2022年 04月 30日
ジャスタジスイ
ジャスタジスイ_c0120913_22082816.jpg
ジャスタジスイ_c0120913_22082775.jpg
ジャスタジスイ_c0120913_22082829.jpg
ジャスタジスイ_c0120913_22082832.jpg
ジャスタジスイ_c0120913_22082988.jpg
ジャスタジスイ_c0120913_22082939.jpg
ジャスタジスイ_c0120913_22083044.jpg
ジャスタジスイ_c0120913_22082985.jpg
ジャスタジスイ_c0120913_22083022.jpg
ジャスタジスイ_c0120913_22083088.jpg
ジャスタジスイ_c0120913_22112284.jpg
ジャスタジスイ_c0120913_22112267.jpg
ジャスタジスイ_c0120913_22112200.jpg
ジャスタジスイ_c0120913_22112257.jpg
ジャスタジスイ_c0120913_22112385.jpg
ジャスタジスイ_c0120913_22112364.jpg
ジャスタジスイ_c0120913_22112391.jpg
ジャスタジスイ_c0120913_22112311.jpg
ジャスタジスイ_c0120913_22112403.jpg
ジャスタジスイ_c0120913_22112447.jpg
ジャスタジスイ_c0120913_22125253.jpg
ジャスタジスイ_c0120913_22125413.jpg
ジャスタジスイ_c0120913_22125673.jpg




# by ikasasikuy | 2022-04-30 22:08 | 食文化論 | Comments(0)
2022年 04月 28日
山の幸きたる
山の幸きたる_c0120913_21513184.jpg



もろた
山菜もろた
こないだナベクミさんからコゴミとタラノメ送ってもらって食べ終わったらこんどははるちゃん先生からシドケ(モミジカサ)、ウルイ、ハリギリ、タラノメ、そして大量のコシアブラ
コシアブラってコシに効くのかなぁ
とりあえず天ぷら揚げまくりだなぁ
はるちゃん先生
いつもありがとさまー



山の幸きたる_c0120913_21521758.jpg



JST
ジャスタ山菜の天ぷら
フリット生地で、シドケ、タラノメ、コシアブラ、ハリギリをサクッと揚げてビールのやふなもの
一番フリットに合うのは天狗の団扇、ハリギリ
無理に漢字で書くと「針桐」
はるちゃん先生によると世間の評価は低いらしい
ええええ〜
こんなに美味しいのに〜
まあ
世間は世間
ボクはボク
はるちゃん先生も「好ぎっ」ゆうてたし
タラノメ、コシアブラ、ハリギリ
山菜天ぷら界の御三家だ
御三家とは江戸時代の紀伊、尾張、水戸のことだということを最近知った
ちなみに四天王とは、仏法を守護する持国天、増長天、広目天、多聞天のこと



山の幸きたる_c0120913_21531629.jpg



JS
ジャスタショードク
 シドケの白和え
噛んだ瞬間
鼻に抜ける雅な香り
上品な苦味が広がる
わっかるかなー
英吉利人にはわっからへんやろなー


山の幸きたる_c0120913_21541232.jpg



JJ
ジャスタジスイ
もろたウルイで
 塩焼きそば
他に類を見ないシャキシャキ感がこでらんね
おひたしにするのもいいけど炒め物もいいなぁ




山の幸きたる_c0120913_21553516.jpg
シドケの胡麻和え





山の幸きたる_c0120913_21551485.jpg
シドケの胡麻油炒め




山の幸きたる_c0120913_21552207.jpg
ウルイのお浸し





山の幸きたる_c0120913_21590408.jpg



JJ
ジャスタジスイ
 山菜天ざる
香りなら針桐がナンバーワン



山の幸きたる_c0120913_21593280.jpg



JJ
ジャスタジスイ
 しどけうどん
略して
「しどうど」
略さなくていいという指摘もある
シドケは五箇山の香り
民宿「まいだ」の婆ちゃんがいつも食卓に並べてくれる山菜の中でもモミジガサは一際佳い香りがした
シドケ、モミジガサは、福光では「キノシタ」というと昨日ヤマギシ会長が言ってたなぁ
木下なら何人か知ってる
キノシタオサム、キノシタマサノリ、キノシタタカトモ、キノシタモモコ


山の幸きたる_c0120913_22001663.jpg






JS
ジャスタサカ弁
 シド弁
今夜
日付が変わって
1:30キックオフ
 リーズ vs マンC
もちろん
引き分けも不可
勝つのみ
オンリー勝点3
いま
リバポーvsニューカッスル 
1-0でリバポー勝ってる
多分勝つと思う
ニューカッスルのアルミロンの笑顔と眉毛は好き


# by ikasasikuy | 2022-04-28 21:51 | 食文化論 | Comments(0)
2022年 04月 24日
山の幸きたる


山の幸きたる_c0120913_21211293.jpg



もろた
コゴミとタラノメもろた
うれしい
うれしい
やまのさち
とりあえず
コゴミのパスタかな
たべくみさん
おーきにありがとー




山の幸きたる_c0120913_21231497.jpg
山の幸きたる_c0120913_21231648.jpg
山の幸きたる_c0120913_21232961.jpg




# by ikasasikuy | 2022-04-24 21:21 | 食文化論 | Comments(0)
2022年 04月 23日
野に咲く花の名前は知らない
野に咲く花の名前は知らない_c0120913_21184588.jpg



野に咲く花の名前は知らない
だけども野に咲く花が好き
 昨日川で見た花
 名前は知らない
 初めて見るのもあるし
 何度も見ているのもある
 1枚目は縦に長い花序だ上の方はすでに枯れ落ちている
 2枚目は河原の水辺に近いゴロタ石の隙間から伸びていた初めて見る紫色の美しい花
 3枚目は小さすぎてピンポケだが少しくすんだ水色のときどき見る可愛い花
 4枚目は厚ぼったい感じのたんぽぽ以外のキク科ではないと思しき黄色い花
多分
知らない人は知らないけれど
知ってる人は知っているとぞ思う




野に咲く花の名前は知らない_c0120913_21184788.jpg
野に咲く花の名前は知らない_c0120913_21184916.jpg
野に咲く花の名前は知らない_c0120913_21185123.jpg


# by ikasasikuy | 2022-04-23 21:18 | 植物学 | Comments(0)
2022年 04月 23日
野に咲く花の名前は知らない
野に咲く花の名前は知らない_c0120913_21132505.jpg


野に咲く花の名前は知らない
だけども野に咲く花が好き
 昨日川で見た花
 ハハコグサ
 (ゴギョウ)
 キク科
 ハハコグサ属
春の七草
セリナズナゴギョウハコベラホトケノザスズナスズシロ
2334534
ゴギョウは俳句では3文字
花が小さすぎてピントが合わない
地面に寝転がって撮る
服泥々
20枚撮ってピントが合うのは1枚か2枚
か3枚




野に咲く花の名前は知らない_c0120913_21132860.jpg



野に咲く花の名前は知らない
だけども野に咲く花が好き
 昨日川で見た花
 ナズナ
 アブラナ科
 ナズナ属
 通称ぺんぺん草
春の七草
セリナズナゴギョウハコベラホトケノザスズナスズシロ
ゴギョウ同様小さすぎてピントが合わない
地面に寝転がったり這いつくばって撮る
服泥々




野に咲く花の名前は知らない_c0120913_21141889.jpg



野に咲く花の名前は知らない
だけども野に咲く花が好き
 昨日川で見た花
 ムラサキツメグサ
 (アカツメグサ)
 マメ科
 シャジクソウ属
こういう花を「鞠状の集合花序」をなすというらしい
花びらが半分枯れ落ちているが美しい




野に咲く花の名前は知らない_c0120913_21142122.jpg



野に咲く花の名前は知らない
だけども野に咲く花が好き
 昨日川で見た花
 カラスノエンドウ
 マメ科
 ソラマメ属
花期は終盤
実はまだ薄く笛にはならない



野に咲く花の名前は知らない_c0120913_21144269.jpg



野に咲く花の名前は知らない
だけども野に咲く花が好き
 昨日川で見た花
 ホトケノザ
 シソ科
 オドリコソウ属
セリナズナゴギョウハコベラホトケノザの「ホトケノザ」ではない
春の七草のホトケノザは本名が「コオニタビラコ」という全然別の植物がホトケノザという偽名を使っているので注意が必要だ
本家ホトケノザは既に花期が終わりわずかに赤紫色の痕跡を留める






# by ikasasikuy | 2022-04-23 21:13 | 植物学 | Comments(0)