2005年 04月 27日
真砂塾タコ講座
27 apr. 2005 octopus course

今日は真砂塾のタコ講座だ

講師の真砂先生に迎えにきてもらって
いざ神戸港P島へ
平日とあって釣り人は少ない
数人がコウイカ釣りに興じている
さっそく釣り開始
真砂塾長のキャスティングを横目で見ながら
自作タコテンヤ1号機を投げる
お!
さっそく根掛かりでロスト
気を取り直して投げる
お!
根掛かり‥‥‥
開始1時間足らずで5コなくす

c0120913_1494162.jpg

「これささきさんのんちゃいますか」

ボクがなくしたテンヤを塾長が釣る
1コ帰ってきた
しかし
こんな調子では
昼までに手持ちのテンヤがなくなるのではと心配になる

昼前
コンスタントにタコテンヤをなくしながら
お!
また根掛かりか!?
と思たらズシッとロッドがしなる
きた!
釣れた!
海面に現れたのはまさしくタコ
一気に引き抜く

c0120913_1495293.jpg

やったー!
念願待望のタコだ!
素晴らしい
悦びに打ち震える
時代はタコだ!
人生はタコだ!

昼過ぎ
こんどは塾長が実力を発揮する

c0120913_14101165.jpg

これはでかい!
2キロ級だ
さすがは塾長
落ち着いて抜き上げる

その直後
同じ場所でボクに2匹目がきた
1匹目よりでかい!
ところが
水面を切った途端
掛かりどころが悪かったのか
ブッチンと身切れして逃げられた
ざんねん

その後
コウイカ釣りに転じたが
アタリもなく家に帰る
ボクのタコはこんな姿になった
食うのか?

yahoo!で「タコの茹で方」を検索したら
あるわあるわ


まったく
すばらしいタコ釣りだった
おおきに真砂塾長
またおせてくださいね

# by ikasasikuy | 2005-04-27 22:28 | 釣魚小全
2005年 04月 26日
鯰釣り
26 apr. 2005 catfish game

病み上がりのMさんと
爆釣の予感漂う東播へ鯰釣りに
今日は凹凹にいわすぞ
どうだこの気合いは
 ↓
c0120913_1482865.jpg
エルモア生鯰トレーナーに銀鯰ペンダント
気合いの入り方が違う

しかし
結果から言うと
ナマズは釣れなかった
10時半までがんばったが
かいもく釣れなかった
昨日の雨で冷え込んだのか
先週より格段に出が悪かった
たったの2バイト(1バラシ)だ
最悪だ
う~んぼやいてもしかたがない
明日はおっちんでタコだ
いやタコでおっちんだ

# by ikasasikuy | 2005-04-26 22:27 | 釣魚小全
2005年 04月 23日
全日本メバル釣り選手権
23 apr. 2005 all-Japan mebaru fishing championship

春恒例
「全日本メバル釣り選手権」
この人が
今年のチャンピオンのテープ屋さんだ

c0120913_1411822.jpg

大会新記録の
24cmの見事なメバルをぶら下げている

ボクは去年まで
3年連続8位という大記録をうちたててきた
そして今年は
4年連続8位の
前人未踏の超ミラクルな記録がかかった大会だ
自ずと気合いが入る

8位をキープする秘訣はこれだ
まず
大物ポイントでは竿を出さない
15cm級しか出ない港内の浅場狙い
これはちょとデカすぎると思ったら
思い切ってラインをゆるめる
そうすれば
ちょうどうまい具合に15cm前後が釣れて
ジャスト8位になれるのである
八位‥‥‥末広がりを意味するのだ

2000年は16.5cm+16.1cm=32.6cm(1位)
2001年は16.5cm+16.3cm=32.8cm(2位)
2002年は16.2cm+15.8cm=32.0cm(8位)
2003年は15.5cm+15.5cm=31.0cm(8位)
2004年は19.8cm+10.0cm=29.8cm(8位)
2005年は14.0cm+13.5cm=27.5cm(7位)

残念ながら
今年はナオキヨコヤマに8位の座を奪われてしまった
結果は7位だった
さて
ラッキーセブンを意味するのだろうか?

c0120913_1422678.jpg

それにしても
年々サイズダウンしている
そのうち10位以下に落ちるのだろうか
まあ
あんまりごっついのを釣るより
これぐらいがボクらしくて
適当ではないかとも思う今日此頃である

# by ikasasikuy | 2005-04-23 22:24 | 釣魚小全
2005年 04月 18日
ナマズ釣り
18 apr. 2005 catfish fishin' in toban

ヱンドレス森下と
東播へ行く
狙いはもちろんバス&ナマズ
今年の目標はムラタマン風に「百鯰」だ

■想い出ぼろぼろ池
先週ジャンキー内藤が50upを釣った池だ
しかし
ボクのベッドバグ (TWJ)には
今日もバスは出なかった
言うまでもなく
ヱンドレス森下のバッタバグにも
何も出なかった

■らんめん
珍しいことに
ヱンドレス森下がラーメンをおごってくれる
_u_m_u_m_u_
悪いことが起こらねばよいが‥‥‥

■鯰釣り
いつものG川へ行く
ヱンドレス森下が発見した新しいポイントで
ヱヱサイズのナマズが出る

c0120913_13581036.jpg
Muddy Waters "Ching Dong Bug" White AAA
手測り65cm=ベリグドコンデション

四月に入って
ナマズの活性はグングン上昇している
盛期をを思わせるような
「ドッパ~ン」
という出方をする
本日
Ching Dong Bugで
5バイト1ナマズ2バラシ

4/18現在
2ナマズ0タコだが
これから気温もどんどん上昇し
梅雨時になれば
鯰も鮹も凹凹に釣れるだろう
ああ
楽しみだ

c0120913_13581993.jpg
手測り40cm=オタマジャクシ級

ヱンドレス森下は
新作のバッタバグでなんと13バイト!
ただし1ナマズ
それでも オリジナルプラグ(パクリやけど)で釣れたので
上機嫌のヱンドレス森下であった

c0120913_1358342.jpg

Endless Craft "Batta Bug" (shellwork)

■本日の特筆事項
ヱンドレス森下、川に首まではまる
ポケットに入れていたデジカメ水没する

# by ikasasikuy | 2005-04-18 22:23 | 釣魚小全
2005年 04月 12日
雨の釣り(ジャンキー東播で釣る)
12 apr. 2005 fishing is rainy

冷たい雨が降っている
冷たい雨が降っている
ボクはまだ病気が癒えない
鼻水が出る
足腰に力が入らない
遅い朝
内藤賢二が四国からやって来た
今日は楽しいバス&ナマズ釣りだ
道の駅のレストランで珈琲を飲みながら
死ぬ気で釣りをすると覚悟を決める
店を出ると雨は一段と激しく降り出した

■雨上がり池

c0120913_13451145.jpg

冷たい雨が降っている
冷たい雨が降っている
どこが雨上がり池だ
ヘルパーけんちゃんに
フローターを膨らませてもらって池に浮く
まるで介護保険利用者だ
TWJの新作
ベッドバグを投げる
ベッドバグを投げる
そうだ
かのベッドバグは
本日よりTWJに名称を譲渡したのだ
その見返りは
グリーンバックのTWJ BEDBUGだ
美しいシェルブレードが装備されている
冷たい雨は降り続いている
バスは出なかった

■らんめん
腹が減っては釣りはできない
らんめんへラーメンを食べに行く

c0120913_13452227.jpg

けんちゃんは去年
らんめんを食べる機会を逸した
徳島ラーメンほどのインパクトはないが
気に入ってもらえたようだ
胃がまだ完調でないボクはスープが飲めない

■マカール
珈琲を飲みにマカールへ行く

c0120913_13452971.jpg

since 1980
ボクらは25年前から
東播へバス釣りにきたら
必ずこの店で珈琲を飲んできた
ときには20人ほどで押しかけたこともあった
しかし
今も通い続けているのは
ボクだけだ
みんな東播に来なくなった
みんなバスをやらなくなった

■想ひ出ぼろぼろ池

c0120913_13454212.jpg

冷たい雨が降っている
冷たい雨が降っている
東播の池には
ひとつひとつに思い出が詰まっている
埋め立てられた池もあれば
立入禁止、釣り禁止の立て札が立った池もたくさんある
バス釣りもずいぶんやりにくくなった
それでもなお
生き残りを求めるように
ボクは東播の池で釣りをしている

「出たユキさんでかい!」

突然
池の奥で
点のように見えるけんちゃんが
でかいバスをかけて小さく鋭く叫んだ

c0120913_13455623.jpg

野池のバスと思えない見事なバスだった
最近のボクは
自分が釣らなくても
同行者が釣ると素直に喜べるようになった
これは恥ずかしながら最近のことだ
ボクはまるで自分が釣ったかのように嬉しかった
いい歳をした大人が二人
一匹の魚を釣って
天にも昇らんばかりに喜んでいる
釣りをしない者から見れば
なんとも馬鹿々々しい光景なのだろうけれど

■鯰釣り
冷たい雨が降っている
冷たい雨が降っている
夜になってまた一段と冷え込んできた
鼻水がズルズルと出てくる
拭いても拭いても出てくる
レインウエアのソデがデロデロになっている
さて
最後の締めはナマズだ
真っ暗になった川面に
チンドンスティックを投げる
チンドンスティックを投げる
「バホッ!」
「出たっ!」
「乗った!」
この一匹でボクはボクを更新することができた

c0120913_1346589.jpg

円は閉じられた
ボクの病気は俄然回復しはじめた
足腰に力が漲ってきた
いや
実際はふらふらなのだが
そんな気がしたのだ

この日
雨は一度も止むことなく
降り続いていた

# by ikasasikuy | 2005-04-12 22:19 | 釣魚小全
2005年 04月 04日
阿波路島のタコ釣り
4 apr. 2005 octopus fishing with awajishima

早朝から夕刻まで

c0120913_13341638.jpg
c0120913_13342568.jpg

阿波路島の北端からはじめて
もう少しで鳴門海峡にはまる所まで南下して

c0120913_13343324.jpg

タコテンヤを投げ倒したが
タコテンをロストするばかりで
アタリの「ア」の字も
タコの「タ」の字もなかった
いかたがないので
腹いせに
ガシラを8匹釣った

c0120913_13344348.jpg

結論=阿波路島にはタコはいない

かつて
阿波路島は
その周囲をタコが取り囲み
二本足で立って
残りの六本足で
島を持ち上げているという言い伝えがあったが
それは遠い過去のことだ

それにしても
朝の寒さと昼の暖かさのギャップ
ダウンジャケットと半袖Tシャツの差だ

# by ikasasikuy | 2005-04-04 21:51 | 釣魚小全
2005年 03月 31日
播磨の春
31 mar. 2005 spring of harima

夕方
ヱンドレス森下と
バス&ナマズ釣りに行く
日が長くなったので
夕方の4時に家を出ると
バスに費やす時間がたっぷりとれる

c0120913_1621571.jpg

昔懐かし池

菖蒲が刈られて
岸際が殺風景になっていた
いつも
30cm級のバスが出るホットコーナーに
ダイイングフラッターを投げる
波紋が消えるのを待って
チュルチュル引く
何度もしつこく攻めたが
一発も出なかった

c0120913_16211573.jpg

想い出ボロボロ池

一昨年の春
48cmを釣った池だ
久しぶりに来てみる
ここも
岸際のブッシュがなくなっていた
いつも
40cm級のバスが出る倒木が重なる岸際に
マグナムポッポを投げる
波紋が消えるのを待って
カッポカッポ引く
何度もしつこく攻めたが
一発も出なかった

あんまり釣れないので
らんめんへラーメンを食べに行く

日がとっぷりと暮れて
今年3回目のG川
そろそろ
ナマズの挨拶があってもよさそうだ
ポイントを移動しつつ
チンドンスティックを投げまくったが
一発も出なかった

c0120913_16212587.jpg

結局ボクは一発も出なかったのだが
ヱンドレス森下が
ジョイントジタバグで一匹釣る


うれしそうなヱンドレス森下

調子に乗ったヱンドレス森下は
「こんどはユキさんのルアーで釣ったるわ」
と言いいながら投げる
哀れチンドンスティックは
パチ切れして川の藻屑となる

# by ikasasikuy | 2005-03-31 13:18 | 釣魚小全
2005年 03月 16日
釣り日和
16 mar. 2005 fishing weather

今日は
釣り日和だ
午前中
神戸港で大きなタコを釣ったというまさごさんと
東播へナマズを釣りに行く

c0120913_167689.jpg

明るいうちは
こんな池でバスを探ったり

c0120913_1671954.jpg

こんな川でナマズを探ったり
らんめんのラーメンを食べたり

c0120913_1673321.jpg

こんな川で真剣にナマズを探ったりした

暖かくて
気持ちのいい一日だった
二三日前
大雪が降ったことなど
すっかり忘れてしまうぐらい
穏やかな一日だった

ナマズが釣れたとか
釣れなかったとか
そんなことは
芸者のときに言う言葉なので
ここでは触れないでおく

# by ikasasikuy | 2005-03-16 13:09 | 釣魚小全
2005年 02月 27日
Topper in Nakhon Sawan 6/7
27 feb. 2005 Topper in Nakhon Sawan 6/7

最終日の朝
プラチョン狙いでBueng Borapetの花道へ出る
二投目から水面炸裂
良型のプラチョンかと思ったが
寸でのところでフックオフ
シャドーだったかチョンだったか定かでない
ボクにはシャドーに見えたが
シゲちゃんはチョンではないかと言う

その後も蓮畑の周辺でバイトが続くが
釣れるのは小型シャドーのみ

c0120913_1647996.jpg

その後
ややオープンなエリアで
金色のダブルスィッシャーに強烈なバイト
捕食音からして50cm級のカスープにちがいない
しかし
グイグイと藻の中に潜られてフックオフ
是非とも釣り上げたかった一匹
前日のプラビヤウが効いているのか
どうも気合い入らず

昼過ぎ
帰国の時間が迫る
帰る前に
プラモー(木登り魚)を釣っておきたかったので
時間を気にしつつ
フライタックルを担いでナン川へ降りる
岸際の水草の影へドライフライを落とすと
いきなり木登り魚が浮いてきてパクリ
まるでブルーギルのように簡単に6匹釣れる
満足
満足


今回の釣行は
ボクのわがままと
シゲちゃんの尽力で
イメージ通りの釣りができた
いや
素晴らしい
おおきに
おおきに
ありがとう
コックプンカップ・シゲ

夕刻
大満足の内に帰国の途に着く
あっという間の一週間
気が付くとまた
ボクはいつもの現実に引き戻されていく‥‥‥

# by ikasasikuy | 2005-02-27 12:09 | 釣魚小全
2005年 02月 26日
Topper in Nakhon Sawan 6/7
26 feb. 2005 Topper in Nakhon Sawan 6/7

早朝
サンダル親父のエンジンボートで
チャオピヤ川本流へ出る
オンリーレイチューンミノー
下流の導流堤のあるポイントで
プラカスープが立て続けに二匹釣れる
さらに8時過ぎ
今回最大の目標魚プラビヤウが釣れる

c0120913_1646571.jpg

やや小振りだが
さすがに川の虎と呼ばれるプラビヤウ(牙ナマズ)
白銀に輝く見事な魚体に大いに満足する

ボートでピン川を釣り上がる
陸っぱりのプラビヤウ釣り人をたくさん見る
と突然
サンダル親父のエンジンが壊れる


連絡船乗り場の屋根付き乗り場で休憩がてら
フライを投げて遊ぶ
シゲちゃんが木登り魚を釣る
小さなプラーシウが釣れる
上陸して町中でバーミーナームを食べる
麺類ならなんとかのどを通る

エンジンが復活しないので
手漕ぎボート状態で日暮れまでやる
ナン川とピン川の合流付近で
ビヤウらしきアタリが一回あったのみ
すでに目標を達成しているので気合い入らず

# by ikasasikuy | 2005-02-26 12:09 | 釣魚小全