<   2015年 08月 ( 39 )   > この月の画像一覧

2015年 08月 31日
セリヱA
c0120913_2371137.jpg
近所の公園
LUMIX DMC-GM1




セリヱAの開幕戦を見た

 フィオレンチーナ vs ミラン

ホンダはトップ下で先発
去年は開幕直後の数試合で6ゴール
その後シーズン終了まで0ゴール
不調というわけではないが
ラストパスがもらえない
チームメイトに信用されていない
それは10番を付けてるせいだ

 ナンデニッポンジンガ10バンヤネン

ということだ

チームは10位
ビッグクラブとしては最低の順位だ
そんなわけで
当然のように2015-16シーズンはカントクが交代した
インザーギからミハイロビッチだ
旧ユーゴスラビア人のこの男は気が短いので有名だ
握りこぶしのような顔をしている
逆らえばすぐベンチ外だ



c0120913_2372451.jpg
別の近所の公園
LUMIX DMC-GM1




この試合
ホンダは交代させられるまで
汚れ役に徹していた
相手ボールをスライディングで奪ったり
攻め込まれるとゴール前まで戻って守備をしていた
これならカントクにも気に入られるぞ

思った前半36分
センターバックが2枚目のイエローで退場になって
守備固めの交代でホンダが犠牲になった
他に交代させる選手がいくらでもいるのに
わざわざホンダか・・という印象だった
これでミハイロビッチのホンダの扱いかたが読めた
案の定10人になったミランは2点取られて0-2で負けた
ベンチに下げられたホンダは

 シンジラレナイ

という表情で放心していた
こういう場面を見てしまうと
ほんとうにガッカリする
ホンダは10番の扱いではないのだ
やっぱりソ連でピロシキとボルシチだったかな・・

思ってしまう

セリヱAはこの10年
インテルが5連覇した後
ミランが一つ優勝して
それからユベントスが4連覇中だ
いつの間にかつまらないリーグになってしまったなぁ・・・

by ikasasikuy | 2015-08-31 13:34 | _f_o_o_t_ | Comments(6)
2015年 08月 31日
りんじにうす
おおはしさんのアタック50
いよいよラスト「5」まできた

c0120913_1101872.jpg
スズキ/アカカマス/ヒラスズキ/カサゴ/メバル
シマイサギ/キビレ/アナハゼ/キタマクラ/ムラソイ
ハオコゼ/ヒラメ/ウグイ/ナマズ/ヌマチチブ
カワアナゴ/クサフグ/ネンブツダイ/モクズガニ/ホシササノハベラ
ゴクラクハゼ/ヨシノボリ/カワムツ/ヒメハゼ属sp/
ムツ/ヒイラギ/ニゴイ/ビワコオオナマズ/ブルーギル
ライギョ/テナガヱビ/イズイワナ/ボラ/クロダイ
アマゴ/シイラ/タモロコ/アブラハヤ/マハゼ
オイカワ/スミウキゴリ/オオスジイシモチ/マゴチ/コイ



まだ
まるまる4ヶ月も残っている
当初の目標は「25]だったが
これが案外簡単にクリアできた
そこで
欲張って倍の「50」と言ってみたが
これはまず不可能に思えた
しかし
なんとなんと
ボクがタコばっかり釣ってる間にも
おおはしさんはコツコツ種類を積み重ねて
気が付けば「45」だ
こうなると「50」はじゅうぶん現実味のある数字である

ゾンさんラーメンも74/100まで来ている
次元はぜんぜんちがうが
こっちもかなり現実味が出てきた
どっちも楽しみだ

by ikasasikuy | 2015-08-31 01:24 | 釣り文化総論 | Comments(12)
2015年 08月 30日
ワールドラグビー
c0120913_2311799.jpg
五郎丸
LUMIX DMC-TZ30




リポビタンDチャレンジカップ
ラグビーテストマッチ

 ニッポン vs ウルグアイ

二試合とも見た
第一戦の30-8に続き
第二戦も40-0の圧勝だった
サッカーならとても勝てない相手だが
ラグビーなら楽に勝てる
でも
ニッポン代表
15人のうち外国人が6人も入っている
ニュージーランド人や
オーストラリア人や
イングランド人や
フィジー人や
トンガ人や
どこの国の何人であろうと
日本の企業で何年間か仕事をしていたらニッポン代表に入れるらしい
そこらへんがサッカーとはぜんぜんちがうところだ
もしサッカーでそんなことをやったら
メッシもC・ロナウドもアザールもアグエロも
みんなアオザムライになってしまう
しかし
これだけ紅毛人だらけだと
ぜんぜんニッポンに見えない
愛国心など呆気なく霧散してしまう
まるで
三人いる横綱が
三人ともモンゴル人の大相撲みたいなのだ

ゴールキックを蹴るフルバックの五郎丸歩(ゴロウマルアユム)は
佐賀県出身のニッポン人だが
蹴る前のポーズ(ウヱのヱ)がヘンだ
膝と腰を曲げ
前屈みになって
両手を胸の前で合わせ
人さし指を立てて祈るようなポーズ

 キモチワルイ

それでこのポーズのまま蹴るのかと思うと
そうではない
ポーズをくずして普通に蹴るのだ
このポーズ
時間の無駄としか思えない

さて
来月18日から
イングランドでラグビーワールドカップが始まる
それなのにそれほど楽しみに思っていないことに改めて気付いた

by ikasasikuy | 2015-08-30 10:30 | スポーツ心理学 | Comments(2)
2015年 08月 29日
Pesce di branchie blu
c0120913_1053669.jpg
青鰓池
LUMIX DMC-TZ30




東播に行く理由はいろいろあって
主たる目的は水面魚釣り
使う鉤は

 「トップウォータープラグ」と「ドライフライ」

水面に浮かないものは使わない
36年間ずっと変わらずやっている
これはもう主義というより
人生だ
まあ
そのあたりに釣れない原因が見てとれるのだが


まず池のバス
そして川のナマズ
この二つが東播の屋台骨だ
そしてその次が「らんめん」のラーメン
36年間馬鹿のひとつ憶えで食べ続けている
さらにライギョをハードプラグで狙うこともある
オープンウォーター専門なので大きいのはまず釣れない
道の駅のわらび餅ときんつばも捨てがたい
特にここのきんつばは絶品だ
バス、ナマズ、らんめん、ライギョ、きんつば
東播の五指だ

最後に
ブルーギルがくる
バスやナマズやライギョにはしょっちゅう袖にされるけれど
ギルは決して釣り人を裏切らない
釣れない釣り人を慰めてくれる救世主なのだ


c0120913_1362335.jpg
いかずち池の青鰓魚



こんなに釣り人に優しいギルなのに
なぜゆえ東播の五指に入らないかというと
ひとつだけ大きな欠点がある
つまり
釣れ過ぎるのだ
なんの苦労もなく30匹、50匹と釣れる
ヘタすると100匹釣れてしまう
途中でイヤになってくる
飽きてくる
どんなにイイ女でも
一日中にベッタリだとナニなのと同じで
まあ
人生とはそういうものだ

 わかったような口を利くなという指摘もある

どっちにしても
ギルが悪いわけではない
悪いのは釣り人だ
釣れないとモンクを言い
釣れたら釣れたで釣れすぎるとモンクを言う
ほんとうに困り果てたモノである



c0120913_193676.jpg
まだまだ青い東播のイナホ



この稲穂が黄金色にかがやくころ
また来よう

by ikasasikuy | 2015-08-29 10:26 | 釣魚小全 | Comments(8)
2015年 08月 29日
ドイツブンデスリーガ
c0120913_17152991.jpg
Nelle vicinanze pista
LUMIX DMC-GM1



ニッポン人選手が多くいるわりに
オカザキシンジがイングランドに移籍してしまうと
見るべき試合が少ないことに気付くドイツブンデスリーガだが
今シーズンはカガワシンジの調子がいい
イングランドで2シーズン棒に振ってドルトムントに帰ってきたカガワ
去年はシーズン通じてさっぱり鳴かず飛ばず
ドルトムントもリーガ7位に沈んだ
そのドルトムントが
開幕戦のボルシアメンヘングラッドバッハに4-0で勝利
二戦目もインゴルシュタットにも4-0勝利
ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグでも
デンマークに遠征してオッドBKに4-3の勝利
三連勝だ
香川は3試合で2ゴール2アシスト
絶好調だ
ブンデスリーガの生中継はフジテレビの有料放送だが
解説があのシミズハゲヒコのときは音声を消して見ている
同じ有料のJスポーツ4は解説なしの現地音声に切り替えられるので
スタジアムの歓声を聞きながら見ることができる
ただしプロ野球中継もやっている放送局なので
ときどき野球中継が延びるので
録画をして見よとすると尻切れ蜻蛉になってることがある
諸悪の根源はシミズハゲヒコとプロ野球だ



c0120913_2323423.jpg
Nelle vicinanze pista
LUMIX DMC-GM1




さて
オカザキが抜けたマインツ
期待されている新加入のムトー
第二節ボルシアメンヘングラッドバッハ戦に先発出場した
ポジションはオカザキと同じワントップ
前半は前でずぼーっと立ってるだけだっただが
後半の終了間際には決定的なチャンスが二回あった
ところが
ゴールキーパーと1対1の場面を二度も上手に外したムトーは
監督の信頼を完全に失った
ロスタイムにわざわざクジャチョルに替えられていた
チームは2-1で勝ったけれど
ムトーはまったく期待外れだった
そう言えば去年
リーガエスパニョーラのコルドバに移籍して
わずか数試合でお払い箱にされたハーフナーマイクを思い出す
見ていてイライラするぐらいなんにもできないワントップだった
欧州サッカーは結果がすべてだ
決めるべきところで決められないフォワードは捨てられる
ゴミ同然なのだ

オカザキとムトー
ナニがちがうか
ムトーはオカザキのような

 汚れ役はしない

たしかに見た目は悪くない
背もオカザキより高いし足も速い
それにケーオーダイガク出だ
アタマもいい
ドイツ語で記者会見もできる
でも
汚れ役はしない
つまり
ケルンのオーサコや
ヘルタのハラグチや
フランクフルトのイヌイと同じで
キレイなサッカーを目指しているのだ
ヒザより低いボールに飛び込んで
アタマを蹴られながらもヘディングでゴールを狙うような
汚れサッカーはしないのだ

 あんまりしゃべると血圧上がるで・・と
 ゾンさんが心配するのでこのへんにしておく

by ikasasikuy | 2015-08-29 05:44 | _f_o_o_t_ | Comments(4)
2015年 08月 28日
ゼブコナマズ
c0120913_0225346.jpg
鯰川の落日
LUMIX DMC-TZ30




このひと月あまり
魚釣りをしてなかった
タコはたくさん釣ったけれど
タコは魚ではないので魚釣りとは言えない

とりあえず
遅い朝から釣りはじめた
盆を過ぎると少し過ごしやすいような気がしたけれど
昼間はまだまだ灼熱地獄だった
立ってるだけでアタマがクラクラしてくる
釣りに熱中し過ぎて熱中症になるパターンだ


池を数ヶ所回って
今年まだ釣ってないバスを狙った
結局
今日もバスは釣れなかった
マクピクに一発だけ出たけれど
小さなバスなのか
大きなギルなのか
判然としない
たぶん
バスだったと思う
思いたい


いかずち池で雷魚を狙ってみた
初夏のころは良く出たチビ雷魚の姿がない
どこへ行ってしまったのだろう
日が傾くまでやったけれど
ノーバイトに終わった

しかたがないので
毛鈎道具に持ち換えて
目の前でちょろちょろ泳ぎ回るギルを釣った
案の定ギルは面白いように釣れた
20分弱で2ダース釣った
だんだん面白くなくなってきた
面白いように釣れると面白くなくなるのは世の常だ
ギルの話は明日書こう
でも書かないかもしれない
でもネタ切れなので書くような気もする


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


さて
日が大きく西に傾いて
いよいよ本日のメインイベント

 ゼブコ・ナマズ


つまり

 ゼブコとシカリとジッターバグでナマズを釣る

のである
ゼブコは慣れない右手巻きのクローズドフェイスリールで
シカリはマタギで買ったバットをカットしたベナンベナンのグラス竿で
ジッターバグはだれでも知っているフレッドアーボガストのジッターバグ(5/8oz)だ



c0120913_023478.jpg
月夜の鯰川




姿橋の下流で夕日を撮った直後
右岸側の流れ込みを左岸側から超大遠投
強烈なバイト
10mリトリーブする間に5〜6発追い食いしたが
乗らなかった

朝比橋へ移動
橋下でまずまずのバイト
一瞬鉤掛かりしたので大きくアワセたが
バラシ

下流右岸の小川の払い出しを
テーブルからアップストリームキャストで応撃
強烈なバイトで一瞬乗ったが
アワセと同時にルアーを吹っ飛ばされた

そのさらにすぐ下流で
小バイト
乗らず

さらに30mほど下流で
引き終わりの足元でバイト
吃驚して一瞬心臓が停止したが乗らず

同じく
最下流で引き終わりにバイト
また心停止するも乗らず

さらに数投後
同じポイントで再びバイト
今度は心停止しなかったがナマズも乗らず

AZ橋上流の堰堤の落ち込みで
強烈なバイト
乗ったが
アワセようと思った瞬間にバレる

上流に戻る帰りの駄賃に
さっき出なかったポイントで強烈なバイト
乗ったがアワセと同時に首を振られてバラシ

ここまで
8バイト、4ヒット、4バラシ、0フィッシュ
時計を見ると8時過ぎ
あきらめて車を停めたスロープに戻る
帰ろうと思ったが
気を取り直して
2発目にバラした橋下のポイントに数投して
ここで出なかったら帰ろう

数投した数投目に激しくバイト
今日はアワセと同時にバラしてばかりなので
アワセは入れず
なにもせず竿を立てたままにしていると
グングングンと竿が曲がりはじめ
魚の重みが乗ってきた
そこで初めて
村越正海がマグロをかけたときのように
小刻みに数回アワセを入れる

やっとセット・ザ・フック成功
竿がベナンベナンなのでぜんぜん寄ってこないが
慌てず騒がず耐えに耐え
ナマズが草臥れるのを待つ・・

じわじわじわじわ寄ってきて
岸際の障害物に逃げ込もうとするのを
強引に躱しながら一気にスロープの上にずり揚げた



c0120913_0242729.jpg
肉置きの良いゼブコ・ナマズ




あゝ
やっと釣れた

by ikasasikuy | 2015-08-28 10:21 | 釣魚小全 | Comments(6)
2015年 08月 27日
みょうきゅうひやむぎ
c0120913_22155330.jpg
茗荷胡瓜冷や麦
LUMIX DMC-TZ30




まあ
なりゆきで
こうなることは予想通りだが
それにしても
ネタ切れもここまで来ると深刻だ

 つ、つらい・・・

そんな辛いマンネリズムな状況の中で
救いは器は新しいということだ

 青海波

青海波と書いて
「あおうみなみ」ではなく「せいがいは」と読む
「せいかいは」ではない
「か」にてんてんがいる
涼しげな波模様が夏の名残だ
麺鉢と飯(汁)椀をふたつづつ仕入れた
特に麺鉢(釜揚丼)はびっくりするぐらいお買い得だった
麺道三段の高田屋の御隠居や
麺道見習いのケネスケくんにもおススメだ

by ikasasikuy | 2015-08-27 10:32 | めん類学 | Comments(6)
2015年 08月 26日
イングランドプレミアリーグ
c0120913_20255578.jpg
Casa rivestita in legno
LUMIX DMC-GM1




夏の移籍市場で
バルサのペドロがチェルシーへ行った
ペドロは世界で最も優秀なフォワードの一人だが
バルサにはメッシ、ネイマール、スアレスの三人の南米人がいて
ペドロはずっと控えにまわされていた
ボクの評価ではメッシ、ペドロ、スアレス、ネイマールの順だが
なぜかバルサではペドロの居場所がなかった
2013ー14シーズンにもアレクシスサンチェスという文句なしのフォワードがいたが
やはりネイマールやスアレスの加入で追いやられてアーセナルへ移籍した
もちろんサンチェスはアーセナルでも活躍している
そこで
マンチェスターユナイテッドがペドロの引き抜きにかかった
でもペドロはチェルシーを選んだ
あんな腐ったマンUに行くぐらいならまだチェルシーのほうがずっとマシだ

移籍直後のウエストブロムウィッチアルビオン戦で
いきなり先発出場して

 1ゴール1アシスト

3-2の勝利の立役者となった
まるでずっと前からチェルシーにいたかのようにチームにアジャストしていた
パスの出しかたも受けかたも完ぺきだった
それはペドロがバルサで少しでも多く出場時間を得るために磨き上げた技だ
チェルシーはこの夏ファルカオも獲った
ファルカオは2012ー13シーズンにアトレチコマドリードで大活躍し
多額の移籍金でモナコ→マンUと2シーズンを渡り歩いたが
どこのクラブにもフィットしなかった
たぶんチェルシーでもだめだろう
ファルカオはアトレチコでシメオネの下に居続けるべきだった
その点同じ元アトレチコマドリーのジヱゴコスタは
ファルカオの後釜でアトレチコで大活躍し
去年チェルシーに移籍してリーグ優勝に貢献した
それに
同じく去年バルサからチェルシーに移籍したセスクファブレガスもフィットした
チェルシーには
アザール、オスカル、ウィリアン、ラミレス、クアドラード
どこのクラブへ行っても9番や10番を付けることができる選手がそろっている
そんなわけで
チェルシー
選手はいい選手ぞろいで好きだが
如何せんカントクがキライだ
サッカー界のクズの一人に入れてもおかしくないクズなのだ
もしユルゲンクロップかディヱゴシメオネが指揮することになったら
きらいなチェルシー
ちょっとオウヱンするかも・・・


それにしてもバルサ
屋台骨にヒビが入っている気がする
カンテラ育ちの選手を惜しげもなく放出している
ビクトール・バスケス
クリスティアン・テージョ
ジオバニ・ドス・サントス,
ジョナタン・ドス・サントス
マルティン・モントーヤ
チアゴ・アルカッタラ
セスク・ファブレガス
ペドロ・ロドリゲス・レデスマ
そしてこの次はマルク・バルトラだろう
いちばん放出すべきセンターバック(審判への暴言により4試合出場停止処分中)が
いまだにバルサにいるのが不思議だ

by ikasasikuy | 2015-08-26 09:24 | _f_o_o_t_ | Comments(4)
2015年 08月 25日
みょうきゅうそば
c0120913_16154210.jpg
茗荷胡瓜そば
LUMIX DMC-TZ30




茗荷と胡瓜を刻んで乗せて

 みょうきゅうそば

安直だが
麺屋「ささ木」の新メニューだ

光りの加減で湯気が立っているようにに見えるけれど
歯が疼くぐらい冷たいそばだ
夏も終わりに近づいて
若干「ネバネバ」シリーズにも飽きてきているし
「す」シリーズにも自ずと限界がある
そこで
秋を感じさせる

 シャキシャキ

夏のラストはこれだ
薬味はもちろん粉山椒
爽やかな秋風が立ったような気がする


  あゝ
  すでにネタは尽き果てていることはだれの目にも明らかだ


by ikasasikuy | 2015-08-25 09:15 | めん類学 | Comments(2)
2015年 08月 24日
リーガヱスパニョーラ
c0120913_575410.jpg
Prima dell'alba di 24 agosto 2015(am4:58)
LUMIX DMC-GM1




リーガヱスパニョーラ
プリメーラディビジョンが開幕した
まず
我らがアトレチコマドリードだ
4年ぶりに開幕戦を本拠地エスタディオ・ビセンテ・カルデロンで迎える
対戦相手はラス・パルマス
14年ぶりにセグンダ(2部)からプリメーラ(1部)に上がったチームだ
パルマスというぐらいだから
マジョルカ島のパルマにあるクラブかと思ったら
グラン・カナリア諸島だというどこにあるの?
地図を見てびっくりした

 アフリカだ!

どこからどうみてもモロッコか西サハラだ
マドリードからラス・パルマスより
マドリードからロンドンのほうが近い
たぶん大航海時代に侵略占領したのだと思う
でも
こんなことぐらいで驚いてはイケナイ
リュウキュウだってハワイだって
ワルイクニに王朝を滅ぼされ侵略され占領されたのだ
それに和歌山県の北山村は奈良県の中にあるのだ

 ちょっとちがうという指摘もある

さて
アトレチコマドリード
1-0で開幕戦に勝利
もうちょっと点が取れる気もしたが
ラス・パルマスもなかなかしぶとかった
たぶん残留争いに加わるクラブになるだろうが
ひょっとしたら象や虎(バルサやRマドリー)を倒すかもしれない
いや
是非倒してほしい

さて
さて
15-16シーズン
毎年のこととはいえ
アトレチコマドリーの陣容が若干変わっている
前シーズン活躍した選手は次々に引き抜かれる運命にあるクラブだ
一昨年のファルカオや昨年のジヱゴコスタに続いて
グリーズマンやコケを抜かれたら
アトレチコは終わりだ

OUTの選手・・・
FWではマンジュキッチがユベントスに行った
アトレチコではあまりフィットしてなかったし良い放出だ
MFではアルダがバルセロナへ移籍した
しかしバルサの中盤にはイニヱスタ、ラキチッチ、ブスケツがいる
シャビがいなくなった穴はアルダでは埋められないぞ
バルセロナでアルダの居場所はアルダろうか?
DFではミランダがインテルに移籍した
ナガトーモと同僚になるが
監督が代わってナガトーモの出場機会は少ないと看た
早々にセリヱAを見切ってリーガエスパニョーラへ移籍すべきだ
なんならアトレチコに来てもいいぞ
ファンフランは手強いけれど
フィリペ・ルイスならキミの方が上だ
とりあえず
そんなわけで
グリーズマンもコケもアトレチコに残った
よかった

INの選手・・・
FWのオリベル・トーレス
もともとアトレチコのカンテラ出身でポルトにレンタルされていた
経験を積んで帰ってきたオリベルはまだ二十歳だが少しおっさんになっていた
DFではフィリペ・ルイス
去年期待されて移籍したチェルシーで
アスピリクヱタとのポジション争いに負けた
モウリーニョに三行半を突きつけられた
それにしてもたった一年で不良品につき返品とは情けない
それにまだあのヘアバンドをしている
あれはやめた方がいい
ぜんぜん似合っていないから
だいたい
バンガオーサカのミヤモト、ヱンドー、ウサミ
ヱフシートキオのモリシゲ、カシマアントラーズのシバサキ
ヘアバンドをしている選手にロクなのがいない
カワサキフロンタレのオークボはニッポンサッカー界のクズだ
レスターシティのオカザキもJリーグ時代はヘアバンドをしていたが
やめてから劇的に良くなった
あのパンツのゴムみたいな貧乏臭いヘアバンドはミグルシイ
ヘアバンドが似合う選手は
アーセナルのヱジルとローマのジェルビーニョぐらいだ
そういえば
去年チェルシーをお払い箱になってアトレチコに返品されたフェルナンド・トーレス
こいつもヘアバンドをしている
去年もさっぱりだったが今年もぜんぜんキレがない
フィリペ・ルイス同様
モウリーニョに魂を抜かれたか
もうすっかり賞味期限が切れている
開幕戦でも同じトーレスのオリベル・トーレスにポジションを奪われて腐っていた
オカザキ
来年はアトレチコマドリードかも
ん?
話が長い?

 ゾンさん寝てしもたかな・・・

by ikasasikuy | 2015-08-24 05:17 | _f_o_o_t_ | Comments(4)