<   2016年 05月 ( 34 )   > この月の画像一覧

2016年 05月 31日
知恵の悲しみ
c0120913_224348.jpg
ハイサラダ
LUMIX DMC-TZ70




チョコレートやキャラメルがきらいという変な子供だったボクは
おやつは塩っからいものばっかり食べていた

 とよすハイサラダ

むかしよく食べたおかきである
おかき・・・
(関東では「あられ」というのかもしれない)
(北陸では「かきやま」が標準語だ)
四種類の味のおかきと揚げた昆布
この昆布は不味かった
それでも
おかきといっしょに食べるとそこそこ美味しかった
不思議な昆布だ

先日JR宝塚のエキマルシェでみつけた
「復刻版」・・・
ということは
いままで販売してなかったということだ
どれぐらいのあいだ販売してなかったかは不明だが・・
買ってみた
食べてみた

 えええ〜〜〜!!!

びっくりした
びっくりするぐらい・・・・





塩っからいのだ
(関東では「しょっぱい」というのかもしれない)
むかしはこんな塩っからいものを平気で食べていたんだなぁ
しかも口どけがとても悪かった
ザラザラした舌触りで口の中に残った
いまどきこんなひどい食感のおかきはなかなかないと思う
販売を止めた理由が見えてくる

さらにイヤな後味が残る

わかった
これ池田菊苗の味だ
こんなものを「美味しい」と思っていたのか・・・
開高健のロンドンのフィッシュアンドチップスを思い出した
知恵の悲しみだ
ただし
なぜかあのとき不味かった昆布だけは美味しかった
不思議な昆布だ


   せやけど
   なんでこんな不味いもんをいまごろ復刻版で売るんやろ
   ボクみたいに懐かしがって買うアホがおると見込んだんやろなたぶん・・・
   あかん
   あかん
   だまされたらあかんで〜

おかき
(関東ではあられというのかもしれない)
じつは
ここだけのはなし
ボクは世界一おいしいおかきを知っている
知っているけど言いたくない
でも言わなければわからない
よし
言おう

 げんぶ堂の「昔かきもち」(素焼き)

もしこれよりおいしいおかきがあるというのなら
ボクはマダガスカル島でもフエゴ島でもでかけていく覚悟だ








 

by ikasasikuy | 2016-05-31 07:16 | 食文化論 | Comments(12)
2016年 05月 30日
イワシくん
c0120913_833290.jpg
イワシくん
LUMIX DMC-TZ70




スモーキーでオイリーな食生活シリーズ第5弾

 イワシくん

千葉県銚子産のカタクチイワシの一夜干し
すでに頭と腸は取り除いてあって
そのまま焼けばすぐに食べられる状態のものを仕入れた
若干水分過多な気もしたが
とりあえずそのまんま燻してみた

 薫煙材:ホワイトオーク
 薫煙時間:5分+15分=20分

食べてみた
うまい
いける
若干塩分が少ない
次やるときは全体に振り塩をしてから燻そう

 タカクチイワシくん

ハイボールにぴったりの肴だ
なお
最近はハイボールは
ブラックニッカ・ディープブレンドで逝っている

 勝手に逝けば・・という声もある







 

by ikasasikuy | 2016-05-30 07:20 | 食文化論 | Comments(8)
2016年 05月 29日
仮想敵国攻略シュミレーション
c0120913_17293646.jpg
タコの新子
fuji finepix z33wp




今日はヱンさんが家族旅行なので
ミンさんとプライベートタコ釣り

ミンさんというのは
TIFAの新会長
ドミンゴ・フラミンゴ・カワカミンゴ氏のことだ
ヱンさんゾンさんとセット販売のようだが
ミンさんのAQ値はけっこう低い
やっぱり
セットという言い方で言うと

 ヱンさん・ゾンさん・ぽーるくん

でキマリだ
こういうのを「御三家」と言う
外国語では「トリオ」だ
もう一人増えて
合計四人になったときは「四天王」となる
ヱンさんは是非ともラドン師匠を加えて
トリオからカルテットにグレードアップしたがっているが
ラドン師匠は到底納得されないであろう

さて
明石浦は小潮回り
だれがどうヘタクソにやっても釣れる潮だ
目標
とりあえず20パイ
ところが
なかなか簡単には釣れない
つい先日生まれたばかりの新子のタコが出始めているのだ

そこで
ミンさんを仮想敵国「ヱンさん」に見立てて
シュミレーションバトルを企画
ヱンさんになりきったミンさんは
ヱンさん独特のいやらしさを存分に発揮
抜きつ抜かれつの大接戦の末

 イカザス 20-19 仮想ヱンドレス(ドミンゴ)

19-19から
ラストひと流しで1パイいわして
理想的な展開で仮想クラシコに勝利
次回クラシコ本番
絶対ということは絶対にないけど絶対に勝たねばならない戦いがそこにある





      明石浦 波の背に背に 手乗り蛸

                     泥水





 【本日の釣果】
  タコ・・・20パイ(新子含む)
 -----------------------------
  合計 1目 20パイ






 

by ikasasikuy | 2016-05-29 06:43 | 釣魚小全 | Comments(8)
2016年 05月 28日
イカくん ver 2.1
c0120913_1638283.jpg
イカくんバージョン2.1
LUMIX DMC-TZ70




昨日
大失敗した八戸産イカの一夜干し
失敗の原因は「水分過多」
そこで二回目の今回は
イカに軽く塩をしたあとピチットで包んで一晩冷蔵庫で寝かせておいた
18時間後
ほど良く水分は抜けていい具合になっていた
この時点で成功すると看たが
油断してはイケナイ
勝負は下駄をはくまでわからないのだ
でももっとわからないのはなぜ勝負で下駄をはくかだ

ブナのチップで燻してみた
魚介類はブナが無難だ
(軽く韻を踏んでいるが気にしなくてもいい)
火を着けて5分
煙が出はじめてふたをして5分
火を止めてさらに15分
できあがり

 色といい
 艶といい
 カタチといい

思い通りに仕上がった
食べてみた

 味といい
 香りといい
 歯応えといい

冷凍の生の燻製よりさらにうまい!
旨みもピチットでピチッと閉じこめられている
(ここ軽く韻を踏んでいるがぜんぜん気にしなくていい)

 ウデあげたなー

おっと
慢心はイケナイ
ちょっとうまくいったからといって
すぐ調子に乗るのがボクの悪いクセだ
これからはもっと謙虚で真摯な態度で燻製を作ることを誓おう

でも
これだけうまくいけばモンクなしだ
もう燻製屋の看板揚げてもいいんじゃないかな〜

 あかんわコイツ・・・という声もきこえる





 

by ikasasikuy | 2016-05-28 07:37 | 食文化論 | Comments(2)
2016年 05月 27日
イカくん ver.2.0
c0120913_1842627.jpg
イカの一夜干しの燻製
LUMIX DMC-TZ70




イカの一夜干しをスモークした
前回は冷凍の生イカを仕込みからやって成功したので
自信を持って臨んだイカくんバージョン2だが
結果から言うと

 失敗だった

色も
艶も
カタチも
味も
香りも
まるでだめだ

まず
仕入れた八戸産のイカの一夜干しは
本当に干したのかと思うぐらい水分が抜けていなかった
(そもそもこの時点で失敗することを予期せねばならなかった)
しかも
塩干モノではなかった
つまり生干しだった
(イカの一夜干しは塩がしてあるものという思い込みがあったので燻す前に舐めてみなかった)



c0120913_18451965.jpg
八戸産イカの一夜干し(買った状態)




できあがったスモークは
加熱予熱中に流れ出たドリップに旨みの大部分が逃げ出して
無味乾燥な燻製になった
しかも
串を打っていないので胴が丸まってしまった
しかもしかも
塩分がゼロなので醤油につけて食べなくてはいけなかった
したがって
前回生の冷凍イカを一から仕込んで作った燻製と比べると

 雲と泥

の違いだった
すべてにおいて

 月と鼈

の差だった
生イカで成功した「慢心」と
一夜干しで楽をしようとした「手抜き」が招いた大失敗だ
これなら八代亜紀の言う通り
燻製なんかにせず

 炙ったイカでよかった

そんなわけで
残ったイカの一夜干しは塩をして
ピチットで包んで水分抜きをしているところである
まだ十枚近くある
後日再挑戦しよう
あゝ
うまい燻製を作るのはむずかしいなぁ・・・






 

by ikasasikuy | 2016-05-27 07:41 | 食文化論 | Comments(4)
2016年 05月 26日
メジャーリーグ
c0120913_14414465.jpg
メジャーリーグサッカー
LUMIX DMC-TZ70




メージャーリーグを見た
といってもベースボールではくサッカー

 初めて見た

昔ペレやクライフが参加してたころの
北米サッカーリーグみたいなものだと思う
ヨーロッパのリーグでポジションを失った大物が
年老いてもなお名前だけでサッカーをやってるイメージしかなかった

二試合録画しておいた
ひとつは解説がシミズヒデヒコだったので見http://ttms.exblog.jp/25640032/に消した
もうひとつは山口素弘だったので最後まで見た

 ニューヨークシティ vs ニューヨークレッドブルズ

いわゆるニューヨークダービーらしい
スタジアムはサッカー専用スタジアムではなく
なんと野球のニューヨークヤンキースの本拠地
ゴジラやイラブーやイチローが活躍したヤンキーススタジアムだ
野球場なのでホームベースに向かって席が作られている
サッカーをやると一部の観客は斜め横方向を観戦するカタチになるけれど
アメリカ人サッカーファンはそんなことは気にする様子もなくサッカー観戦を楽しんでいた

おどろいたことに
ニューヨークシティのユニフォームがマンチェスターシティーと同じだった
おまけに胸のスポンサーの文字が "ETIHAD" だった
マンCと同じスポンサーだ
どこからどう見てもマンチェスターシティがやっているように見える

もっと
おどろいたことは
ニューヨークシティの選手の中に
去年までマンCにいた元イングランド代表のランパードや
去年までセリヱAのユベントスにいた元イタリア代表のピルロや
ちょっと前までリーガエスパニョーラのバルサやAマドリードにいた元スペイン代表のビジャがいるのだ

そして
もっともっとおどろいたのは
首位争いをしているスター軍団のニューヨークシティが
格下ニューヨークレッドブルズにホームスタジアムで凹凹にやられているのだ
ダービーマッチで水色のユニフォームが赤いユニフォームにホームスタジアムで負ける・・・
イングランドでは最悪の事態だ
解説のヤマグチさんも困るぐらいニューヨークシティは凹凹にやられていた

 ニューヨークシティ 0-7 ニューヨークレッドブルズ

途中からサッカーとは思えないゲーム展開になっていた
ひょっとしたら来シーズンナスリとか
もしかしたらボニーとか
あるいはコラロフとか
たとえばマンガラとか
それともスターリングとか
たぶんオタメンディあたりが補強選手で加わっている気がする
ただし
ゴミチェリスはもうサッカーはしなくていい
アルゼンチンへ帰って家庭菜園で不味いトマトでも作ってりゃいい


そんなわけでメジャーリーグサッカー
ヨーロッパのリーグでポジションを失った大物が
年老いてもなお名前だけでサッカーをやってるイメージどおりだった






 

by ikasasikuy | 2016-05-26 07:34 | _f_o_o_t_ | Comments(2)
2016年 05月 25日
ソラくん
c0120913_14553151.jpg
空豆の燻製 on the Nabeta glass.
LUMIX DMC-TZ70




ソラ豆が美味いかそうでないかは
鮮度で決まるとひとの言う
収穫したらすぐ食べねばならぬとひとの言う
でもそう言うけれど
八百屋に並んでるソラ豆はいつ収穫したかわからない
しかも鞘から外して空気に触れたとたん
ソラ豆は
どんどんどんどん
どんどんどんどん
どんどんどんどん
どんどんどんどん
まずくなる
大急ぎで料理しなければイケナイ
ジャガイモは収穫したあと芽が出てくるまで放っておいても美味しいのになぁ
ソラ豆は賞味期限が極めて短い

そこで
美味しいソラ豆を手に入れるために田舎へ行こう
ソラ豆農家を直接訪ねるのが最良の方法だが
なかなか一面識もないイッパンジンに空豆は売ってくれない
そこで
田舎にある道の駅へ行こう
そこで売られているソラ豆は農家直送なのでおおむね新しいとみてよい

そんなわけで
道の駅でソラ豆を買ってきた
八百屋で買う半額だ
しかもたぶん新しい

ソラ豆はアフリカが原産なので
ヱンさんやゾンさんの先祖はきっとたくさん食べていたはずだ
そうそう
ゾンさんの好きな立ち呑みに置いてるフライビーンズはソラ豆を皮ごと揚げたものだ
あまり知られていないが支那料理に使う豆板醤の原料はソラ豆だし
ボクの故郷ローマでは生食用のソラ豆をペコリーノと共に食べる習慣がある

 だれの故郷やねんというギワクもある

ソラ豆を燻製にしてみた
タカシナアユコの「超絶酒肴レシピ」とは若干手順がちがうが
おおむねうまくできたような気がする


エンドウ豆はぶら下がるようにして生るが
ソラ豆は空に向かってバンザイをするように生る
たぶんソラ豆の語源はこのあたりからきたのではないかと恋しかるべき夜半の月かな






 

by ikasasikuy | 2016-05-25 07:14 | 食文化論 | Comments(8)
2016年 05月 24日
缶つま★レストラン
c0120913_342448.jpg
缶つま★レストラン
LUMIX DMC-TZ70




家で飲むときの酒の肴ぐらいは
手間暇かけて手作りするべきであると思う

 たとえば琵琶湖産小鮎の天ぷらとか
 たとえば明石蛸の燻製とか・・・

それが正しい酒飲みのあるべき姿だと信じている
でも
しかし
ときどき
それがとても面倒臭いときがある
そんなときは飲まなきゃいいじゃないかと思うかもしれないが
それが困ったことに飲むのは飲むのである
それが酒飲みの宿世であろうか
そんなときは
これだ

 缶つま★レストラン

加熱不要
切る手間さえいらない
味もそこそこちゃんと付けてある
プルトップリングを起こして

 パカッ


引っぱるだけで
もう目の前に酒の肴が現れる



c0120913_3432175.jpg
ムール貝の白ワイン蒸し風
LUMIX DMC-TZ70



ムール貝の白ワイン蒸し風?
「風」ということはソレらしきモノということだ
つまり
ソレではありまおんせんということじゃないか
もしかしてムール貝に見せかけたドブガイなのか?
ひょっとして白ワインじゃなく焼酎で蒸してるんじゃないのか?
とにかく怪しい・・・

 つまんでみた

若干池田菊苗だが味は悪くない
油も塩も控えめだ
菊苗さえ我慢すれば
なかなかのものだ
それになにより
これは楽だ


 【教訓1】

   楽者必落は世の常・・・楽を求める者は必ず堕落する

 





 

by ikasasikuy | 2016-05-24 07:39 | 食文化論 | Comments(8)
2016年 05月 23日
c0120913_9401414.jpg
鯖ばら寿司 on the Nabeta glass.
LUMIX DMC-TZ70




なべくみさんに
蕗をたくさん送ってもらった
山蕗だ
しかもちゃんと下拵えがしてある
ありがたいやらもうしわけないやら・・・
母におすそ分けに行くと大喜び
蕗は母の大好物だ

昆布と鰹の出汁を含ませて
天ぷらささ木の定番「鯖ばら寿司」に混ぜ込んだ

ばら寿司が乗っている器は
なべちゃんがいっしょに送ってくれた「蕗の器」
目にも鮮やかなライトグリーン
最近のなべちゃんは「赤」と「緑」の発音が怪しい



c0120913_9403131.jpg
蕗のお浸し on the Nabeta glass.




こちらも定番のお浸し
小気味の良い歯応えと仄かな香り
酒は土佐鶴純米
なんという贅沢な時間だ
タコ釣りでヱンドレス森下に負けたことさえ忘れてしまいそうだ





 

by ikasasikuy | 2016-05-23 11:04 | 食文化論 | Comments(6)
2016年 05月 22日
TIFA明石タコクラシコ2016 開幕戦
c0120913_1730166.jpg
東二見港の夜明け
fuji finepix z33wp



  
C国の国営通信「新華社」は
5月21日未明
明石浦において2016TIFA明石タコクラシコの開幕戦がひっそりと行われ
激戦の末12-8でヱンドレス森下が初戦を勝利したと伝えた
なお
ニュースの出所が出所だけに信憑性に乏しいと看ている


c0120913_2101321.jpg



これに対して
北K国労働党の機関誌「ロドン・シンムン」は
イカザスは前々日ナマズ釣りで指を負傷し
まともにリールを巻ける状態ではなかったことに加え
金曜日の朝から風邪気味で扁桃腺炎になっていたと報じ
極めて公平性を欠く戦いであったことを強調した
さらに
たった8ハイしか釣っていないのに
1.4kgの大ダコを釣り上げており
実力はイカザスが遥かに上だと報じた


c0120913_2103615.jpg



TIFA新会長DFカワカミンゴ氏は
勝敗ルールを変更して
重量制にすべきではないかと提言したが
いかに会長とは言え伝統あるTIFAのルールを根底から変えることはできなかった
会長の持つ権限はTIFAのTシャツのデザイン変更だけであることが改めて確認された


c0120913_210579.jpg
 オープン参加のDFカワカミンゴTIFA会長はイカザスと同数の8ハイに終わった


なお
今後も「タコは数」のルールでクラシコは争われる
次節第二戦は再来週ぐらいに開催される見込みである







 

by ikasasikuy | 2016-05-22 09:07 | 釣魚小全 | Comments(4)