで勝利に貢献した
これで4試合で5得点
得点王争いの単独首位だ
見た目もファルカオよりずいぶんさわやかだ
それに右サイドにはクアドラドという
おもしろい顔をした痩せた選手がいて
これがすばらしい切れ味を見せる
一方の
ウルグアイにはカバーニがいるが
顔が恐い
フォルランは大阪の水があうのか
まったりと淀んだままだ腐りかけのセレッソだ
そんなわけで結果は予想通り

 2-0

コロンビアの楽勝だ
それにしてもコロンビアは強い
アオザムライが歯が立たないのもうなずける
そのコロンビア
準々決勝はブラジルと当たる
チリに苦しめられた王者ブラジルと
勢いに乗る元気なコロンビア
楽しみだ


c0120913_15142293.jpg
"colombia" vs " uruguay"
ハメスロドリゲスの2点目がゴールネットに突き刺さった瞬間

















c0120913_23122319.jpg


コロンビアは美人が多い国らしい
ニッポンでいうと秋田県みたいなところだ

 イッテミタイナヨソノクニ

by ikasasikuy | 2014-06-29 23:12 | _f_o_o_t_ | Comments(2)
2014年 06月 29日
怪魚ハンターが行く
c0120913_21242238.jpg
武石憲貴
LUMIX DMC-TZ30




ニッポン人の釣師が
テレビでアマゾン川の怪魚を釣るというので
見てみたら
あんのじょうタケちゃんだった

 武石憲貴

たけいしのりたかと読む
知らないひとは知らないけれど
知ってるひとは知っている
世界中を釣り歩く怪魚ハンターだ
秋田県出身の超醤油フェイス
いつも梅干し食べてスッパマンみたいな顔をしている

いつだったか
モンゴルから帰ってきたタケちゃんと
青野ダムでブルーギルを釣ったことがある
日頃巨大魚ばっかり釣ってるから
「こんなん釣っても面白いことないやろ」
というと
「そんなことないっす、めちゃくちゃ面白いっす」

目を輝かせて釣っていた
なるほど
なるほど
怪魚、巨大魚も釣るけれど
元々釣りそのものが好きな男なのだ

アマゾン川では
念願のピライーバは釣れなかったが
アマゾンの支流シングー川でタライロンという怪魚を釣っていた


c0120913_21404629.jpg
タライロン



シーラカンスみたいな古代魚的風貌の怪魚
これもタケちゃんの永年の夢のひとつだったらしい
いまごろまた
地球のどこかを
怪魚を狙って彷徨っているのだろうな

 釣りに国境はない

タケちゃん
またいつか一緒にハゼ釣りでもやろうぜ

by ikasasikuy | 2014-06-29 07:22 | 釣り文化総論 | Comments(7)
2014年 06月 29日
World Foot Vol.14
c0120913_10263238.jpg
"brasil" vs "chile"
LUMIX DMC-TZ30





決勝トーナメント
ブラジル対チリを見た
ダビドルイスのゴールでブラジルが先制
(どうみてもチリのオウンゴール)
アレクシスサンチェスのゴールで同点

 1-1

のまま90分が終わり延長戦
延長戦後半の120分
チリFWピニージャのシュートがクロスバーをたたく
入ったと思ったが跳ね返ったボールはわずかにゴールの外・・
ブラジル命拾い
けっきょく1-1のままPK戦へ

4人づつ蹴って
2人づつ外して

 2-2

ネイマールが決めたあと
ゴンサロハラのキックが右ゴールポストに当たって
90°の角度で左へ・・・
入ったかと思ったが
GKジュリオセザールの体をかすめながら左ポストの外側を・・・(上のヱ)
ブラジル中が
いや
世界中が息を呑んで見入った瞬間だった
もういっぺんやったら
きっとチリが勝つ
チリ中が
いや
世界中がそう思ったゲームだった


c0120913_11162596.jpg


by ikasasikuy | 2014-06-29 06:24 | _f_o_o_t_ | Comments(0)
2014年 06月 28日
Nova atração de Muddy Waters
c0120913_083063.jpg
"nova atração"
LUMIX DMC-TZ30




マディウォーターズの新作
名前はまだない
ヒノキ材の100mm×20mm⌀
手削りで小一時間かかる
こういうカタチにすると
垂直に近い浮き姿勢になる
塗装の前に
リグを仮組みして浮かべてみた
案の定ほぼ垂直だ
頭の浮力が強いので
けっこう頭を出して浮いている
塗装をするともう少し吃水が下がって水に絡みやすくなるはずだ
ノンウエイトでいくことにする

by ikasasikuy | 2014-06-28 07:07 | 漁具概論 | Comments(6)
2014年 06月 28日
World Foot Vol.13
c0120913_1581536.jpg
momento Suárez è masticato Chiellini





この前の試合で
イタリアのDFキエッリーニを噛んだウルグアイのスアレスに
FIFAから厳しい裁定が下った

 代表選9試合出場停止 及び 4ヶ月間すべての選手活動の停止

二度あることは三度ある
というとおり
これでスアレスは前科3犯になった
ニンゲンというより
これはもう猛獣の世界だ
ベスト16でウルグアイと戦うコロンビアは喜んでいるだろうなぁ・・・

 
これですべての予選リーグが終わった
アジア最後の砦、カンコクがベルギーに負けて
とうとうアジア勢4ヶ国は予選で全滅ということになった
しかも4ヶ国とも1勝もしなかった
参加することに意義があるのはオリンピックだけにしてほしい

それぞれ予選グループを生き残った国は
南米勢は出場6ヶ国のうち5ヶ国
同じく北中米が4ヶ国中3ヶ国
つまり
全アメリカタイリクは8割の生存率だった
それにひきかえ
アフリカが5ヶ国中2ヶ国
ヨーロッパは13ヶ国も出ていながら6ヶ国だけだった

ベスト16のブラジルの入っているブロック
ブラジル、チリ、コロンビア、それにスアレスのいないウルグアイ
4ヶ国とも南米勢だ
さあ
寝よ

by ikasasikuy | 2014-06-28 01:52 | _f_o_o_t_ | Comments(0)
2014年 06月 27日
Merrell Chameleon 5 Storm
c0120913_11525464.jpg
Merrell Chameleon 5 Storm GORE-TEX®
LUMIX DMC-TZ30





メレルを買った
派手な色だが"HAIKAI"用だ
本来はトレッキングシューズだが
メーカーカタログには"TREKKING"というカテゴリーはなく
"HIKING"となっている

 ハイキングとハイカイング

・・・似ている
過去に何足も履いてきたメーカーなので
履かなくてもどういう靴なのか分かる
ウィンターモックに始まって
ジャングルモック、アルペンモック、アクアモック、ジャングルアメーバ、ヘンプモック
トレッキングシューズやビジネスシューズも何足か履いた
これで十四足目か十五足目
ただし
ボクの足のカタチには
メレルよりニューバランスの方が合う
それよりダディダスはもっと合う
それでもやっぱりメレルのデザインが好きだ

じつは
先月まで徘徊用に履いていたマーレマーレ
とても気に入っていたが
大きなモンダイが発覚した
旅先でソールを縫い付けてある糸が切れたのだ
(こんな部分に使う糸が切れたのを初めて見た)
糸が切れると本体と底が別れ別れになる
あわててダイソーへ走り
靴修理専用接着剤(税込み108円)を買ってホテルで応急修理した

 博多駅前のダイソー
 気を失いそうになるほど店内が広い
 広すぎてどこに何が売ってるのかさっぱり分からない
 そこで
 店で一番若くてかわいいおねえさんをつかまえて
 接着剤売り場まで連れていってもらった
 かわいいおねえさんだったなぁ・・・

とりあえず歩いても別れ別れにはならなくなったが
こんな靴では安心して徘徊できない
安い靴だからしかたがないのか
安かろうボロかろう(松山ことば)ということなのか

神戸市長田区でズック靴(ケミカルシューズ)を作っておられるみなさん
アナタガタの奮闘努力はよく存じ上げているけれど
善良なる消費者のためにも
アナタガタ製造者の未来のためにも
もうちょっとちゃんとしたモノを作ってちょうだい
たのむで

by ikasasikuy | 2014-06-27 07:51 | 意匠 | Comments(8)
2014年 06月 26日
World Foot Vol.12
c0120913_20573399.jpg
messi
LUMIX DMC-TZ30




"argentina" vs "nigeria"
すでに決勝トーナメントが決定しているアルゼンチンと
引き分け以上かイランが負けたら決勝Tに行けるナイジェリアのゲームを見た
結果は

 3-2

アルゼンチンが勝った
ところが同時刻開始のイランvsボスニアヘルツェゴビナで
ボスニアヘルツェゴビナがジェコのゴールなどで
W杯初勝利を挙げた
おかげで負けたナイジェリアは決勝Tに進めることに・・・
ナイジェリア人はボスニアヘルツェゴビナ人に感謝しなくてはいけない
ボスニアヘルツェゴビナさまさまである

ゲームはイマイチ面白くなかった
消化試合でケガでもしたら一大事と
後半途中でベンチに下がったメッシだが
前半だけで2ゴール
格の違いを見せつけた
小さな体から風格が漂っている
メッシの前では
イグアインもアグエロもかすんでしまう
ただし
ディマリアはおそろしく元気だった
目がらんらんとかがやいていた

アルゼンチン
もちろんベスト4の最有力候補だ
準決勝の対戦予想は

 ブラジル vs ドイツ
 オランダ vs アルゼンチン

大会前の予想と違っているのは
スペインがオランダになったところだけだ

穴はメキシコ、ベルギー、スイス
大穴はコスタリカだ
がんばれコスタリカ

by ikasasikuy | 2014-06-26 23:56 | _f_o_o_t_ | Comments(0)
2014年 06月 26日
ちゅうちゅうたこかいな
c0120913_0325082.jpg
こだこまめだこ
LUMIX DMC-TZ30




一人で
タコを六匹食べた
六匹食べたと言っても
ものすごい小さいタコなので
食べた気がしなかった
食べた気はしなかったけれど
食べたことは食べたので
おいしかった
小さいけれどおいしかった

 リリースしないのかというギモンもある

リリース
しないのである

by ikasasikuy | 2014-06-26 07:31 | 食文化論 | Comments(4)
2014年 06月 25日
World Foot Vol.11
c0120913_23333286.jpg
balotelli
LUMIX DMC-TZ30



"uruguay" vs "italiana"
を見た
コスタリカに負けた両者だが
イングランドが2戦2敗なので
どちらか勝った方がグループリーグ突破である
(得失点差で有利なイタリアは引き分けでもよい)
この両チーム
サッカー選手としては抜群だが
ニンゲンとしてはどうだろう?という選手が
それぞれひとりづついる
背番号はどっちも「9」だ

イタリアのバロテッリ
倒れてる選手をわざと蹴ったり踏んだり
倒れてない選手には跳び蹴りを見舞ったり
上のヱはウルグアイのDFペレイラに跳び蹴りを食らわしたところだ
ペレイラの首が折れたかと思った

昔むかし
昭和四十年代のはじめごろ
ニッポンでキックボクシングというのが流行ったことがあった
沢村忠という無敵の人気選手がいて
得意技は「真空跳び膝蹴り」だ
試合の後半になると
テレビの放送時間にあわせるようにこの技を出す
相手もわかっているのに避けたりせず自分から蹴られにいく
ゆるいスピードでよろよろと飛び上がって
膝がわずかにかすっただけなのに
相手はもんどりうって倒れる
実況アナウンサーが
「出た〜!サワムラ真空跳び膝蹴り〜!」と絶叫する
まるで
力道山の空手チョップや
G馬場の十六文キックと同じだ


c0120913_233354.jpg
suarez



乱暴者はウルグアイにもいる
ご存知スアレスだ
いままでに二度
試合中に相手選手に噛みついている
そして
バロテッリが真空跳び膝蹴りを披露したこのゲームでも
前科者スアレスも得意技の噛みつきを見せた
噛まれたのはイタリアDFキエッリーニ
イタリアチームの中でいちばん不味そうな選手だ
試合は

 1-0

でウルグアイが勝って決勝T進出を決めたが
スアレスは出場停止になる可能性がある
プレミアリーグで噛みついたときは10試合出場停止だったので
もしかしたら
もうブラジルでスアレスの勇姿は見られないかもしれない

昔むかし
昭和三十年代のおわりごろ
ニッポンはプロレスの全盛期だった
アメリカから来た人気レスラーのフレッドブラッシーが
力道山、グレート東郷を噛みまくって
アメリカに戦争で負けた記憶が新しいニッポン人に衝撃を与えた
当時はまだカラーテレビが出始めで
ほとんどのニッポン人が黒い血を見ていたわけだが
たまたまカラーテレビで観戦した老人が
ブラッシーに噛まれたG東郷のでぼちんから
真っ赤な鮮血が噴き出しているのを見て四人ショック死した


そんなわけで
ボクらのアオザムライは
すでに決勝トーナメント進出が決定しているコロンビアに

 1-4

で負けた
コロンビアは1、2戦に出ていない控え選手中心のスタメンだったが
強かった
力の差は歴然だった
初戦と2戦目は勝つチャンスがじゅうぶんあったのが残念だ
でもまあ
しかたがない
こうなったうえからは
来年の女子ワールドカップカナダ大会のなでしこじゃぱんに期待しよう

by ikasasikuy | 2014-06-25 23:59 | _f_o_o_t_ | Comments(0)