<   2015年 02月 ( 33 )   > この月の画像一覧

2015年 02月 28日
道明寺の梅
c0120913_034958.jpg
道明寺天満宮
OLYMPUS E-410 with Zuiko 35mm F3.5




道明寺天満宮へ梅を見に行った
梅は咲いていた
いまが盛りのもあれば
散りはじめているものもある
ボクは三分咲きぐらいの梅が好きだ
つまり花三で蕾七の枝垂れ紅梅が好きだ
好きな女性のタイプがそれぞれ異なるの同じで
梅の木一本にもにも好みの梅とそうでない梅がある

さて
参拝だ
お賽銭は大奮発して10万円

 今年もガシラがぎょうさん釣れますやうに・・・


おみくじを引く
去年は第二十二番「大吉」だった
じつはそれ以来大吉をひいていない
丸一年間スカを引き続け現在十七連敗中である
授与所は去年と同じ若くて美形の禰宜さんだったが
ボクはそっちの趣味はぜんぜんない
おみくじは

 第二十五番

だった
つまり二十二が大吉なので二十五も大吉ということはまずない
だいたい八つ飛ばしぐらいに大吉があるのだ
案の定

c0120913_1054221.jpg

 第二十五番 中吉

中吉はおみくじのなかでは三番目のクジだ
オリンピックなら銅メダルだ
でも
おみくじ界では値打ちがない
つまり「スカ」だ
ああ
ついてない人生だったなぁ・・・
でもまだこのあと三輪明神がある
あきらめてはイケナイ


c0120913_1351164.jpg


今回は
いつものラドン師匠と
初参加のごるご十三番弟子の三人連れだ
つまり
師匠に連れられながら弟子を連れてゆく
世の中というのは複雑な構図でできている

さてさてそのあと
道明寺梅見隊一行総勢約三名は
ラドン師匠のロールスロイスに乗り込み
一路出雲村を目指すのであった


 つづく

by ikasasikuy | 2015-02-28 10:22 | 植物学 | Comments(2)
2015年 02月 27日
うちなーすば
c0120913_654949.jpg
玉子焼きすば
LUMIX DMC-TZ30




玉子焼きすば
である
沖縄にはないと思っていたら
一軒あった
那覇公設市場の横の「ユッキーそば」
屋号がかいらしい
でもここのはヒラヤーチーのような玉子焼きだ

麺屋ささ木は出汁巻きだ
塩も砂糖も醤油も味醂もなにも入れず
卵を鰹と昆布の出汁で溶いただけ
まえは塩と味醂を少しづつ入れていたが
やめた
余計なものを入れないほうが
卵の風味がより際立つことがわかった
冷めても
うまい
三年前に京都で買った銅の玉子焼き鍋がようやく馴染んできた
いまやボクは一端の玉子焼き職人である
目標は錦市場「田中鶏卵」三代目

 ウエクミだ ↓







ごはんのおかずや
麺類のトッピングにすることは稀で
だいたいは酒の肴である
ほのかな卵の味が清酒や焼酎にあう
ウィスキーも良いかもしれない
ただし
ビールはダメだった
ぜんぜんダメだった

by ikasasikuy | 2015-02-27 09:46 | めん類学 | Comments(4)
2015年 02月 27日
ふっとにぅす
c0120913_14344147.jpg
京都市中京区錦小路通麩屋町上ル "omo café"
LUMIX DMC-TZ30




イングランドプレミアリーグ第26節

 チェルシー vs バーンリー

c0120913_7392463.gif1-0で勝っていたチェルシーだが
後半50分、チェルシーのMFマチッチが
バーンリーのバーンズの激しいタックルに激昂仮面
起き上がるやいなやバーンズを突き飛ばした
バーンズは「突き飛ばしてくれてありがとう」と言いながら
まるでリキドーザンの空手チョップを食らった外人レスラーのようにもんどりうって倒れ
おまけに地面で頭を強打したと見せかける吉本新喜劇顔負けの演技までつけた
これを見てすかさず笛を吹いたマーチン・アトキンソン主審
ポケットから赤いカードを出そうとした瞬間
チェルシーのイバノビッチがその手を押さえつけて
「赤は堪忍したってぇな、たのむわ、せめて黄色にしたってぇな、たのむわ〜」
と必死に嘆願したがあえなくレッドカード
おまけに審判の手ぇ押さえたかどでイバノビッチまでイエローカード
そのあと
押されまくっていたバーンリーが数的有利を受けて息を吹き返し猛反撃
ミイイの同点ゴールで1-1のドローに持ち込んだ
チェルシーはホームで勝ち点1に終わり
これでマンチェスターシティとの勝ち点差が2つ縮まった
でも
思うにあの判定
本当は突き飛ばされたバーンズのほうがレッドで
突き飛ばしたマチッチはせいぜいイエローだ
イバノビッチはおとがめナシだと思う
主審はバーンリーびいきか
アンチチェルシーではないかな
でも
これでマンチェスターシティの逆転優勝の可能性が少し出てきたので
これでいいのだ

 本当にそれでいいのか
 オマヱはそれでも真のサッカーファンか

ほだよ(三河弁)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


リーガエスパニョーラ第24節

 バルセロナ vs マラガ

c0120913_7445595.jpg首位レアルマドリードに勝ち点差1
現在2位のバルセロナはリーグ戦11連勝で絶好調
ホームに7位マラガを迎え12連勝を狙う
バルセロナホームのカンプノウでは33戦30勝1分2敗で圧倒しているが
サッカーは何が起こるかわからない
ボール支配率20%以下のマラガが先制すると
そのままズルズル90分+4分を逃げ切った
メッシもスアレスもネイマールも茫然自失

 下克上

これぞサッカーの醍醐味だ
レアルとの差が4に開いてしまったバルサ
次はチャンピオンリーグでボクのマンチェスターシティと対戦する

by ikasasikuy | 2015-02-27 00:34 | _f_o_o_t_ | Comments(0)
2015年 02月 26日
道頓堀行進曲とカフェー文化
c0120913_17283164.jpg
道頓堀
LUMIX DMC-TZ30



道頓堀を歌った楽曲といえば
個人的にはキー坊とアリヤマの「なつかしの道頓堀」だが
世間一般では「道頓堀行進曲」である
昭和三年のヒット曲だ


 道頓堀行進曲

  赤い灯青い灯道頓堀の
  川面にあつまる恋の灯に
  なんでカフェーが忘らりょか

  酔うてくだまきゃあばずれ女
  すまし顔すりゃカフェーの女王
  道頓堀が忘らりょか

  好きなあの人もう来る時分
  ナフキンたたもよ唄いましょうよ
  ああなつかしの道頓堀よ


こんな曲だ↓




これが正式に世に出た道頓堀行進曲(昭和4年盤)である
しかし
こんな酷い楽隊と
こんなお粗末でアホみたいな歌い方でいいのだろうか

空僧徒
気になるのは
1番と2番の歌詞にある「カフェー」という言葉
もちろん今のカフェとはベツモノだ
カフェーは明治末期からニッポンにある言葉で
その意味合いは時代々々で変遷してきた
道頓堀行進曲で謳われたカフェーは
関東大震災から大東亞戰爭敗戦までのカフェーのことである
つまり
ウヱイターではなく
ウヱイトレス
つまり女給が給仕をする飲食店だ
時代が進むにつれ
そのサービス方法がじょじょにヱスカレートしていくことになる
どうヱスカレートしていくかは各自で想像してほしい
風俗営業法には今も「カフェー」の文言が生きている
ただしこれはこの法律ができた昭和二十三年(敗戦後)のカフェーのことであって
いわゆる道頓堀行進曲時代のカフェーとは趣を異にする
敗戦後にできた風営法でいうカフェーとは
ウヱイトレスに過剰な性的サービスをさせる店を指した
どれぐらい過剰かはやっぱり各自だ
したがって
道頓堀行進曲時代から存在したカフェーは
これらとの混同を避けるためカフェーの名を捨てた
なお平成の現在に町中にあふれるカフェも
昭和の遺物のカフェーとはまったく別の業態であることは言うを待たない

カフェー及びカフェという言葉は
本来はフランス語でコーヒーそのもののことである
それがいつのまにか店舗や業態を表す言葉になってしまった
まあ
国際モンダイにまで発展した「トルコ風呂」に比べたら
まだ許せるケレド
エルトゥールル号遭難事件の功績が帳消しだ




  朝から小雨に煙っている
  これで週末の修行が危うくなった
  でもこれで道明寺の梅は全開だ
  おまけに大吉二連発だ
  今月いっぱいでB・Uの肉うどんが庶民の手の届かないところへ逝ってしまう
  ああ
  世の中は日々うつろう

   

by ikasasikuy | 2015-02-26 07:27 | 歴史・考古学 | Comments(8)
2015年 02月 25日
Pasta di cavoli e cavoletti di Bruxelles
c0120913_1311594.jpg
キャベツと芽キャベツのパスタ
LUMIX DMC-TZ30



キャベツと芽キャベツのパスタ
芽キャベツはキャベツの芽だと思っていたら
そうではなかった
ベツモノ(別種?亜種?)だった
「芽」の文字にだまされていた
小さくてもこれはこれで大人のキャベツだ
いくらがんばって育ててもふつうのキャベツにはならない
それなら最初から「コキャベツ」とか「チビキャベツ」と名付けるべきだ
芽キャベツなんて言うからこれから芽が出て大きくなるのかと思うじゃないか

芽キャベツは塩水で10分茹でる
普通のキャベツは刻んで1分茹でる
これを同じ鍋で茹でるには
芽キャベツを9分茹でてからキャベツを加えてもう1分だ
茹で時間はキッチンタイマーできっちんと計ろう
塩加減はお好みだ
あとはいつものアーリオ・オリオ・ヱ・ペペロンチーノで和えるだけ


c0120913_13182412.jpg

イタリア人だが今日はフランスのワインだ

 だれがイタリア人だという指摘は特にない

ワインオンザロックでいく
飲みやすい
それにこのワイン
スクリューボトルのクセに
うまい
ごくごく飲める
ぐいぐい飲める
がんがん飲める

 オレはゾンさんか・・

やっぱりワインとインスプールリールはフランス製に限る
腐ってもフランスだからな

by ikasasikuy | 2015-02-25 07:36 | めん類学 | Comments(4)
2015年 02月 24日
ABSINTHE
c0120913_6494358.jpg
TOP WATER JUNKY "ABSINTHE" & "CHOPPED ABSINTHE"
LUMIX DMC-TZ30




トップウォータージャンキーの
トップウォータープラグである

左のブルーバグのプラグは「アブサン」だ
アブサンは薬草の入ったリキュールのことだが
ニッポンでは水島新司の野球漫画「あぶさん」の方が有名だ
主人公の名前が景浦安武(かげうらやすたけ)
で「安武→あぶ」さんらしい
新潟の高校時代に地方予選の決勝戦でサヨナラホームランを打ったが
酒を飲んで出場していたのでベースランニング中にジーイーアールオーに及んだ
それで飲酒がバレて優勝を取り消されたうえ甲子園にも行けなかったという楽しい漫画だ
その後、あぶさんは南海ホークスに入団し62歳まで現役で活躍した
おっと
ハナシが横道に逸れてしまった

トップウォータージャンキーのアブサンだが
じつはまだこれでバスを釣ったことがない

右の黄色い方が「チョップドアブサン」だ
チョップというと古いニッポン人は力道山を思い出す
ニッポン中のひとをテレビの前に釘付けにしたあのリキドーザンだ
昭和三十年代のプロレスブームを築いたニッポンを代表するヒーローだが
じつは力道山はカンコク人だ
得意技は空手チョップ
力道山が相手レスラーの胸を空手チョップで「チョッ」とチョップすると
倍ほどもある大きな外人レスラーまでがもんどりうって倒れるのが不思議だった
あんなの八百長だと言うとプロレスファンに真剣に怒られた
でもボクは
力道山の空手チョップと
ジャイアント馬場の十六文キックと
沢村忠の真空飛びひざ蹴りだけは今も怪しいと思っている
力道山はヤクザとケンカしてナイフで腹を刺されて39歳で死んだ
おっと
またハナシが横道に逸れてしまった
そうそう
チョップドアブサンだった
チョップの元の意味は「叩き切る」だ
破れ傘刀舟の叶刀舟(かのうとうしゅう)のセリフ
「てめえら人間じゃねえ、たたききってやる」
の「叩き切る」だ
じつはここだけのハナシ
ボクは長いあいだこのセリフは子連れ狼の拝一刀(おがみいっとう)のセリフだと思っていた
ちがっていた
思い込みというのは恐ろしい
でもどっちも萬屋錦之介だったからなぁ
しかたないといえばしかたない
おっと
またまたハナシが横道に逸れた
つまり
チョップドアブサンはアブサンを叩き切ったものだということを言いたかった

もちろんこれでもバスを釣ったことはない


そんなわけで
今年こそアブサンとチョップドアブサンでバスを釣るぞー

 おー







これを読んで釣りが好きになったひとは
クリックリッ
  ↓
c0120913_19304467.gif

by ikasasikuy | 2015-02-24 07:47 | 漁具概論 | Comments(8)
2015年 02月 23日
週刊アクアリウムニウス2月号
c0120913_12134242.jpg
ヤリタナゴ
LUMIX DMC-TZ30




ヤリタナゴに婚姻色が出始めている
秋から冬にかけては銀色一色だったのに
ヒレに赤みと体側に青みが出ている
春が近いということか

去年の夏の初めに釣った小さなヤリタナゴ
このときはまだ子供だった
半年あまりのあいだにずいぶん大きくなった
3号水槽でいちばんよく食べる


おなじみ3号水槽は
タナゴもサイアミーズフライングフォックスもみな丸々太って
別名「メタボ水槽」である
冷凍イトミミズと粒状乾燥ヱサ2種類を交互に与えているが
なんでもかんでもモグモグパクパク
猛烈な勢いで食べてくれる
ついつい嬉しくなって多めに与えてしまう
餌を入れた途端に食い付くので
ヱサが底に沈むヒマがない
野生に戻したら
ドライフライであっという間に釣られてしまうなぁ・・こいつら




シロヒレタビラ、ヤリタナゴ、アブラボテ、サイアミーズフライングフォックス
LUMIX DMC-TZ30




魚が大きくなってきたので
60cm水槽が狭く感じる



    水温み いろ匂いける やりたなご
                   どろ



by ikasasikuy | 2015-02-23 07:48 | アクアリウム | Comments(4)
2015年 02月 22日
親子うどん
c0120913_1144651.jpg
親子うどん
LUMIX DMC-TZ30




親子丼のうどんバージョンだ
ただし
鶏肉も鶏卵も生協で購入したもので出所はわかっている
別々の鶏舎だ
ということは実際の親子ではない
それでも親子うどんと言えるのだろうか
いや
もしかしたら
養子縁組ということも考えられる
それなら法的には親子だ

親子丼といえば
函館で鮭の親子丼を食べたことがある
不味かった
じつはイクラが少々苦手だ
生の鶏卵に似た味がするからだ
見た目の美しさに騙されて注文してしまったのだ

これとて
同じ海で獲れたとはいえ
実の親子である可能性は極めて低い
しかし
完全に否定することはできない
それを証明するにはDNA鑑定が必要だ

その点
他人丼は楽だ
牛肉と鶏卵でもいいし
豚肉とピータンでもいい
秋刀魚と数の子でもかまわない
もっと大胆に言えばフォアグラとキャビアでもオッケーだ
よし
明日はフォアグラとキャビアで他人うどんにしよう


なお
稲庭うどんに少々飽きてきたので
今日はいつもの神埼極細うどんにした
稲庭うどんのツルツルっとした食感もいいけれど
神埼極細うどんのモソモソっとした食感もワルクない

 一日三麺
 人類は麺類だ

by ikasasikuy | 2015-02-22 07:36 | めん類学 | Comments(4)
2015年 02月 21日
門司港駅
c0120913_1012887.jpg
門司港駅ホームの屋根
LUMIX DMC-TZ30




門司港駅
かつて九州の玄関口だった
今はただの九州の片隅である
明治24年開設の駅は
ホームも駅舎も広大で日本一立派だった
映画「釣りバカ日誌」で見たのがきっかけだ
門司港駅からハマちゃんとスーさんが出てくるシーンだった
ストーリーとは何の関係もない門司港の駅舎を
なにがなんでも使いたかった映画製作者の気持ちが伝わるシーンだ
今の東京駅より豪奢な駅舎だった

去年の夏
冩眞を撮りに行ったら
駅舎は工事用シートにすっぽり覆われていた
駅員に聞くと修復工事中だという
知らなかった
ちゃんと調べてから行くべきだった
工事は平成30年3月までかかるらしい
ずいぶん先だ
たぶんもう二度と門司へは行かないと思う
新しくなった古い駅を見て感動する自信がないからだ
それにそれまで生きている自信もないし・・
金と命はいつまでもないのだ

by ikasasikuy | 2015-02-21 07:30 | 鉄道学 | Comments(0)
2015年 02月 20日
Penne di Bunashimeji
c0120913_447197.jpg
Penne di Bunashimeji
LUMIX DMC-TZ30





イタリア人は
朝からワインを飲むのだそうだ
これから仕事に行くひとも
仕事が休みのひとも
仕事失ったひとも
イタリア人は朝からワインを飲む
それに
昼間も飲む
ひと仕事片づいたひとも
まだ仕事中のひとも
仕事がないひとも
飲む
もちろん
夜は夜でちゃんと飲む
ろうにゃくにゃんにょ
みなそうである
それがイタリア人なのだそうだ


c0120913_4474252.jpg



そんなわけで
イタリア人なのに
スペインのワインを飲んだ

 だれがイタリア人だというギモンもある

だれだろう・・・
それに
スペイン人が
イタリアのワインを飲むことだってあるし
いいぢゃん


c0120913_448720.jpg



ワインもペンネも
とてもおいしかった
もう何ヶ月も毎日これだ
まるであほのひとつおぼえだ
それなのにぜんぜん飽きない味だ
ブナシメジの魔力から逃れられなくなっている




【Penne di Bunashimeji】
 ペンネリッシェ
 ブナシメジ
 アンチョビ
 ミズナ
 大蒜
 黒胡椒
 赤唐辛子
 オリーブオイル
 塩




寝よ

by ikasasikuy | 2015-02-20 07:46 | めん類学 | Comments(4)