2017年 09月 05日
母なる川の小物釣り
c0120913_23506.jpg
母なる川の上流部
LUMIX DMC-TZ70




母なる川で小物を釣って遊んだ
メインターゲットをタナゴと見せかけて
じつは
鉤にかかるものなら
蛇でも河童でもなんでもいい・・・
というような
くだけた釣りが最近の泥水流小物釣りだ
じつは昨日
下流域のハゼ釣りで
ゲストで釣れたニゴイの仔魚がことのほか嬉しかった
さて
今日は上流域でなにが釣れてくれるかな・・・・










c0120913_2362768.jpg
一投目、置き竿を引きずり込まれた










c0120913_2382223.jpg
ムギツクが連発する










c0120913_2391060.jpg
グルテンに混ぜたサナギ粉の臭いを嗅ぎつけてヘラブナが










c0120913_23103142.jpg
これより大きいのは0.3号の鉤素を切っていく










c0120913_2311735.jpg
完全にヘラの着き場になる・・・










c0120913_23124040.jpg
大きいのが来なくなるとだんだんサイズダウン










c0120913_23132131.jpg
やっとタナゴか・・・と思ったら小さいヘラブナ










c0120913_231359100.jpg
なんかちがうなと思ったらコイ・・・ヒゲがある










c0120913_23151042.jpg
ヘラはさらにサイズダウン










c0120913_23252498.jpg
シロヒレタビラとほぼ同じサイズのヘラ










c0120913_23153926.jpg
・・・と思ったらまたサイズアップ・・・いや、これはマブナだ










c0120913_23164239.jpg
ヘラが沈静化するとやっとイトモロコ










c0120913_23173234.jpg
ムギツク










c0120913_23175051.jpg
イトモロコ










c0120913_23181999.jpg
そろそろタナゴ・・と思ったらカメ










c0120913_2319785.jpg
またもカメ、ミシシッピアカミミガメとはちがう・・・たぶんクサガメ










c0120913_23203710.jpg
最後にやっとタナゴ・・・・と思ったらアオエラタビタ










【本日の釣果】

 ブルーギル・・・2
 ムギツク・・・8
 ヘラブナ・・・10
 コイ・・・1
 マブナ・・・1
 イトモロコ・・・4
 クサガメ・・・2
 ニホンイシガメ・・・2
 ----------------------
 合計 7種 28匹


c0120913_23312849.jpg
タナゴは釣れなかったけどおもしろかったなー






















c0120913_2333548.jpg
帰りに25年ぶりのてんぴん





 

# by ikasasikuy | 2017-09-05 23:37 | 釣魚小全 | Comments(7)
2017年 09月 04日
石沙蚕 vs 蛸足 (出来鯊の唐揚げを釣る)
c0120913_21395887.jpg
我が母なる川
LUMIX DMC-TZ70




気がつくと九月になって
朝夕てっきり、いや、めっきり涼しくなっている
夏の忘れ物

 出来鯊

そうだ
出来鯊を釣ってなかった
じつは八月半ばにいちど行ったが
あまりの猛暑と魚信のなさで撤退を余儀なくされた
魚信のなさの原因は
もしかして

 蛸の足・・・

じつは
いつも使う石沙蚕(イシゴカイ)の代わりに
明石で釣ったタコの足を使ってみた
結果はヌマチチブ一匹
もし
石沙蚕を使っていたら釣れていただろうか・・・・

そんなわけで
今日は
蛸足と石沙蚕を
かわりべんたん
かわりべんたん

試してみることにする

「釣れてる」
「よぉ釣れてるよ」
「石沙蚕」
「300ヱンにしとこか」
「300ヱンにしといて」
「阪神の上がええよ」
「南武橋の下いこおもてんねんけど」
「ぜんぜんあかんよ」
「えええ」
「地元の常連さんが毎日やってるけどあかんねん」
「ほな阪神の上行くわ」
「そないし、上行くほど大きいよ」
「ちょんまいのんがええねん」

河原に出てみると
なるほど
南武橋方向に釣り人は皆無
阪神周辺から上流は二十人ぐらいが釣っている
やっぱり南武橋は釣れないのか・・・

上流へ行くほどサイズがいいらしいので
あえて小物狙いで阪神の100mぐらい上で釣り始める
まず石沙蚕
一頭目からプルプルと細かいアタリ
小さい
出来鯊と呼ぶには大きいけれどまずまずの小ささ


c0120913_22254482.jpg
やや出来過ぎッ



ところが二匹目からは出来過ぎ鯊が続いて
なかなか出来鯊がでない
10匹釣ったところで蛸足にチェンジ
アタリが途絶える
ときどき「コツコツ」と来るがすぐにやめてしまう
蛸足のサイズを半分にして
一口サイズにしてみた
こんどはぜんぜんアタリがない
30分ぐらいやって一匹も釣れなかった
ここで再び石沙蚕
一頭目からブルブルブルと小気味よいアタリ
サイズはバラバラだが12cm前後の中学生ハゼが釣れ続く

30匹ぐらい釣ったところで小移動
新しい蛸足を3cmぐらいに切ってやってみると
小さなアタリがあるものの食い込まない
鯊は蛸が嫌いなのか
再び石沙蚕


c0120913_22265375.jpg
16cm



すぐに良型(といっても15〜16cm)が連発する
ときどき8cm級の出来鯊も混じる
入れ食い状態になったのでまた蛸足をやってみる
アタリが途絶える
触りに来るが食い込まない
やっと食ったとおもったらすぐにバレる
食いが浅いと思う
石沙蚕のときはソーメンをすするように食うくせに
蛸足のときは噛んでは吐き出すを繰り返す
アワセ代がない
なるほど
だんだん答が見えてくる
60匹ぐらい釣ったところで小移動

最後のポイント
ここが一番よく釣れた
遠投すると良型
足元はちいさいのが多い
出来鯊狙いならチョイ投げがいいようだ

強いアタリを合わせると
いままでにない力強い引き
でかハゼかと思ったら
ニゴイの仔魚だった


c0120913_2223875.jpg
ニゴイの仔魚



母なるムコンの下流域で
今までにいろんな魚を釣ったが
赤ちゃんとはいえニゴイははじめてだ
ルアーを投げている少年にきくと
阪神の堰堤下で大きいのを釣ったことがあると言っていた

その後も石沙蚕でハゼは釣れ続いた
ニゴイを入れて100匹釣ったところで納竿にした
結局蛸足では一匹も釣れなかった



【対戦結果】

 石沙蚕 99ー0 蛸足




【本日の釣果】

 ハゼ・・・99匹(うちデキハゼ=18匹)
 ニゴイ・・・1匹
 ーーーーーーーー
 合計・・・100匹
 実釣時間・・・4時間




 

# by ikasasikuy | 2017-09-04 23:07 | 釣魚小全 | Comments(2)
2017年 09月 04日
出来鯊の唐揚げ
c0120913_20575681.jpg
出来鯊の唐揚げ
LUMIX DMC-TZ70




出来鯊の唐揚げは
金の草鞋を履いてでも釣って食え!
というぐらい
未成熟のハゼはうまい
これが秋になると
大きくなって頭と背骨が硬くなる
こうなるともう開いて天ぷらにするしかない
琵琶湖産の小鮎は腸を取らないぶん楽だが
出来鯊はきれいに腸を取り除くので手間暇がかかる
尾ビレと胸ビレは包丁の刃を立てて丁寧に扱く
この手間暇を惜しんではイケナイ
そんなわけで
 
 出来鯊は盆までに釣れ
 
そう思って
じつは八月半ばの曇りの日を選んで行ったのだが
かんかん照りで隠れる場所もなく
わずか一時間でギブアップ
周りの釣り人がバタバタと熱中症で倒れるのをみて
無念の撤退を余儀なくされたのだった
そうそう
あれはたしか
滋賀県立信彦根東高校が負けた日だった
暑い日だったなぁ・・・
あれから半月あまりがすぎて
てっきり、いや、めっきり涼しくなって
二時間でも
三時間でも
四時間でも
平気で釣ってられる気候になって行ってみたら
出来鯊はすでに出来過ぎていた
三桁釣って辛うじてデキハゼ十数匹・・・・
 
 


なお
本日のメインテーマ

 「鯊は蛸の足が好きか」

についてはまたあした




 
 

# by ikasasikuy | 2017-09-04 20:56 | 食文化論 | Comments(0)
2017年 09月 01日
クロスロックスナップ
c0120913_16311941.jpg
ヤリヱ"クロスロックスナップ"
LUMIX DMC-TZ70




about タコ道具
 
タコはご存知の通り足が8本あって
鉤に掛かって船上に引き上げられるまでの間に
足で巧みに鉤を外すのである
タコはタコ鉤がバーブレスだということをちゃんと知ってるし
頭脳も運動神経もゾンさんより数倍優れているのだ
それに最近
鉤に掛かる前に
仕掛けと道糸を繋いでいるスナップを外すタコも現れた
クラシコでちょいちょいヱンさんが
 
 「あ〜れ〜〜スナップひらいてる〜〜」
 
と叫んでいるが
あれはヱンさんが使っているスナップがヤスモンで
タコに簡単に外されているのだ
 
そこで
ヤリヱのクロスロックスナップ
絶対ということは絶対にないけど絶対にタコには外せない
じつは
前回のクラシコで今年はじめてヱギをなくした
ここ数年そんなことはなかったが
理由は簡単
スナップが開いていたのだ
ちょうどヤリヱのクロスロックスナップの在庫が切れて
別のメーカーのスナップを使っていたのだった
 
 だめだ!
 だめだ!
 
スナップはヤリヱでなきゃ絶対だめだ!
昨日、当分のあいだ困らないだけ買っておいた
 
 
鎗柄さ〜ん
宣伝しといたからね〜



 

# by ikasasikuy | 2017-09-01 16:32 | 漁具概論 | Comments(0)
2017年 08月 31日
ゾンマサ、マクピクでシマイサギを釣る
c0120913_11284058.jpg
シマイサギ




ゾンさんがチヌ狙いでシマイサギを釣った
この魚
これの何倍もでかいのをミノーやワームで釣ったことはあるけれど
トップウォータープラグで釣ったことはなかった
ゾンさんにしてやられた

しかし
こないだから気になっていたことがある
作者に無断で
テールフックのスプリットリングを不細工にでかいのに換えているのだ
ものすごく見た目が悪い
理由をきくと
浮き角度を尻下がりにして食いをよくするためだという

 あほちゃうか

いや、あほだ!
あさはかにもほどがある
そのせいで見た目もバランスが台無しだ
それをするならフックの軸に板オモリを巻け

こんなセンスの悪い弟子はもう破門にしよう
そうしよう



 

# by ikasasikuy | 2017-08-31 11:35 | 漁具概論 | Comments(2)
2017年 08月 29日
Muddy Waters "Micro Picnic AAA"
c0120913_90730.jpg
Muddy Waters "Micro Picnic AAA"




一度破門にした弟子のゾンマサが
嫁様の目を盗んでの釣行で
やっとチヌを釣った
めちゃくちゃちょんまい
それにチヌといってもチビキビレだし
泥水本舗のマクピクがやたら大きく見える・・・
とりあえずこれで
破門は一時保留になったゾンマサ31番弟子である
次は尺オーバーだ
最終目標はトシナシだ
ボーズで帰りにラーメン食うてる場合ちゃうぞ




 

# by ikasasikuy | 2017-08-29 09:01 | 漁具概論 | Comments(0)
2017年 08月 28日
タコ道具
c0120913_244527.jpg
キロアップのオスダコをイカエギで釣る九・凹一




九・凹一はイカヱギでタコを釣る
使うヱギはEver Greenのヱギ番長4.0号
これでキロアップを楽々釣り上げる(抜き上げ)
釣りがうまい男なのでこれぐらいはアタリマヱなのだろう
しかし
イカヱギの鉤(カンナ)はフトコロが浅い
バレ易いと思うのだが・・・
ボクはカンナを外してタコバリに替えている
交換用の鉤はVAN-FOOKのライギョ用バーブレスダブルフック1/0



c0120913_2582221.jpg
VAN-FOOKバーブレスダブル1/0に交換したヱギ
LUMIX DMC-TZ70




VAN-FOOKのバーブレスダブルは
フックとフックの開き角度が70°(ふつうのルアーフックは90°以上)
タコバリに最も近い形状になっている




 
 

# by ikasasikuy | 2017-08-28 02:59 | 漁具概論 | Comments(0)
2017年 08月 24日
TIFA 明石タコクラシコ 第7戦
c0120913_1484341.jpg
スタートオクトパッシング





米国最有力紙「ニューヨークタイムス」は
8月23日付の夕刊紙で

 本日未明、TIFA明石タコクラシコ第7戦が行われ
 イカザスが圧倒的なパワーでヱンドレスをねじ伏せた
 このペースで イカザスが勝ち続ければ
 シーズン終了までに逆転することは火を見るより明らかだ

と伝えた



c0120913_251468.jpg

 夏海や瀬戸に横たふ淡路島




またイタリアの大手スポーツ紙「ガゼッタ・デッロ・スポルト」は
24日付の日刊紙で

 眠っていた獅子が再び目を覚ました

と見出しを立てイカザスの勝利を讃えた
さらに

 今後ヱンドレスは一つの勝利も得られないだろう

と付け加えた



c0120913_214348.jpg
本日のマックス




後半の後半
ヱンドレスが必死で追撃したが

 時既に遅し

最終スコア14-10でイカザスが楽に逃げ切った
(何匹釣ったか書いとかなべーさんうるさいから・・・)


 
 

# by ikasasikuy | 2017-08-24 02:14 | 釣魚小全 | Comments(0)
2017年 08月 22日
週刊アクアリウムニウス8月号
c0120913_16354318.jpg
丹頂
LUMIX DMC-TZ70




近所のホームセンターへ行ったら
観賞魚コーナーでオランダシシガシラの丹頂が
一匹2500ヱンで売られてた

 たっかー!

オランダシシガシラは高いなぁ・・・
ところが
そのとなりの水槽には
一匹480ヱンの丹頂が・・・

 やっすー!

えええ???
どゆこと???
よく見ると480ヱンのはオランダシシガシラではなかった
ふつうの琉金の頭だけが赤いやつだった
大きさもおなじだし
色もおなじなのに
頭がブツブツかツルツルかで値段がぜんぜんちがう
なんということだ・・・
ボクはツルツル頭の安いのが親近感がわく
親近感はだいじだ
それに
ブツブツ頭のはだいぶっつぁんみたいでキモチワルイ
それにそれに
水の中で泳いでいたら
老眼のヱンさんやヤマギシさんには
絶対ということは絶対にないけど絶対見分けられない
店のお姉さんに

「このツルツル頭の安いほうを二匹ください」
「三匹買うと1280ヱンになりますよ」
「それて割安になってるんですか」
「・・・たぶん」

店のお姉さんも
即座に割り算ができないタイプのようだ
そりゃそうだ
990ヱンなら3で割りやすいけど
1280ヱンはだれだってものすごく割りにくい

「一匹あたりが安くなってるはずです」
「そうなんですか」
「・・・たぶん」
「じゃあ三匹ください」

そんなわけで
ツルツル頭の丹頂を三匹買った

家に帰って
水合わせをして
睡蓮鉢に入れると
気持ち良さそうに泳いでいる・・・
入れてすぐだからヱサは食べないだろう

少しだけヱサを入れてみると
バクバク食べた
食い意地のはったやつだ
まるでゾンマサみたいないやしんぼなやつだ



 

# by ikasasikuy | 2017-08-22 12:51 | アクアリウム | Comments(2)
2017年 08月 22日
サカ弁
c0120913_442947.jpg
サカ弁
LUMIX DMC-TZ70




今週
リーガエスパニョーラが開幕して
忙しくなってきた欧州サッカー
夜中に弁当を食べて
プレミアと合わせて5試合見ると
朝になる
腹ヘリコプター
朝ごあんを食べて
少し寝る




 

# by ikasasikuy | 2017-08-22 02:41 | スポーツ心理学 | Comments(0)