2006年 08月 01日
十三屋
c0120913_189345.jpg

とある駅前の
なんの飾り気もない大衆酒場
洒落っ気ひとつないこんな店で昼酒を飲む
小汚いおっさんたちに混じって昼酒を飲む
酒は生ビールと芋焼酎
肴は土手焼きとタコの天ぷら
なにを注文してもオール500円以下

客筋は決してまともとは言いがたい
こんな天気の良い平日の真っ昼間から
焼酎をあおるおっさんたちは
いったい何を生業としているのだろう
顔面を真っ赤にしつつ
それぞれがそれぞれの世界に埋没している
どうにも理解しがたい
かくいうボクも
このおっさんたちと大して変わらない人種に映っているにちがいない
実際
大して変わらないし・・・

c0120913_1894536.jpg

店は
くたびれたオヤジと
これまたくたびれた厚化粧の女将
そして
元気なパートのおばちゃんたちと
遊び盛りの若い男性従業員たちがてきぱきと立ち働く
摩訶不思議な空間が
ここにはある

by ikasasikuy | 2006-08-01 18:08 | 大衆社会学


<< kobe wandering      hard >>