2017年 09月 15日
鯊釣り楽し
c0120913_0394191.jpg
上流域
LUMIX DMC-TZ70




月曜日に
良型のハゼが釣れた上流ポイントへ来た
周囲に釣り人は皆無
相変わらず最上流釣り人だ
ここで重大なことに気が付いた
七本継ぎのスピニングロッドの穂先がない
月曜日にここで釣りをしたあと
穂先だけ仕舞い忘れたのだ
どこかその辺に落ちてないかと見てみたが
なかった
六本では釣りにならないので
予備の竿(ミディアムライト七本継ぎ)で釣り始める
しかし
前回良く釣れたポイントにハゼはいなかった

 _u_m_u_m_u_

火曜日の雨で着き場所を変えたか・・・
さて
下流に降りるか
さらに上流へ溯るか・・・
よし
思い切って上流へ行こう


しばらく上流へ向かって歩くと
堰堤がある
おそらくこの堰堤がハゼの上限だろう


c0120913_1471048.jpg
上流堰堤



堰堤の下で釣りはじめると
良型がポツリポツリ
小一時間で10匹釣れた
オール天ぷらサイズだが
オールリリース
今日はサンマのなめろうの日だ



c0120913_1251992.jpg
上流の天ぷらサイズのハゼ




堰堤直下もやってみたが
かいもくアタリがなかった
10cmぐらいの小魚が
一生懸命堰堤をよじ登ろうとしているが
なかなか越えられず徒労に終わっている
そんなに上流へ行きたいのか・・・
それなら
ボクも堰堤の上流へ溯ってみることに・・・



c0120913_1475283.jpg
堰堤のさらに上流



堰堤の上はだだっぴろい水面が広がっていた
堰堤からさらに100〜200mほどのところで釣り始める
いまいち気配がない
諦めて下流へ戻ろうと思ったとき
コツンときた
大きくアワセルとなんとハゼだった

 おぉぉ! こんなところにもハゼが・・・



c0120913_1483560.jpg
堰堤の上で釣れたハゼ(17cm)




その後
真剣にその周辺を探ってみたが
小一時間やって結局アタリはその一回だけだった

しかし
もしこの一匹が釣れてなかったら
堰堤がハゼの上限と思い込んでしまうところだった
貴重な一匹だ
これなら2号線の上にもいるかもしれない
いやもしかしたら宝塚辺りにもいるかもしれない
ハゼの上限は無限なのか・・・



c0120913_1571354.jpg
ニゴイの小学生




ずーっと下流へ下る
下りながらハゼの着き場を探るが
釣れるのはニゴイの子供だけ
この前のハゼはどこへいってしまったのだろう・・・

釣り下りながら
旧国道の橋(上武庫橋だったと思う)まで来た
橋の陰で強い日差しが防げるし
雨露も凌げるのでいつも何人かが釣っているポイントだ
来るときも二三人釣りをしていたが
釣れないからかだれもいなかった
ちょっとだけやってみよう・・・



c0120913_2363216.jpg
かみむこばし




いきなり天ぷらサイズが来た
その後もコンスタントにアタって
ここで小一時間に20ほど良型が釣れた

 こんな釣れるのになんでみんな帰ってしもたんやろ

釣り始めて三時間半がすぎている
そろそろやめて帰ろう・・・と
思いつつ
ついつい阪神電車のすぐ上流でも竿を出してみる
昼前に来た時は大勢の釣り人がいたのに
いまはだれもいない
よっぽど釣れないのだろうか・・・・
いきなり来た
めちゃくちゃ小さい!
デキハゼの年長さんだ



c0120913_2365569.jpg
阪神上のデキハゼの年長さんたち




ワンキャストワンバイト
いや、ワンキャスト数バイト
ヱサを小さく付けないと鉤掛かりしない
小一時間やって40匹ほど釣れた

 入れ食いやん

ただし
ほとんどがまるごと唐揚げサイズ
天ぷらサイズは皆無だった
上の写真の3段目左端がこのポイントでの最大魚


 【本日の釣果】
  ハゼ・・・72匹
  ニゴイ・・・3匹
 -------------------------------------------
 合計 2魚種 75匹、実釣時間 4時間半


この日は
阪神より上流を数ヶ所小刻みに釣って回った
わかったことは
ハゼの上限は無限ということと
大きいハゼと小さいハゼの境界線は上武庫橋あたりということだ



 

# by ikasasikuy | 2017-09-15 04:24 | 釣魚小全 | Comments(4)
2017年 09月 15日
ゾンマサがマクピクで釣ったチヌ
c0120913_0174323.jpg
ゾンマサが釣ったチヌ




ムコンの河原を歩いていると
ゾンマサから電話がかかってきた

 やっと釣れたー!

声が上気している
いかにもかしこくない人の声だ
諦めかけていたチヌがやっと釣れたと喜んでいる

facebook写真をアップしていた

 _u_m_u_m_u_

なんといヘタクソな写真の獲り方だ
実寸44cmらしいが
えらく痩せ衰えた魚に見える
写真を撮る角度がわるすぎる
それに
マクピクを横ぐわえしているが
これではどんなルアーなのかかいもくわからない
興奮していてアタマのなかが真っ白だったとは思うけれど・・・

 まあ、とりあえずおめでとう



 

# by ikasasikuy | 2017-09-15 00:21 | 釣り文化総論 | Comments(0)
2017年 09月 13日
明石のタコを食う
c0120913_1729538.jpg
1.3kg
LUMIX DMC-TZ70




タコは「生」がうまい
でも生は皮を引かねばナラナイ
生の皮は固くて不味いからだ
そこで
さっと茹でて皮も食べられるようにする
しかも身はほぼ生・・・

生刺身用のタコの茹で時間は

 粒ダコ・・・10秒
 豆ダコ・・・15秒
 小ダコ・・・20秒
 中ダコ・・・30秒
 大ダコ・・・45秒
 超大ダコ・・・1分

1.3キロは大ダコに分類されるので
40〜50秒
ゆであがったら即座に氷水で熱を取る
モタモタしていると中まで火が通ってしまう



c0120913_17292938.jpg
女王陛下御用達ナマダコの刺身




1分以上茹でてしまうと
身に透明感がなくなって真っ白になる
スーパーで売られている茹でダコは15分茹でられている
日持ちはするけれど
あれはタコの出がらしだ
タコのカタチをしたタコのカスだ
ダシジャコの出汁を取ったあとと変わらない

ついでに言うと
たこ焼きにするときは
茹でダコではなく生ダコで焼かなければイケナイ
なぜなら
味がぜんぜん違うからだ




 

# by ikasasikuy | 2017-09-13 17:39 | 軟体動物学 | Comments(0)
2017年 09月 13日
週刊アクアリウムニウス9月号
c0120913_11103880.jpg
いとちゃん&むぎちゃん
LUMIX DMC-TZ70




夏の間
3号水槽は流行り病で
多くの魚が命を落とした
高水温時に病気が蔓延すると
狭い水槽の中はあっというまに地獄と化す
投薬で看病を続けたが
体は痩せ衰えタナゴはすべて★
イトモロコやドジョウも★に・・・
寿命2年の魚なのでしかたがないとは言え・・・

先日水槽を洗浄し
レイアウトに入れていた石も消毒して
新たに立ち上げた3号水槽
いまのところ
こないだいつもの川で釣ってきたイトモロコ2匹とムギツク3匹が泳いでいる
これからどんな魚を入れるか検討中だ




  

# by ikasasikuy | 2017-09-13 11:24 | アクアリウム | Comments(2)
2017年 09月 11日
鯊釣り楽し
c0120913_2231991.jpg
ムコンハゼ最上流部
LUMIX DMC-TZ70




天気が悪いけど
鯊釣りに行く
MRFC(ムコン・リバー・フィッシング・センター)へ行くと

「釣れてる?」
「めちゃくちゃ釣れてるよ」
「先週きたとき100ぐらい釣れたわ」
「100はよぉ釣ったなー、だいたいひとり30、40ほどかな」
「どのへんがええのん?」
「上流いき、まちがいないわ」
「でかいん?」
「今の時期にしてはでかいわ。数は出えへんけど」
「ほな今日は一番上まで行ってみよかな」
「いきいき、2号線見えるとこでも釣れるから」

どんどんどんどん
どんどんどんどん歩いて
もう鯊釣りのひとが一人もいないところまで行って竿を出した
一投目から

 ブルブルブル

先週釣った鯊の倍ぐらいのが釣れた


c0120913_22114430.jpg
手ばかり17cm



アタリは少ない
でも来るとたしかに大きい
鯊釣りはどっちかいうと数の釣りだが
やっぱりこれぐらいのサイズでないと面白くない

もちろん
先週主役だった12〜3cmも少しは混じる
・・・と
言ってると
デキハゼ級が来た



c0120913_22484390.jpg
手計り9cm=本日のミニマム




_u_m_u_m_u_
先週はこれより小さいのが20ぐらい釣れた

雨が降りそうだなと思ったら
振ってきた
力の弱い雨だった
折り畳み傘を持っていたので傘をさして釣りをした
傘をさして釣りをしたのは生まれて初めてだ
雨は10分ぐらいで熄んだ

ときどき
ニゴイも混じった
ハゼと同じサイズでもスピードとパワーがぜんぜん違う
釣るだけならわりと面白い



c0120913_22523391.jpg
14~15cm級のニゴイが時々来る




この川で長いあいだ鯊釣りをしているが
こんなに上流で鯊を釣ったことはなかった
子供の頃は
このあたりはフナやコイを網ですくう場所だった
小学生のときはじめてナマズを見て
つかもうとして腰が引けたのもこの辺りだ



c0120913_2324750.jpg
対岸のイトーピアマンションがこの角度で見える




 【本日の釣果】
  ハゼ・・・45匹
  ニゴイ・・・4匹
 ------------------------------------------
  合計 2魚種49匹、実釣時間 3時間



c0120913_2392524.jpg
鯊の天ぷら




大きめのを10匹ほど
川からいただいて帰って天ぷらにした
ふわふわ&しっとり

 Gossa Mai Uoo !!




  

# by ikasasikuy | 2017-09-11 22:02 | 釣魚小全 | Comments(2)
2017年 09月 11日
クラシコ必勝新兵器
c0120913_21474779.jpg
クラシコ新兵器
LUMIX DMC-TZ70




タコが釣れなくなるこれからの季節は
これしかない
かもしれない
ようなきがする




 

# by ikasasikuy | 2017-09-11 21:50 | 漁具概論 | Comments(0)
2017年 09月 08日
TIFA明石タコクラシコ第8戦
c0120913_7414755.jpg
釣船「明石丸」
Xperia XZ SOV34




いつも乗ってる釣船が臨時休業で
乗れる船を探し回る
しかしどこも

  「もうタコは終了しました」

という返事
何件目かでヱンドレス森下が見つけた釣船
鍵庄「明石丸」
いつも乗る西海丸とほぼ同じサイズの大きな船だった
40人乗れる船に釣り人はこの日10人ちょい
いかにタコが釣れてないかがわかる



c0120913_7465095.jpg
べーさん




オブザーバー参加のべーさんは
今年は人が変わったようによく釣る
あの
地球をひっくり返す大アワセは今年も健在で
べーさんがアワセるたびに
ボクはなんどもブエノスアイレスの町を見た
この日もクラシコレギュラー組のヱンドレスやイカザスを上回る釣果
なぜ今年のべーさんはこんなに釣るのか
もしかしたらクロスロードで悪魔に魂を売って
その見返りにタコ釣りのウデを手に入れたのではないかという噂もある



c0120913_7515881.jpg
AQ300コンビ




もうひとりのオブザーバー参加は今年二回目のゾンマサ
前回はオブザーバーのクセに竿頭になり
今回も気合い十分
しかし
まだタコが釣れ盛ってない早い時期と
タコがさっぱり釣れなくなったこの遅い時期の2回を選んで参加するとは
なかなか見上げた根性である


結局この日
船中で一番たくさん釣ったひとが14ハイで
その次がべーさんの13バイ
続いてヱンドレスの12ハイ
ボクとゾンマサは9ハイづつだった



c0120913_7574291.jpg
勝利のかき氷をうれしそうに食うヱンドレス




タコ釣りの帰り
明石魚之棚商店街をぶらぶらして
行列必至、明石一番人気の「たこ磯」へ
珍しく並ばずすんなり入れて玉子焼きを食べる

 Mai Uoo !!



c0120913_7594034.jpg
たこ磯「玉子焼き」一人前15コ700万ヱン




さて
次回クラシコの日程は未定だが
タコがぜんぜん釣れなくなっても
この次元の低い血みどろの闘いは果てしなく続く・・・




 

# by ikasasikuy | 2017-09-08 08:24 | 釣魚小全 | Comments(2)
2017年 09月 07日
クサガメ→イシガメ
c0120913_3223728.jpg
イシガメやった




クサガメや思て
フェースブックに画像アップしたら
ぜんぜん知らん人から
「それはイシガメでっせ」
と言われて
爬虫類ズかで調べると
イシガメやった

見分け方は

 【イシガメ】
  アタマしゅっとしてる
  甲羅が薄くてべっ甲色
  甲羅の線が一本
  目が丸くてかいらしい

 【クサガメ】
  アタマ丸くてでかい
  甲羅真っ黒で分厚い
  甲羅の線が三本
  目がトノサマガエル

いあやー
びっくりしたー



 

 

 

# by ikasasikuy | 2017-09-07 03:26 | 爬虫類学 | Comments(4)
2017年 09月 05日
母なる川の小物釣り
c0120913_23506.jpg
母なる川の上流部
LUMIX DMC-TZ70




母なる川で小物を釣って遊んだ
メインターゲットをタナゴと見せかけて
じつは
鉤にかかるものなら
蛇でも河童でもなんでもいい・・・
というような
くだけた釣りが最近の泥水流小物釣りだ
じつは昨日
下流域のハゼ釣りで
ゲストで釣れたニゴイの仔魚がことのほか嬉しかった
さて
今日は上流域でなにが釣れてくれるかな・・・・










c0120913_2362768.jpg
一投目、置き竿を引きずり込まれた










c0120913_2382223.jpg
ムギツクが連発する










c0120913_2391060.jpg
グルテンに混ぜたサナギ粉の臭いを嗅ぎつけてヘラブナが










c0120913_23103142.jpg
これより大きいのは0.3号の鉤素を切っていく










c0120913_2311735.jpg
完全にヘラの着き場になる・・・










c0120913_23124040.jpg
大きいのが来なくなるとだんだんサイズダウン










c0120913_23132131.jpg
やっとタナゴか・・・と思ったら小さいヘラブナ










c0120913_231359100.jpg
なんかちがうなと思ったらコイ・・・ヒゲがある










c0120913_23151042.jpg
ヘラはさらにサイズダウン










c0120913_23252498.jpg
シロヒレタビラとほぼ同じサイズのヘラ










c0120913_23153926.jpg
・・・と思ったらまたサイズアップ・・・いや、これはマブナだ










c0120913_23164239.jpg
ヘラが沈静化するとやっとイトモロコ










c0120913_23173234.jpg
ムギツク










c0120913_23175051.jpg
イトモロコ










c0120913_23181999.jpg
そろそろタナゴ・・と思ったらカメ










c0120913_2319785.jpg
またもカメ、ミシシッピアカミミガメとはちがう・・・たぶんクサガメ










c0120913_23203710.jpg
最後にやっとタナゴ・・・・と思ったらアオエラタビタ










【本日の釣果】

 ブルーギル・・・2
 ムギツク・・・8
 ヘラブナ・・・10
 コイ・・・1
 マブナ・・・1
 イトモロコ・・・4
 クサガメ・・・2
 ニホンイシガメ・・・2
 ----------------------
 合計 7種 28匹


c0120913_23312849.jpg
タナゴは釣れなかったけどおもしろかったなー






















c0120913_2333548.jpg
帰りに25年ぶりのてんぴん





 

# by ikasasikuy | 2017-09-05 23:37 | 釣魚小全 | Comments(7)
2017年 09月 04日
石沙蚕 vs 蛸足 (出来鯊の唐揚げを釣る)
c0120913_21395887.jpg
我が母なる川
LUMIX DMC-TZ70




気がつくと九月になって
朝夕てっきり、いや、めっきり涼しくなっている
夏の忘れ物

 出来鯊

そうだ
出来鯊を釣ってなかった
じつは八月半ばにいちど行ったが
あまりの猛暑と魚信のなさで撤退を余儀なくされた
魚信のなさの原因は
もしかして

 蛸の足・・・

じつは
いつも使う石沙蚕(イシゴカイ)の代わりに
明石で釣ったタコの足を使ってみた
結果はヌマチチブ一匹
もし
石沙蚕を使っていたら釣れていただろうか・・・・

そんなわけで
今日は
蛸足と石沙蚕を
かわりべんたん
かわりべんたん

試してみることにする

「釣れてる」
「よぉ釣れてるよ」
「石沙蚕」
「300ヱンにしとこか」
「300ヱンにしといて」
「阪神の上がええよ」
「南武橋の下いこおもてんねんけど」
「ぜんぜんあかんよ」
「えええ」
「地元の常連さんが毎日やってるけどあかんねん」
「ほな阪神の上行くわ」
「そないし、上行くほど大きいよ」
「ちょんまいのんがええねん」

河原に出てみると
なるほど
南武橋方向に釣り人は皆無
阪神周辺から上流は二十人ぐらいが釣っている
やっぱり南武橋は釣れないのか・・・

上流へ行くほどサイズがいいらしいので
あえて小物狙いで阪神の100mぐらい上で釣り始める
まず石沙蚕
一頭目からプルプルと細かいアタリ
小さい
出来鯊と呼ぶには大きいけれどまずまずの小ささ


c0120913_22254482.jpg
やや出来過ぎッ



ところが二匹目からは出来過ぎ鯊が続いて
なかなか出来鯊がでない
10匹釣ったところで蛸足にチェンジ
アタリが途絶える
ときどき「コツコツ」と来るがすぐにやめてしまう
蛸足のサイズを半分にして
一口サイズにしてみた
こんどはぜんぜんアタリがない
30分ぐらいやって一匹も釣れなかった
ここで再び石沙蚕
一頭目からブルブルブルと小気味よいアタリ
サイズはバラバラだが12cm前後の中学生ハゼが釣れ続く

30匹ぐらい釣ったところで小移動
新しい蛸足を3cmぐらいに切ってやってみると
小さなアタリがあるものの食い込まない
鯊は蛸が嫌いなのか
再び石沙蚕


c0120913_22265375.jpg
16cm



すぐに良型(といっても15〜16cm)が連発する
ときどき8cm級の出来鯊も混じる
入れ食い状態になったのでまた蛸足をやってみる
アタリが途絶える
触りに来るが食い込まない
やっと食ったとおもったらすぐにバレる
食いが浅いと思う
石沙蚕のときはソーメンをすするように食うくせに
蛸足のときは噛んでは吐き出すを繰り返す
アワセ代がない
なるほど
だんだん答が見えてくる
60匹ぐらい釣ったところで小移動

最後のポイント
ここが一番よく釣れた
遠投すると良型
足元はちいさいのが多い
出来鯊狙いならチョイ投げがいいようだ

強いアタリを合わせると
いままでにない力強い引き
でかハゼかと思ったら
ニゴイの仔魚だった


c0120913_2223875.jpg
ニゴイの仔魚



母なるムコンの下流域で
今までにいろんな魚を釣ったが
赤ちゃんとはいえニゴイははじめてだ
ルアーを投げている少年にきくと
阪神の堰堤下で大きいのを釣ったことがあると言っていた

その後も石沙蚕でハゼは釣れ続いた
ニゴイを入れて100匹釣ったところで納竿にした
結局蛸足では一匹も釣れなかった



【対戦結果】

 石沙蚕 99ー0 蛸足




【本日の釣果】

 ハゼ・・・99匹(うちデキハゼ=18匹)
 ニゴイ・・・1匹
 ーーーーーーーー
 合計・・・100匹
 実釣時間・・・4時間




 

# by ikasasikuy | 2017-09-04 23:07 | 釣魚小全 | Comments(2)