カテゴリ:美術工芸( 70 )

2018年 02月 16日
唐代胡人俑
c0120913_2393796.jpg
s¥



東京(ほんまは千葉やけど)のじゅんちゃんが
ちょいちょい美術館や博物館へ行っては
アカデミックな年寄りのふりを演じているので
ボクも負けじとアカデミックな老人を目指すことにする
 
んで
大阪市立東洋陶器美術館へ行った
ちょっと前にテープ屋さんが
「ええよー」
と言っていた
唐代胡人俑展を見た
何百年も前の陶器の造形美
それは見たらだれもがびっくりするはず
ストロボを使わなければ写真撮影OKというので
何枚か写真を撮った
後で見せたげる
もう驚くよ
入口がこぢんまりしている割りに中が広く
展示数も思っていたより遥かに多く
どこまでも展示室が連なっているので
係の人に
「出口はどっちですか」
ときくと
「今居る場所が出口からいちばん遠いところです」
と言われた
見て回るだけで疲労が疲れる胡人俑展ではあった
やっぱりアカデミック向いてへんかも



c0120913_2412328.jpg










c0120913_242447.jpg










c0120913_2414181.jpg










c0120913_2415711.jpg










c0120913_2431142.jpg










c0120913_2433186.jpg










c0120913_2434864.jpg










c0120913_244312.jpg










c0120913_2445189.jpg










c0120913_2451352.jpg










c0120913_2452866.jpg










c0120913_2454376.jpg










c0120913_246267.jpg










c0120913_2461984.jpg





胡人俑

胡とは
中国から見て西方にある
ウズベキスタン
キルギスタン
トルクメニスタン
タジキスタン
カザフスタン南縁
中国領の新疆ウイグル
アフガニスタン
などの国のこと
そこに住んでいた人を「胡人=コジン」と呼ぶ

俑は
死者とともに埋葬した人形のこと





 

by ikasasikuy | 2018-02-16 02:37 | 美術工芸 | Comments(0)
2018年 02月 05日
宮城須美子作  三寸マカイ
c0120913_13572111.jpg



宮城須美子作
 三寸マカイ
直径10cmの小さな器
これがけっこういいお値段
なぜなら
人間国宝金城次郎の長女の作品だからだ
父は娘にやちむんをなにひとつ教えなかったらしい
娘はそばにいてその技をすべて目で盗み取った
つまりこの小さな器は国宝に等しいのだ
最近は須美子さんの作品が出ない
もっと作ってほしいのに

壺屋民藝の店主は言う
作れば売れるのになかなか作らないから
読谷村へ行ったらもっと作るように
「お尻叩いてきて」
と言う
齢七十八歳
いくらなんでもボクにはできない
彼女のあの大きなお尻を叩けるひとは
もうこの世でもそんなにたくさん居ないと思う
 


c0120913_13574252.jpg



ご飯を盛るには小さすぎる
お茶を飲むには大きすぎる
惣菜用の小鉢か
デザートボウルか
 




 

by ikasasikuy | 2018-02-05 13:59 | 美術工芸 | Comments(0)
2018年 02月 04日
カップ&ソーサー
c0120913_10165572.jpg



やちむん通り(壷屋大通り)で
人間国宝金城次郎の孫が作ったやちむんを買った
金城裕三作

 藍色魚文 カップ&ソーサー

旅行中しんのすけの世話をしてくれた舞へのお土産だ
なかなかかっこいいのでもう一つ買おうと思ったら
これが最後pだった
まだ若い作家なので期待大




 

by ikasasikuy | 2018-02-04 10:15 | 美術工芸 | Comments(0)
2017年 08月 05日
空色画房
c0120913_9131424.jpg
がんばったし、じゃーまーいーか
LUMIX DMC-GM1K+ with BCL-0980 Fisheye 9mm f8.0




堂島川べりにある空色画房へ
長谷川義史画伯の絵本原画展を見に行った

 だじゃれ世界一周


だじゃれで綴られた世界旅行
ボクはジャマイカ編が一番良かった
ウサインボルトの後ろにいるのはボブマーリー
駄洒落のレベルは低いけれど
まーいーか

by ikasasikuy | 2017-08-05 09:17 | 美術工芸 | Comments(0)
2017年 05月 13日
鍋田尚男ガラス作品展
c0120913_11145184.jpg





光彩と幾何のモザイク

 鍋田尚男ガラス作品展

前からほしかった色のグラスと
会場で見つけた「ヒトメボレ」の器



 

by ikasasikuy | 2017-05-13 11:16 | 美術工芸 | Comments(0)
2017年 01月 30日
うちなーひじきごはん
c0120913_22425575.jpg


 
沖縄ひじきごはん
LUMIX DMC-TZ70




藤岡香奈子作のごはんマカイで
ひじきごはんを食べたかったので無理矢理炊いたひじきごはん
レシピはいつも通り

 トクベツうまい!




c0120913_9305774.jpg





 

by ikasasikuy | 2017-01-30 10:33 | 美術工芸 | Comments(2)
2017年 01月 29日
魚文大皿
c0120913_22273798.jpg
藤岡香奈子作
LUMIX DMC-TZ70




魚文大皿
藤岡香奈子作
手彫りの重厚な魚文は
どことなく母の宮城須美子さんの絵に似る
まあ、親子だから似て当たり前だが
今朝はこれでカレー


c0120913_22295435.jpg
うちなーカレー




あさかれーはかだらが温まるぅにピッツェリアカスターニャの七味仕込んだやつうまい




 

by ikasasikuy | 2017-01-29 22:30 | 美術工芸 | Comments(0)
2017年 01月 29日
Chotto Coffee Break
c0120913_22251065.jpg
左=買ぉてきたやつ、右=去年買ぉたやつ
LUMIX DMC-TZ70




宮城須美子作「C&S」
こないだ買ってきたのと
去年買ったのを比べてみたら
新しいほうが若干径が大きかった
カップの高さも新しい方が少しだけ高かった
ソーサーもやっぱり若干大きい
つまり
どういうことかというと
ハンドメイドとはこういうことだということだ
同じものはふたつとない世界なのだ
でも若干大きいということは
土をたくさん使っているということだし
そのぶん珈琲もたくさん入れられるし
得したかな・・・

by ikasasikuy | 2017-01-29 22:26 | 美術工芸 | Comments(0)
2017年 01月 29日
やちむん
c0120913_23503529.jpg
やちむん
LUMIX DMC-TZ70




読谷村のやちむんの里で
金城次郎の血を引く宮城須美子、藤岡香奈子、宮城三成作品を買ってきた
どれもすばらしい逸品だ

さっそく
香奈子さんの蕎麦猪口と三成さんの小鉢を使って

 胡桃蕎麦



c0120913_23531930.jpg
胡桃蕎麦




じつは
沖縄で沖縄そばを食べながら
なぜかずっと胡桃蕎麦が食べたかった
二人前盛を二枚食べた

 四人前・・・

蕎麦と胡桃だけで満腹になった



c0120913_23555390.jpg




魚文蕎麦猪口・・・香奈子作
宿借文小鉢・・・三成作

 



 

by ikasasikuy | 2017-01-29 07:49 | 美術工芸 | Comments(2)
2017年 01月 26日
宮陶房
c0120913_1836514.jpg
絵付け完了
LUMIX DMC-TZ70





あっという間に描きあがる




 

by ikasasikuy | 2017-01-26 18:22 | 美術工芸 | Comments(0)