2018年 01月 30日 ( 3 )

2018年 01月 30日
ミナミクロダイ
c0120913_5273411.jpg
ミナミクロダイ


昼ごあんのあと
また漁港に戻るつもりだったが
ふと
Yokeさんの「かわもいいかも」というアドバイスを思い出した
いままで沖縄の川で釣りをしたのは
与那原の川の河口でいちどだけだった
なんにも釣れなかった



c0120913_5274997.jpg
糸満市報得川


で二度目は糸満の報得川
川といっても汽水域
フィッシュイーターがいるはずだ



c0120913_528496.jpg
二頭目できたミナミクロダイ


第一投目
いきなりピックアップした1/16ozジグヘッド&躍ハゼにバコン!
ものすごい水柱が上がる
「なにいまの!?」
もういっぺん投げてみる
ボトムバンピング&デッドスロースイミング
ボトムバンピング&デッドスロースイミング

 ゴッツ〜ン!

きてしもたがな!
きてしもたがな!
しかもこれ
けっこうでかい
水中でギラッと光る
うっすっらと姿が見える
 チヌやんでもちょっとちがう
引きはまぎれもなくチヌだ

 でもなんかちがう

姿もまちがいなくチヌやん

 でもなんかちがう

もしかして
ミナミクロダイか・・・?
そうだ
ミナミクロダイだ!



c0120913_5283294.jpg


釣るのは簡単だったが
取り込みがたいへんだった

釣り座と川のあいだにこんな柵がある
乗り越えられないことはないけれど
乗り越えてはイケナイ柵だ
そこで
柵の外側からキャスト

想定外のサイズの魚が釣れると
取り込みがたいへん
潮が上げ切ってないので
まず陸地に上げて
傾斜角45度のコンクリの土手を
そろそろそろそろ数メートルズリあげて
柵の隙間から手を入れて
魚をつかんで柵の外側に取り込む
これに5分ぐらいかかった
リリースも魚に申し訳ないけど投げ込み
元気に泳いでいってくれたけど
6m30cmの磯ダモがいる



c0120913_5304827.jpg
満チョウンあった報得川


この柵越しに投げて
七本継ぎウルトラライト竿と4LBフロロrカーボン糸で・・・・・

 よく取りこめたなーと思う

釣り終えて帰るころ
また暗雲が立つ込めて
青空を埋め尽くしてしまった

 明日の那覇の天気はまた雨予報

今日の午後
一瞬でも晴れてくれたのは
天が我をいちどは見放しかけたけれど
ちょっと待てよと思いとどまってくれたおかげだ




 

by ikasasikuy | 2018-01-30 23:30 | 釣魚小全 | Comments(0)
2018年 01月 30日
うちなーすばセット缶オリオン付き
c0120913_5423518.jpg


釣れないうえにはらへで昼ごあん・・・
港の近くの観光客相手の「遊喰来」という物産センターの食堂で昼ごあん
それにしても
「遊喰来」で「ゆくら」と読ませるセンスが時代遅れな気がする

ホテルの朝ごはんに似てるけど
ホテルよりじゅーしーもすばもMai Uoo !!
ただし
すばの出汁はどっちもKCの味
それでも
缶ビールが一本付いて九六〇ヱンは秀逸
ちなみに
ビールをもう一本追加すると千百七〇ヱンになる
 
隣のテーブルはチャイニーズファミリーで
お婆ちゃん、息子夫婦、こども三人の六人連れ
四人掛けテーブルで椅子が足りないので
勝手にボクのテーブルの椅子を二つ持って行った
お婆ちゃんはかなり草臥れていたが気丈夫で
椅子に斜めに座ったまま息子や嫁や孫に指を差して
お茶を持ってこさせたり
ボクの席から椅子を強奪させたり
なんだかんだと大声で指示を飛ばしていた
声が大きいのはお国柄なので仕方ないけれど
怒気を含んだ声色にはうんざりで
ボクはこの時点でまだバラシ1のノーフィッシュ
おまけに耳障りな大声の支那語に
じつは麦醸造水の味もよくわからなかったのだった

 ボクはなんてシャイなんだろ・・・





 

by ikasasikuy | 2018-01-30 23:19 | めん類学 | Comments(0)
2018年 01月 30日
糸満の釣り
c0120913_13578.jpg


糸満に着いたときは風が強く小雨がぱらつく曇天だったが
天気は見る見る変わって
薄日が差してきた



c0120913_141997.jpg


30分もしないうちに
急に雲が切れて
青空が顔をのぞかせるようになった



c0120913_14357.jpg


あっというまに雲が遠くへ去り
風も弱まって
夏のような青空が広がった

しかし
アタリは皆無に等しかった
一時間やってノーバイト
そしてついに

 「ゴツン!」

と来て
ぐいぐい竿ごと持っていく引き
竿極限まで曲がる
それでも
だましだましリールを巻くと
もう少しで水面

色めき立ったところで

 「ふっ」


テンションが消えた
痛恨のバラシだ
一生の不覚だ
千載一遇の好機を逃した

 糸満で 竿満月で 糸きれて・・・らどん

糸は切れなかったが
フックを外された
あの引きは
たぶん奥武島でも釣ったマゴチにちがいない

その後
一時間余りアタリ無し
アタリがないのも
唯一のアタリをバラしたのも
何機も何機も頭の上を通過するコイツのせいだ



c0120913_1141041.jpg






 

by ikasasikuy | 2018-01-30 22:53 | 釣魚小全 | Comments(0)