2017年 06月 03日
ふききたる
c0120913_5283711.jpg

LUMIX DMC-TZ70




蕗、来た!
Made in Akiu

 おひたし
 きゃらぶき
 ふきごはん
たくさん送ってもらったので母と山分けした

蕗は母の大好物
なべちゃん、くみさんありがとう




c0120913_5294891.jpg




蕗の焚いたんでテネシーウイスキー
濃口醤油、粗製糖、味醂、酒で40分煮たものと
昆布出汁の薄口醤油で20分煮たもの
どんな味でどれだけ煮ても
蕗は蕗の風味を主張する




 

# by ikasasikuy | 2017-06-03 05:30 | 食文化論 | Comments(0)
2017年 06月 02日
イエルバブエナ
c0120913_5315022.jpg
イエルバブエナ
LUMIX DMC-TZ70




ヘミングウェイが愛したモヒートのミント
スペアミントやクールミントやペパーミントとはちょっとちがう
モヒート専用のミントだ


天ぷらささ木流モヒートのレシピ

【材料】
 ハバナクラブ3年・・・45ml
 イエルバブエナのは5〜10枚
 トニックウォーター・・・適量
 生搾りグレープフルーツ・・・適量
 クラッシュアイス・・・適量

グラスにイエルバブエナを入れマドラーで軽くつぶす
ラム酒、グレープフルーツ、クラッシュアイスを入れてさらに掻き回す
最後にトニックウォーターをたっぷり注いで出来上がり
(ライムは手に入りにくいので使わない)



摘まれても
摘まれても
健気に芽を出すイエルバブエナ
ボクに呑まれるために・・・
あゝ
つらい
つろのぉてか




 

# by ikasasikuy | 2017-06-02 21:30 | 植物学 | Comments(0)
2017年 06月 02日
ピクルドエッグ
c0120913_1554551.jpg
ピクルドエッグ
LUMIX DMC-TZ70




Pickled Eggs
漬け込み六日目
作り方は簡単
固茹で卵の殻を剥いてモルトビネガーに漬けるだけ
イングランド人はフィッシュ&チップスとこのピクルドエッグだけで酒を飲む単純な部族だ。
ケンカが強いのでスコットランドやアイルランドやウエールズを制圧し、自分勝手なのでEUを離脱した。
そのくせ食べるものは粗野で粗雑で粗末なものばかりで、フランスやドイツやイタリアやスペインからはずっと馬鹿にされていた。文明国で唯一食文化のない国だ。侵略戦争で忙しかったから、サンドイッチぐらいしか自慢できる食べ物がないのだ。



c0120913_15544370.jpg
オープンサンド




左=母のポテトサラダ
右=ピクルドエッグとトマト
生搾りのグレープフルーツジュースが美味しい
心太
サンドイッチの「サンド」を「はさむ」という意味だと思ってるひとがいる
パンではさんで一つにするから「サンド一致」・・・
ちがうちがう
サンドイッチは戦争好きのイングランド人の名前だ
最近はほとんど見なくなったが
戦争に負けてしばらくのあいだは
町にはサンドイッチマンがゴロゴロいた
大阪駅前の闇市のあたりはサンドイッチマンだらけだった
飲食店や遊技場の広告板を体の前後にぶらさげて
町をぶらぶら練り歩くだけの仕事だ
前後の広告板がパンで
はさまれた人間が具という見立てだ
そうそう
「街のサンドイッチマン」という歌もあった
歌っていたのはあの鶴田浩二だ
あゝな〜つかし〜な〜
死んでもう30年になるなぁ・・・・



 

# by ikasasikuy | 2017-06-02 15:56 | 食文化論 | Comments(0)
2017年 06月 02日
家から見える景色
c0120913_5214514.jpg
霞みつつなんとか見える生駒山と梅田のビル群
LUMIX DMC-TZ70




夕べの嵐が嘘のような
爽やかに晴れた今日の大阪
五月晴れだが六月二日だ
空気は乾いているが
支那の砂なのか
少しく霞む梅田のビル群と生駒山






c0120913_5223220.jpg
二上山より少しだけ背が低いあべのハルカス




遥かに霞んではいるが
まあまあくっきりみえる「遥霞」と「二上山」
けふも二上山のほうが少し高い





c0120913_5231418.jpg
裏山




昨日の雨で洗われた裏山
一段と緑色濃き六甲山

# by ikasasikuy | 2017-06-02 15:21 | 地球環境学 | Comments(0)
2017年 06月 02日
ラストナマズ
c0120913_1495758.jpg
先々週デカバスをバラしたポイント
Xperia XZ SOV34




結局パスは出なかった
そのかわり
上流でナマズぎょうさん出た
5時から7時までやって19発出た
そのうち鉤掛かりしたん5匹
釣りあげたん1匹
しかも
19バイト目でやっと釣れた
19時ちょうどやった
ボーズは逃れたけど
疲労が疲れた
腹減った
帰ろ




c0120913_1410887.jpg





3週連続おんなじ場所に釣りに行って
それぞれ2時間づつ
都合6時間釣りをして
40匹ぐらいナマズを出したのに
釣れたのはたったの3匹だけだった
バスは最初にバラしたあの1匹だけだった
(でかかってんけどなぁ・・・)
バラしたときは40センチ後半と思ったが
あとで考えると50センチはゆうに超えていた
いや、もしかしたらロクマルだったかもしれない
きっとそうだ
ロクマルだ
 妄想が逃げた魚を大きくする
今日は悪魔の髪の毛と呼ばれる藻が水面まで伸びていた
1週目、2週目はなかった
タイのブンボラペッという湖ではこの藻を「キーフッ」と呼ぶとシゲちゃんに教えてもらったことを思い出した
前半はサバレタで8発出したが10回投げると9回はキーフッがからんでペラが回らなくなる
ずっと下を向いてからんだキーフッを外さないといけないのでスィッシャーはとても効率が悪い
その点チンドンバナナはフックにキーフッがからんでもとりあえず音を立ててアクションはしてくれる
暗くなりかけてきたし腹が減ったしもうやめて帰ろうと思ったとき19発目が出て乗った
最後のチャンスだしバレないように慎重に取り込んだ
人間誰しも慎重にやればこういうふうにちゃんとできるのだよゾンさん
キーフッが伸びてきたし
今年のナマズ釣りはこれで最後にしよう



c0120913_14101680.jpg






 

# by ikasasikuy | 2017-06-02 14:12 | 釣魚小全 | Comments(0)
2017年 06月 02日
冷やし中華
c0120913_1604972.jpg
冷やし中華
LUMIX DMC-TZ70




胡瓜、赤軸ほうれん草、水菜、ハム
それに煸炒五花肉

 煸炒五花肉=ヘンチャオウーファーロウ

早い話が豚バラ肉炒めだ
これがハムより冷やし中華に合う
だーされたと思っていっぺんためしていただきたい
朝からビールが飲みたいところだが
ゾンさんみたいになると困るのでやめとく



 

# by ikasasikuy | 2017-06-02 07:36 | めん類学 | Comments(0)
2017年 06月 01日
モヒート&ピクルドエッグ
c0120913_1419112.jpg
モヒート&ピクルドエッグ
LUMIX DMC-TZ70




酒は止めたので
 モヒート
ベランダで栽培しているイエルバブエナ(ミント)
3回目の収穫である
爪で摘んだ瞬間に
気が遠くなるようないい香りが・・・
 
モヒートの肴は
先週仕込んだピクルドエッグ
まだちょっと早いけれど
一個切ってみた
やっぱりちょっと早かった
あと5日ぐらい漬け込まねば・・・
それでも爽やかな酸味と甘みが広がって
 Mai Uoo !!
大きい瓶を買ってきて
いっぺんに30コぐらい仕込もうかと思ったり
だれがそんなぎょうさん食べんねんと思ったり 




 

# by ikasasikuy | 2017-06-01 22:17 | 醗酵飲料学 | Comments(0)
2017年 06月 01日
夏こそなべ焼きうどん
c0120913_18504376.jpg
なべ焼きうどん
LUMIX DMC-TZ70




まだ本格的な夏ではないけれど
暑いときこそなべ焼きうどん
ついついひやし素麺とかざるそばに傾きがちな麺生活だが
冷たいものばかり続くと夏バテの原因になる
ときおり熱いもので体を刺激せねばならぬ
そうだ
食べて汗をかいて暑気を祓うのだ

 しかしあついわ
 今日も30°になるゆうてるし



 

# by ikasasikuy | 2017-06-01 08:40 | めん類学 | Comments(0)
2017年 05月 31日
ラタトゥイユ
c0120913_12125967.jpg
ラタトゥイユ
LUMIX DMC-TZ70




道の駅にきれいなズッキーニがあったので
ラタトゥイユ

ニンジンも道の駅で買った
たまねぎは家にあった淡路島産
ミニトマトとパンチェッタのぶつ切り
それにジャガイモは北海道産の「西豊」
このジャガイモ
粘り強くて味がある
ぜんぜん名前負けしていないオトコマヱのイモだ

こんな料理
子供の頃はなかった
西洋料理といえばカレーとオムレツとハンバーグしかなかった時代だ
だいいち

 ラタトゥイユ

言いにくい
舌を噛みそうだ

 ratatouille

どうもフランス語くさい
ボクの母親(オカン)がまだ生きてたら
絶対ということは絶対にないけど
絶対

 ラタツユ

というにちがいない
「ツユ」はもちろん「汁」のツユだ




 

# by ikasasikuy | 2017-05-31 21:54 | 食文化論 | Comments(0)
2017年 05月 31日
カツカレーどん
c0120913_20595051.jpg
カツカレーどん
LUMIX DMC-TZ70




カツカレーうどんを作ろうと思ったが
ふと
うどんの「う」を取って

 カツカレーどん

にしてみた
どんぶりの底に
千切りにしたキャベツを薄く敷き
その上にごはん
そしてとんかつの順に乗せて
カレーうどんのときと同じつゆをかけ回す

【汁】
 水・・・300cc
 鰹節・・・15g
 昆布・・・5g
 丸大豆薄口醤油・・・大さじ1
 S&Bカレー粉・・・小さじ1/4
 片栗粉・・・小さじ2

最近
水溶き片栗粉であんかけにするタイミングをマスターした
今まではあんが薄過ぎたり濃過ぎたりダマになったり不安定だったが
そういうことがすっかりなくなった

心太(tokoroten)
その片栗粉だが
昔はカタクリから作られていたが
今はジャガイモから精製された粉で作られている
それなのにいまだに片栗粉と呼んでいるのは何故だろう
ジャガイモ粉でどこがいけないのだろう
それに
わらび餅も今はワラビ粉を使わない
サツマイモやタピオカの澱粉から作られている
それなのにサツマイモ餅とかタピオカ餅と言わないのはなぜだろう

 ニッポンの偽装食文化

である
もうそろそろ
ニッポンを偽るのは止めよう
世界に誇れる日本食の明日のために




 

# by ikasasikuy | 2017-05-31 12:40 | 食文化論 | Comments(0)