<   2017年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

2017年 10月 31日
タコエギ
c0120913_854566.jpg
タコエギ
LUMIX DMC-TZ70




タコ釣り道具
最近はタコエギが主流だ
昔ながらのタコテンヤにアジやイワシの餌
それに背脂の抱き合わせというスタイルは随分減った
とくに若いタコ師はヱギ一辺倒
まあ、ヱギで釣れるからだれもわざわざタコテンヤを使わない

それにしても勝てないなぁ・・・クラシコ
今年は2つカツあいだに7つも負けた
ぼちぼちタコ引退か・・・




 




 

by ikasasikuy | 2017-10-31 08:53 | 漁具概論 | Comments(2)
2017年 10月 30日
南国土佐のコモノ釣り全釣果
c0120913_0115557.jpg
全30魚種285匹


全釣果(左上から)
 ウロハゼ・・・20
 マハゼ・・・2
 チヌ・・・11
 ガシラ・・・1
 コモンフグ・・・40
 キタマクラ・・・35
 オキフエダイ・・・2
 ヒラスズキ・・・1
 アカササノハベラ・・・1
 シロギス・・・9
 シマイサギ・・・2
 クロサギ・・・79
 マハタ・・・1
 モチヱバ・・・5
 クロホシフエダイ・・・1
 タマン・・・1
 ヨコスジイシモチ・・・1
 トウゴロウイワシ・・・10
 ロウニンアジ・・・2
 ニシキベラ・・・10
 ヤマブキベラ・・・1
 ソラスズメダイ・・・1
 ウグイ・・・2
 ギンガメアジ・・・17
 コトヒキ・・・2
 キビレ・・・27
 イトヒキサギ・・・1
 ヘダイ・・・1
 ギマ・・・1
 コバンヒメジ・・・1
 ------------------------
 合計30魚種 285匹


いやになるほど釣れた魚もあったし
1匹だけしか釣れなかったものが12魚種もいた
5日間で合計30魚種は申し分なし
タナゴ鉤があればさらに数魚種増えたと思われる
数は285匹は少し釣り過ぎな気がする




 

by ikasasikuy | 2017-10-30 17:35 | 釣魚小全 | Comments(0)
2017年 10月 28日
南国土佐でコモノ釣り(day5)
c0120913_22132376.jpg
太平洋の先に伸びる室戸岬




クモヒトツナイ朝
太平洋の上に浮かぶ太陽が眩しい
目を凝らすと遥か彼方に室戸岬が横たわっている
桂浜のさかもっちゃんがなぜ東の方角を見ているかというと
室戸岬に中岡くんが立っているからだそうだ
そういえば室戸岬へメッキ釣りに行ったとき
クジラの像の横に中岡くん立ってた
あれが見えるのか
さかもっちゃん千里眼だな



c0120913_2245146.jpg
キタマクラ




朝一はキタマクラ
昨日久礼で一匹も釣れなかったので
なんだか懐かしい
これぐらいのキタマクラは可愛い
体の表面がつるんとしてて肌触り抜群
抱き枕にして寝たい



c0120913_22452998.jpg
モチヱバ




沖目に投げるとモチヱバが釣れる
岸よりはキタマクラ
ちゃんと棲み分けている
モチヱバがたくさん釣れた持って帰ってたいてたべるのだが・・・



c0120913_2247032.jpg
クロサギ




アカヒレイシモチポイントへ行くと先行者がいたので
シマイサギポイントへ移動

シマイサギは釣れず
クロサギの猛襲に遭う
ここのクロサギも久礼に退けを取らずでかい
最初のうちは竿が大きく曲がって面白いけれど
面白いように釣れすぎてだんだん面白くなくなってくる



c0120913_22472374.jpg
チヌ




クロサギに飽きてきたころに
チヌがきた
手計り23〜4cm
なかなかいいファイトだ
25cm以上のはヤマギシさん怒られるので釣ってはイケナイので
ギリギリセーフだ
チヌの引きはキモチイイなぁ



c0120913_22511078.jpg
コバンヒメジ




さらにクロサギの猛攻が続く中
突然
ヘンな魚が釣れた
白いアゴヒゲが2本ある
オジサン?
いや
オジサンは赤かったんじゃないかな
もしかして
オジサンの♀?
オバサン?

困ったときのおおはしさんだのみ・・・
コバンヒメジと教えてもらう
おおはしさんありがとう!



c0120913_2252769.jpg
転戦




朝4人いた釣り人は
アカヒレイシモチポイントに居座っている釣り人を除いて
みんな帰ってしまった
浦戸も釣り飽きたし
ボクも帰ろう
あゝ
それにしても
尺級のキスを足元でバラしたのが悔やまれる・・・
もしかしたら35cmぐらいあったかも・・・
逃がした獲物は大きい・・・
それと
ワームをトゥイッチング中に
激しくアタックしてきたのはメッキだったと思う・・・
釣り人は釣ってから語れ・・・


【浦戸湾の釣果】
 キタマクラ・・・9
 モチヱバ・・・1
 クロサギ・・・18
 チヌ・・・1
 コバンヒメジ・・・1
 -------------------------
 合計 5業種 30匹

 

c0120913_22522991.jpg
鏡川




鏡川へ転戦してきた
ハゼ狙いだが
一昨日はウグイ1匹だったし
釣れたらなんでもいい
ゼイタクは言わない



c0120913_22573096.jpg
クロサギ




やっぱりここでもクロサギだ
ただし鏡川のは小さい
だいたい20〜25cmだ
取り込みも楽だが
やっぱり飽きてくる



c0120913_2258780.jpg
チヌ




チヌも二回り以上小さい
コチヌだ
引きも大したことない
取り込みも楽だ
でも飽きてくる



c0120913_22582990.jpg
ウロハゼ




初日にヒメハゼと思ってぬか喜びしたウロハゼ
どれも10cm未満だが
一匹だけ13cmぐらいのが釣れた
これぐらいのサイズになるとウロハゼとわかる
結局マハゼは一匹も釣れなかった


【鏡川の釣果】
 クロサギ・・・11
 チヌ・・・6
 ウロハゼ・・・6
 -----------------------
 合計3魚種 23匹




c0120913_2259036.jpg
西から雲が伸びてきた




鏡川に着いたときはクモヒトツナイ晴天だったが
わずか二時間のあいだに雲が増えてきた
台風が連れてきた雲だろうか
下り潮が止まると魚信もピタッと途絶えた
よし、今日も良く釣った
早仕舞いだ


【本日の釣果】
 キタマクラ・・・9
 モチヱバ・・・1
 クロサギ・・・29
 チヌ・・7
 コバンヒメジ・・・1
 ウロハゼ・・・6
 ------------------------------
 合計 6魚種 53匹



     コモノ釣り 楽しいけれど 飽きてきた
                     どろ


 

by ikasasikuy | 2017-10-28 00:08 | 釣魚小全 | Comments(0)
2017年 10月 27日
南国土佐でコモノ釣り(day4)
c0120913_20275826.jpg
土佐久礼港




土讃線で土佐久礼へ行った
ここへくるのはこれが4回目だと思う
5回目かもしれない
四国でいちばん長閑でのんびりした港町だ
去年、釣りをしている横で洗濯物を干していたおばちゃんに
今年もまたあった
おばちゃんは去年と同じように洗濯物を干していた

「こんにちわ」
「こんにちわ、なんがつれゆう」
「クロサギとキビレとフグとメッキと・・・」
「あんまりうまいもんは釣れんじゃろ」
「まあ、釣るだけやから」
「釣るんが楽しみじゃ」
「うん」
「イダ(ウグイ)がいちばんまずいな」
「それ、去年ここでボクとしゃべったときとおんなじことゆうてるわ」
「去年もしゃべったかい」
「しゃべったよ」
「そうかい」
「イダがマズイとか、去年と寸分たがわずおんなじことゆうてるわ」
「そうかい、あはははははー」

おばちゃんの豪快な笑い声が
静かな漁港に響き渡るのであった・・・


c0120913_5153155.jpg
ちゃっけーギンガメアジの仔




8時前
釣り始めてすぐ
ギンガメアジが釣れた
小さかったけど
いきなりミッションコンプリート!
ジグヘッド&ワームで釣れた
その後
ジグヘッド&ロープでも釣れた
もちろん生ブルーワームにもきた
なんでもええんや・・・



c0120913_19375843.jpg
ギンガメアジ




メッキの捕食は追跡型
逃げるものを追うのが習性だ
掛かった瞬間の猛烈なファイトが魅力
尺級になると一筋縄ではイカナイ
ギンガメアジばっかりだが
今回は思っていたよりたくさん釣れた
面白かった



c0120913_1938527.jpg
イダ(ウグイ)




おばちゃんがいちばんマズイというウグイ
ここらではイダという
いのちゃんのトモダチで
ヤマギシさんの親戚だ
煮付けや塩焼きは骨だらけでマズイけど
唐揚げにするとウマイと思う



c0120913_19381424.jpg
コモンフグ




良型のコモンフグはよく引く
食べたら美味しいと変態料理人は言うが
フグ調理免許を持っていない素人には荷が重い
かけた大型コモンフグの半分は鉤を飲んでハリスをきるの
ロケットジグヘッドにしたら大成功だった
これだとワーム、生ワーム、ロープへの切り替えも楽だ



c0120913_19382328.jpg
クロサギ




クロサギは高知のどこでも釣れるけれど
久礼はクロサギの宝庫
今回いちばんたくさん釣れた魚だ
コモンフグよりたくさん釣れた
アタリは小さい(吸込型捕食)が
良型は強烈なパワーでロッドを絞り込む
これもヱサでもワームでもロープでも釣れる
面白すぎてヤメラレナイ



c0120913_5242257.jpg
オキフエダイ




鮮やかな黄色
突然釣れる可愛い魚だ
だいたい15〜20cmだが
なかには60cmを超えるものもいるらしい
釣れても一日一匹だけということが多い
食い方は他の魚が捕食しようとしているのを
横から割り込んで突然引ったくるような横取り型
五目釣りでこれが釣れると嬉しい



c0120913_19383783.jpg
コトヒキ



コトヒキは小さいのが良い
20cm級になるとトゲが痛い
てのひら画像を撮ろうと思ったら暴れ回って
手指のあちこちから血ぃが吹き出した
海水が凍みてずっと痛かった



c0120913_4515966.jpg
昼ごあん




お腹がヘリコプターになったので
早めの昼食
久礼大正市場
今日も賑わっている
市場の入り口の前にある「食堂ど久礼もん」
なんでこんな屋号なのだろう
毎年ここでお昼ごあん



c0120913_19384623.jpg
キチヌ(キビレ)



キビレをこんなたくさん釣ったことがなかった
20cmを超えるとパワーも一段とアップして面白い
狙って釣るとなかなか釣れないのに
狙ってないときは釣れる
釣りとはそういうものだと思う
40cm(目測)を寸前でバラしたのが残念だ



c0120913_1939043.jpg
シロギス




吸込型の捕食をするので
だいたいハリを飲み込まれる
リリース前提の釣りのときは困る
早アワセをしすぎるとバレるし
少し待つと飲まれる
これもロケットジグヘッドに代えたら悩み解消
ラウンドヘッドにしたらもっと吸い込みにくいかもしれない



c0120913_19391136.jpg
イトヒキサギ




久礼にはクロサギ科の魚が二種類いて
一つはクロサギ
もう一つがこのイトヒキサギだ
クロサギは簡単に釣れるが
イトヒキサギがなかなか釣れなかった
やっと釣れた



c0120913_4273765.jpg
ヘダイ




三年ぶりにヘダイを釣った
狙ってもなかなか釣れないくせに
チヌ釣りのときには必ずじゃまを市に来る
それも美しくて可愛い魚だ
平たいので平鯛・・・
もっと可愛い名前にしてほしかった



c0120913_19392481.jpg
ギマ



へんな魚が釣れた
初めて見る魚だ
FBにアップすると
あちことから「ギマ」だという情報が・・・
_u_m_u_m_u_
しゃねがった



c0120913_21135537.jpg
ギマ




左右の胸鰭で立つことができる
たつというよりハイハイだが・・・
背びれと橅びれはものすごく堅い
足の裏で踏んだら甲まで貫通する



【本日の釣果】
 ギンガメアジ・・・17
 ウグイ・・・1
 コモンフグ・・・36
 クロサギ・・・43
 オキフエダイ・・・1
 コトヒキ・・・2
 キビレ・・・27
 シロギス・・・8
 イトヒキサギ・・・1
 ヘダイ・・・1
 ギマ・・・1
-----------------------------
 合計 11魚種 138匹


 ちょっと釣りすぎた気がする・・・



c0120913_4544896.jpg
土佐久礼駅




日暮れにはまだ時間はあったが
もうじゅうぶん釣ったし
少々飽きてきてもいるので早仕舞い
16時06分発の特急南風24号で高知まで戻った
普通だと110分かかるところ50分
早朝も特急があったらなー



     おばちゃんが イダはマズイと 高笑い
                     どろ






 

by ikasasikuy | 2017-10-27 05:21 | 釣魚小全 | Comments(2)
2017年 10月 25日
南国土佐でコモノ釣り(day3)
c0120913_19213314.jpg
安芸漁港
LUMIX DMC-TZ70




メッキを釣りに安芸へ行った
安芸漁港の向うに室戸岬が尖っている
岬の両側の漁港はこの十年間にしらみつぶしにやってみて
どの港のどの場所でどんなギンガメアジ属が釣れるか
おおよそ頭に入っている
じつは去年もここに来ている
しかしメッキを釣る前に竿を折ってしまった
いつもは持っている予備の竿をホテルに置いてきてしまい
無念の撤退を余儀なくされた
苦い思い出だ
今日は大丈夫
竿三本、リール二台持ってきた



c0120913_19321176.jpg
球場ボールくん




土佐くろしお鉄道は
各駅にマスコットキャラクターがあって
この「球場前駅」は球場ボールくん
さすがはちんちんタイガースの安芸キャンプの本拠地(だった)
それにしても
空に雲が一つもない
わずかに室戸岬の向こう側に雲が見える
トヨニシさんが「大阪は曇ってる」と言っていたが
あれはきっと大阪の雲だな・・・



c0120913_19513960.jpg
トウゴロウイワシ目ギンイソイワシ属sp




港の中は去年同様
トウゴロウイワシ目ギンイソイワシ属spが群れていた
素バリを落とすと一斉に飛びかかってくる
ヱサもルアーもロープもいらない
ハリだけで釣れてしまう
面白いけれど阿呆臭いのでそこそこ釣って止める

今日の狙いはあくまでもメッキだ
できればギンガメアジやカスミアジではなく
体高のあるロウニンアジの仔がいい



c0120913_208777.jpg
ロウニンアジの仔




釣れてしまった!
釣り始めて一時間も経っていない
今日の仕事が終わってしまった

 Mission complete

ほっと一安心
やや放心状態で投げているともう一匹追加
でも二匹目はもうどうでもよかった
単なるオマケメッキだ
さらにスズキの群れに遭遇
何度も食い損ねているうちに群れはどこかへ消えてしまった
スズキは捕食が下手糞で激しいトゥイッチングにはついてこれない
わかっていてもロッド操作が勝手にメッキ釣りになる



c0120913_22152792.jpg
ニシキベラ




することがなくなったので
ベラ釣りをした
ベラはワームでもロープでも釣れるが
ブルーワームがいちばんだ
入れ食いとまではいかないがぽつぽつ釣れる

突然・・・



c0120913_2217943.jpg
派手な色のベラ




こんなベラを釣ったのは初めてだ
カタチや大きさはニシキベラだが色がぜんぜんちがう
ニシキベラの♀か?
_u_m_u_m_u_
これはおおはしさんに訊くしかない(ヤマブキベラだと教えてもらった)



c0120913_22185429.jpg
スズメダイの一種




真っ青な小魚が群れているので
ブルーワームを落としたら
集まってきて突く
突くが鉤掛かりしない
口がちいさいのだ
手持ちの鉤でいちばん小さいハゼ7号に換えたが
まったく掛からない
そうこうしているとキタマクラがよってきて食う
キタマクラを何匹か釣っているうちに
掛かった
釣れたときは毒々しいほどの青色だったが
写真を撮る前に水バケツに入れたら色が変わった
ほぼ真っ黒
これもおおはしさんだが
こんなにちいさいし色も変わってしまってるし・・・・

昼すぎまで安芸漁港でマッタリしていたが
ここにいつまでもいても仕方がないので高知へ戻る



c0120913_2363344.jpg
とさでんとラム「後免駅」




土佐くろしお鉄道の後免町で降りて
そこからはとさでんトラムで高知市内へ
JRで行くより200ヱン高いうえに時間は3倍ぐらい掛かるけれど
トラムに乗るのは楽しい
しかも始発駅なので一番前に座れる・・・・
走ってるトラムの動画を撮ったがなぜかタテヨコ逆になっていた
なんでだろう・・・



c0120913_22292594.jpg
はりまやばし




大橋通で降りて
明神丸の塩たたきでビールを飲んで
バジルチキンの唐揚げでまたビールを飲んでから
鏡川へ行った
初日まったくアタリがなかった右岸でやってみた
左岸は釣れているのか釣り人の姿があった

案の定右岸はアタリはしぶく
一時間ほどやって4〜5バイトだった
しかもバラシの連続で
最後の最後に
一匹だけ釣れた



c0120913_22333674.jpg
かまどやのともだち




釣れたのは
かまどやのともだちだった
ヤマギシさんの親戚ともいう
高級魚専門の中川家には無縁の魚だ



c0120913_22385371.jpg
林つりぐ




泊まっているホテルのすぐ横に
こんな大きな釣具屋があった
ぜんぜん知らなかった
海で落とした水バケツと巻き代えようのラインを買った
ついでに明日使うブルーワームも・・・


【本日の釣果】
 トウゴロウイワシ目ギンイソイワシ属sp・・・10
 ロウニンアジ・・・2
 キタマクラ・・・10
 ニシキベラ・・・10
 派手なベラ(ヤマブキベラ)・・・1
 スズメダイの一種・・・1
 ウグイ・・・1
 ------------------------------------
 合計7魚種 35匹




c0120913_22413737.jpg
夕闇迫る鏡川




今日はあんまり釣れなかったが
一匹のメッキですべてが完了した
よかった



     メッキ釣り あゝメッキ釣り メッキ釣り
                       どろ




 

  


by ikasasikuy | 2017-10-25 23:11 | 釣魚小全 | Comments(2)
2017年 10月 25日
南国土佐でコモノ釣り(day2)
c0120913_2120577.jpg
浦戸湾の小物釣り
Xperia XZ SOV34




朝早く起きて
ホテルの前のコンビニでお茶とおにぎりを二つ買って
路線バスに乗って桂浜へ行った
高知市内から桂浜へ行くバスは本数が少ないけれど
タクシーで行く1/7の料金で行ける



桂浜に着いて
先ずさかもっちゃんに会いに行った
さかもっちゃんは相変わらず室戸岬をにらんで立っていた



c0120913_21392368.jpg
さかもっちゃん




さて
挨拶がすんだら浦戸湾でコモノ釣りだ
いきなり
ガシラが釣れた
お初天神の御利益だ



c0120913_21294691.jpg
ガッシー




つづいて
コモンフグ
こいつがいると厄介だ
鉤をも噛み切るペンチ級の歯を持っている

さらに
キタマクラ・・・・



c0120913_2135522.jpg
キタマクラ




これがいるとなおのこと厄介だ
ブルーワームもエコギアのワームも音もなく食いちぎられる
しかも痺れるような小アタリでアワセにくい




c0120913_21325770.jpg
コモンフグ




そんな中
突然きたのが黄色い天使
なかなか名前が出てこなかった

 オキフエダイだ

MUN!さんありがとう!



c0120913_2224426.jpg
オキフエダイ




それにしても
キタマクラがやたら多い
ブルーワームもスクリューテールグラブも一瞬で齧り獲られる
そこで伝家の宝刀・・・



c0120913_22442610.jpg
ジグヘッド&ロープ




これでフグは完全にシャットアウトだ

いきなり強烈なバイト
圧倒的なパワー
気が狂ったようなエラ荒い
ジャンプ&ジャンプ
スズキだ
しかも銀ピカのヒラスズキだ



c0120913_22511354.jpg
オトコマエのヒラスズキ




まだ子供のヒラスズキとはいえ
七本継MLでは限界のサイズ
足場が高かったけれど
最後は4LBを信じて抜き揚げた



c0120913_22492623.jpg
ヒラスズキ(こども)




久しぶりに釣ったヒラスズキ
ロープのお陰だ

さらに
ここでしか釣れないのではないかという貴重なアカササノハベラがきた



c0120913_23275546.jpg
アカササノハベラ




場所をスロープ前に移動して
本格的にメッキ狙い
過去にこのスロープポイントでギンガメアジ、ロウニンアジの実績がある

と、突然強烈ヒット
メッキかと思ったら・・・・



c0120913_22594727.jpg
シマイサギ




シマイサギだった
高知ではわりとメジャーな魚だが
ここのは良型



c0120913_233534.jpg
シマイサギ




メッキ実績ポイントだが
なかなかメッキが来ない・・・・と
またしても突然ロッドを持っていくアタリ
水面近くで「ギラッ」と光った
こんどこそメッキだ・・・・
と思ったら



c0120913_23124519.jpg
クロサギ




クロサギだった
カラダのメタリック具合はメッキ以上だ
これがけっこうたくさん居着いている
土佐久礼ではオキアミでしか釣れなかったが
ここのクロサギはワームが好きだ



c0120913_23143081.jpg
クロサギ




釣り味は抜群
しかしアジ科ではない
クロサギ科だ

ここからはかなり歩かなければならないが
メッキ(ギンガメアジ)が入れ食いだったポイントがある
二三年前に小さいメッキを大釣りしたことがある
行ってみた
ところが
メッキ入れ食いポイントはゴミ(台風による)だらけで
メッキはさっぱり釣れなかった
そのかわり
超ちょんまいマハタが釣れた
コモノ釣師としては嬉しい一匹だ



c0120913_23255090.jpg
マハタ




元のポイントに戻って
小さな突堤の上から釣り再開・・・
ジジジジジーという辺りを合わせると
モチヱバだった



c0120913_23324991.jpg
モチヱバ



クロサギはクロサギ科
モチヱバはヒイラギ科
クロサギとモチヱバはぜんぜん別種の魚だが
口が伸びるという共通点がある
キモチワルイぐらい伸びる



c0120913_23513611.jpg
モチヱバとクロサギ




クロホシフエダイがきた
今年初めてだ
綺麗場魚だ
コモノ釣師が好きな魚の一つだ



c0120913_23421694.jpg
クロホシフエダイ




タマンに似た魚がきた
フエフキの仲間と思われる
たまんkなのか・・・
タマンじゃないのか・・・

 タマンだった

おおはしさんありがとう!
このあともう一匹きた
今季3タマン目



c0120913_2344415.jpg
タマン(ハマフエフキ)




前にこの同じポイントで釣った魚だ
〇〇イシモチ
なかなか名前が出てこない
忘れようとしてないのに思い出せない・・・
昔の釣行記録をひもといた

 ヨコスジイシモチ

だった
この魚
ここでしか釣った湖とがない
ずっと同じ場所で暮しているのだなぁ・・・・



c0120913_23452091.jpg
ヨコスジイシモチ



ああ
面白かった・・・


【本日の釣果】
 ガシラ・・・1
 コモンフグ・・・4
 キタマクラ・・・16
 オキフエダイ・・・1
 ヒラスズキ・・・1
 アカササノハベラ・・・1
 シロギス・・・1
 シマイサギ・・・2
 クロサギ・・・7
 マハタ・・・1
 モチヱバ・・・4
 クロホシフエダイ・・・1
 タマン・・・2
 ヨコスジイシモチ・・・1
----------------------------
 合計 14魚種 43匹



日が沈んだ
さー帰ろ



c0120913_23585270.jpg
浦戸の夕陽





    小物釣り いろいろ釣れて 楽しいな
                    どろ





 

by ikasasikuy | 2017-10-25 00:26 | 釣魚小全 | Comments(0)
2017年 10月 23日
南国土佐でコモノ釣り(day1)
c0120913_21233432.jpg
南国土佐の豆チヌ
Xperia XZ SOV34




超大型台風21号が通りすぎた朝
高速バスで高知へ行った
朝6時過ぎに出発して
昼前には高知に着いた
とりあえず今日は鏡川のハゼで様子見だ
ブルーワームを買いに
とさでんトラムで上町四丁目まで行った
四丁目で降りるところ
まちがえて二丁目で降りてしまった
4−2=2
しかたがないので二丁目分歩いた



c0120913_21274417.jpg
つりぐの岡林




岡林といえば「手紙」だが
々もあの歌は内容はわかるが理解に苦しむ
でも今はそんなハナシをしているときではない
大量のブルーワームを買うとボクは屋台餃子を食べに行った
ほんとうは明神丸のかつおのたたきでビールだったが
明神丸は行列ができていた
それで急きょ餃子にした
失敗だった
高くズイマーだった
コストパフォーマンスで言うと
G子のO将の1/6だ
T水軒の1/36だ(当社比)



c0120913_21372168.jpg
〇兵衛の屋台餃子




再びトラムに乗ろうと思ったら
大橋通の電停は女子高生で溢れかえっていた
女子高生は一人のときは多少ビーユーヱスユーな子でも可愛いが
団体のときの女子高生はダメだ
話し声を聞いただけでイライラムカムカする
彼女たちはなぜ大勢でいるとあんなに大声で下品になるのだろう
トラムを諦めてタクシーでホテルまで行った
とちゅう鏡川を渡った
案外増水していない
運転手によると雨はそんなに降らなかったらしい



c0120913_2144149.jpg
鏡川




ホテルに荷を下ろしてすぐに釣りに行った
去年もここで二度釣りをした
ハゼを筆頭に
チヌ、キビレ、スズキ、マルタ、クロサギ、ヒトヒキサギ、モチヱバ
ほぼ入れ食いだった
とくにモチヱバはよく釣れた
しかし
今日はアタリの「ア」の字もなければ
モチヱバの「モ」の字もない
なぜだろう

対岸に釣り人発見
三、四人竿を出している
橋を渡って対岸へ移動する
やってみた
アタリがない
岸沿いに四角い護岸ブロックが入っている
そのキワに落としてみた

 クククク

きた!
ちっちゃいハゼだ
あ!
これヒメハゼじゃないか!



c0120913_21483834.jpg
ヒメハゼ




マハゼより青っぽい褐色で体側に鱗二枚分の黒斑が4つある
居場所がわかるとあとは簡単に釣れた
2時間ほどのあいだに14匹釣れた
入れ食いというほどではないけれどよく釣れた
全部7〜9cmだった

護岸ブロックのさらに内側の穴に落としてみた
ヒメハゼとはぜんぜん違う鋭うアタリがきた
マハゼだった
釣り飽きているのか
マハゼはヒメハゼほど感動がない
宍道湖lであれだけ釣ったら飽きるのも仕方がない



c0120913_21583854.jpg
マハゼ




さらに
ヒメハゼを狙っていると
引ったくるようなアタリがきた
七本継のULが満月になっている
でも魚は小さい
チヌだった
ちっちゃいけどよく引く



c0120913_223523.jpg




前に投げてもチヌがきた
茅渟は川全体に要るようだ
しかし
スズキもクロサギもモチヱバもぜんぜん釣れない

右岸で一時間
左岸で二時間
合計三時間の釣りだったが面白かった
台風の直後でボーズも覚悟していただけに
なんでもいいから釣れてよかった



【本日の釣果】
 ヒメハゼ・・・14匹
 マハゼ・・・2匹
 チヌ・・・4匹
 -------------------------------
 合計 3魚種20匹



c0120913_227185.jpg
沈む夕陽



この一週間
降りに降った雨だが
大きな台風が通りすぎて
初日から絶好の釣り日和となった

さて
明日はどこへ釣りに行くかな・・・




   風去りて 秋空の下 小物釣り
                どろ





 

by ikasasikuy | 2017-10-23 21:52 | 釣魚小全 | Comments(0)
2017年 10月 21日
Mr. COLOR #4 Yellow
c0120913_1453444.jpg
グンゼ Mr.COLOR #4 YELLOW
LUMIX DMC-TZ70




明石のタコは黄色が好きだ
タコ本人からきいたのでまちがいない
そこで
昔懐かしプラカラー
バルサでミノーを作っていたころ
エアブラシで吹いた塗料だ
あのころはこんな色は使わなかったけど・・・



c0120913_14531346.jpg
あばばい黄色




阿波弁で眩しいはあばばいだ
まさにあばばい黄色になった
平筆でペタペタ塗った
5分で乾くので二度塗しても10分
あっというまにできあがり

 黄色+白色
 黄色+橙色
 黄色+桃色
 黄色+緑色

だいたいこんな組み合わせのDER(ダブルヱギリグ)で使う

 黄色+黄色

というスペシャルコンビネーションDERもある
さらに
いま
もっとも新しいのは

 黄色+黄色+黄色

TER(トリプルヱギリグ)だ
このTER
利点は二つ
欠点は一つ




 


 

 

by ikasasikuy | 2017-10-21 14:51 | 漁具概論 | Comments(0)
2017年 10月 19日
TIFA 明石タコクラシコ 第9戦
c0120913_0361529.jpg
明石海峡の朝焼け
遠く明石海峡大橋ヶ見える
LUMIX DMC-TZ70




第9戦だが
すでに6敗している
ここで勝っても焼け石に水だ
しかし
「一矢報いる」という言葉もある



c0120913_0362981.jpg
チーム圓尊寺・アフリカンタッグ




未明
まだうす暗いうちから
いきなり5ポイントの大差を付けられた
ヱンドレス森下おそるべし
ダイソーのミノーの背中にピンクのスタッガーワイド
こんなものに負けるのか・・・

自作テンヤを捨て
3.5インチのダブルEGに変えて追い上げる
1ポイント差まで急迫する
しかしまた突き放される

ここで
YO-ZURI タコやんの背中に薄い背脂に切り替えて
ついに逆転
3ポイントリード

しかしまた
再逆転され2ポイント差を付けられる

中盤
一進一退が繰り返され
3.5号黄色&黄色に変えて再々逆転
2ポイントリードする

ところが
ヱンドレス森下
ここで今朝西海丸で1コ300ヱンで買ったマルシンの4.0号新色を開封
立て続けに釣る

ここで負けじとボクもマルシンの4.0号に変えたが旧色
色がぜんぜん違う
同じ黄色でも旧色はフツウのうっすい黄色
新色は蛍光イエローだ
釣れ方が違う
そしてついに再々々逆転される

その後
ヱンドレス森下は最後までマルシン新色で釣りまくり
最終的に7ポイントの大差をつけられ敗退

もし
ヱンドレス森下が西海丸の事務所でマルシン新色を買わなかったら
おそらく
いや
まちがいなくボクが勝っていただろう
それに
もし
マルシンの新色が
西海丸で400ヱンで売られていたら
ヱンドレス森下は絶対ということは絶対にないけど絶対に買わなかったはずだ
なぜ西海丸はちょっと色をつけて400ヱンにしなかったのだろう・・・

 悔やまれる



c0120913_0371389.jpg
勝利のすき焼き定食を嬉しそうに食うヱンドレス森下




クラシコでシーズン過去最多の7敗目を喫したボクは
もうタコ釣りを引退しようと思ったが
だがしかし
このままでは終われない
来月のクラシコ第10戦では

 必ず一矢報いるかも (by 安尾信乃助)





 

by ikasasikuy | 2017-10-19 00:37 | 釣魚小全 | Comments(0)
2017年 10月 17日
鯊の焼き干し焼き
c0120913_21374996.jpg
鯊の焼き干し焼き
LUMIX DMC-TZ70




鯊の焼き干しを炙って酒の肴に・・・
醤油を垂らして軽く炙る
つまり
 
 やきぼしやき
 
死んだ親父がこれが好きで
二級酒をちびちび飲りながらよくしがんでいた
母が
「正月の雑煮の出汁がのぉなりますがな」
とぼやいていた
ボクがそばにいくと
「おまえもしがむか」
と・・・

あのときの味だから
もう半世紀以上も前の味だ
簡単に言うと
目刺しのようなものだが
もっと素朴で上品で
噛めば噛むほど旨みが滲み出てくる
 
tag写真にタグ付け




 

by ikasasikuy | 2017-10-17 21:36 | 釣り文化総論 | Comments(0)