2003年 03月 28日
Plaa Chadoo Finshing in Thailand 5
28 march 2003

早朝‥‥‥
カオレム最終日
ノーイの船に乗る
バナナ+BPで2匹釣る
RTホッコゲナ+BPで3匹釣る(内1匹は全釣行中最大魚)

c0120913_2153546.jpg
最大魚(51cm, 1.03kg=ホッコゲナ+BP)

このあたりでチャドー釣りの概要が見えてくる
出たチャドーをフックに乗せる率
ランディングする率が向上する
しかし‥‥‥もう時間がない

昼‥‥‥
サンカブリを後にしバンコクへ向かう
バンコク市内大渋滞につき7時間かかる

夜‥‥‥
バンコクのタイ鍋屋で
トシちゃん一家、シゲちゃん夫妻、RT夫妻
ポーさん(RT夫妻の観光ガイド役)、ナオキくん、羽山さん
それに私の11名で大宴会をする
バンコク泊

# by ikasasikuy | 2003-03-28 21:08 | 釣魚小全
2003年 03月 27日
laa Chadoo Finshing in Thailand 4
27 march 2003
P
朝‥‥‥
ノーイの船に乗る
ブッシュとウィードの混在するポイントで
十数バイト(2フィッシュ=ピクニック+BP)
バズペラ無しプラグで挑戦する
ノーマルマッドライダーに2発出て1匹釣る
ゴースト(ヤス堀田改)に出る(船べりでバラす)
バズペラが無くてもチャドーは出る
ただし
リトリーブスピードが遅いと食わない
スピードが速すぎると乗りが悪い
頃加減が難しい‥‥‥

昼‥‥‥
宿に戻らず水上ハウスで昼飯を食う
洞窟で昼寝をする

午後‥‥‥
フロッグ(YH改+BP)に出る(首を振られて水面でバラす)
ノコギリのような歯をしたサヨリ「プラーケム」を釣る(バナナ+BP)

c0120913_2152373.jpg
ノーイに笑われながらもバズペラ無しに挑戦する
珍丼虫と珍丼棒を投げ倒す
ノーマル珍丼棒に出るが船べりでバラす
日暮れ前に必ず一雨来る
雨が降り始めてストップフィッシング

# by ikasasikuy | 2003-03-27 21:08 | 釣魚小全
2003年 03月 26日
Plaa Chadoo Finshing in Thailand 3
26 march 2003

朝‥‥‥
タイナンバーワンのガイドのサンゴップのボートに乗る

c0120913_2145531.jpg
50馬力エンジン付きボートが
静かなカオレムを切り裂いて進む

サンゴップはポイントに着くとエンジンを止め
使える右手でキャストする方向を指し示す
あとは助手がエレキを操作してポイントとのタイミングを測る
一投目からバナナ+BPにバイト
その後サンゴップの案内するポイントで何バイトかあった後
岩盤の切り立ったポイントで初チャドーを釣る

c0120913_215895.jpg
初チャドー(約45cm=バナナ+BP)

その後バナナ+BPでもう1匹追加する

夕刻‥‥‥
転覆小僧タッドの船に乗る
前日船を転覆させたせいか
ライフジャケットを着けろと言う
前日良かった場所へ連れていかれるが風で釣りにならない
風裏のワン℃の奥を数ヶ所攻める
ノーマルのマッドライダーに出る
数バイトあったがノーフィッシュに終わる
雨が降り始めてストップフィッシング

# by ikasasikuy | 2003-03-26 21:07 | 釣魚小全
2003年 03月 25日
Plaa Chadoo Finshing in Thailand 2
25 march 2003

朝‥‥‥
シゲちゃんと彼の奥さん(ノックさん)の2名を加えた総勢8名
チャーターした車でカンチャナブリ県サンカブリへ向かう
延々5時間掛かる
途中車に激酔する

昼過ぎ‥‥‥
サンカブリのゲストハウス「バーミーズ・イン」着

夕刻‥‥‥
ノーイ・ハヤーマの船でさっそくカオレムに浮かぶ
日没直前まで3時間やって1バイト
バナナ+BazzPera にフックアップしたが一瞬にしてバレる
雨が降り始めてストップフィッシング
ノーフィッシュに終わる

# by ikasasikuy | 2003-03-25 21:07 | 釣魚小全
2003年 03月 24日
Plaa Chadoo Finshing in Thailand 1
24 march 2003

昼前‥‥‥
渡タイメンバー
羽山哲雄、上原徹也、上原千恵美、楠本直樹それに私の総勢5名
関西国際空港に集結する
11時10分発タイ航空626便にてバンコクへ向かう

夕刻‥‥‥
バンコク・ドンムアン国際空港到着
高砂利章(以下トシちゃん)と釜山以来一年半ぶりの再会を果す
トシちゃん宅でトシちゃんの妻ヴァンちゃんとゼアベイビーに会う

夜‥‥‥
バンコク市内の海老釣りレストランにて宴会
巨大なテナガエビを5匹釣る
バンコク泊

# by ikasasikuy | 2003-03-24 21:06 | 釣魚小全
2003年 03月 18日
Though it is spring, wind is still cold.
18 march 2003

昼過ぎ
春を探しにT-Banへ行く
okabako-Mに春探し用プラグを詰めて
‥‥‥
いつもの池でルアーテストをする
(1)或界堕(あるかいだ=仮称)‥‥‥
    予想以上に動かない
    フルスケールダウンの難しさを痛感
    開発‥‥‥中止
(2)瓶羅伝(びんらでぃん=仮称)‥‥‥
    おお!
    これは!
    なんと!
    恐ろしく動く!
    うん
    いけそう‥‥‥

c0120913_20593592.jpg

オリジナルほどの迫力はないが
まずまず合格点のびんらでぃん=仮称

(3)ノビーズ犬上‥‥‥
    ああ
    これはナンカ違うぞ!
    あの切れ味鋭いイヌカミの動きではない
    作者も動かないと言っていたが
    ほんまに切れへんぞ
    これはいったいどうしたことか‥‥‥
(4)O.F.ミスポップ
    うん!
    ダーターとしては素晴らしい
    動きもグリングリンして小気味よい
    それに
    どんな引き方をしても10cm以上潜らない
    ダーターとしては合格だ
    しかし
    ダーターは嫌いだ

まだ日が高いので
ギル釣りに行く‥‥‥

めったにやらないH池へギル釣りに行く
Nobby's Enpitsu ‥‥‥
短くなった鉛筆をギルプラグにした
中川流エコプラグである
もちろんワンフック

c0120913_20594734.jpg

こないだ
うちのヨメがもらった「さくらB」を結ぶ
岸際にせり出したブッシュのすき間から竿先だけを出して
足元に叩きつけるようにキャスト
ポーズをとっていると枯れ葉のようなものが浮いてきた
「おっ!ギルじゃ!」
「チュボッ!」
見事に吸い込んだ
今シーズンの初ギル
18.0cm=カメラクルマに忘れる
よく見ると
「さくらB」を結んだつもりが
「ミッキーマウスのあか鉛筆」を結んでいた
まあいいか

西日本一うまいラーメン屋へ行ったあと
いよいよ今季初バスを取りに行く
ここで釣っておかないと
四月までおあずけということになってしまう
風が段々強くなる
水面はさざ波が立っている
こういうときは漁が立つという‥‥‥
うん
出そうな予感がする
こういうときの予感は
ほぼまちがいなく100%的中する
春先に実績のある池を片っ端からやる
Ching Dong Bug
Banana The Ikas
Bag-Dang
O.F.RallyPop Jr.
かわりべんたんかわりべんたんに投げまくる
しかし
かいもく出ない
Though it is spring, wind is still cold.
予感が当らないときもあるのだなあ‥‥‥と実感する
日が傾いてきたのでM川へ転戦する
いよいよ今季初ナマズだ

日が陰り始めると
風の寒さが身にしみる
Hutley's Stick L-64
Scorpion 1001
Nylon 12LB
最高のナマズタックル
プラグは
Bin-Radin
RallyPop Jr.
King‥‥‥(ヤスさんにもろたWスイッシャ)
Bag-Dnang
風が川面を走り抜けてさざ波が立っている
こういうときは漁が立つという‥‥‥
うん
出そうな予感がする
こういうときの予感は
ほぼまちがいなく100%的中する

c0120913_2101313.jpg

かわりべんたんかわりべんたんに投げまくる
一投々々気合を込めて投げまくる‥‥‥

しかし
かいもく出ない
おーまいがー
気温11℃
水温10℃
春はもうそこまで来ているというのに
なんと風の冷たいことか
手がしびれてくる
足がしびれてくる
Though it is spring, wind is still cold.

震えながら川から上がると
群青から紫紺に変わりつつある東の空に
角のない真ん丸い月がぽっかりと浮かんでいた
ははは
うさぎが餅ついてるわ
きれいなお月さんや
こんなきれいな月が出てるというのに
どこかの大国のプレジデントは
絶対に負けない戦争を始めようとしているのか
そして
どこかの国の元テロリストの大統領は
国民の命を賭けてそれに抵抗しようとするのか
ああ
あまりの愚かさに
お月さんが苦笑いしてまっせ

# by ikasasikuy | 2003-03-18 21:05 | 釣魚小全
2003年 03月 06日
It was as cold as to think whether I died.
6 march 2003

自分の吐き息の白さで
目の前が霞んで見えない‥‥‥
北海道の釣師に言わせたら
たしかに「甘い」だろうけれど
温暖な気候に慣れている私には極限の寒さである
こんな日に夜釣りに行くのはよっぽどのアホである

c0120913_20513823.jpg

「ピンク色で釣れました」

喜ぶクボタマンキチ
かなり上手い部類の釣師である
しかし
残念ながら
もうすぐ一児の父親になる

となりではエンドレス森下が入れ食いさせてる
けっこう良型も混じっている
ポイントは沖目に密生した藻だと言う
それはさっきから分かっている
この横風では1/16oz以上でないと届かない
それも分かっている
しかし
指がかじかんでジグヘッドを交換できないのだ
しかたなく1/32ozを必死で投げる
‥‥‥が
曲がるのはエンドレス森下のロッドの方
エンドレス森下‥‥‥
2000円のヤスモン竿で
しかも2番目のガイドのリングは飛んでしまってない
おまけにラインは4LBナイロンだという
どうみてもこっちの方が有利だ
しかし
「釣りは道具ではない」と
それに
「魚はおるとこへ投げなあかん」と
鼻水を垂らしながらエンドレスは言う
それはたしかにそうである
「わかったからハナ拭けや」


寒いながらも
メバルはポツリポツリと釣れる
8時間やって25匹
1時間あたりたったの3匹だ
おまけに20cm超級はゼロ
しかし
評価されるべきは
この厳寒の中8時間やったということだ

c0120913_20515453.jpg
冷たい視線を浴びながら
この日最大の18cm

寒さで耳が聞こえにくくなる
鼓膜が凍結しているのかもしれない
ときどき耳に手をやる
もしかして
耳が取れていないか確認のためだ

# by ikasasikuy | 2003-03-06 21:00 | 釣魚小全
2003年 02月 28日
Hp-Ad
28 february 2003

昼頃
H県Aダムへ行く
今日で二月が終わるので
なんとか
今月中に一発‥‥‥という目論見である

c0120913_20461890.jpg
快晴微風
この日のAダムは初夏を思わせる陽気
しかし
釣り人の姿は無い
これほど静かなAダムは十数年ぶり
出会ったのは
中学生ワーマー四人組と
カップルのラバジ師だけ

もう一人
A川の流れ込みで
コイのブッ込みをやっていたおっちゃん

本流筋でまったくバイトがないので
A川へ行くと先行者あり
投げ竿が2本
川の流芯にぶっ込まれている

コイとりまあしゃんコイをとること‥‥‥

近づくと
仏頂面の恐そうなコイとりまあしゃん
にらまれたらアカン思て
こっちから
「こんにちわ~」
と挨拶する
すると
「おお、どないやバスは?」

声かけられるのを待ってましたとばかり
まあしゃん
しゃべるしゃべる
昔のAダムの話から
魚釣りの話
他愛のない世間話までたっぷり一時間
特にコイの話になると
にわかに目の色が変わり鼻息も荒くなる

「昔はなあ、ぎょうさんおったんや」
「1m以上のコイも釣ったで」
「ワシは川魚食わんけど欲しいゆう人にやるんや」
「昔は妊婦のおる家に釣ったコイ順番に配ったったわ」
「ウグイは知らんなあ、ニゴイはアホほどおるけどな」
「ヘラも尺五寸ぐらいのがおるで」
「ヘラ釣りは止めたんや、ブルーギルが邪魔するで」
「コイも今は五十センチが普通になったなあ」
「たんまに八十ぐらいのが食いよるけど」
「ああ、それぐらいのんかけたら気色ええで」
「十分ではあがらんな、二十分かかる」
「あかんなあ‥‥‥今日はかいもくつつきよらんなあ」

ははは
よっぽど退屈してはったのか
息も継がずにしゃべりまくってくれる
ははは
たまには
日なたぼっこしながら
老釣師の話に耳を傾けるの一興
すっかり友達になる

日が傾きかけて
バスがさっぱり出んもんやさかい
隠し持って行ったIM製竹風ロッドに
アンツのミニパッチCDB (1.8g)を結ぶ
「こうなったらギルでも釣ったれ」

ウィードベッドを攻め倒すも
アタリの「ア」の字も
ギルの「ギ」の字も有馬温泉

c0120913_20462883.jpg

しゃあない
「最後の手段はフライじゃ」

#7ロッドに
#8ウーリーバッガー結んで
岸際
水路
藻場
深場
浮かしたり
沈めたり
あの手この手を駆使したが
アタリの「ア」の字も有馬温泉であった


プラーチャドー用のロッドとプラグもテストする

結局
二月中にバスを釣るという
密かな目論見は果し得ず
借金を背負ったまま
いよいよ弥生三月を迎える
誠に残念ではあるが
いたしかたない‥‥‥

# by ikasasikuy | 2003-02-28 20:54 | 釣魚小全
2003年 02月 25日
mebaru fishing
25 february 2003

近所の港へメバルを釣りに行く
メンバーは
エンドレス森下300
クボタマンキチ290
ボンビーヨコヤマ推定250
いかざす246
合計1086

B港‥‥‥まったくアタリなし
ボンビーとエンドレスはアタったと言うが
メバルの姿見ず
さっさと見切って
とっとと移動

F港‥‥‥ちょんまいメバルがコツコツあたる
1/32ozジグヘッドで
12匹釣る

c0120913_20454912.jpg
アベレージ13cm
ほかのメンバーも同様

マンキチが一回り大きいメバルを釣る
手測り17cm
「あー17っすね、20あるかと思ったっす」
さもありなん
12~13cmを釣ったあとで
17cmを釣ると3cm大きくなって20cmになる(なるか?)
さらにとっとと移動

F港沖の埋め立て地へ行く
エンドレス森下が15cmぐらいのを一匹だけ釣る
他はボーズ
自分の眼鏡を自分で踏む
私は近年
ラインを結ぶとき
眼鏡をかけたままでは結べないという特徴がある
ジ・エンド

これで今年になってから釣った魚は
メバル32匹
セイゴ1匹
まだまだ夢の中の釣果に遠く及ばない

# by ikasasikuy | 2003-02-25 20:53 | 釣魚小全
2003年 02月 21日
the first bass fishin'
21 february 2003

本日昼頃
今季初BASS釣行
場所は東播の小規模な野池

c0120913_20433061.jpg
マイシークレットF池‥‥‥満水
平日らしく釣人は皆無‥‥‥
土手の日当たりのよい場所で昼寝中の営業車一台‥‥‥会社名は伏せておく(印刷関係ではない)

池の奥に突入しようと薮漕ぎをする
イバラと格闘して手がギタギタになる

バナナザイカスを対岸スレスレに打ち込むも挨拶無し
オーバーハングした枝の下でチンドンバグをダンスさせるもバイト無し
日差しは明るく季節が進んでいることを思わせるが、水面は冷たい風に撫でられてキラキラと輝いている
池の水は想像以上に冷たい

 春は名のみの風の寒さや‥‥‥

数年前の春のこと
陸っぱりで良い目をした池がある
犯人は必ず現場に戻ってくるという犯罪捜査の基本どおり、ついつい一度良い目をした現場へ足が向いてしまう

c0120913_20434292.jpg
マイシークレットT池‥‥‥犯行現場
池全体がウィードベッドになっていて、どっからでもバスが「凹ッ!」「ドカン!」と飛び出してくるので気の抜けない池である

岸沿いのヨシの際にピクニック(3/8oz)を遠投して、震わせるように小さなポップ音を立ててみるも挨拶無し
池のど真ん中にプラーチャドー用に改造したバズベラ付きバナナをぶち込んで、バリバリベリベリと水面を引っ掻きまわしてみるもバイト無し

水質はクリアでバスが浮いてないのがよくわかる
とりあえず一匹釣りたい(TIT)と
アンツ作のタイニーチンドンバグを投げてみるも‥‥‥まったく反応無し

ダウンジャケットの背中越しに日差しを浴びていると
暖かさでつい睡魔に襲われそうになる

 ああ、春遠からじ‥‥‥


c0120913_20435357.jpg
アンツ中山作
「ミニパッチ・チンドンバグ」
Teeny Ching Dong Bug 28mm, 1.8g(上)
Tiny Ching Dong Bug 34mm, 4.3g(下)

どちらも恐ろしいほど良く動く
特にタイニーの方は
本家より動くのではないか‥‥‥


その後
西日本一うまいラーメン屋のラーメンを食べて
目ぼしい池を二つ三つ釣ってみたが
結果は同じだった

# by ikasasikuy | 2003-02-21 20:52 | 釣魚小全