<   2016年 07月 ( 34 )   > この月の画像一覧

2016年 07月 31日
DYMO
c0120913_144817.jpg
DYMO
LUMIX DMC-TZ70




まだあったのか・・・

 DYMO

刻印式の原始的な印字テープ製作機だ
DYMOが誕生したのは60年前
ニッポンで流行したのが約40年前
その後、印刷印字式のテプラ(キングジム)にその座を奪われ
もうなくなったと思っていた
ところが

 あった

それどころか
世界中で大人気らしい
単純な構造とシンプルな文字
それにこの可愛らしさ
リバイバルブレイクするのもよくわかる
殺伐とした現代に安らぎと微笑みを与えてくれる「文具」だ


c0120913_1625201.jpg


文字盤がいろいろセットになったのもあるが
本体にテープが一本付いて1382ヱンの一番安いのにした
アルファベットの大文字と数字と「.」「-」が刻印できればじゅうぶんだ
長い文字列のときは
ダイヤルをクルクル何度も回さなければイケないが
それはそれで楽しい
テプラのような記憶装置がないので
同じネームシールを大量に作るときはちょっとしんどい
でもそれも楽しい
なにしろ

 安らぎと微笑み

だからな
さあ、のんびりいこう





 

by ikasasikuy | 2016-07-31 04:15 | 意匠 | Comments(4)
2016年 07月 30日
ひもかわうどん
c0120913_10311925.jpg
ひもかわうどん
LUMIX DMC-TZ70




群馬県の桐生というところに

 ひもかわうどん

という風変わりなうどんがある
きしめんをさらに幅広にしたようなうどんだ
じゅんたさんが御執心で
毎日々々
ひもかわうどんばっかり食べておられる
本人は在庫がたくさん余ってるので・・・
と言い訳しておられるが
なにか人には言えない秘密があるにちがいない
もしかしたら
麻薬的な美味しさがあるのかもしれない



c0120913_10313164.jpg




食べてみた
なるほど変った食感だ
うどんが喉を塞いで窒息しそうになる独特の喉越しが面白い
でも
それを除くとふつうのうどんやきしめんと「さして変らない」
というより同じだ

ところで
なぜこんなぺろぺろのうどんができたのだろう
たまたま見たテレビで群馬県桐生市をやっていた
薄く幅広にするのは
農家の主婦の知恵で
細切りにする手間が省ける上に薄いので素早く茹で上がるからだそうだ
つまり
時短が目的らしい
しかしこのうどん
茹でるのに10分もかかる
讃岐うどんとさして変らない
早い話が
味も時間も「さして変らない」のだ
それならわざわざ・・・
とも思うが
この独特の喉越しの面白さは捨てがたい
たぶんじゅんたさんもそこに惚れ込んだにちがいない
さすがは麺道四段のじゅんたさん
いいところに目をつけるなぁ・・・




 たまたま見たテレビは
 大河ドラマ真田丸で稲姫役をやっている吉田羊が出ている旅番組で
 訪ねた食堂の入り口に「カレーひもかわ」の幟が立っていた
 
  カレーひもかわ

 妙にそそられる語感だ
 こんどちょっとやってみるかな
 いちど長谷川くんに相談してみよう





 

by ikasasikuy | 2016-07-30 01:06 | めん類学 | Comments(8)
2016年 07月 29日
蛸刺(たこさ)
c0120913_12105131.jpg
蛸刺(超薄造り) on the Nabeta glass.
LUMIX DMC-TZ70




いまから四十年近く前
中学からの親友と道頓堀で「たこしゃぶ」というものを初めて食べた
店の名前は忘れたが
ビルの二階か三階にある店だった
窓からメタンガスがプクプクと沸きあがる道頓堀川が見えた
当時の道頓堀は世界一汚いドブだった
たこしゃぶのタコはミズダコという種類のタコで
北海道や東北の沿岸に棲む20kgにもなる巨大なタコだ
そのミズダコを向こうが透けて見えるほど薄くスライスしてある
どうすればこんなに薄く切れるのだろう・・・
専用の機械(スライサー)があるとしても
ぐにゃぐにゃするタコの身をこんなに見事にスライスできるだろうか・・・

そのときは不思議に思っただけで
答えなど到底思いつかなかった

~~~~~~~~~~

タコを生で薄造りにするには

 冷凍

するしかない(ような気がする)
凍らせて身をシャキッとさせると薄く造りやすいのだ
しかも
超薄造りとなると
生半可な包丁ではムズカシイ
三木の老刀鍛冶に頼んで作ってもらった柳刃
秋山小兵衛の粟田口国綱級の切れ味だ
これがなければ始まらない
向こうの景色が透けて見えるぐらい薄く造れる
口に入れると噛む前にもう味が広がる
それぐらい薄い造りだ

でも
薄すぎて
歯応えがちょっと物足りない
そこで二皿目はふつうの薄造りにした
超薄造りとちがってふつうの薄造りは歯応えも楽しむことが出来る
うっ、うまい



c0120913_12113688.jpg
蛸刺(ふつうの薄造り) on the Nabeta glass.




いつもは山葵&醤油だが
今日は粉山椒&焼き塩でいってみた
高知で食べたカツオの塩たたきがヒントになっている
大蒜の代わりに山椒で食べてみた
_u_m_u_m_u_
なかなかいい塩梅だ
斬新だ
ん?
これ
山椒を檸檬にしてもイケるな・・・
それにオリーブオイルをかけても・・・
ん?
それじゃ刺身というよりマリネか・・・




 このまえ鍋田尚男ガラス展で手に入れたプレート
 今日初めて使ってみた
 使いこなすのがむずかしそうだ
 なべちゃんは
 「海の幸と山の幸を一緒に乗せるといい」
 という
 よしっ、こんどやってみよう
 




 
 

by ikasasikuy | 2016-07-29 08:48 | 食文化論 | Comments(0)
2016年 07月 28日
天神祭
c0120913_7281452.jpg
天神祭
SONY ERICSSON IS12S



天神祭
日本三大祭の一つに数えられる

 祇園祭(八坂神社)
 天神祭(大阪天満宮)
 神田祭(神田明神) 

リオのカーニバルなどとちがうところは
日本の祭は神社と氏子の密接な関係によって成り立っている点だ
祇園祭にしろ神田祭にしろ
神社を中心としたいわば町内会の年中行事なのだ
そこには自治体も企業も介入し得ない毅然とした伝統としきたりがある
神戸祭がいつまでたっても面白くないのはそこだ

博多祇園山笠はよくテレビで紹介される祭だが
番組が訴えたいものは

 地域における縦社会の序列


つまり
腰も立たないヨボヨボのお爺さんが堂々と振る舞い
皆から尊敬の念を持って崇め奉られつつ
ヱラソに若者に意見が出来る社会だ

南森町から地下鉄に乗ろうと思ったら
商店街のほうから賑やかな掛け声と笛太鼓が聞えてきた
天満宮を出発した女の子の山車と
二丁目から出てきたオッサンの神輿が
国道一号線上でちょうどすれ違うところだった
山車の上に乗った威勢のいい高校生ぐらいの女の子が
後ろに続く中学生か小学生ぐらいの女の子たちを
大声で怒鳴りつけながら気合いを入れていた
それはもう迫力満点だった
ちょっとだけお姉さんはえらくツヨイのだ
そしてまた何年か後
後ろで怒鳴られていた女の子たちの中から
山車の上に立つ者が現れるのだろう・・・
これぞまさしく

 健全なタテ社会・・・・





 

by ikasasikuy | 2016-07-28 06:27 | 宗教民俗学 | Comments(4)
2016年 07月 27日
続・オミクジストの夏
c0120913_6351450.jpg
第十五番 吉
SONY ERICSSON IS12S




住吉大社で御神籤を引いた
初穂料自己投入箱式のセルフみくじだ
六角形の筒を振って
番号が書かれた棒を一本・・・
(セルフなのでセリフはなし)
第十五番

 吉

だった
つまり先日の大阪天満宮と同じ
連続二等賞
二等といえば聞えはいいが
結局

 スカ


残念・・・
それに
間違えて「恋みくじ」を引いてしまった
すばらしい出合があると書かれている

住吉鳥居前から乗っ帰りのちんちん電車
天王寺で降りる時ハンカチを落とした
それを妙齢のご夫人が拾ってくれた
昭和の映画なら
「ハンカチ落としましたよ」
というシーンから
恋がはじまるのだが・・・





 

by ikasasikuy | 2016-07-27 07:13 | 宗教民俗学 | Comments(5)
2016年 07月 25日
アワモン GO version 2.0
c0120913_14345019.jpg
AWAMON GO ver. 2.0
LUMIX DMC-TZ70




Awamon Go(Awamori Goyah)
セカンドバージョンは+緑茶
檸檬シロップはボクには少し甘すぎる
泡盛の甘味を活かすには

 苦い & 渋い

ではないか・・・

やってみた


【アワモンGO-2レシピ】
 泡盛・・・55ml
 緑茶・・・25ml
 おろしゴーヤー・・・3tsp


夏は泡盛
うまいなぁ・・・

by ikasasikuy | 2016-07-25 08:48 | 醗酵飲料学 | Comments(4)
2016年 07月 24日
アワモン GO
c0120913_15185318.jpg
アワモン GO
LUMIX DMC-TZ70




西区アオシマさんが
缶酎ハイのレモンにすりおろしたゴーヤーを混ぜて飲んでるらしい
「美味いよ」という
なるほどそれはうまそうだ
でもちょっと待てよ
アオシマさんには「チキンラーメンそばめし」でだまされてるからな
ここは少し用心してかからねばならない
と言っても
家に缶酎ハイがないし
甲類の焼酎そのものがない
とりあえず家にあるものを使って雰囲気を再現してみよう・・
泡盛とゴーヤーで

 アワモン GO

苦くて飲めないと思ったが
ぜんぜんそんなことなかった
スッキリ爽やか
けっこうぐいぐいイケる
立て続けに3杯飲んだらちょっと足に来た
ゴーヤーはおろし金ですりおろしたので若干粒々が残った
こんどはフードプロセッサーでやってみよう


【アワモン GO レシピ】
 泡盛(くら)・・・45ml
 レモンシロップ(モナン)・・・20ml
 おろしゴーヤー・・・2〜3tsp

シェーカーがないのでスプーンでやや力強くステアする
できあがり

これならレモン酎ハイでやってもイケそうだ
アオシマさんはサントリー缶酎ハイが一番美味しいと言うので
ボクはアオシマさんに逆らってキリンかタカラの缶酎ハイでいこうと思う今日此頃だ






 

by ikasasikuy | 2016-07-24 07:24 | 醗酵飲料学 | Comments(7)
2016年 07月 23日
手羽元くん Last version
c0120913_22373910.jpg
手羽元くん & スタウト
LUMIX DMC-TZ70




最近は
手羽先や手羽中より手羽元の出番が多い
これは「手羽元くん4」だ
手羽元はなんといっても肉の量が圧倒的に多い
したがって漬け込む前にアイスピックで三十突きの刑は欠かせない

 漬け込み10時間
 加熱燻し10分
 余熱燻し15分

これで完ぺき(・・・と思う)
ソミュール液は

 醤油
 粗製糖
 塩
 赤ワイン
 シナモンパウダー
 ブラックペッパー

ガラムマサラ、スターアニス、コリアンダー、クミンは使わなかった
アジアンテーストになりすぎるのだ
ただしシナモンパウダーだけは外せなかった
これがなけりゃはじまらない

 お昼からラッパ飲みスタウト1本無料サービス中!
 ただし2本目からは有料



c0120913_22392054.jpg
手羽元くん3





鶏肉の燻製がこんなに簡単においしくできるなんて
数カ月前には想像もできなかったことだ
あゆ&ごるごに感謝
伊賀焼のいぶし銀さんにも感謝だ



c0120913_22375216.jpg
烏賊くん




手羽元を燻したあと
スルメイカの一夜干しも燻した
これは漬け込まず軽く塩をしてさらに干して水分を抜いただけだ

 加熱燻し5分
 余熱燻し15分

燻しすぎると身が硬くなるので5分
特にムズカシクはないが
この一夜干し
身にかなり水分が残っている
烏賊の水分を如何に素早く抜くかがキモだ
(軽く韻を踏んでみたが効果が薄かったような気がする)

 もちろんイカくんにもラッパ飲みスタウトが1本付く
 つまり、手羽中くんといっしょに注文すれば2本タダになる
 (あまり知られていない裏技だ)





 

by ikasasikuy | 2016-07-23 11:37 | 食文化論 | Comments(2)
2016年 07月 22日
TIFA明石タコクラシコ2016 第7戦
c0120913_17375775.jpg
明石海峡の夜明け
fuji finepix z33wp




台湾の大手メディア「タイペイタイムス」は21日付の夕刊紙で

 TIFA明石タコクラシコ第7戦が明石海峡で行われ
 42-34でヱンドレスが勝ったカモシレナイ

と報じた
ただし信憑性に欠けるメディアの報道なので
記事の真贋は読者の判断に委ねられる



ベトナムの大手新聞「ベトナムニュース」は22日付朝刊で

 TIFA明石タコクラシコ第7戦でヱンドレスが勝利したのではないかともっぱらのウワサだが
 もしそれが本当なら対戦成績でヱンドレスがイカザスを一つ上回ったような気がする

と伝えた
極めて信憑性の低い記事で
おそらくタイペイタイムスを拾い読みした記者が自分勝手な想像で書いたものと思われる




c0120913_17393198.jpg
アサヒ&ポール




北朝鮮労働党機関誌「ノドン・シンモン」は22付朝刊紙の社説で

 クラシコにオブザーバー参戦したぽーるクメガーワは
 何年ぶりかのタコ釣りにもかかわらず
 みごとに12杯も釣りあげ故郷に錦を飾った
 祖国の名誉と栄光ここにあれ!

と高揚した口調で論じた




c0120913_1739742.jpg
今日もタコをバラしまくって疑心暗鬼に陥るヱンドレス
少なくとも15ハイはバラしたと見られる
バラしたときののけ反り方のみごとさに
となりで釣っていた知らないおっちゃんに大受けしていた




c0120913_1740112.jpg
今日もローソンで一番安いおにぎり弁当を食べるヱンドレス
うまそうに食べながらも
「やっぱり安い弁当は米があかんな」
とボヤいていた
それでも高いものには一切手を出さない堅実なヱンドレスである




c0120913_17403496.jpg

さらにローソンのお好み焼き(モダン焼き)をパンみたいに食べるヱンドレス
焼きそばパンを食べているのかと思ったら
モダン焼きだという
冷めたモダン焼きは美味しくないと思う
ローソン、なんでも売ればいいというものではないぞ




c0120913_1757731.jpg

試合後記者会見場のレストランでヱンドレスがかき氷とともに注文したとん平焼き
この日のヱンドレスはコナモンに御執心であった
出てきたとん平焼きは焼きたての熱々で
ベロをやけどしながら
「あかん、冷めるまで待と」とつぶやくヱンドレス
どうやら冷めたコナモンが好きなようだ
それにとにかくよく食う




c0120913_17404721.jpg
爽やかな笑顔が印象的なぽーるクメガーワ




クラシコ終了後
かき氷とうどんを食べたぽーるクメガーワは
その足でビワコオオナマズを釣りに琵琶湖方面へ向かった
夜、メールで確認したところ
ビワコオオナマズは釣れなかったらしい
残念だ
いつの日かぽーるクメガーワが
トップウォータープラグで巨大ビワコオオナマズを釣ることを祈ろう




 

by ikasasikuy | 2016-07-22 06:50 | 釣魚小全 | Comments(7)
2016年 07月 21日
ゴーヤー焼きそば
c0120913_231276.jpg
ゴーヤー焼きそば
LUMIX DMC-TZ70




「ゴーヤ」ではなく
「ゴーヤー」とのばさないとイケナイ
・・・と
那覇の居酒屋の店長がナイチャーの客に言っていた
そういえば
ナイチャーのほとんどが
ゴーヤーチャンプルーをゴーヤチャンプルーと言っている
ウチナーンチュには「ゴーヤ」とのばさないのはかなり違和感があるようだ
たとえば支那人観光客が
「ビール」のことを「ピル」と言ったり
「ハンバーガー」を「ハンパカ」と言っているようなものなんだろう・・・

ところで
ゴーヤーの別名はニガウリだが
本名がツルレイシだということを知っている人は少ない
ツルレイシは漢字で「蔓茘枝」と書くけれど
書けるニッポン人は皆無に等しい

c0120913_2238873.jpg

このところほぼ毎日
ツルレイシ焼きそばを作って食べている


c0120913_22382342.jpg



【材料】
 麺・・・焼きそば用でも、沖縄そば用でもOK
 ゴーヤー・・・一人前につき1/4本
 島オクラ・・・2~3本
 キャベツ・・・すきなだけ
 ピーマン・・・すきなだけ
 ニンニク・・・みじん切りをひとつまみ
 豚肉・・・パンチェッタ、スパム、ベーコン、チャーシューなど肉ならなんでもOK
 ソース・・・沖縄そばだし小さじ2を2~3倍に希釈、ヒシウメタマリソース小さじ2、塩ひとつまみ



c0120913_2230651.jpg
グリップ力抜群のゴーヤー



ゴーヤーは茄子や胡瓜みたいに
すべって落としたりしない
グリップ力が強いのだ
濡れ手でゴーヤーをつかんで落とした人は皆無だと思う

 苦味爽やか
 夏はゴーヤーだ




 
 

by ikasasikuy | 2016-07-21 06:14 | めん類学 | Comments(6)