2005年 10月 12日
2005 autumn 944
12 oct. 2005 2005 autumn 944

人間は
呼吸をしなければ生きていけない
釣り人もまた
釣りをしなければ生きていけないのである

c0120913_11414758.jpg

三週間ぶりの魚釣りである

朝早くから夕暮れまで
糸を垂れて一日過ごしたのである
ただそれだけである

それ以上は何も必要としない珠玉の一日であった

# by ikasasikuy | 2005-10-12 15:52 | 釣魚小全
2005年 09月 22日
琵琶湖大鯰釣り
22 sept. 2005 b.o.n.fishing service

久しぶりに琵琶湖大鯰釣りだ
ボンビー横山、ゾンビ正人と瀬田川へ行く

夕刻
川に着くと
岡セイネンが待ってくれていた
今日は新しいポイントを案内するという
期待に胸を膨らませつつ
藪こぎで道に迷いつつ川に出る

釣り始めて間もなく
「キタッ」
ボクの下手で声がした
薄暮の中でセイネンの竿が曲がっている


c0120913_12515977.jpg
目ジャー計りで三尺楽超
ミキハニのダーターに音もなく出たという

お漏らしをした子供を抱くような格好で
セイネンが琵琶湖大鯰を抱いて河原を歩いてきた
「うわでかい」
久しぶりに見る琵琶湖大鯰は迫力満点
日頃見慣れた鯰とはまったく別モノである

その後
だれの竿も一度も曲がらなかった
お客は一匹も釣れず
ガイドだけが釣るということは
実はよくあることなのだが
坊主慣れしている一行総勢三名は
嘆くことも滅入ることもなく川を撤退した
岡セイネンは
恐縮しつつも最後まで川と対峙していた

# by ikasasikuy | 2005-09-22 15:33 | 釣魚小全
2005年 09月 18日
福福釣り大会 2/2
18 sept. 2005 fuku-fuku fishing tournament 2/2

朝6時
目が覚めるとすっかり夜が明けていた
大慌てで玄関を出ると
すでに釣り終えてた釣り人が宿に戻ってくる
山本あんまちゃんだ
手には50cm級のニジマスが‥‥‥
山崎養魚所の下でウグイを狙ってたらきたという
おーまいがーだ

美座
川を見下ろすとクルマ3台に釣り人が数人
隙間に入れてもらって釣り開始
小さなニジマスのチェイスが数回
一度だけ重みが乗ったがすぐにバレる

杉本順ちゃんのおすすめで
下梨へ移動
途中ユンボと対決して負ける

c0120913_12444931.jpg
助手席の忠告を無視し制止を振り切って
止まっているユンボにバックで突っ込む

8時半
結局ウグイも釣れないままゲームオーバー
6時に起き出すようではハナシにならないが
そこはそれ
参加することに意義があるのだ
オリムピック精神をいかんなく発揮して
堂々と大会本部へ帰還する

優勝は
朝玄関で出会ったあんまちゃんの49cmだった
ヨコヤマは
ラドン奥村師提供の
モーストアンハッピーアングラー賞を獲得する

c0120913_1245461.jpg
大会本部「民宿なかや」前のこぢんまりとした山寺

今年もまた
去年に引き続き何も釣れなかった
しかし
懐かしい顔に会うためにここへ来ているのだから
魚など釣れなくても一向にかまわない
これでいいのだ
これでいいのだ

毎年この時期
五箇山で釣りをして早い秋を体で感じるのだが
今年は気温が高い‥‥‥日中気温35℃
赤道直下並の北陸道を
酒箱で応急修理したリアウインドウを気にしつつ
西へと帰る

c0120913_12451423.jpg
三笑楽の箱をガムテープで留めただけのリアウインドウ

ああ楽しかった
来年も生きていたら必ず来よう
そうしよう
そうしよう

# by ikasasikuy | 2005-09-18 15:30 | 釣魚小全
2005年 09月 17日
福福釣り大会 1/2
17 sept. 2005 fuku-fuku fishing tournament 1/2

ボンビー横山と釣りに行く
毎年恒例の福福釣り大会である
今年のニグアンドサックスは二名だけだ
なんとも寂しい限りである
そういうボクも直前まで参加できない状況だった

c0120913_12443122.jpg
人の言うことを聞かないB型ドライバー
脳天気、自己中、天真爛漫、荒唐無稽、自意識過剰

前夜祭は例によってダラダラ宴会だ
気が付くと日付が変わっていた
少し飲み過ぎかもしれない
布団に潜り込んだのは1時過ぎだった

とにかく
今年も富山へ来ることができてよかった

# by ikasasikuy | 2005-09-17 15:30 | 釣魚小全
2005年 09月 16日
he sea of autumn shakes all day long.
16 sept. 2005 the sea of autumn shakes all day long.

ヱンドレス森下と釣りに行く
昨日に引き続き
さわやかな秋空が広がる

c0120913_12431990.jpg

朝日がまぶしい内海で秋の幸を釣り始める

乗った船は餌釣り専門船「きもと」
とりあえず
船頭推奨のタチウオテンヤに冷凍鰯の餌でやるが
まったく釣りにならない
なんとか1匹釣ったがさっぱり面白くない
ヱンドレス森下も2匹釣ったところでギブアップ

船頭の了解を得てジギング開始
すると途端にブリキ
ガツン!
ゴツン!
ガツン!
ゴツン!
アタリが出始める
わははは~
釣りはこうでなくてはイケナイ
しかしモンダイが一つ
ジグにくるタチウオは餌釣りのより小さい
ひと回りもふた回りも小さいのだ

c0120913_12434359.jpg

これはジグで釣れる最大級
ルアーはエンドレスクラフト製120g

冷凍鰯餌で釣れるタチウオは
どういうわけか大型が多い
しかし
数だけは餌釣師を凌ぐ

c0120913_12435562.jpg
ヱンさんタチウオにぎり過ぎや
苦しいゆうてるがな

秋の海
ひねもすのたり
のたりかな

c0120913_12441384.jpg

おまけにこんなイシモチが数匹

やっぱりこの手の釣りはルアー釣りに限る
この際大きさなどモンダイではないのだ
数で勝負だ
それでいいのだ
それでいいのだ

# by ikasasikuy | 2005-09-16 15:29 | 釣魚小全
2005年 09月 15日
the sky clears up in the evening, and the autumn wind blows.
15 sept. 2005 the sky clears up in the evening, and the autumn wind blows.

ヱンドレス森下と釣りに行く
昨日までの蒸し暑さがうそのように
さわやかな秋風だ

大減水の七福神の住む池で釣り始める

c0120913_1238366.jpg

新型"Ching Dong Stick"に凹ッと出る
小さい
どうみても30cmあるなし級だ
ボクはいやになってリールをまくのをやめる
バスは首を振って見事に鈎を外していった
今年はボクは小さいバスは釣らないのだ

今日はバス釣りだが
どうも気分が乗らない
そうだ
ボクはバスではなく鯰が釣りたいのだ

「バスやめて鯰釣りに行かへん」
「何ゆうてまんねんな今日はバスやがな」
「ほなヱンさんバス釣っとき、ボク鯰釣りに行くわ」

ヱンドレス森下を池に置き去りにして
ボクは独りG川へ鯰釣りに‥‥‥
ああ
西の空は悲しいほど美しい

c0120913_12384861.jpg
夕空晴れて秋風吹く

空気がひんやりしている
鯰も秋を感じているのだろうかすこぶる元気だ
凹ッ!
凹ッ!
凹ッ!
新型"Ching Dong Stick"に全部で11発出た
しかし
2バラシ0ナマズだ
なんということだ
銀ナマを首からぶら下げているというのに
ボーズじゃないか

ヱンドレス森下を放置した池に戻ると
なんと
6バイト2バラシ2バスだという
しかも47cmと48cmだという
もっとでかいのをバラシたという
おーまいがーだ

でも
鯰釣りも楽しかったじゃないか
釣れなかったけれど
楽しかった
これでいいのだ
これでいいのだ

# by ikasasikuy | 2005-09-15 15:28 | 釣魚小全
2005年 09月 08日
kajika fishin' in hokkaido 3/3
8 sept. 2005 kajika fishin' in hokkaido 3/3

遅い朝
目を覚ますと
窓の外には青空が広がっていた
眠い目をこすりながら朝市の丼横丁へ朝飯だ
マイカ、ボタンエビ、ケガニ、イクラ‥‥‥
釣りができない腹いせに
飽食の限りを尽くす
レンタカーで移動しているので
ビールが飲めないのが辛い

台風一過
まだ風は強いがからっとして気持ちがよい
ホテルをチェックアウトして
ベイエリアへ買い物に‥

c0120913_1228297.jpg

金森倉庫前から函館山を望む
抜けるような青空だ

大急ぎで土産物を買い込んで
さて何をするか
やっぱりこの天気だ
釣れなくてもいいから竿を出そう
もうほとんど時間はないけれど
坊主でもいいからとにかく釣りをしよう

c0120913_1228107.jpg
ベイエリアからクルマで10分の住吉漁港

ここで釣りをするのは3回目だ
まだ一匹も釣ったことはない
たぶん北海道で一番魚影の薄い漁港だ

ところが釣り始めてすぐ
コツンときた
魚だ
またコツンときた
「エイッ!」
と、あわせた
ククンと竿先がふるえた
のった

c0120913_1228235.jpg
淡路島ではお馴染みのアナハゼくん

わはは~
アナハゼだ
このさい魚種や大きさはモンダイではない
「釣る」という行為が重要なのだ
帰りに飛行機の時間を気にしながら
立て続けに3匹釣った
ねらいの魚ではないが妙に納得して竿を納めた
そして大慌てで空港へ向かった

JAL2542は予定どおり函館空港を飛び発った

c0120913_12283436.jpg
ふと眼下に目をやると
雲の切れ間から男鹿半島が姿を現した

釣りという遊びはむずかしい
いつも、いつも
釣り人の思惑どおりに運ぶとは限らない
いや
むしろ思惑がはずれることの方が多い
だからこそ面白いのだと先達は言う
たしかにそのとおりである
その証拠に
釣り人はみな
つらい、つらいと言いながら
いっこうに釣りをやめようとしない
釣りとはそういう遊びなのである
ボクも少しだけ
釣りのなんたるかが分かった気がした

# by ikasasikuy | 2005-09-08 15:23 | 釣魚小全
2005年 09月 07日
kajika fishin' in hokkaido 2/3
7 sept. 2005 kajika fishin' in hokkaido 2/3

雨はやみそうにない
世が明け切らぬうちに撤退する
ああ‥‥‥疲れた
朝帰りのホテルで爆睡

昼頃
起き出して飯を食いに町へ出かける
函館と言えば塩ラーメンだ

c0120913_1227323.jpg

台風接近中のさなか行列のできる店

観光グルメ雑誌にでも載ったのか
やたら人気のラーメン屋
ラーメンごときで行列に並ぶほど落ちぶれたくない

行列店のすぐ隣に
客ガラガラのラーメン屋発見
判官贔屓ではないが
こういう店にけっこう惹かれる

c0120913_12271859.jpg
昼の12時05分に客の来ないラーメン屋

派手な装飾の割には流行っていないのか
30席ほどある客席に客は皆無だ
これはいったいどういうことなのか
恐いモノ見たさで中に入ってみる
広い店内には若いおねえちゃんの従業員一人
ヒマそうにテレビを見ている
「塩ラーメン」
「は~い」
お、お姉ちゃんが作るのか‥‥‥
うむむ
か、からい
スープがのどを通らないbr> なるほど
なるほど
人間の舌は正直だ

気を取り直して‥‥‥
少し足を延ばしてベイエリアへ
ここにはうまい塩ラーメンの店がある
誰にも教えたくないので店の名前は伏せておこう
あ!
どんぶりに書いてあるか‥‥‥

c0120913_1227359.jpg

函館で一番美味い塩ラーメン‥‥‥完食

うむ
これだ
この味だ
これが函館の塩ラーメンだ

ホテルに戻って
テレビでサッカーを見たりして過ごす
夜遅く
台風は北海道に上陸したらしい
雨は小止みなく降っている
結局この日は一度も竿を出さなかった

# by ikasasikuy | 2005-09-07 15:23 | 釣魚小全
2005年 09月 06日
kajika fishin' in hokkaido 1/3
6 sept. 2005 kajika fishin' in hokkaido 1/3

あれから一年
またあのエポックメイキングな出会いがしたくなって
発作的に北海道へ行く
今回は吉田公樹ぬきである
場所も釣り方も熟知している
わざわざ彼の手を煩わせるまでもない
まったくモンダイない
あるとすれば‥‥‥
台風14号が九州地方に上陸し北上中ということだ

c0120913_12315872.jpg
大阪を発って2時間半
あっというまに去年と同じM漁港だ

台風が押し上げた薄い雨雲に覆われつつも
風も波もなく絶好のカジカ釣り日和
さあ釣るぞ

気合いは十分だったが
釣れるのはソイばっかりだ
釣っても釣ってもソイ・ソイ・ソイ
何匹釣ったかさえ数えられないほどソイ・ソイ・ソイ
しかも20~25cmの小型ばっかり
せっかく北海道なのに‥‥‥
ソイなら淡路島でも釣れるぞ‥‥‥

c0120913_1232910.jpg
カジカっぽく撮ってみるがやっぱりソイはソイ

それにしても
カジカはどこにいるのだろう‥‥‥

空から雨粒が落ちてくる
台風の影響だ
夜半過ぎには本降りとなる
雨合羽を身にまとい朝方までやるが
釣れるのはやはり
ソイ・ソイ・ソイ
夜通しやったが徒労に終わる

# by ikasasikuy | 2005-09-06 15:22 | 釣魚小全
2005年 08月 30日
東二見沖のタコ&タチウオ
30 aug. 2005 unhappy life

エンドレス森下と
東二見沖へタコ・タチウオを釣りに行く
話では
今タチウオが入れ食いらしい
1200匹釣れるらしい
一船に20人乗ったとしても一人60匹釣れる勘定だ
これは何をおいても行かねば‥‥‥

c0120913_16234859.jpg

明石海峡に昇る朝日
朝はこんなにいい天気だったのだが‥‥‥

結果から言うと
タコは3匹しか釣れなかった
タチウオは7匹しか釣れなかった
そのうえ
昼前から天候が急変して
土砂降りの雨になった
雨具を持っていかなかったので
ずぶぬれになった
おまけに
釣ったタコは
一匹残らず生け簀の網の目から脱走していた
ああ
ついてない人生だった

# by ikasasikuy | 2005-08-30 02:28 | 釣魚小全